ニキビの膿は出していいの?黄ニキビの原因や扱い方って?膿の出し方やニキビ跡対策、市販薬についても紹介します!

ニキビが膿んでいるのは目立つし治りにくいのでほんとに困りますよね。自然に待ったほうがよいのか、自分で膿を出してしまってよいのか悩むところです。ニキビってどうしてできるの?の疑問から、できたニキビをどうすればよいかまで、詳しくご紹介します。

ニキビの膿、出す?出さない?

目立つニキビ、なんとかしたいですね!膿が先に詰まってきたらあなたは出しますか?自然に出るのを待ちますか?どちらにしても早く治ってほしいのは同じです。では、どうすれば早く、なるべくきれいに治せるの?ニキビをなるべくつくらない方法や、できた場合の対処法をそれぞれ見てみましょう。

そもそもニキビって何?

ニキビは「尋常性ざ瘡」といって、皮膚科に行くと疾患として診断を受けます。主に顔、胸部、背中などに大く見られ、思春期~30代前半くらいまでの間におこりやすい症状です。「ニキビ」や「ふきでもの」などいろいろな名称で呼ばれますが、同じものとして判断されます。

原因はさまざまですが、特に思春期の場合は男性ホルモン(アンドロゲン)の影響を受け皮脂の分泌が過剰になり、毛包、脂腺系が赤く炎症してくることをいいます。

男性ホルモン(アンドロゲン)は女性でも副腎から分泌されており、皮脂の分泌量などにかかわっています。

ニキビとは、過剰な皮脂や角質が毛穴につまったもの

先が少し白くなっているニキビを〈白ニキビ〉や〈コメド・面皰(めんぽう)〉といいます。この状態は毛穴が詰まった中に分泌された皮脂がたまってできたもので、ニキビの芯は膿ではなく酸化して固まったものや角質です。

さらに中で皮脂がどんどん分泌されていくと、さらに炎症をおこして〈赤ニキビ〉に移行していきます。赤ニキビの中でできた膿が先につまったものを〈黄ニキビ〉といい、最終的にはがれ落ちて瘢痕といわれる〈ニキビ跡〉になるまでがニキビのおおまかな過程です。

これはすべて毛穴がふさがっている状態のニキビで閉鎖面皰とも呼びます。よくいう〈黒ニキビ〉は酸化で毛穴が黒くなっていますが毛穴の口は開いている、開口面皰と呼ばれていてまったく別の形成になります。

黄ニキビの原因とは?

黄ニキビの原因は膿だといいますが、膿むというのは通常はけがをしたときなどに傷口におきることがあります。ニキビができることによって毛穴や皮脂腺の内部がかなり傷ついてしまっているので、その傷ついた結果が膿となってあらわれてくるのです。

異常繁殖のアクネ菌

傷口に膿が浮き上がってくるように、赤く炎症したニキビの状態では毛穴の中が炎症して傷つき、毛穴の中がけがをしたのと同じように出血などを起こしています。この、炎症の原因の多くが〈アクネ菌〉といわれる菌の働きによっておきてきます。このアクネ菌が毛穴の中で異常繁殖をおこすことで、ニキビの悪化がおこります。

誰にでもいる!アクネ菌とは!?

ではアクネ菌ってどんな菌なのでしょう?アクネ菌は、皮膚にいつもいる「皮膚常在菌」といわれるものの一種で、普段からどんな人の毛穴にも住んでいる、人間と共存している菌の一種です。アクネ菌は正式名称をプロバクテリウム・アクネスといい、ニキビの原因になることからニキビをアクネと呼んだりするのです。

アクネ菌は高齢者から赤ちゃんまで誰にでもいます。毛穴の中で皮脂を食べて、遊離脂肪酸やグリセリンに細かく分解することをおこなっています。このことで皮脂は毛穴の口からスムーズに出やすくなっているという働きがあり、人間も助かっているのです。

しかし、毛穴のつまったところなどは、酸素に触れず脂肪分がたくさんあるという、アクネ菌が好む状態になり、アクネ菌が大繁殖してしまいます。このアクネ菌が出す遊離脂肪酸は刺激が強く、多すぎると肌を炎症させる原因に。そして赤ニキビへと発展してしまうのです。

膿は白血球の死骸です

毛穴の内部で刺激をおさえようと血液が集まってきます。これが炎症の状態です。血液中の白血球は有害な菌を殺す大きな役割をしている身体の免疫の一つで、白血球が体内に侵入してきた有害な菌などと戦って死んだ死骸が膿の正体なのです。

黄ニキビが悪化すると!?

