背中ニキビの市販薬は何がおすすめ?夏のツルすべ美肌を実現しよう♡

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

背中は自分では見えないだけに背中にニキビができていても気がつかないで放置してしまいがちです。自分よりも周りの人の方があなたの背中を見ている時間は長いので、背中ニキビも見られているかも…。背中にニキビができやすいのは理由があります。あなたの背中ニキビも意外なことが原因かもしれません。また背中ニキビには専門のお薬やクリームがたくさん発売されています。自分でケアする方法を中心にご紹介します。

背中ニキビの原因とおすすめ市販薬とは

背中にできるニキビのことを「背中ニキビ」といいます。ニキビは顔にできるイメージが強いですが、実は背中もできやすい場所なのです。しかも、背中ニキビは自分ではなかなか見にくいので、気がつきにくく、他人から見られてしまいやすいというのが困ったところです。

背中ニキビができてしまうのは体質だけではなくて、様々な原因があるそうです。原因がわかると対処もしやすくなります。

また、病院に行く方が効果的なお薬は手に入るものの、なかなかニキビ程度だと病院にいくのも面倒になりがちです。市販薬で治せるなら良いと思いませんか?そこで、おすすめの市販薬もご紹介していきたいと思います。

背中ニキビの原因ってどんなもの?

寝汗をそのまま放置していた

背中は汗を出す汗腺が多く、意外に汗をかきやすい場所です。運動後に汗をかいたのをそのまま放置したり、寝汗をかいたのを放置したりして生活していると、毛穴が詰まってニキビの原因になるといわれています。

また寝具を汚れたままずっと使ったり、寝るときのパジャマが汗をかいたまま同じのを着るのもよくありません。汗をかいたらこまめにシーツを取り替えたり、吸水性のよい衣類を身につけるようにしましょう。

ストレスよるホルモンバランスの乱れ

背中ニキビに限らず、ニキビの原因になるのは、ストレスも大きな関係があるといわれています。仕事や家庭、環境などの過度なストレスを感じると、リラックスした状態の副交感神経よりも交感神経という緊張や興奮状態の神経のほうが働きます。すると、男性ホルモンが必要以上に出てしまってホルモンバランスが崩れ、角栓ができやすくなったり皮脂が過剰に出たりとニキビができやすい状態を作ってしまうそうです。

シャンプーなどのすすぎ残し

背中にニキビができてしまうのは洗い流しが不十分なのかもしれません。ボディソープ、シャンプー、リンスなどは商品によっては添加物や界面活性剤が入っています。これらの物質が肌に残ったままだと過角化(肌表面の柔らかさが失われザラザラした肌触りになる)の状態が起きやすくなります。過角化はニキビを悪化させる原因になります。

また、入浴の際に体を洗うときに皮膚が傷つくと炎症が長引くので、泡立てて泡で洗うように心がけて、ゴシゴシとしないようにしましょう。また入浴後は、ボディクリームを塗ったり、ニキビ用のスキンケアを使って保湿するのもおすすめだそうです。

皮膚にあるマラセチア真菌の働き

またニキビができるのは、マラセチア菌という真菌も関係しています。ニキビというとアクネ菌が有名ですが、私たちの皮膚には皮脂を栄養としている常在菌のマラセチア菌がいます。白ニキビとは、毛穴に皮脂や汚れが詰まってしまっている状態なので、マラセチア菌がうようよと集まってきてニキビの中へと侵入します。

白ニキビの皮脂をマラセチア菌が食べてみるみるうちに菌が増えていきます。そして、マラセチア菌が皮脂を中性脂肪であるトリグリセリドから遊離脂肪酸に変化させて、毛穴に炎症を引き起こしてしまいます。すると、白ニキビから赤ニキビになってしまい治りにくくなります。

背中ニキビの治し方とは

普段からの保湿ケア

背中ニキビができてしまうのは、毛穴の縮小、角栓発生が起こることが原因になります。これらを起こさなくするには、背中の徹底的な保湿ケアが大切になります。

まず、保湿の前に不要な角質や皮脂、汚れをボディソープで洗いお湯で流しましょう。このとき、ゴシゴシと強く洗って肌に必要な皮脂まで取らないように気をつけます。ピーリング専用のボディソープを使うと優しく不要になった角質を落としてくれますよ。特に、刺激の少ないフルーツ酸(AHA)やサリチル酸などを使っているものがオススメです。

