正しい処置で”やけど”の跡を残さない!応急対処法とおすすめ薬5選

ついうっかりやけどをしてしまった!そんな時気になるのがやけどの跡が残ってしまわないかどうか?だと思います。やけどをしてしまった際の対処方法ややけどの種類についてもご紹介いたします。自分がやけどしてしまった時にも、周りの人がやけどしてしまった時にも役立つ方法ですので、ぜひご参考になさってみて下さい。

やけどをしてしまった時の処置とは?

うっかり火傷をしてしまった!そんな時は慌てずに適切な処置をすることで、やけどの跡が残りにくくキレイに治すことが出来るのです。

湯たんぽによる低温やけどやヘアアイロンによるうっかりやけど、日焼けや凍傷など、私たちの生活の中には火傷を起こしてしまう原因がたくさん潜んでいます。やけどをしてしまった時に、たいした事ないと思い放っておいてしまうと知らない間に悪化している可能性もあるのです。

このように、やけどの傷跡を残さない為にも早期の適切な処置がとっても大切になります。それではさっそく火傷の種類別の処置方法のご紹介をしていきましょう。

やけどの種類とは?

実は一言でやけどと言っても、やけどには様々な種類があるのです。それではさっそく、火傷の種類についてご紹介いたします。

通常熱傷

まずは通常熱傷のご紹介です。こちらは一般的な良くある火傷の症状で、熱湯や油や炎などに触れてしまった事による皮膚の損傷が主な原因で起こるやけど症状となります。

やけどをした場合に一番多いのがこのタイプとなります。

[blogcard url=”http://www.ikebukuro-cli.com/hifuka/”] [/blogcard]

化学熱傷

続いては化学熱傷のご紹介です。こちらは強酸や強アルカリなどの化学物質に接触してしまう事で起こるやけど症状となります。

化学熱傷は理科の授業中などに刺激の強い化学薬品などを触ってしまった時に起こる事もあり、化学反応を起こして深い火傷になりやすいという特徴があります。

[blogcard url=”http://bihadahime.com/report/biyoutuusinn200901.html”] [/blogcard]

電気熱傷

続いては電気熱傷のご紹介です。この電気熱傷は、落雷にあった場合や電気工事中などに誤って触れてしまう事が原因ともなります。

体の中を電流が通り抜けて行く時に、組織の電気抵抗によって発生する熱で体の深い部分の組織が熱傷を受けてしまう症状となります。神経や血管・筋肉という組織は電流による障害を受け易いので、体の表面上にはやけどの症状があまり見られない場合でも、実は深い所では大きな火傷症状となっている場合があります。

命に関わる危険も大きいため、電気熱傷を受けた方がいる場合には迅速な対応が求められます。

[blogcard url=”http://bihadahime.com/report/biyoutuusinn200901.html”] [/blogcard]

放射線熱傷

続いて放射線熱傷のご紹介です。これは言葉通り放射線が原因となるもので、高線量の放射線によって皮膚を構成する細胞や血管が傷害されることで熱傷の症状となります。

また実は、身近な日焼けというのも放射線熱傷の一つなのです。太陽光線に含まれる紫外線によって皮膚組織の破壊が起き、火傷の症状が現れるのです。

[blogcard url=”http://www.shinjuku-clinic.net/column/st-column10.html”] [/blogcard]

気道熱傷

続いて気道熱傷のご紹介です。気道熱傷とは呼吸器系全体に火傷症状を起こしてしまうもので、高温の煙を吸い込んだことなどが原因として起こります。

火事の時に逃げる際に口をハンカチで覆うように言われているのは、この高温の煙を吸い込んだことで起こる気道熱傷を防ぐためなのです。

[blogcard url=”http://bihadahime.com/report/biyoutuusinn200901.html”] [/blogcard]

低温熱傷

最後に低温熱傷のご紹介です。低温熱傷とは、通常では火傷にやらない程度の熱を長時間皮膚に密着していた為に起こるものとなります。

カイロや湯たんぽ、電気カーペットやこたつなどの暖房器具によっても低温熱傷となり、水ぶくれが生じたり、皮膚がただれて細胞がこわれてしまうなどの深い傷になってしまう場合もありますので注意が必要です。

[blogcard url=”http://bihadahime.com/report/biyoutuusinn200901.html”] [/blogcard]

やけどの深さによる度合いとは?

