シミ隠しメイクはコンシーラーがポイント!2つのテクニックとは?

シミ隠しのメイクには、コンシーラーの使い方もファンデーションの種類によって変わってくるようです。どうしても上手くカバー出来ないという方の為に、シミ隠しメイクのテクニックをご紹介していきます。

シミ隠しのメイクのコツは?

シミ隠しのメイクのコツは、年齢を重ねていくごとに知っておきたいメイクのテクニックの1つといえるでしょう。シミ隠しのメイクのコツには、やはりコンシーラーは欠かせないようです。

紫外線によるメラニン生成で色素沈着してしまったシミが大半のようで、隠れシミが数年後にシミとなって皮膚の表面に出てくるといいます。いつまでも美しくメイクを楽しく仕上げるために、シミ隠しのメイクについてご紹介していきます。

シミ隠しのメイク前に知っておきたい事

シミ隠しのメイク前に知っておきたいこともいくつかあるようです。まず、シミ隠しのメイクをしたいと思う、そのシミの種類はどんな種類なのかも把握しておくといいでしょう。シミには幾つかの種類があり、そのシミ隠しメイクにはコンシーラーはマストアイテムになります。コンシーラー使いの基本も簡単にこちらでご説明していきます。

シミには4つの種類がある

シミには、大きくわけて、肝斑(かんぱん)、そばかす、ニキビや炎症によってできる色素沈着のもの、老人性色素斑の4つがあるといわれています。

肝斑…シミの大きさは様々で、目の下の頬のあたりや鼻の下あたり、そして、おでこに左右対称に出てしまうこともあるシミといわれています。

そばかす…海外セレブにも多いそばかす。そばかすを隠さずにメイクするかたも結構います。ひとつのシミのサイズは小さめでブルべ肌のかたは特に色素が濃く見えて目立つといわれています。そばかすは、子供の頃から現れるといわれています。

ニキビや傷などの色素沈着によるもの…皮膚が強い刺激を受けてしまい、色素沈着が発生してしまい出来るシミといわれています。凸凹しているものもみられるといわれています。

老人性色素斑…紫外線が原因で出来る最も多くみられるシミです。サイズは様々で、色も薄いものから濃いものまであり、頬骨やこめかみあたりに多くできるのが特徴で、平らなシミといわれています。

シミ隠しメイクのためのコンシーラー使い

シミ隠しメイクのためのコンシーラー使いも、ただコンシーラーをつければ良いというわけではないようです。ファンデーションの種類によってコンシーラーの付け方も変わってきます。リキッドファンデーションの場合は、リキッドファンデーションをつけた後にコンシーラーを塗りパウダー仕上げしていきます。

そして、パウダーファンデーションをお使いのかたは、コンシーラーを先につけてからパウダーファンデーションをつける順番といわれています。こちらも後半でそれぞれのファンデーションの種類別に使い方をご紹介していきますので是非チェックしてみてください。

優秀スティックコンシーラー

シミ隠しメイクに欠かせないコンシーラーは、スティックタイプのものを使うとナチュラルに仕上がるといわれています。その中でも、ネットでも注目されているのは、ポーラ ミュゼル ノクターナル コンシーラー スティックです。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

SPF30・PA+++で紫外線防止効果もあり、桜パールで自然にカバーできて、美容成分である、フランスラベンダーエキス、カミツレ花エキス、マカデミアナッツ種子油、ローズヒップエキス、浸透型コラーゲン配合の美肌を気づかいかたに嬉しい作りとなっています。全2色のNとLから選べます。血行促進効果もあると口コミでも高い評価を得ているようです。

by カエレバ

ファンデの種類別シミ隠しメイクテク!

ファンデの種類別シミ隠しメイクテクをここでご紹介してきます。先ほどご説明したコンシーラーの使い方ですが、シミ隠しメイクをするには、リキッドとパウダーでは使い方が変わってくるようですので早速みていきましょう。

リキッドファンデーションの場合

リキッドファンデーションの場合のシミ隠しメイクの使い方は、以下のようになっています。

1.まずスキンケア用品で肌を整え、下地を塗ったらリキッドファンデーションを塗ります。

2.スティックタイプのものも、そうでないコンシーラーも、指や筆をつかってのせていきましょう。実際のシミのサイズよりもひとまわり大きく塗るのがコツといわれていて、濃いコンシーラーを先に塗ってからその上にワントーン明るめのコンシーラーを塗るのもコツといわれています。

3.コンシーラーをのせたら、肌になじませます。ぼかすときには、ポンポン優しくたたくようにして、なじませ過ぎないこともポイントです。せっかくカバーしたのが消えてしまいます。

4.ファンデーションを塗って、コンシーラーをなじませたら、シミ隠しが出来ているかチェックします。物足りないなとカンジタときは、少しリキッドファンデーションを乗せて優しくぼかしましょう。

5.次に、ルースパウダーで、パフやブラシにのせてシミ隠しをした部分から、軽くおさえてあげましょう。その後に、顔全体につけると綺麗に仕上がるそうです。

パウダーファンデーションの場合

パウダーファンデーションをお使いの場合のコンシーラーでシミ隠しメイクの方法は、以下のようになっています。

1.まず、スキンケア用品で肌を整え、化粧下地を塗りましょう。

2.次に、コンシーラーをシミの大きさよりもひと回りほど広くのせていきます。指やブラシを使って普通のコンシーラーもスティックタイプも使っていくのがコツです。

3.次に、のせたコンシーラーを優しくぼかしていきます。シミの周りをぼかすのを意識しましょう。これは、次に塗るパウダーファンデーションを綺麗に仕上げるためのポイントといわれています。

4.最後にパウダーファンデーションを塗って完了です。コンシーラーを塗った部分は、スポンジやブラシでおさえる感じで乗せてから、顔全体にパウダーファンデーションを塗ると綺麗に仕上がるといわれています。

シミ隠しメイクでシルク肌な毎日を

シミ隠しのメイクは、ちょっとコンシーラーの使い方を丁寧に仕上げるだけで綺麗に仕上がるといわれています。ファンデーションの種類によっても、使う順番が違うのも知っておきたいポイントのひとつといえるでしょう。

紫外線対策もしっかりしていき、ビタミンCを意識的に摂取していくことも心がけていきたいものです。是非、この機会にシミ隠しメイクをお試しになってみてはいかがでしょう。

合わせて読みたい!