ニキビは塗り薬で治そう!市販薬のランキング&皮膚科の処方薬も紹介

ニキビに悩んでいるという人、今どんな薬を使っていますか?市販薬の購入を検討しているという人へ朗報です。ニキビに効く、市販薬のランキングを紹介します。効能や使いやすさなどに注目してください。

頑固なニキビに効く塗り薬を知りたい!

1つ治ったら、新たなニキビが1つできてしまうという、日常的なニキビに悩んでいませんか?頑固なニキビは、化粧水や乳液などのお手入れだけでは、完治できない可能性が高いです。

ニキビの種類と原因別に見て、どの市販薬が効くのかランキング形式で紹介したいと思います。今回は、病院で処方される薬についても説明しましょう。

ニキビの種類とその原因について

ニキビには、いくつか種類があることをご存知でしょうか。ニキビの種類によって、効く薬や治し方は異なります。それでは、各種類別に見ていきましょう。

白ニキビ:ホルモンバランスを整える

毛穴が角栓で塞がれてしまうと、その内部に皮脂が溜まってしまいます。この状態を白ニキビといいます。別名を「閉じたニキビ」ともいわれる白ニキビは、頻繁にできてしまうのであれば、根本的治療がおすすめです。

皮膚科では、ホルモンバランスを整える治療法が推奨されています。予防ではなく、既にできてしまったニキビを直すのであれば、面法圧出(めんぽうあっしゅつ)が良いでしょう。

面法圧出とは、ニキビの中に溜まっている角質や皮脂、あるいは膿を押し出す治療法です。自分でやると跡が残りやすいので、必ず医療機関で行うようにしましょう。

赤ニキビ:炎症を鎮める対処療法

赤ニキビとは、肌が炎症を起こして赤くなった状態です。赤ニキビの主な原因は、皮脂の過剰分泌であることが多いです。オイリー肌の人だと、赤ニキビができやすいといわれています。

爪で潰してしまいがちですが、跡が残るのでおすすめできません。赤ニキビを予防するには、皮脂の過剰分泌を抑えることが重要になってきます。保湿を完璧にして、肌を健やかな状態に整えるのが先決でしょう。

既にできてしまった赤ニキビに関しては、炎症を鎮めることが第一です。皮膚科では、抗生物質やステロイド剤が入った塗り薬が処方されることが多いですよ。

黒ニキビ:面法圧出で完治する

皮脂の分泌が過剰になると、毛穴に詰まった皮脂は塊となって毛穴を防いでしまいます。この状態を放置すると、古い角質が酸化してしまいます。その結果、黒く酸化した状態になります。これが黒ニキビです。

黒ニキビは、白ニキビと同じく、面法圧出で治すことができます。しかし、長期的な予防をしたいのであれば、生活習慣の見直しをすることが肝心です。

黒ニキビの原因である皮脂分泌は、脂質の多い食事を摂取することや、睡眠不足が原因となる場合が多いのです。生活習慣を改善することによって、ニキビのできにくい肌に変化していきますよ。

黄ニキビ:潰さない、触らない

赤ニキビや白ニキビが悪化して、膿をもった状態になると黄ニキビです。ニキビの中では重症で、自己流の治療はかなり危険だといえるでしょう。潰してしまうと、きっと跡が残ってしまいます。

黄ニキビに関しては、潰したり触ったりするのはNGです。まずは洗顔をしっかり行って、肌を清潔な状態に保ちましょう。保湿もしっかりして、潤いを逃がさないようにすることも大事です。

黄ニキビができやすいという人は、オイル成分が少ない基礎化粧品を使用するのがおすすめです。オイルフリーという記載があるものを利用しましょう。ベビーパウダーなども活用していってください。

効果の高い市販ニキビ薬ランキング&特徴

ニキビ治療のために、皮膚科へ通うのが最善の選択なのでしょうが、その前に、自分で何とかしたいという思いもあるかと思います。そこで、効果の高い市販薬をランキング形式で紹介しましょう。

1位:テラ・コートリル軟膏

ジョンソン・エンド・ジョンソンのテラ・コートリル軟膏は、できはじめのニキビから化膿をともなうニキビにまで、幅広く対応できます。指定第2類医薬品の皮膚外用薬ということで、薬としての信頼も抜群です。

有効成分としては、テラ・コートリル軟膏1g中に、オキシテトラサイクリン塩酸塩が300mg、ヒドロコルチゾンが10mg配合されています。抗炎症作用・抗菌力の強い成分が配合されているというのがポイントです。

テラ・コートリル軟膏は、ドラッグストアで購入することができます。6gで税抜1,000円です。ニキビだけでなく、あせもや虫刺されにも効果的です。1家に1本あると便利なので、購入しておくと良いでしょう。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

2位:ペアアクネクリームW

ライオン株式会社のペアアクネクリームWも、第2類医薬品です。有効成分として特記すべきものは、イブプロフェンピコノールという抗炎症成分でしょう。

イブプロフェンピコノールによってアクネ菌の繁殖を防ぎ、炎症を鎮めていきます。特に赤ニキビによく効くと、口コミで話題になっています。肌に馴染みやすいので、朝晩の洗顔後でもおすすめです。

ペアアクネクリームWは14gで950円、24gで1,450円です。お好みのサイズを選べるというのも嬉しいですね。炎症を伴う赤ニキビができやすいという人は、是非試してみてください。

