シミを消す化粧品で肌に自信を!アイテム別のおすすめ商品をご紹介

シミがあるために肌に自信が持てず、ファンデーションで頑張ってカバーしている方も多いのではないでしょうか。シミは早めのケアが大切なので、見つけたらすぐに美白タイプの化粧品でケアしませんか?おすすめの商品をご紹介します。

シミを消す化粧品で肌悩みを解決!

年齢を重ねると、気になり始めるのが「シミ」です。シミがあるだけで老けて見えるので、何とか化粧品で消したいと思っている人も多いのではないでしょうか。

シミを消す化粧品を使ったら、気になるシミがほとんど目立たなくなったり、薄くなったりしたという口コミが見られます。諦めずにシミを消す化粧品でケアしてみませんか?

シミについての基礎知識

顔にシミを発見したときは、ショックですよね!多くの女性が悩んでいる「シミ」について、まずは原因や対策法を知っておきましょう。

シミができてしまう原因

シミには種類があるのですが、多くの人が悩んでいるのが「老人性色素斑」と言われるものです。このシミは紫外線を浴び続けたことが原因でできてしまいます。

紫外線を浴びると、ダメージから肌を守るためにメラニン細胞が活性化してメラニン色素がたくさん作られます。メラニン色素はターンオーバーによって排出されますが、大量の紫外線を浴びるとメラニン色素の生成量も急に増加するため排出されずに肌にシミとして残ってしまいます。また、加齢により代謝が悪くなると、メラニンが排出されずにシミができてしまいます。

これが大事!シミを予防する方法

シミができてしまうと消すのは大変です。そこでシミができないように、できるだけ予防しておきましょう。紫外線を浴び続けていると、紫外線ダメージが蓄積され年月を経てシミとなって現れてしまいますので、若い頃から紫外線対策をしておくことがシミ予防に効果的です。

シミの予防には、紫外線対策が最も大切です。日焼け止めは適量を塗るようにして、汗で流れたら塗りなおします。日傘や帽子、サングラス、アームカバーなどを併用して、紫外線から肌を守るようにしましょう。

できてしまったシミを消す方法

シミはできてすぐは薄くても、だんだん濃くなって真皮まで定着してしまいます。自力でシミを消すなら、薄いうちに美白化粧品でケアしましょう。古いシミや濃くなったしまったシミには美白成分の効果が効かなくなってきますので、見つけたらすぐに美白化粧品を使ってシミを消すケアを始めましょう。

シミを消す化粧品について知りたい

シミを消す化粧品はどうやって選べばよいのか、またどのように使うのが効果的なのかご紹介します。自分の予算内で、美白効果がある化粧品を探してみましょう。

美白有効成分をチェックして選ぼう

シミを消したい人におすすめの化粧品は美白化粧品です。美白化粧品を選ぶときは、厚生労働省認可の美白成分が配合されているものにしましょう。

メラニン還元作用があり、できてしまったシミに有効な成分は、ハイドロキノン、アルブチン、Lーシステイン、ビタミンC誘導体などがあります。

効果的な使い方

美白化粧品はライン使いした方が効果的と言われますが、価格が高いものも多いので、単品で使いたいという人もいらっしゃるでしょう。単品で使うなら、美白成分が濃厚な美容液が最も効果的です。

美白化粧品を使うときは、適量を使うことも大切です。高価な美白美容液を思い切って買ったとしても、もったいなくてチビチビしか使わないというのでは、美白効果を十分発揮することができないでしょう。

使用目安量を守って使うことで、美白効果を最大限発揮することができるでしょうから、使う前に確認しておくことをおすすめします。

価格はどのくらい?

美容雑誌に掲載されている美白化粧品は、高価なものが多いですよね。美容液だと1万円を超えるものも多いです。しかし、予算オーバーだと諦めなくても大丈夫です。化粧品の予算は人それぞれ違いますよね。スキンケアにあまりお金をかけたくない人は、価格が安い美白化粧品を探しましょう。

デパートコスメは高価なものが多いですが、ドラッグストアに行けば、1,000円前後で美白化粧水や美白美容液などが見つかります。美白ケアは継続することで効果が感じられますので、続けて使うことができるように、無理のない価格のものを選ぶようにしてはいかがでしょうか。

美白化粧品はどこで買える?

比較的お手頃な価格の美白化粧品なら、ドラッグストアやスーパーの化粧品売り場などで買うことができます。テスターで自由に試せるものもありますので、手の甲で使用感を確認することができるでしょう。

また、お値段が高くてもいいので有名ブランドの商品がいいという人なら、デパートでの購入がおすすめです。デパートコスメは対面販売となっていますので、肌悩みに合わせて自分に合った美白化粧品を紹介してもらえるでしょう。実際に肌で確かめたり、サンプルをもらえたりすることもありますので、試してから購入したい人にも好都合です。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

また、アマゾンや楽天、化粧品メーカーの公式サイトなどからでも美白化粧品を買うことができます。忙しくてなかなか買いに行けない人には通販が便利でしょう。

使っている人の口コミもチェック

美白化粧品を選ぶとき、気になるのが本当にシミは消えるのか?ということですよね。広告を見る限りではどれもすごく効きそうですが、実際にはどうなのか購入前に知るには口コミを参考にするのがよいでしょう。また、美白化粧品は保湿力が低いものもありますので、肌が乾燥しないか実際に使った人の感想を知るのも役立ちます。

