肌にハリが出る方法6選!弾力を取り戻すのにオススメの食べ物やサプリって?今日からできる簡単な対策でハリ・ツヤ美人!

最近肌にハリや弾力がなくなってきたと悩んでいる方、あなたの肌のハリが衰えてきたのは年齢のせいだけですか?肌のハリがないと感じる原因は他にもあるかもしれません。肌のハリに効果のある食べ物や化粧品、サプリメントの情報や肌のたるみ解消のためにできるトレーニング法など色々とご紹介。最新の美容成分フィフローbtxの情報もありますよ!

目次

肌のハリや弾力はなぜなくなるの?

今すぐやってみよう!肌弾力チェック

肌がたるみハリを失うと、とても老けて見えてしまいます。ほうれい線がくっきりとあるかないかだけでも、見た目年齢は10歳は違ってくるのではないでしょうか?

まだシワはそれほどでもないから大丈夫と思っている人も、うつぶせで寝ていたあとなどほっぺたに枕や洋服の跡がついて、それがなかなか消えないなんてことはありませんか?一度お肌の弾力チェックをしてみてください。

弾力チェックは簡単です。枕の上にコインを置き、10分くらいその上に頬を載せていてください。コインの跡が15分から25分で消えれば20代、25分から35分で消えれば30代、35分から45分で消えれば40代の肌弾力だそうです。

どうでしたか?あなたのお肌のハリや弾力は年齢相応ですか?年相応の肌弾力だった人も油断禁物ですよ。肌のハリや弾力は、年齢と共に確実に失われていきます。

お肌のハリを保つにはコラーゲンやエラスチンが必要です。コラーゲンやエラスチンは繊維状のたんぱく質なのですが、それらが真皮層に張りめぐらされているおかげでピンと張ったハリや弾力のある肌ができるのです。

ですが、残念なことに25歳くらいからコラーゲンとエラスチンの量は減っていってしまい、真皮層は表皮を支えるのが難しくなっていき、それが肌のたるみへとつながっていきます。

肌のハリがないという人は水分補給を見直そう!

若いのに肌にハリがないのは体内の水分不足せいだった?!

年齢が上がるにつれ、肌にハリがなくなっていくのは当たり前のことです。まだ若いのに肌にハリがないという10代、20代の人は原因に体内の水分不足が考えられます。肌にハリを取り戻すと謳われている化粧品やサプリ、レーザーや美顔器具など色々とありますが、正しい水分補給を心がけることで、そんなにお金をかけなくても肌のハリが復活するかもしれません。

水分は一日に2リットル飲みましょうとよく聞きますが、ただ飲むだけでは肌のハリへの効果はあまり感じられません。どんな飲み物を、どのくらい、いつ飲むのかということを知ることで肌のハリは改善します。

水分一日2リットル以上は嘘?!あなたの適切な一日の水分量はこうして知ろう

肌のハリに直結するお肌のうるおいは、真皮層の水分量で決まります。化粧水など外からの保湿でお肌を潤すことも有効ですが、一番大切なのは体の中からの保湿です。体の中からの保湿というのは水分を摂ることで可能になります。

水分は一日2リットル以上という話を聞いたことがある人は多いと思います。でも、体の大きな人と小さな人が同じ量っておかしいと思いませんか?実は体重によって適切な水分量を知る方法があるんです。

その適切な水分量を知る計算方法は、自分の体重÷30から50の間です。例えば体重50kgの人だと、50÷30=1.6、50÷50=1となるので、1リットルから1.6リットルが適切な量となります。

水分補給はこまめに!ガブ飲みは効果なし!