3位:クレアラシル/ニキビ治療薬クリーム

イオウ・レゾルシン・グリチルリチン酸ニカリウム・トコフェロール酢酸エステルという、4つの有効成分が配合されています。クレアラシルのニキビ治療薬クリームも第2類医薬品です。

アクネ菌をしっかり殺菌し、抗炎症成分によって赤みや腫れを鎮めます。さらに、皮脂をしっかり吸収し、ニキビができにくい健やかな肌へと導きます。クレアラシルのニキビ治療薬クリームは、18gと28gがあります。さらに、白色タイプと肌色タイプがあるため、好きな方を選べるのが嬉しいですね。

「化粧をしても目立たない」という理由で、肌色タイプのほうが、口コミ評価が高くなっていました。是非、購入する際の参考にしてください。

4位:ロングセラーのビフナイトn

小林製薬のビフナイトも、ロングセラーのニキビ治療薬です。ビフナイトは医薬部外品、ビフナイトnは第3類医薬品になります。ニキビ予防であればビフナイトを、既にできたニキビにはビフナイトnを使用すると良いでしょう。

ビフナイトnには、角質軟化成分のイオウが含まれており、まずは詰まった毛穴を開かせます。そして、クリームが余分な皮脂を吸収し、同時に殺菌成分でアクネ菌を殺菌していきます。抗炎症成分としては、グリチルリチン酸が配合されており、赤みを鎮めていきます。

ビフナイトは18gで900円、ビフナイトnは18gで1,100円になります。皮膚科を受診するよりも安いので、まずは塗り薬で、ニキビの状態変化を見てみてはいかがでしょうか。

ニキビ痕に効く薬もある

現在できているニキビではなく、ニキビ跡を薄くするための薬も紹介しておきましょう。薬局やドラッグストアで購入できるもののうち、私のおすすめは3商品あります。その3つは「メンソレータム・アクネージア・メディカルクリーム」「ハイチオールB」「チョコラBBプラス」です。

メンソレータム・アクネージア・メディカルクリームは、傷ついた組織を修復する成分が含まれた塗り薬です。ハイチオールBとチョコラBBプラスは、ビタミンB群が配合された飲み薬です。

市販薬で、ニキビ跡を完全に消すことは難しいかと思いますが、跡を薄くすることは可能です。皮膚科でのレーザー治療を試す前に、まずは市販薬の効果を試してみてはいかがでしょうか。

ニキビ薬の上手な塗り方3ステップ

ニキビを治す塗り薬は、効果的な塗り方があります。簡単3ステップなので、しっかりとこの手順でケアを行いましょう。より早く炎症を鎮めることができますよ。

1.洗顔はTゾーンなど、皮脂分泌の多いところから行いましょう。泡で優しく洗ってください。
2.すすぎは十分行って、清潔なタオルでポンポンと軽く拭きます。
3.化粧水や乳液をつける前に、ニキビ治療薬を肌に乗せましょう。

ニキビにオロナインは効く?

「ニキビやニキビ跡にオロナイン軟膏が効く」というウワサがあります。しかし、これは単なるウワサではないのです。オロナインのパッケージには、製品の効果・効能の欄に「ニキビ」という記載があります。

クリーム型の乾燥予防薬なので、塗ることによって肌の潤いを保ち、皮脂分泌を抑えることができます。他のニキビ治療薬よりも、安く購入できるのでおすすめですよ。

皮膚科で処方されるニキビ薬は5種類

皮膚科で処方されるニキビ治療に関しても、紹介しておこうと思います。それでは、1つずつ種類別に見ていきましょう。

主な抗生剤は3つ

処方される抗生剤は、主に「ミノマイシン」「ダラシン」「アクアチム」の3つです。「ミノマイシン」は飲み薬で、「ダラシン」と「アクアチム」は塗り薬です。いずれも、赤ニキビや黄ニキビに効く薬になります。

抗炎症剤が処方されることもある

赤みが酷い場合には、抗炎症剤が処方されることもあります。「プルフェン」という飲み薬や「スタデルム」という塗り薬が、抗炎症剤の代表になります。

原因の根本に効く皮脂分泌抑制剤

ニキビの主な原因は、過剰な皮質分泌であることが多いです。その根本的原因にアプローチするのが、皮脂分泌抑制剤です。ビタミンBやビタミンCが飲み薬として処方されたり、「イオウカンフルローション」という塗り薬が処方されたりします。

副作用が気になる治療薬

ニキビ治療の処方薬の中には「ディフェリンゲル」「ベピオゲル」など、副作用が気になるものもあるので注意しましょう。「ディフェリンゲル」は、約80%もの患者に副作用が現れるとさえいわれているのです。

ビタミン剤でプラスの効果を期待

肌を健康な状態に導くビタミン剤も、皮膚科で処方されることが多いです。「ビタミン剤なら市販薬で十分」と思われる方もいるでしょうが、「シナール」「ハイチオール」といった、皮膚科で処方されるビタミン剤は、市販のものより吸収効率が高くなっています。

そのため、ビタミンによる効能を素早く得ることができるといっても過言ではないでしょう。このような点からも、市販薬で思ったような効果が得られない人は、早めの病院受診をおすすめします。

ニキビは塗り薬で治す!まずは薬局へ行こう

日常的にできてしまうニキビに病んでいるという人は、まず市販薬を是非試してみてください。ドラッグストア等で、お手軽に購入することができます。それで、もし症状が改善しない場合は、皮膚科の受診を考えてみると良いでしょう。

返金保証付きのニキビケア商品

合わせて読みたい!