ニキビが悪化すると、炎症部位がほかの毛穴や皮脂腺をつないで炎症部位が広がっていってしまい、広い範囲でニキビをつくっていってしまったり、非常に治りにくくなる、ということがおこってきます。

赤、黒の色素沈着

そのままほうっておくと、深い傷跡のようになることで後に色素沈着が残りやすくなります。色素沈着の原因であるメラニン色素は皮膚を守る保護機能のひとつで、赤く日焼けしたところが黒く沈着するように、赤く炎症した部位にはメラニン色素の生成が増加して、皮膚の色を黒くしてしまうということがおこります。

長い時間をかけてある程度は目立たなくはなりますが、あとからシミのように浮き上がってくることも多いのがこの色素沈着です。特に炎症後、紫外線に当たると跡が残りやすくなるので、肌質に合った紫外線防止剤や外出時の帽子などでカバーすることがおすすめです。

ニキビ跡が長く残る!

ニキビが落ち着いても、深く毛穴周辺の皮膚が傷ついていると、皮膚の基底層といわれる皮膚細胞をつくりあげる組織も傷ついてうまく皮膚細胞をつくることができなくなってしまいます。これがいわゆるクレーターといわれる状態。

このクレーターとなると完全にきれいにするのが難しいので、まずは大きく炎症させないように予防を普段からする必要があります。

クレーターのようになってしまったニキビ跡には美容皮膚科、エステティックサロンなどでおこなわれるケミカルピーリング、ダイヤモンドピーリングなどで皮膚表面を薄くすることで、肌の生まれ変わりを促して皮膚形成がスムーズにいくようにすることなどの方法が改善方法としてはあげられます。

定期的におこなうことで皮膚の形成がスムーズになってくると、よい効果が期待できます。

ニキビの膿を出しても良い?

基本的には出して良いのです

待っても待たなくても結果的には出すことになります。触っても痛い、という場合を除き、膿は出しても良いといえます。触っても痛い場合は炎症が一番ひどい状態で過剰に力を加えると皮膚内部で炎症を広げてしまう可能性があります。軽く上から触って痛くないようなら出すことで早めの改善も期待できます。

この場合、道具を消毒したり、圧出後の消毒薬を用意してから必ずおこないましょう!もしニキビの状態がひどい場合は皮膚科で出してもらうようにしましょう。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

ニキビの膿の出し方

具体的にニキビの膿の出し方をご紹介します。

〈用意するもの〉
・針、先の鋭いピンセット
・コメドプッシャー
・器具の消毒用消毒薬〈金属はミルトンなど、次亜塩素酸ナトリウム水溶液がおすすめです〉
・消毒液〈アルコール系消毒液〉
・清潔なコットン、綿棒

清潔にすすめましょう

手、ニキビ部分の消毒はアルコール系などコットンにとってふき取れるものなどが便利です。アルコール系は消毒用エタノールなどが一般的で、病院、ネイルサロン、エステサロンなどでは広く使われています。消毒用とそうでないものが販売されているので消毒用を使用しましょう。

手は必ず薬用せっけんで洗浄してから始めましょう。

膿の先に穴を開けます

針、楊枝、ピンセットなど先の鋭いもので穴を開けて出口をつくります。使用するものは必ず消毒をしましょう。針、ピンセット、コメドプッシャーなど金属の器具は使う前に消毒薬に書かれている規定量に水で薄めたものを用意して、20分以上つけておきます。軽く水洗いしたら、アルコール系消毒薬をしみこませたコットンでふき取りましょう。

穴を開けるときは先端に小さく穴が開けば膿を押し出すことができるので、表面の皮膚の部分のみ穴を開けましょう。

ニキビの膿を出す

ニキビの膿を出していきます。コメドプッシャーなどを使用するのがおすすめです。膿を出すときは表面に浮き上がっている膿のみを出して、深く押しすぎないようにしましょう。深く押すと炎症が悪化する可能性があります。やさしく表面だけ押しましょう。

コメドプッシャーは最近は薬局などでも売っていますが、もともとはフランスなどのエステティックサロンで使われていたものです。ピンポイントで圧力が加わり、他の組織を傷つけないことが重要で、消毒がしやすいのも良いところです。針やピンセットと一緒に消毒剤につけて、使用する前にアルコール消毒液でふき取って使用しましょう。詰まった毛穴に穴を開けるものが一体になっているものもあります。

コメドプッシャーが手元にあると、ついついやりすぎて周りの組織を傷つけたりニキビを悪化させてしまったりしやすいので、くれぐれも使用は適度にしましょう!

膿や血をふき取りましょう

コットンなどで膿をきれいにふき取ります。軽く力を入れないようにやさしく拭くようにしましょう。
膿の中には白血球の死骸とともにいろいろな菌が含まれているので、使ったコットンなどはきちんと破棄しましょう。

皮膚を消毒しましょう

最後に必ず膿を出した部分の消毒をおこないましょう。軽く綿棒やコットンに消毒薬を含ませて、ふき取った部分をもう一度軽くおさえるように消毒します。使用した器具も洗剤できれいに洗って、しっかり乾かしてからアルコール消毒液で拭いておきましょう。

市販のニキビ薬は?