そして、ピーリング直後は不要な角質がなくなっているため、しばらくは普段よりも肌バリアが弱まり乾燥しやすい状態です。乾燥対策のために、いつもよりもたっぷりと肌に水分やクリームを与えてしっかりと保湿するようにしましょう。

薬やニキビ用クリームを塗る

背中を洗ったり、清潔にしていてもニキビが治らなかったり、繰り返してしまう場合には、薬やニキビ用クリームをぬって治療していくことも考えましょう。

ニキビ用の薬は市販薬、医療用とありますが、症状が軽い場合ならば市販薬でも対処可能だと思われます。塗り方はそれぞれの薬の使い方の説明にしたがって正しく使うようにしましょう。もし市販薬では治らないようならば、医療用の薬の方が一般的には効果が高いので治りが良いと思われます。

入浴方法の見直しをする

ニキビは古い角質がたまったり、余分な皮脂があることが発生の原因になるといわれています。入浴方法が悪いと、ニキビをできやすくしてしまうので注意が必要です。

まず、ボディソープでの洗浄やすすぎが十分でないと、不要な皮脂や角質が背中に残ってしまします。特に背中は手が届きにくいため残りやすい傾向があります。長いタオルやブラシなどを使ってしっかり洗うようにしましょう。

また、毛穴にボディソープやシャンプー、トリートメントなどに含まれる添加物が詰まると背中ニキビができやすくなります。洗浄後はしっかりと流すように気をつけましょう。また、肌に優しい成分を含んだ無添加なものをなるべく選ぶようにしましょう。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

洗う順番を工夫するだけで背中ニキビを予防することも可能です。例えば、髪を洗う→洗顔→体を洗うの順番であれば、髪を洗ったときの泡やトリートメント剤を背中に残さずにすみます。ただし、洗いすぎや熱めのお湯やシャワーは、必要な皮脂までも落として流してしまい乾燥を招くことがありますので注意しましょう。

生活習慣の改善する

生活習慣が原因でニキビを引き起こしていることも多いので、生活習慣を改善することも必要になります。直接、肌に接する下着類はコットンなど吸水性の高く感触のいい素材を選びましょう。眠っているときも汗をかくため通気性のいい素材や速乾性のある素材がオススメです。

また、スポーツの後や暑い日などに汗で衣類が湿ったら取りかえるようにしましょう。汗をかきやすい夏場や湿気の高い時期は気を付けましょう。

積極的にビタミンを摂取する

ニキビ対策のために少な目に食べたほうがいいものは、高GI食品・糖質・動物性の脂肪です。これらには男性ホルモンや皮脂を活発にさせる働きがあるためです。加えて皮脂を活発にさせてしまうのは、アルコール、香辛料、チョコレートなどです。

逆に積極的に取り入れたいものはビタミンや亜鉛で、ニキビ対策や治す手助けをしてくれます。ビタミンA・ビタミンC・亜鉛は肌の代謝UPや肌の潤いを保ち、ビタミンB群は皮脂腺の働きを正常にしてくれます。

それぞれの代表的な食品は、ビタミンAではレバー・卵・緑黄色野菜(ほうれん草・人参・かぼちゃなど)、ビタミンCでは果物(柑橘類、いちごなど)・いも類、亜鉛では種実類(アーモンド、ゴマなど)・豆類、ビタミンB群では魚類(マグロ、カツオなど)・肉類(ささみ、豚肉など)・乳製品があります。

健康な肌作りを助けてくれるビタミンを積極的に食べて美肌を目指しましょう。

背中ニキビにおすすめの市販薬・クリーム6選

オロナイン

オロナインは昔から家庭には必ず一つは置いてあるといわれるほど、定番のお薬です。切り傷ややけどなど様々な時にオロナインは頼れる存在ですよね。このオロナインにはニキビにも効果があり、多くのファンがいるようです。

オロナインはクロルヘキシジングルコン酸塩という殺菌成分を含むお薬で、ステロイドなどは入っていません。この薬はニキビの原因となる菌に対して特別に効くお薬というわけではないので、効果が見られない場合は使用を中止するようにしてください。

シアクル

シアクルというシリーズは口コミで人気の背中ニキビに特化したブランドです。楽天市場でも常に上位に入っていて、特にトリートメント(ボディ)部門では30週連続1位を獲得したほどの人気商品だそうです。

シアクルには3つのニキビに対する有効成分が含まれていて、医薬部外品となっています。マリンクレンジングソープとクリアスリーミスト、ゲルクリームがあり、それぞれを組み合わせて使うとより効果的だということです。

