プチプラでもシミに効く化粧品はある?本気でケアするおすすめを紹介

顔のシミって気になりますよね。シミは、シミに効く成分が配合されていれば、改善も期待できます。シミに効く化粧品の選び方や、おすすめアイテムを紹介していきます。そして、シミの種類やシミができます、原因もまとめていきます。

シミに効く化粧品ってどんなもの?

シミって気になりますよね。いつの間にかできていたシミを見るたびに、落ち込むという人は多いと思います。シミができているだけでも、老けた印象に見えて目立つし、何をしていてもシミをみられているのではないかと、落ち着かなくなることもあるのではないでしょうか。

どうにかして、シミがなかったころの肌に戻りたいと思うものですよね。そこで今回は、シミに効く化粧品についてまとめていきます。なぜシミができてしまうのか、シミに効果のある化粧品はどんなものなのかなどを、詳しく紹介していきます。

シミに効く化粧品の種類と選び方

シミにはいくつかの種類があります。そのシミによって、原因や対処法もかわってきます。ここでは、まずそのシミの種類や化粧品の選び方のポイントを紹介します。

シミは6種類ある!

シミとはいっても、医学的には全部で6つの種類に分けられていて、そのシミの種類によっては、スキンケアなどで改善できるものもありますが、できないシミもあります。自分にできているシミが、どの種類にあたるのかをまず把握しておく必要があります。

1.老人性色素斑
このシミは紫外線が影響してできるしみで、できはじめのころは薄いシミですが、どんどん濃くなったり大きくなったりするという特徴があります。このシミは、まだ初期の薄い段階であれば、化粧品で美白効果のあるものを使用するのも有効なようです。

2.肝斑(かんぱん)
かんぱんは、主に30代~40代で、目尻の下あたらいから左右対称でできるしみです。これは、生理不順や妊娠、避妊薬などが原因でできるとこもが多く見られています。

見た目が老人性色素斑と似ているので、見間違うこともあるでしょう。肝斑は、レーザーで除去するのが難しく、内服薬が勧められています。

3.雀卵斑(じゃくらんはん)
このシミは遺伝的な要素で、生まれつき頬に点状で広がっているそばかすです。そばかすは、美白化粧品で全く効果がないわけではありませんが、完全に消すことは難しいでしょう。

この場合は、レーザー治療によっての除去が一般的なようですが、遺伝的要素が強いので、とれてもまた再発しやすいとされています。

4.炎症性色素沈着
これは、ニキビや虫刺され、傷の後など一時的にできるしみのことをいいます。けがをしたときに炎症が起きて、その周りの色素が一時的に濃くなることがあります。これは、そのままにしていてもいずれは消えますが、少し消えるまでに時間がかかるのが特徴です。

早ければ数ヶ月、長い場合は数年かかることもあります。このシミは、美白化粧品も効果がきたいできます。他にも角質を除去する、ピーリングは即効性がきたいできます。

5.脂漏性角化症
このシミは、いぼのような見た目のしみです。このシミは美白効果のある化粧品は、ほとんど効果がありません。

6.花弁状色素斑(かべんじょうしきそはん)
紫外線を浴び続け、肩から背中の広範囲にできる点状のシミのことをいいます。このシミも、美白化粧品は効果が期待できないでしょう。

セルフケアなどで、改善が期待できるシミは老人性色素斑、炎症性色素沈着、肝斑です。できているシミがこの種類であれば、化粧品などでも改善が期待できます。

期待できる化粧品の選び方のポイント

日頃のケアで改善が期待できるシミに関しては、シミに効く化粧品を選んで使うようにしてみましょう。

シミに効く化粧品を見分けるのは、化粧品のパッケージに美白、医薬部外品(薬用)と表記があるかどうかもポイントになります。美白と表記できるのは、国が認めている美白成分が配合されているものだけに限られています。

毎日の習慣!正しいスキンケア方法

毎日のスキンケアは、洗顔後まずは化粧水をしっかり肌になじませます。化粧水の後に、顔のシミに効く美白美容液を塗布していきましょう。美白美容液は、本来は新しいシミを作らないための予防になりますので、シミができている部分だけでなく、お顔全体につけていきましょう。

美容液は肌に刺激が強いものも多いので、どんな美白成分が含まれているのかを、しっかり把握しておきましょう。肌に遇わないときは、すぐに使用を中止しましょう。

合わない美容液を使っていると、シミが逆に増えてしまうこともありますので注意しましょう。美白美容液のあとは美容クリーム、乳液でふたをしてあげましょう。

美白用スキンケアはどこで買える?

シミに効く化粧品は、ネットや薬局などでも買うことができます。市販のものも、いろいろなシミに効くとされるスキンケア化粧品はたくさんありますので、自分に合うものを見つけるのが一番いいですね。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

使っている人の口コミを参考にしよう

化粧品もいろいろな種類がたくさんあるので、どれを使ったらいいのか迷ってしまいますよね。そんなときは、シミに効く化粧品の口コミを参考にするのもおすすめです。実際に使ったことのある人の、口コミを見ることでわかることもありますので、気になる化粧品があれば、まずはネットで検索してみましょう。

シミができる主な3つの原因を理解しよう

シミの対策をするまえに、シミができてしまう原因を知っておくことが大事です。ここでは、主なシミの原因を紹介します。

紫外線UVBはDNAを傷つける

シミができてしまう原因として、紫外線はよく知られていますね。紫外線には、UVAとUVBというのがあり、波長の短いUVBは直接に皮膚の細胞を攻撃して、DNAを傷つけてしまいます。紫外線が入ってくることで、メラノサイトを刺激して、メラニン色素を作り出す物質が活性化されます。