市販されているニキビの薬もあります。今回挙げたものはどれも指定第二類医薬品、もしくは第二医薬品に分類されていて、薬剤師さんもしくは登録販売者にきいてからでないと買えないようになっています。薬局でアドバイスも聞いて選んでみましょう。

オロナインh軟膏〈第二医薬品〉

オロナインh軟膏は昔からある軟膏のイメージですが、炎症を抑え、殺菌の効果が高いため広い範囲で活用されています。グルコン酸クロルヘキシジンが有効成分で、殺菌に使用する消毒薬としても見かける成分です。

殺菌効果が高く炎症を抑えるのでニキビにも有効とされています。特に赤くなって炎症しているニキビの部分につけると効果が高いようです。

グルコン酸クロルヘキシジンはまれにアレルギーのある方もいます。皮膚に違和感を感じたら使用を中止しましょう。

テラ・コートリル〈指定第二医薬品〉

テラ・コートリルはステロイド系を使用している薬品で、炎症を抑えるのに非常に効果が高いとされています。ニキビだけでなく皮膚の炎症全般的に効果が高いということであせもやじんましん、虫刺されなどにも有効な薬です。

テラ・コートリルの有効成分であるヒドロコルチゾンは合成副腎皮質ホルモンの一種で、うすく必要な部位だけに使用すると効果が高いです。同じく有効成分のオキシテトラサイクリン塩酸塩は抗菌作用が高く、使用量を守り、決まった回数で使いましょう。

クレアラシル〈第二医薬品〉

クレアラシルは非常に良く聞くニキビ薬ではないでしょうか。イオウとレゾルシンが主な有効成分で、イオウは殺菌効果が高く、レゾルシンは皮膚を柔らかくしてはがれやすくする働きがあるのでニキビ患部がふさがってしまっているときも有効でしょう。クリーム状のスタンダードな軟膏タイプから敏感肌用、ジェルタイプまで、肌質に合わせてえらぶことができます。

ニキビは予防も重要です

ニキビはできてしまうと周りの組織も壊して跡を残してしまいやすく、できないほうがやっぱりいいですよね。毎日の生活の中で予防できるところは予防をしていきましょう。

洗顔を丁寧におこないましょう

洗顔料は泡が転がって脂の汚れをなじませる働きなので、しっかり泡立てることが重要です。皮脂分泌が活発な人はたくさんの泡を転がすように洗いましょう。もし、胸や背中にもニキビが出ているようなら胸や背中もしっかり泡立てた洗顔料で洗いましょう。

洗い流す温度は触って冷たくない程度、がよく書かれている「ぬるま湯」の温度です。触ってひと肌よりはっきり温かいとわかる温度で洗うと、必要な保湿成分もどんどん流れてしまうので、なんとなく温かいくらいのお湯で洗いましょう。

必要以外ニキビに触らないようにしましょう

特に詰まったニキビは気になって触りがちですが、炎症していないニキビも触りすぎると炎症して悪化してしまったり、菌が広範囲に広がってしまうこともおこりがちです。シーツ、枕、髪の毛なども刺激になりますので、なるべく顔に触れないようにしましょう。また、清潔を保てるようにこまめに取り換えましょう。

酸化した油を控え、抗酸化ビタミンなどをとりましょう。

ポテトチップスやお惣菜のコロッケ、唐揚げなどは油が非常に酸化しています。それを摂ることで酸化しやすい体質をつくりやすくなり、ニキビのできやすい状態になるのでなるべく控えめにしましょう。

酸化を抑えるビタミンE、ビタミンC、ビタミンB2はニキビができやすい人にぜひ摂取してほしいビタミンです。食品ですとアボカド、ピーマン、柑橘類、納豆がおすすめ。ニキビのできにくい体質を食事からも作っていきましょう!

まとめ

黄ニキビの膿は自分で出すことができます。しっかり消毒しておこない、押し出しすぎないようにするのがコツです。くれぐれも消毒、殺菌をこころがけてください。悪化の可能性もあるため器具の殺菌、滅菌に自信がない場合は皮膚科で出してもらうようにしてください。

できていると非常に悩ましいニキビですが、マスクなどで隠すと細菌が繁殖してしまいやすいため、仕事柄や花粉症などでつけなくてはいけない人は、こまめに取り換えるようにしましょう。

また、なかなか状態の改善が見られない人は皮膚科で見てもらいましょう。塗り薬だけでなく、皮脂をコントロールする薬や抗菌剤も飲み薬で出る場合があります。早く良い状態になるために、ニキビの気になる人はぜひ参考にしてみてくださいね!

合わせて読みたい!