やけどの深さによって熱傷の度合いが異なります。それではやけどの度合いについてご紹介いたします。

1度熱傷

まずは1度熱傷のご紹介です。1度熱傷の場合は、火傷の程度が低く水ぶくれの症状も出来ず、うっすらと赤くなる程度となります。

また火傷の原因としては、日焼けやお茶を引っ繰り返したりといった中~高温のお湯によるものがあります。この場合には、表皮だけの部分的な損傷となりますので、軽いヒリヒリ感はあっても数日以内で傷も残らずに治ってしまうことが多いようです。

[blogcard url=”http://bihadahime.com/report/biyoutuusinn200901.html”] [/blogcard]

浅達性2度熱傷(SDB)

続いて浅達性2度熱傷のご紹介です。2度熱傷には2種類あり、火傷の深さが浅いタイプの浅達性2度熱傷と深いタイプの深達性2度熱傷に分けられます。

どちらも火傷の被害が、表皮のレベルに止まらず真皮の深みまで達してしまった症状で水ぶくれになります。しかし2度熱傷の場合は真皮の一部は残っているのが条件となります。 

浅達性2度熱傷の場合は、表皮は破壊されていますが、毛包や皮脂腺・汗腺など.の上皮成分が残っている状態となります。しかし傷の周囲からだけでなく、同時に傷の下からも細胞が生まれて傷の回復作業を行なってくれるため、1~2週間程の短い期間で傷が治ることが多いようです。

また色素沈着が起こる可能性が高いとされていますが、肌のターンオーバーにより時間が経てば徐々に薄くなると考えられています。そしてこの火傷の深達度がちょうど神経に達する場所となるため、強い痛みを感じるようですが、この痛みが、毛包や皮脂腺・汗腺などのの上皮成分が残っているという事の証明となります。

また対処を怠ってしまう事によっては容易に深達性2度熱傷に進化することも考えられますので注意が必要です。傷を乾燥させたり菌を繁殖させてしまう事で、症状が悪化してしまう可能性が高くなります。

[blogcard url=”http://bihadahime.com/report/biyoutuusinn200901.html”] [/blogcard]

深達性2度熱傷(DDB)

続いて深達性2度熱傷のご紹介です。深達性2度熱傷は、2度熱傷の中でも火傷の深さが深い熱傷で、毛包と皮脂腺のほとんどが壊滅状態となっている状態です。

一部の毛包と深い層にまで根を張っていた汗腺のみは残っている状態ですが、上皮化して傷が塞がることが期待出来ないため、長期間の治療が必要となります。そしてケロイドのような傷跡が残ってしまうことも考えられます。

浅達性2度熱傷は痛みを強く感じるのに対し、深達性2度熱傷は火傷の深さも深く神経細胞も焼けてしまっているため、あまり痛いと感じないことも特徴となります。また水ぶくれの底の部分が、赤ではなく白っぽく見えるのも特徴です。

浅達性2度熱傷から深達性2度熱傷へも容易に移行してしまいますが、3度熱傷にも容易に移行してしまうため注意が必要となります。症状をこれ以上悪化させないように適切な治療を行なう事が重要と言えるでしょう。

[blogcard url=”http://bihadahime.com/report/biyoutuusinn200901.html”] [/blogcard]

3度熱傷

最後に3度熱傷のご紹介です。3度熱傷となってしまうと皮膚が全層にわたって破壊されている状態で、皮膚の下の脂肪組織や筋肉・腱や骨まで深く焼けてしまっている場合もあります。

火傷を負った直後は白や茶色のやけどでも、時間の経過と共に痛くも痒くもない灰色から茶褐色の分厚い瘡蓋に変わってしまいます。3度熱傷となると皮膚が完全に壊滅した状態で上皮成分は残っていないため、傷の状態は非常に長い年月を経て強いヒキツレを残した状態となります。

この状態となった場合は、皮膚の移植を行なう選択肢もあります。

[blogcard url=”http://bihadahime.com/report/biyoutuusinn200901.html”] [/blogcard]

やけどの適切な応急処置の方法

やけどを負ってしまった場合に応急処置は大変重要となります。症状別の応急処置の方法についてご紹介いたします。

軽傷から中症の場合

まず軽傷から中症のやけどの場合には、ただちに冷たい水で冷やすことが大切です。水道水などの流水や洗面器に溜めた冷水や保冷材に患部を当てて、痛みがなくなるまで冷やしましょう。

冷却する時間は火傷の程度にもよりますが15~30分程度を目安にすると良いでしょう。火傷の患部を充分流水で冷やしたあとは、清潔なガーゼや絆創膏を患部に当てて出来るだけ早めに皮膚科医の診察を受けることが、早く火傷を治して傷跡を最低限にするためにとても大切です。