クリアボディローション

オルビスから発売されているクリアボディローションは、抗炎症作用(グリチルリチン酸ジカリウム)、角質柔軟成分(グリコール酸)、植物性保湿成分(桑白皮エキス、桃仁エキス)、メントールなどを含んだ化粧水です。

体をよく洗ったあとに、水気をタオルで抑えたら、気になる部分にスプレーを吹きかけていきます。有効成分がニキビを出来にくくしてくれるだけでなく、潤い成分も配合されているので乾燥でかゆみや赤みになって荒れている背中の対策にもおすすめです。

ユースキンルドー

保湿クリームでも有名なユースキンからは、薬用アクネローションとしてユースキンルドーが発売されています。この製品は、大人ニキビや背中ニキビに対して効果的な処方になっています。

消炎成分として、グリチルリチン酸ジカリウムがニキビ・肌あれを防ぎ、ダイズエキス(イソフラボン含有)、オウバクエキス、ラベンダーエキスの保湿成分が肌にうるおいを与えてくれます。

アクネウォッシュとアクネローションがあり、オルビスなので無香料、無刺激、無着色なところも安心できるポイントです。オンラインまたは専門店で購入が可能です。

ジュエルレイン

繰り返す背中ニキビに向けて作られている、ジュエルレインは通販サイトなどで購入可能な薬用ニキビケアジェルです。ニキビの炎症を抑えてケアしながら、肌をしっかり潤すことで次のニキビを出にくくしてくれるそうです。

グリチルリチン酸ジカリウム、プラセンタエキス-1などを含んでいます。結婚式前に特に背中がきになる方向けのセットなども発売されているようです。



ルフィーナ

ルフィーナは薬用美容クリームで、美白成分のプラセンタや、アマチャヅルエキス、シロキクラゲ多糖体、カモミラエキスなどの保湿成分を始め、肌に浸透しやすいナノ化美容成分を含んでいます。

肌にたっぷりとうるおいを与え、乾燥・肌荒れを防ぎ、優しく肌を整えてくれる保湿作用もあります。しかsも、120日間の返金保証があるので、試してみて合わないというときも安心です。専門の通販サイトなどで購入が可能なようです。



皮膚科での治療はどんなことをするの?

重症の場合は受診しよう

背中ニキビ跡がひどくなり、重症化している場合などは皮膚科に受診することをおすすめします。背中は自分では目が届きにくいため注意していないとニキビができやすいところです。また、背中の上の方にある肩甲骨の周りには、他よりも皮脂腺が多くあるため背中ニキビができやすい原因のひとつと考えられます。

背中全面にニキビが生じている場合や、炎症を起こして腫れている箇所が散見されるようなケースでも受診がすすめられます。市販薬やニキビクリームでは対処が難しくなるので、病院でホルモン剤などを使って治療すると早く改善することが期待できます。

処方薬を使う

薬局で買える市販薬よりも処方薬の方が一般的に効果が高いといわれています。皮膚科で処方してもらえる薬としては、抗菌剤、レチノイド製剤、漢方製剤、サリチル酸製剤、過酸化ベンゾイル製剤などがニキビによく使われているようです。

ただし外用剤で治療するのは根本的な治療とはならないことが多く、根本治療を目指すのであれば、大人ニキビの大きな元である男性ホルモンを抑えるためのホルモン療法を取り入れたほうが良いということです。

ケミカルピーリングなどの施術をうける

皮膚科では薬やホルモン剤以外の治療も受けられるのをご存知ですか?例えば、ケミカルピーリング、レーザー治療、光治療、局所注射、面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)などです。

特にケミカルピーリングは、背中ニキビ治療でよく使われているようです。酸性の薬液を塗布することで古くなった角質を除去し、新しく健康な肌が生まれるのを助ける方法です。肌が弱い方はおすすめできませんが、1日も早くニキビを治したい方や比較的肌が強い方は検討してみても良いでしょう。

背中ニキビを改善してツルスベ背中を手にいれよう

背中ニキビは肌の乾燥や皮脂の乱れが原因になるだけでなく、ストレスや食事の影響なども関係しています。治療は外からも中からも行っていくことが大切といえるでしょう。

背中は自分では見えないだけに悪化させてしまいやすい場所です。その反面、他の人からは背中を見られていることは多いので、背中ニキビで恥ずかしい思いをしないで済むように、薬など適切な対処をしてくようにしましょう。背中が大きくあいたドレスや水着など、自信を持って着れる背中を手に入れたいものですね。

合わせて読みたい!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で