足りてる?コラーゲンの摂取量と理想的な摂取方法

いつまでも若々しい赤ちゃんのようなつるんとしたお肌を保つには、一日にどれくらいのコラーゲンの摂取が必要でしょうか。理想的な摂取量と摂取方法をまとめてみました。

コラーゲンって何?

コラーゲンとは、たんぱく質の一種で、身体の皮膚や筋肉・内臓・骨・関節・目・髪等あらゆる全身の組織に含まれており、それらの細胞を繋ぎとめる働きをしてくれています。
体内のコラーゲンの40%は皮膚に、20%は骨や軟骨に存在しており、残りは血管や内蔵など全身に分布しています。
コラーゲンは皮膚や骨、軟骨を構成するのになくてはならない物質です。

美肌や健康をもたらすコラーゲン

コラーゲンが肌に良いとされて、コラーゲンサプリを始め、コラーゲン飲料、コラーゲン菓子、コラーゲン鍋といった、いろんなコラーゲン商品が発売されています。
コンビニにいくだけでもさまざまなコラーゲン商品が並んでいます。
肌にどんな効果があるのでしょうか。

コラーゲンが十分摂取できていると、様々な効果をもたらします。
肌にハリ、弾力があり栄養が隅々まで行き渡り、透明感のある肌を保ってくれます。
また、この働きは肌だけでは無く、髪が生えてくる頭皮に十分コラーゲンが満たされていると、丈夫で美しい髪の毛が生えてきます。
さらに、骨の主成分もコラーゲンで出来ているので、しっかりとした骨を作るためにも必要不可欠です。

この他にも、爪、目の粘膜、血管と美容目的以外でも、健康維持をするためにしっかる摂取する事が望ましいです。

逆にコラーゲンが足りなくなるとどんな影響が出てくるのでしょうか。

コラーゲンが減少すると、肌の栄養の受け渡しがスムーズにいかなくなり、肌のターンオーバーが乱れてしまい、シミやくすみが出来やすくなってしまいます。
他にも、肌の弾力が無くなり、たるみの原因となります。

骨がもろくなったり、血管が硬くなったりする事もコラーゲン不足が関係しています。
全身のアンチエイジングケアの為にも、日々コラーゲン摂取する事が大切です。

では一日にどれくらい摂取すればいいのでしょうか。

コラーゲンの一日の摂取量

年齢や体型や体重などによっても変わりますが、約1,000mg〜5,000mg程度が必要であると言われています。。

普通の食事を3食摂れば、2,000~4,000mgのコラーゲンが摂取できると言われています。
しかし、食事に含まれるコラーゲンは分子量がかなり大きな分子になっているために、食事だけでは補いきれません。

また、すべて食事で摂取しようとすると、摂取カロリーが一日の成人必要カロリーを大きく超えてしまうとも言われていて、食事だけで一日に必要な摂取コラーゲンを補うのは健康維持に置き換えてみるとあまり望ましい方法ではありません。

では、どのようにして必要な摂取量を補えばいいのでしょうか。

理想的なコラーゲンの摂取方法

一日に必要なコラーゲンの摂取量である約5,000mgをきちんと毎日摂取して、なおかつ体にしっかりと吸収させるためには、毎食栄養バランスがとれた食事はもちろんですが、食事だけでなくサプリメントやコラーゲンドリンクなどで効率よく補ってあげる事が出来ます。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

現代のサプリメントやコラーゲンドリンクに含まれているコラーゲンは、体が吸収しやすいように低分子化されているものが多いため、決まった量を毎日摂取すれば一日に必要なコラーゲンを摂取する事が出来るのです。

コラーゲンと一緒に摂ると良いビタミンC

コラーゲンには併せて一緒に摂取するとより一層効果が高まると言われているビタミンC

ビタミンCには体の代謝を円滑にする働きに加えて、体内でコラーゲンを生成するという重要な働きがあります。そのため、体内でこのビタミンCが欠乏してしまうとコラーゲンの生成量が減少してしまい、骨の強さや肌のハリなどに影響が出てしまうのです。

ビタミンCは非常に重要な成分を持つと同時に、コラーゲンと併せて摂ることで相乗効果を期待できるものです。サプリメントやドリンクなどでコラーゲンを摂る際には、併せてビタミンCを積極的に摂取すれば、より効果を実感できるでしょう。

コラーゲンが多く含まれている食材

豚足
コラーゲン以外にも、シワやたるみを防ぎ、肌の弾力を保つ働きのあるエラスチンが豊富に含まれています。エラスチンには髪や肌の健康を守る働きがあります。

鶏皮
鶏の皮に含まれている脂質には、体温を維持したりエネルギーを体内に蓄積する働きがあります。

手羽先
豚足と同様にエラスチンなどの成分が含まれており、粘膜を丈夫にし、肌荒れや皮膚の乾燥を予防するビタミンAが多く含まれています。

牛スジ
コラーゲンやエラスチンのほか、高い保水力を持ち、肌のハリや弾力を与える働きのあるコンドロイチンが含まれています。

牛テール
貧血を改善する鉄分やビタミンA、骨を丈夫にするカルシウムが含まれています。

エビ
疲労を回復する働きのあるタウリンが含まれており、殻の部分には骨を丈夫にするカルシウムや免疫力を高めるキチンが豊富に含まれています。赤い色の色素成分アスタキサンチンには抗酸化作用が期待できます。

カレイ
アミノ酸がバランスよく含まれており、肌荒れを防ぐビタミンB2も含まれています。

フカヒレ
皮膚の乾燥やシワを防ぎ、みずみずしい肌を保つコンドロイチンが多く含まれています。

スッポン
血流を改善し、冷えを予防するリノール酸や、皮膚の健康を保つビタミンB群、精神の安定を促すカルシウム、貧血を改善する働きを持つ鉄分などが豊富に含まれています。

うなぎ
皮膚の粘膜を強くし免疫力を高めるビタミンA、代謝を促すビタミンB群、抗酸化作用のあるビタミンE、カルシウムの吸収を助けるビタミンD、コレステロールを減らすDHAやEPA、美肌を保つ亜鉛など、さまざまな栄養素が豊富に含まれています。

なまこ
血液をつくる働きがあり、疲労回復や冷え・老化を防止する働きがあります。

まとめ

日頃からこまめに摂取し、いつまでも若々しい元気な体を保ちましょう。

合わせて読みたい!