上で目安となる自分に最適な水分量がわかったと思いますが、その水分量は一日かけてゆっくりと飲むようにしましょう。一気に飲んでも体の隅々まで水分はいきわたりません。一番肌のハリに効果のある飲み方は、15分おきに少量の水分を飲むことだそうです。

のどが渇いたときに水分補給をするというやり方だと遅すぎます。のどが渇くという状態は、すでに体の中は脱水してしまっている状態です。そうなると、肌にまで水分はいきわたらなくなってしまいます。

また、食事中や食前食後に水分を多く摂る人が多いかと思いますが、これも実は美容によくありません。食事中や食前食後に水分を摂りすぎると胃液が薄まってしまって、肌や髪に大切な代謝酵素を消費してしまうんだそうです。

食事中の水分はコップ1杯程度まで、食前は30分、食後は1時間は水分補給は控えましょう。

カフェインの入った飲み物は水分補給には逆効果!

カフェインの入った飲み物は、利尿作用が強く、体の中にあるミネラルまで排出してしまうので水分補給にはなりません。それどころか、肌の乾燥や体の脱水を進めてしまいます。ヨーロッパのカフェに入った時、コーヒーを頼むとコップ一杯の水が付いてくることが多いのですが、これはコーヒーだけでは水分補給にならないからなのかもしれませんね。

カフェインの入った飲み物はできれば一日1,2杯にしておき、飲むときにはコップ1杯の水も一緒に飲むようにしましょう。

肌のハリに効く化粧品の選び方!こんな成分が効果的

安易にアンチエイジング化粧品を選ばないで!

水分補給や食生活の見直しだけではなかなか肌のハリが回復しないという人は、化粧品にもこだわってみましょう。肌のハリやたるみに効く化粧品というと、どうしてもアンチエイジング化粧品が多くなります。

アンチエイジング化粧品はターゲットにしている年齢層があり、若い人が40代以上の女性をターゲットにしているものを使うと、栄養過多になったりするので注意が必要です。安易にアンチエイジング化粧品を選ばずに、化粧品に使われている成分を見ながら肌のハリやたるみに効く化粧品を選んでみましょう。

オススメの化粧品は、エイジングケア「アヤナス」

ポーラ・オルビスグループの敏感肌・乾燥肌専門ブランド「ディセンシア」が発売している「アヤナス」は、数々の有名美容誌、雑誌掲載された話題の商品です。
肌のハリと弾力を保つために重要な「コラーゲン」生成をなんと170%へアップしてくれる、ポーラ研究所オリジナル成分「CVアルギネート」を配合しています。

さらに、高保湿成分「ヒト型セラミド」をナノ化して配合することで、お肌のすみずみまで徹底的に保湿し、潤いとハリのある肌へと導きます。

数々の有名美容誌、雑誌にも掲載されていて、「肌に弾力が戻った」「ピンっとしたハリを実感できる」などエイジングケア効果を実感している方の声も多いようです。

現在、アヤナスの化粧水、美容液、クリーム10日分と1回分のアイクリームが入ったトライアルセットが初回限定1,480円(税込、送料無料)でお試しできます。30日間返品・返金保障付きなので、お肌に合うか不安な方も気軽に試せてオススメですよ。



お得に試すならアスタリフトベーシック

「アスタリフトベーシック」は肌のハリと弾力を保つ潤い成分「アスタキサンチン」を、富士フィルム独自の技術でより肌に浸透しやすくナノ化して配合しています。
さらに、世界最小クラスのヒト型セラミドと、うるおい効果のあるリコピンもナノ化し、アスタキサンチンとWケアすることで美肌ケアを通常の3倍高めます。

クチコミでは、「肌のハリが出てきて小じわも目立たなくなった」という声も多く、大変話題になっている商品です。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

さらに、アスタリフトベーシックは5日間分の美容液2種類・化粧水・クリームがセットになっていて1,000円で試せるトライアルキットがあり、気軽に試せるようになっているので興味のある方はトライアルから始めることをオススメします。



肌ハリ効果ならビタミンC誘導体とレチノールに注目!