化粧品の口コミというと、日本最大級のコスメサイト「アットコスメ」が頼りになるでしょう。気になるコスメを実際に使ってみた人の口コミを読むことができます。

美白化粧品に関しては、同じ商品でも「シミが薄くなった」という人もいれば、「効果を感じられなかった」という人もいます。シミの程度もありますので、一概に口コミを自分の肌に当てはめることはできないでしょうが、読んでみて参考になるのではないでしょうか。

アイテム別シミを消すおすすめ化粧品

化粧品のアイテムごとに、シミを消す化粧品のおすすめをご紹介します。ライン使いをするのが理想的かもしれませんが、一品だけ取り入れても効果を感じることができるでしょう。気になる商品を探してくださいね。

摩擦をさけてクレンジング

クレンジングは、肌を摩擦しないようにしましょう。摩擦によって炎症をおこしシミとなってしまうことがありますので注意が必要です。特にシートタイプのクレンジングは肌を擦ることになりますので、できるだけ避けた方がよいでしょう。

シミが気になる方には美白タイプのクレンジングがおすすめです。「ソフティモ薬用ホワイトクレンジングウォッシュ」は、メイク汚れを落とすだけでなく、メラニンを含んだ古い角質も落としてくれるクレンジングです。クレンジングと洗顔がこれ1本でできますので、肌への負担も少ないでしょう。

by カエレバ

残存メラニンも洗い流す洗顔料

洗顔でシミを消すことはできませんが、だからといって軽視しないようにしましょう。シミを消すためには古い角質を取り除き、肌のターンオーバーを促進することが大切です。美白洗顔料をよく泡立てて、優しく洗うようにしましょう。

市販の洗顔料なら「ロゼット洗顔パスタ・ガスールブライト」がおすすめです。この洗顔料は、残存メラニンや古い角質まで洗い流してくれます。また、アルガンオイルが配合されていますので、肌の調子を整えてくれる効果もありますよ。

by カエレバ

美白タイプの化粧水

シミが気になる方は、化粧水も美白タイプを選びましょう。美白化粧水にはシミの予防や改善効果がある成分が配合されています。ドクターズコスメの「アンプルール」は、美白ケアのライン使いができますので、しっかりシミ対策をしたい方におすすめです。

化粧水「ラグジュアリーホワイトローションAO2」は、皮膚科のシミ治療にも使われるハイドロキノンの刺激をなくした「新安定型ハイドロキノン」が配合されています。

プチプラの美白化粧水なら、小林製薬の「薬用ケシミン浸透化粧水」がおすすめです。ユニークな名前でおなじみの「ケシミン」シリーズの化粧水で、メラニンの生成を抑えるビタミンC誘導体や保湿効果があるヒアルロン酸が配合されています。価格が手ごろなので、毎日継続して使いやすいですね。

by カエレバ

美白成分が配合された美容液

シミを消す化粧品をまずは1品だけという人におすすめしたいのが美容液です。美白成分がしっかり配合されているものを選ぶようにしましょう。

資生堂の「HAKU」は、国内メーカーの美白美容液を代表する商品と言っても過言ではないでしょう。4MSKとm-トラネキサム酸の2つの美白成分が配合されていて、シミが薄くなった、肌のくすみがとれたという口コミも見られます。発売当初は美容液のみでしたが、現在は化粧水、乳液、シートマスクといったラインナップが揃っています。

また、アスタリフトの美白美容液「エッセンス インフィルト」は、ビタミンC誘導体と高浸透の保湿成分が配合されています。ナノ化された成分が肌の奥深く根付いた「シミの骨」を分解する効果があるそうです。

by カエレバ

保湿しながらシミ対策できる乳液

化粧水や美容液を肌に浸透させたら、最後は乳液をつけましょう。暑い季節でもさっぱりした使用感の乳液がありますので、べたつきが気になる方におすすめです。

乳液も美白成分が配合されたものがありますので、肌を保湿しながらシミ対策ができます。トランシーノ「薬用ホワイトニングクリアミルク」は美白有効成分のトラネキサム産が配合されています。保湿力が高く、低刺激で無香料、無着色なので、肌に優しい化粧品を探している人にもおすすめです。

by カエレバ

肌の乾燥を防ぎながら美白できるクリーム

肌の乾燥が気になる人には美白タイプの保湿クリームがおすすめです。ビーグレンの美白ラインのクリーム「QuSomeホワイトクリーム1.9」は、美白有効成分ハイドロキノンが配合されています。ハイドロキノンはすでにあるシミに効果的な美白成分ですが、刺激が強い成分です。

しかし、ビーグレンの「QuSomeホワイトクリーム1.9」はハイドロキノンの低刺激性を実現した美白クリームなので、これまで美白化粧品を使って効果を実感できなかった人も期待ができるでしょう。初めての人にはラインで試せるトライアルセットもおすすめです。



シミを消す化粧品で肌に自信を持とう!

シミはできてから時間がたっていないものの方が美白化粧品の効果があらわれやすいので、気になり始めたらすぐに美白化粧品を使うようにしましょう。面積は小さくてもシミはすごく気になってしまいますよね。シミを消す化粧品を使って、肌に自信を持ちませんか?

合わせて読みたい!