また、火傷をした部位には、医師の診察を受けるまではアロエ軟膏など自己判断で薬などを付けないようにしましょう。もしどうしてもすぐに皮膚科を受診できない場合には、市販のステロイド軟膏を塗布することも有効的だと考えられています。

[blogcard url=”http://meijidori-clinic.com/burn/”] [/blogcard]

重症の場合

続いて重症の火傷を負った場合の対処法です。広範囲に及ぶやけどや深いやけどの場合には、命に関わることも考えられますので直ちに119番通報をして救急車を呼びましょう。

もし炎がついているような時にはすぐに火を消しましょう。大きなやけどを負った場合には清潔なタオルやシーツなどの布で覆って水を掛けましょう。

また衣服は無理に脱がしてはいけません。もしあわてて衣服を脱がせてしまうと、熱の作用が持続してより深い火傷になったり、水ぶくれが破れたりして痛みが強くなり、治療にさらに時間がかかってしまう事があります。

とくに幼児の場合には衣服の外の火傷に目をとられてしまって、衣服の下にもっと広い火傷をしているのを見逃してしまいがちです。このため重症の場合は、決して水で冷やす以外の処置をしてはいけません。

また絶対に薬は使用しないようにして救急車の到着を待ち、あとは救急隊員の処置に任せましょう。また、火傷をするとその部位が腫れてきますので、指輪やブレスレットなどの装身具は早めに取り外しておくと良いでしょう。

[blogcard url=”http://meijidori-clinic.com/burn/”] [/blogcard]

通常熱傷の場合

続いて通常熱傷の場合の応急処置についてご紹介いたします。通常熱傷の場合には、まず最初に冷やすことが大切ですので、近くに水道があれば流水で5〜30分程度冷やすと良いでしょう。

もしそばに水道水がなければ、冷水に浸したガーゼや薄いタオルを患部に当てて、すぐに近くの医療機関で治療してもらうのがよいでしょう。

火傷をした時に、とにかく冷やさなければと考え全身を冷たい水で冷やすと低温症になる場合もあり、氷や氷のうを直接患部にあてると凍傷をおこしてしまう事もありますのでご注意いただければと思います。また市販のクーリングスプレーや冷却スプレーなどは、やけどを治すものではなく目的が違うため、あまりお勧めはできません。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

[blogcard url=”http://www.toyota-mh.jp/kenkou/yakedo.php”] [/blogcard]

化学熱傷の場合

続いて化学熱傷の場合の応急処置についてご紹介いたします。化学薬品による化学熱傷の場合には、すぐに水道水で薬品を洗い流しながら冷やすようにすると良いでしょう。

強酸や強アルカリなどの化学物質が付着したままですと症状が悪化してしまうため、原因となる皮膚に付いた化学薬品を速やかに流水で薄めて洗い流すのが最優先となります。薬品を洗い流して、流水で患部を冷やした後は、薬などは塗らずにガーゼや綺麗なタオルなどで軽く被うようにしてすぐに病院で診察を受けましょう。

[blogcard url=”http://bihadahime.com/report/biyoutuusinn200901.html”] [/blogcard]

電気熱傷の場合

続いて電気熱傷の場合の応急処置の方法をご紹介いたします。電気熱傷は、電気が体表面や体内を通ることによって起こる熱傷の一種で、雷や配電盤工事などの労災事故がほとんどを占めますが、家庭でも起こりうるため注意が必要です。

例えば家庭内で、誤ってコンセントの電流に触れてしまう事などが考えられます。この場合、患者が電源から手を離すことができない時には、電気を通さない棒などを使って電源から患者を離すことが最優先となります。

ただこの際に自分も感電してしまわないように十分注意が必要になります。

放射線熱傷の場合

続いて放射線熱傷の場合をご紹介いたします。放射線熱傷は放射線による熱傷となりますので、応急処置を行なうのは難しいため、すぐに病院にて治療を行うことが大切です。

また放射線熱傷の一つに日焼けもありますが、この場合にはタオルを冷水で濡らして冷やすと良いでしょう。また保冷剤を使用する場合には、タオルなどで包んで冷やすことで、冷やしすぎによる凍傷の恐れを防ぐこともできます。

また日焼け直後の肌は、水分が減少している状態ですので刺激の少ないローションをたっぷり与えてあげて保湿を行いましょう。そして日焼けの痛みが落ち着くまでは日焼け部分は、石鹸などでは洗わないようにしましょう。

[blogcard url=”http://familytimes.jp”] [/blogcard]