肌にハリやツヤを出してくれると謳われている化粧品の多くには、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸、プラセンタなどがよく使われています。どの成分も美肌を作る成分として広告などでもよく見かけますよね。もちろんこれらの成分もとても効果的だとは思いますが、その他にも注目してほしい成分があります。

ビタミンC誘導体とレチノールです。ビタミンC誘導体は美白成分として有名だと思いますが、実はコラーゲンの合成を活性化させてくれる働きもあるんです。

レチノールはニキビやシワに効果があると言われており、ビタミンC誘導体と同じようにコラーゲンの合成促進効果もあります。放っておくとどんどん減っていってしまう肌のコラーゲンを、少しでも多くするためにもコラーゲン合成効果のある成分の入った化粧品を選びましょう。

肌のハリを取り戻す化粧水やクリーム、美容液は成分を見ながら上手に取り入れましょう。

肌のハリに良い食べ物はコレ!ポイントはバランス良く!

肌のハリやたるみにはコラーゲン!

肌のハリやツヤ、弾力に効く食べ物の筆頭はなんといってもコラーゲンの入った食材です。鳥手羽、鳥皮、豚足、フカヒレ、ゼラチン(ゼリー)なんかが有名ですね。その他には牛すじ、軟骨、エイひれ、魚の皮などがあります。

でも食べ物に含まれているコラーゲンは残念ながらすべて体内に吸収することができません。一部のコラーゲンしか体内に吸収されないので、その分多くのコラーゲンを摂取しないといけないのだそうです。

コラーゲンは皮や骨に多く含まれているのですが、昔はもっと魚の皮も骨も丸ごと食べていたり、アラ炊きなどをしてもその煮汁もすべて食べていたそうです。現代では骨や皮を残す人が多いですし、煮汁も捨ててしまう人も多いかと思います。

コラーゲンは熱によってゼラチン化しますので、その煮汁の部分にこそ溶けだしたコラーゲンは多く含まれています。鳥鍋などをした際のスープやとんこつラーメンのスープなど、実はコラーゲンたっぷりだったりします。

カロリーや塩分を気にしてスープや煮汁を残していた人も、お肌のハリや弾力を求めるなら残さず食べたほうがいいのかもしれません。

コラーゲンを摂取するときにはビタミンCも忘れずに!

コラーゲンは摂取しても吸収されにくいので、なかなか肌まではいきわたらないとも言われています。体内でコラーゲンの合成を助けてくれるのがビタミンです。特にビタミンCはコラーゲンの吸収をよくしてくれ、コラーゲンを合成する働きがあると言われています。コラーゲンの入った食べ物を食べる際には、ビタミンCも一緒に摂るようにしましょう。

肌に良い食べ物はコラーゲンだけではありません。老化防止になる抗酸化作用のある食材も肌にはりをもたらす食べ物です。抗酸化作用があると言われている食べ物は、バナナ、カボチャ、人参、キャベツ、ニンニク、ショウガ、蕎麦、大豆、緑茶、ブルーベリー、アボガド、アーモンドなどがあります。

肌のはりがないと悩んでいる人は、これらの食べ物をバランスよく食べるように心がけましょう。

これが原因だった?!肌のはりに悪い食べ物

ダイエット食は肌ハリにはNG?!

肌のハリに悪いと言われているのは、お酒、脂肪分の高い食べ物、過度なダイエット食、糖分の多い食べ物などがあります。具体的にあげるといわゆるジャンクフードや甘いお菓子などですね。

また、過度なダイエット食はたんぱく質を極度に減らしてあることが多いと思います。肌のたるみやシワを防ぎ、肌のハリをアップさせるにはたんぱく質と適度な糖分は欠かせません。痩せることを目的としたダイエット食では、どうしてもシワやたるみができやすくなってしまいます。

肌のハリを良くしたいのなら、たんぱく質や糖分、ビタミンなどすべてをバランスよく食べることが大切です。

肌のハリを取り戻すサプリメント|コラーゲンとプラセンタ、どっちがおすすめ?

