シミやシワの予防ってできるの?紫外線対策や肌に潤いを与える方法

年齢を重ねることで徐々に気になりだしてくる肌トラブルが「シミ」や「シワ」です。たとえば、若いころからUVケアをマメにしていても、シミに悩まされている方は多いです。今回は、シミとシワについて紹介します。

シミやシワの悩みは若い女性にも増えている

シミやシワで悩まされる方にお勧めのスキンケア商品の中には「30代~」や「50代~」といったように、年齢ごとにお勧めしている商品も色々販売されています。しかし、生活リズムや生活習慣等の乱れから、20代の若い女性でもシミやシワに悩まされている方もおり、シミやシワの原因は加齢だけではありません。

シミ対策にUVケアだけでは不十分?

シミを予防する方法で一番最初に考えられるのが「UVケア」ですが、UVケアだけで本当にシミ対策ができるのでしょうか。ここでは、効果的なシミ対策について紹介します。

1、ローヤルゼリーが効果的

ローヤルゼリーは、肌に良い成分としてスキンケア商品でも多く扱われています。

ローヤルゼリーを普段のスキンケアに摂り入れることで得られる効果には

1、肌の水分量を増やす。
2、皮膚の新陳代謝を促す。
3、ヒアルロン酸やコラーゲンが作りやすくなる。

こういったところから、肌の潤いを持続させ、紫外線による肌の乾燥もカバーすることができるようです。

2、肌の乾燥はシミやシワを悪化させる

肌が乾燥した状態が続いていると、様々な肌トラブルを引き起こす原因にもなってしまいます。このことから、肌トラブルを避けるためには、まず乾燥対策を行うことが大切だそうです。

シミを引き起こす「メラニン色素」は、乾燥した肌の方がよりとどまりやすくなるようです。また、乾燥した肌を守ろうとする角質の働きとしてシワができていき、角質の間に隙間ができていけば乾燥もより進行しやすくなり、肌環境は悪化していくため注意が必要だそうです。

肌のハリや潤いには女性ホルモンが重要

スキンケア商品で肌のケアを行っていくことも大切ですが、健康的で若々しい肌には「女性ホルモン」も欠かせません。ここでは、肌トラブルと女性ホルモンについて紹介します。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

1、女性ホルモンが効く理由

加齢により肌が乾燥しやすくなったりする等の肌質の変化には「女性ホルモンの減少」が大きく関係しています。女性ホルモンは「天然の保湿成分」とも言われ、大体20歳を過ぎた頃から徐々に減っていき、それとともに肌の保湿力も低下していくことに…

そのため、若い頃に比べ肌の水分量を維持できず、シワやシミが増えやすくなるのです。このことから、アンチエイジング向けの化粧品では、女性ホルモンの減少を補うために潤いが持続しやすい、保湿成分の優れた化粧品が多く販売されています。

2、女性ホルモンにおすすめのセルフケア

女性ホルモンは、年齢に限らずバランスが乱れてくると肌トラブルや生理周期の乱れ等にも影響を与えてしまいます。たとえば、若い女性でもシミやシワ・たるみに悩まされている方の場合には、ストレスや疲労・生活習慣の乱れ等が関係していることもあり、改善させるためには生活習慣等の見直しが大切です。

他にも「舌ヨガ(顔ヨガ)」という舌を動かすヨガにより、成長ホルモンの分泌が促されることによって、老化の防止に効果を発揮してくれます。成長ホルモンは、肌だけではなく歯や骨・髪・粘膜を丈夫にする効果もあるため、健康維持にもお勧めです。


【顔ヨガ】顔ヨガTORU(第1回 舌のトレーニング)

美容外科で行えるシミ・シワ対策プラン

シミやシワを治したい場合には、美容外科に相談することもお勧めです。ここでは、美容外科で行える治療について紹介します。

1、原因から考えるシミの治療

シミの治療に限らず、肌トラブルに関する原因は生まれつきのものや加齢・ホルモンのバランス・環境等様々です。そのため、治療方法も原因に合わせて変わってきます。

シミやそばかすの場合には、レーザー治療が効果的ですが、シミの原因や大きさ・部位によって適したレーザー治療があるため、カウンセリング等で事前にしっかり相談するようにしましょう。

2、若返り効果が期待できるシワの治療

シワの治療には、ヒアルロン酸やボトックス・脂肪の注入や高周波・フェイスリフト等の治療法があるそうです。中でもヒアルロン酸やボトックスの注入はメスを使わない治療法として有名ですが、シワの部位によって適した治療法を行うことが大切です。

ヒアルロン酸は肌のハリや弾力・保湿性にも効果的ですが、ボトックスの場合には筋肉を柔らかくして若返らせていくようです。なお、脂肪の注入では、あらかじめ自分の脂肪を脂肪吸引で取り除き、シワに注入していくため、異物反応の心配もなく、安心して治療することが可能だそうです。

3、印象が変わるたるみの治療

加齢による肌トラブルには、シミやシワの他に「たるみ」があります。たるみに関してはフェイスリフトといった治療法が定番ではあるものの、専用のマシンを使用して引き締めを行う高熱波の治療も効果的だといわれています。

また、溶ける糸をはじめとする特殊な糸を使用することにより、皮膚を切らないでフェイスリフトを行う治療法もあるようです。フェイスリフトは、頬やほうれい線・フェイスラインに施術可能ですが、見た目年齢を若く見せるなら、目元のたるみを取る治療法も良いでしょう。

シミやシワは生活習慣から予防していこう

ここまで、シミとシワについて紹介してきましたが、加齢以外にも肌に影響を与えている要因は色々あります。特に、シミとシワになりやすい要因と言われている紫外線対策に関しては、UVケアだけではなく、肌の保湿や女性ホルモンを乱さない生活習慣にも気を付けましょう。

合わせて読みたい!