「葉酸米」栄養素の補給に有効、貧血の予防を確認、ベルギー研究グループが報告

葉酸というビタミンの一種が、国際的に注目されている。最近も母親に意識的に取るようにしてもらうと、子どもの先天異常を防ぐという効果が報告されている(葉酸の強制摂取は子どもの先天病の予防に有効を参照)。このたび葉酸を多く含むようにした「葉酸米」が栄養素の補給に有効で、貧血の改善に効果を発揮するという報告が出ている。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

葉酸の有無で比較

ベルギーのゲント大学毒性学研究室の研究グループが、栄養学の国際誌、モレキュラー・ニュートリション&フード・リサーチ誌で2014年12月8日に報告した。研究グループは、掛け合わせで葉酸を多く含むようにしたコメの系統を作って、ネズミに食べさせて効果を調べている。葉酸を含まないエサ(1日1匹当たり0μg、μは100万分の1)、野生のコメを加えたエサ(同0.11μg)、葉酸を多く含むコメを加えたエサ(同3.00または3.12μg)、葉酸を意図的に増やしたエサ(同11.4〜25.0μg)というパターンに分けて、ネズミの血液検査への影響を見た。

貧血を防ぐ

結果として、葉酸を含まないエサ、野生のコメを追加したエサを食べていたネズミは、血液中の赤血球の量を反映した「ヘマトクリット」の値が下がって、葉酸濃度が低下し、健康状態が悪化したり死亡したりした。一方で葉酸を強化したコメを含むエサ、または意図的に葉酸を増やしたエサを食べたマウスはヘマトクリットの値が正常で、血液中の葉酸濃度も増加していた。病気につながる高ホモシステイン血症を防ぐ効果も見られた。動物実験の結果ではあるが、葉酸補給のために葉酸米という選択肢は良いかもしれない。

文献情報

Kiekens F et al. Folates from metabolically engineered rice: A long-term study in rats. Mol Nutr Food Res. 2014 Dec 8. [Epub ahead of print] [blogcard url=”https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25488463″] [/blogcard]

合わせて読みたい!