20代ならコラーゲン、30代以降ならプラセンタがおすすめです

肌にハリや弾力を取り戻すサプリメントとして人気があるのは、コラーゲンの入ったサプリとプラセンタの入ったサプリだと思います。コラーゲンは肌のハリに直結する大事な成分で、コラーゲンが失われていくことによって肌のハリはなくなっていきます。

だったらコラーゲンを摂取すれば肌のハリはすぐに回復するかといえばそういうわけではなく、コラーゲンは体内に吸収されにくいため、少々摂取したくらいではあまり効果はないと言われています。プラセンタは、細胞の増殖を促進してくれるというたんぱく質やアミノ酸が豊富に含まれています。お肌を活性化し、コラーゲンの生成を助けたりしてくれるので肌にハリやツヤが出るのだそうです。

肌のハリやツヤ、弾力を取り戻すサプリメントの選び方ですが、20代の若い人にはコラーゲン入りサプリ、30代以降の人にはプラセンタ入りサプリがおすすめです。

というのも、まだあまりシワもなく肌の弾力もあるような若い人はコラーゲンを摂取するだけでも十分肌のハリを取り戻せると思いますが、すでにシワやたるみなどがあるような30代以降の人には細胞そのものを活性化させてくれるプラセンタのほうが有効だと思われるからです。

プラセンタサプリメント「FUWARI」

プラセンタは美白や保湿も期待できる美容成分が詰まっていて、医療機関でも美容のために使用されている自然素材です。「FUWARI」はプラセンタの成分を壊さないように独自の抽出法によって、アミノ酸量が高い純プラセンタを使用しており、今までにない”ハリ”を実現しています。さらに、5種類の高級美容成分を贅沢に配合しているので、より効果的に肌のハリを取り戻すことができるでしょう。
初めての方にも安心な、90日間返金保証もあるので、購入しようか悩んでる方は、まずは試してみてはいかがでしょうか。

フィフローbtxでシワが目立たなくなるってホント?!

即効性を求めるならフィフローbtxがおすすめ!

by カエレバ

フィフローbtxという成分をご存知ですか?美容ブロガーの方たちの間などで話題になっている新しい美容成分で、フィフローbtx配合化粧品は90秒でシワが目立たなくなると評判です。

フィフローbtxとはアルファベットではFiflow BTXと書きます。フィフローbtxは酵素を含んでおり、その酵素が皮膚に浸透し筋肉を弛緩させ、肌の内側からシワを押し上げる効果があるのだそうです。また、皮膚の新陳代謝の改善も期待できるとのこと。

口コミなどを見ても、塗ってすぐに肌がふっくらとするといった評判が多く、かなり肌のハリを期待できる即効性の高い化粧品のようです。気になるところに塗るだけで、化粧の上からも使用可能とのこと。ここぞというときのレスキューアイテムとして持っておきたい化粧品ですね。

今日からできる肌のハリ、たるみ対策|表情筋を鍛えよう!

筋力の低下で起きる肌のたるみは表情筋トレーニングで解決!

肌にハリがなくなりたるんできている原因には、コラーゲンの減少ともう一つ、筋力の低下があります。加齢により筋力が衰えてくると、筋肉の筋線維が細くなっていき、できた隙間に脂肪がついてしまいます。その脂肪の重みで皮膚がたるんでしまうのです。

目の下のたるみやほうれい線が目立つようになるのも、筋力の低下によるものが大きいと言われています。その対策となるのが表情筋のトレーニングです。

目をギュッと5秒間閉じて、目をパッと5秒間見開いたり、大きく口を開けて「あ・い・う・え・お」と口を動かすことを10回ほど繰り返すだけでも効果的ですよ。

まとめ

どうでしたか?食生活の見直しや適切な水分補給、表情筋トレーニングなど、お金をあまりかけない肌のハリや弾力に効果的な方法から、即効性のある効果的な化粧品やサプリメントなど、肌ハリのためにできることが色々とあったと思います。

年齢と共に失われていく肌のハリですが、適切な対処をすることで少しでも取り戻しましょう!

合わせて読みたい!