気道熱傷の場合

続いて気道熱傷の場合についてご紹介いたします。高温の煙を吸い込んだ事などで起こる気道熱傷の場合には、命に関わる症状を引き起す可能性があるため、とにかくすぐに救急車を呼び病院での治療をすぐに受ける事が大切です。

救急車の到着までは、患者はなるべく横にして安静な状態を保ちましょう。

[blogcard url=”http://meijidori-clinic.com/burn/”] [/blogcard]

低温熱傷の場合

最後に低温熱傷の場合の応急処置についてご紹介いたします。湯たんぽやカイロ・電気カーペットやこたつなどで起こる低温火傷は皮膚の深いところまでダメージを受けているため、しっかりと冷水で冷やした後に病院にて診察を受けるようにしましょう。

また冷えピタや湿布などをやけどの患部に貼ってしまうと、傷口に密着してしまい、はずす時に一緒に皮膚も剥がれてしまったり、水泡になったりしますので使用しないようにしましょう。またラップを使った湿潤療法は低温火傷には適さないためおすすめできない方法となります。

[blogcard url=”http://www.toyota-mh.jp/kenkou/yakedo.php”] [/blogcard] [blogcard url=”http://www.hospital.japanpost.jp/kyoto/health/kizu.html”] [/blogcard]

やけどの部位別の処置方法とは?

続いて火傷の部位別の処置方法をご紹介いたします。

まずは顔にやけどを負ってしまった場合には、とにかく跡が残らないように気をつけなければいけません。顔や頭のやけどの場合には、シャワーなどで冷水をかけ続けます。

もし顔で流水がかけられない部分の場合には、氷水で冷やしたタオルを当てましょう。また水ぶくれがある場合には、指で触ったり破いたりしないように気をつけましょう。

水ぶくれは破いてしまうと跡が残ってしまう可能性もあり、またやけどの傷口を保護する役割もあるために破かない事が大切です。

[blogcard url=”http://www.toyota-mh.jp/kenkou/yakedo.php”] [/blogcard]

次に腕にやけどを負った場合の対処法のご紹介です。腕のやけどの場合にも、第一に水道水で冷やすことが効果的です。

やけどの程度にもよりますが、5分から30分ほど冷やしてそのあとすぐに近くの医療機関で治療してもらうと良いでしょう。また、もし指先に火傷を負ってしまった場合には1時間程度と長めに冷やすことをおすすめします。

[blogcard url=”http://www.toyota-mh.jp/kenkou/yakedo.php”] [/blogcard]

上半身など広い範囲

続いて広範囲のやけどの応急処置について紹介します。体の広範囲に火傷を負ってしまった場合には、水をためた浴槽の中につけたり、水に浸したタオルなどで身体を包むようにして冷やすと良いでしょう。

しかし全身を冷たい水で冷やすと低温症になる場合もあるため、体温が下がりすぎないように調整して様子を見ながら行うようにしましょう。

[blogcard url=”http://www.toyota-mh.jp/kenkou/yakedo.php”] [/blogcard]

手足

最後に手足のやけどの場合にも水道水で冷やすのが最優先になります。もし衣服を着ている部分にやけどを負ってしまった場合にも、無理に脱ごうとせずに衣服を着用したままで患部を流水で冷やしていきましょう。

冷やした後に病院に行く際にも衣服は着用のままで、病院で適切な処理を行なうまでは無理に衣服に触れないように気を付けましょう。

http://www.toyota-mh.jp/kenkou/yakedo.php

やけどの跡を消す方法とは?

次にやけどで跡が残ってしまった時に、やけどの跡を消す方法はあるのでしょうか?さっそくご紹介いたします。

コラーゲンをたっぷり摂取する

まず火傷の跡を消すのに大切なのはコラーゲンをたっぷりと摂ることです。コラーゲンは皮膚を再生する働きがあり、これによってターンオーバーを促進する事で、徐々に火傷の跡を薄くしていくことが可能になります。

やけどの跡はすぐに効果を出すことは難しいですが、ターンオーバーによって徐々に薄くなっていくため毎日の習慣としてコラーゲンを摂取すると良いでしょう。

[blogcard url=”http://bihadahime.com/report/biyoutuusinn200901.html”] [/blogcard]

ビタミンCを多く摂取する

続いてビタミンCを多く摂取するのも大切です。ビタミンCはコラーゲンを作るのに必要な栄養素となりますので、この二つを同時に摂取することによって、相乗効果でさらに効果を感じる事ができるでしょう。

[blogcard url=”http://bihadahime.com/report/biyoutuusinn200901.html”] [/blogcard]