紫外線を浴びなくなると、皮膚の新陳代謝で肌の色も元にもどりますが、皮膚細胞のDNAに変異が起こると、メラノサイトが活性化したままの状態となり、シミができてしまうのです。

老化の原因である活性酸素

活性酸素が増えると、その活性酸素を取り除くために、メラノサイト刺激ホルモンが分泌されます。

活性酸素が増える原因も様々ですが、紫外線、ストレス、タバコ、飲酒、電磁波、排気ガス、添加物、便秘、激しい運動、睡眠不足などがあげられます。この活性酸素を上手く排出できずに溜まってしまうと、美容面も健康面にも悪影響を及ぼします。

ニキビ、虫刺されなどの炎症

ニキビ跡や肝斑などは、炎症によって起こるシミです。皮膚の炎症によるダメージを回復するために、新しい細胞を作ろうとする働きが活発になり、それと同時にメラノサイトも活性化されてしまいます。その結果、メラニン色素が産生されて色素沈着になります。

皮膚に炎症が起きる要因としては、日焼けや摩擦、虫刺され、やけど、湿疹、かぶれ、ニキビなとがあります。ニキビやヤケドみたいに、炎症とすぐわかるものだけでなく、見た目ではわからない程度の炎症であったとしても、長期的に炎症が続くことでシミができることもあります。

アイテム別!シミに効くおすすめの化粧品

ここからは、シミに効くおすすめの化粧品をアイテム別で紹介していきます。

化粧水:アンプルール/低刺激美白成分

化粧水のおすすめは、アンプルールのラグジュアリーホワイト ローションです。ニキビ跡などの、色素沈着によるシミ改善におすすめの化粧水です。アンプルールは、皮膚の専門家が開発しているスキンケアブランドで、保湿と美白に特化しています。

低刺激美白成分である新安定型ハイドロキノンと、保湿力と浸透力に優れたトリプルセラミド、メラニンを作らせないAOカプセルが配合された化粧水です。

by カエレバ

美容液:オバジ/寝ている間にケア

美容液のおすすめは、オバジHQ ブライトニングナイトセラムです。ハイドロキノンが配合された夜用の美容液で、日中の紫外線ダメージを寝ているうちに、しっかりケアするナイトコンセントレイション処方を採用しています。

by カエレバ

乳液:アルビオン/白さを実感

乳液は、アルビオンのエクサージュホワイトピュアホワイトミルクがおすすめです。表皮部分の各層に美白成分が染み込んで、一瞬で白さが実感できる乳液なんです。

by カエレバ

クリーム:アンプルール/エイジングケアも

クリームは、アンプルールラグジュアリーホワイトがおすすめです。このクリームは、主成分にハイドロキノンが配合されているだけでなく、エイジングケアに欠かせない保湿を、しっかりとこなせる有効成分をたっぷりと配合されています。シミを消すだけでなく、シミのできにくい肌づくりができるんです。

環境や年齢によるダメージもリセットして、ハリとうるおいをチャージします。翌朝、肌の明るさとハリが実感できるんです。

by カエレバ

プチプラ!シミに効くおすすめの化粧品

次は、シミに効くプチプラ化粧品を紹介します。シミを改善するためには、長く使うことが大事なので、お手頃価格でも、効果のあるものを選ぶと良いでしょう。

化粧水:資生堂/潤いと透明感

資生堂のアクアレーベルホワイトアップローションは、「うるおいで角層を満たし、透明感と輝きにあふれる肌へ」というキャッチコピーで、色素沈着に有効な美白成分である、トラネキサム酸が配合されています。

コクがあって、なめらかな感触でしっとりタイプの化粧水です。ドラッグストアでも気軽に購入できて、人気の化粧水です。

by カエレバ

美容液:ちふれ/ノンアルコール

美容液は、ちふれの美白美容液VCがおすすめです。1,000円以下で買える美容液が、口コミでも評価が高いんです。ビタミンC誘導体が配合されていて、ノンアルコールなので、敏感肌の人にも優しい処方です。

by カエレバ

乳液:ハダラボ/無香料、低刺激

ハダラボ肌研の白潤・薬用美白乳液は、美白有効成分である高純度アルブチンや、うるおい成分ヒアルロン酸やビタミンC誘導体が配合されています。

紫外線によって、乾燥している肌に潤いを与えてくれ、メラニンの生成を抑えてシミ、ソバカスを防ぎます。無香料でアルコールフリーなので、低刺激で作られています。

by カエレバ

クリーム:ケシミンクリームc/集中ケア

小林製薬のケシミンクリームcは、メラニン生成を抑えて、しみやそばかすを防いでくれます。ビタミンCとビタミンEが配合されていて、ビタミンCはシミ抑制成分で、ビタミンEは血行促進成分になります。シミが気になるところに塗って、集中補給していきます。

ビタミンC誘導体が、集中的に角質層のすみずみまでじっくり浸透して、メラニンの生成を抑えます。新陳代謝が活発になる就寝時に使うと、効果的とされています。ビタミンC誘導体は保湿にも効果的で、シミ予防と保湿効果も同時に期待できます。

by カエレバ

シミに効く化粧品でシミを改善しよう!

いかがでしたか?シミは、化粧品などでのケアで改善が期待できるものもあります。シミに効く成分が配合されている化粧品を選んで、日頃のケアに取り入れて行きましょう。

合わせて読みたい!