紫外線に気を付ける

またやけどの跡を消す方法として、紫外線に気を付ける事も大切です。火傷の跡は色素沈着が原因のため、悪化を防ぐためにも常に紫外線対策を行なうように心がけましょう。

日焼け止めを塗ったり、日焼け止めやテープなどによる紫外線防止と、保湿もしっかり行なっていきましょう。

[blogcard url=”http://bihadahime.com/report/biyoutuusinn200901.html”] [/blogcard]

やけどにおすすめの薬5選

やけどをした際におすすめの薬についてご紹介いたします。

オロナインH軟膏

まずはお馴染みのオロナインH軟膏のご紹介です。昔から多くの家庭にあった身近なお薬オロナインですが、もう60年以上も売れ続けているという超ロングセラー商品となっているそうです。

主な成分は消毒薬のグルコン酸クロルヘキシジンで、やけどの他にもにきび・吹出物・ひび・しもやけ・あかぎれなどの様々な効果があります。

オロナインH軟膏の使用方法は、かるいやけどの場合には患部に塗ってガーゼを当てて化膿を防いでいきます。

by カエレバ

[blogcard url=”http://www.otsuka.co.jp/ohn/”] [/blogcard]

紫雲膏

続いて紫雲膏は中国の明代の潤肌膏をもとに華岡青洲が創案した軟膏であり、漢方の軟膏としては最も有名なお薬となります。成分はごま油、蜜蝋、豚脂、当帰、紫根です。

効能効果としてはやけどの他には、ひび・あかぎれ・しもやけ・ただれ・外傷・かぶれ・あせも・などがあります。やけどの程度にもよりますが、紫雲膏を使う事でケロイドにもならずにきれいに治ると言われているようです。

使い方は厚めにネルやリント布に塗り、湿布をするように貼っていくと良いでしょう。やけどの後にすぐに水で冷やし、その後紫雲膏を貼ります。ヒリヒリ感もおさまり、軽い火傷であれば跡もなくきれいに治ることが期待出来ます。

by カエレバ

[blogcard url=”http://www.uchidawakanyaku.co.jp/shiun.html”] [/blogcard]

コーフル軟膏

続いてコーフル軟膏のご紹介です。コーフル軟膏は殺菌力の強いアクリノールが主剤の化膿性皮膚疾患治療剤となります。

アクリノールが広範囲な化膿性球菌全般を殺菌して、ビタミンA・D2が新しい皮膚組織の再生を促し、酸化亜鉛がかゆみや痛さを抑え創面を乾燥させます。患部からガーゼがはがれやすく、ガーゼや包帯の交換も痛くありません。

ステロイドは入ってないので、赤ちゃんからお年よりの方まで安心してお使いいただけるのも嬉しいポイントです。効果効能はやけどの他には、床ずれ・切り傷・湿疹・かぶれ・ただれ等に幅広くお使いいただけます。

使い方は1日2~3回患部に適量をすりこむか、ガーゼにのばして貼ると良いでしょう。

by カエレバ

[blogcard url=”http://www.181109.com/item/25060/”] [/blogcard]

新サニアゾルD

次に新サニアゾルDのご紹介です。新サニアゾルDは、副腎皮質ステロイドのデキサメタゾン酢酸エステルと局所麻酔成分のアミノ安息香酸エチルを配合しており、消炎や止痒効果が期待できます。

透明で少しスーッとするタイプで、伸びがよく速乾性があるため使用感が良いので夏場にも最適です。また、頭皮など塗りにくい場所にも使いやすいのが特長となります。

使い方は1日数回、適量を患部に塗布していきます。

by カエレバ

[blogcard url=”http://www.zeria.co.jp/healthcare/product/genre_03.html”] [/blogcard]

ドルマイシン軟膏

最後にドルマイシン軟膏のご紹介です。ドルマイシン軟膏は殺菌作用をもつ両抗生物質を配合しており皮膚疾患の治療剤として有効な薬となります。

やけど等の化膿予防や治療、皮膚疾患・化膿症・伝染性皮膚炎・皮膚潰瘍などの様々な用途で使用されています。

使い方は1日1〜3回、適量を患部に直接またはガーゼに塗布して使用します。

by カエレバ

やけどの処置は素早く適切に行ないましょう

いかがでしたでしょうか?やけどの跡は残ってしまうととても気になってしまいますよね。顔などにできたやけどだと尚更です。

やけどの跡を残さないためにも、もしやけどを負ってしまった際には、やけどの種類に応じた素早く適切な処置が大切になります。この記事でご紹介したことを、やけどをした際のご参考になさっていただければと思います。

合わせて読みたい!