ダイエットは1ヶ月が勝負!女性の「痩せやすい日」を狙って集中的に痩せるコツとは?

女性なら一度はダイエット挑戦したことがあるでしょう。しかしなかなか効果が出ずにすぐに諦めてしまった、という経験はありませんか?ダイエットを成功させるには、始める日にポイントがあったのです。1ヶ月サイクルであなたのダイエットを軌道にのせていきましょう。

1ヶ月のダイエットで痩せていいのは何キロ?

女性の永遠のテーマと言えばダイエットです。せっかくダイエットをするならば、早く効果を出したいですよね。
あなたが1ヶ月のダイエットに取り組むとしたら、何キロくらい落としたいと考えますか?3キロ?5キロ?10キロでしょうか?痩せれるならば、痩せれるだけ落としたい、と思ってしまったら要注意です。
その時点でダイエット失敗の可能性があります!
なぜでしょうか。目標を高く設定するのは悪いことではありませんし、その方がやる気が出るという方もいるでしょう。ダイエットには気力も大切ですが、それだけではダイエット成功とはならないのです。

ダイエットをするにあたって、大切なのが体重を落とすペースです。急に体重を落としすぎてしまうと、健康に支障が出てしまうかもしれないからです。
一般的に1ヶ月に体重を落としていいのは、自分の体重の5%までと言われています。体重が50キロの人なら2.5キロという計算になりますね。元々60キロならば、3キロまでとなります。
1ヶ月でこの数字なら、なんだか目指せそうな気がしてきますね。そうなんです、無理のない数字でダイエットに取り組むことが大切なのです。
確かに、食事を減らし続ければ1ヶ月で10キロ痩せることもできるかもしれません。健康は二の次で、とにかく痩せたい!と思うかもしれません。
しかし本当の意味で「痩せる」を望むのであれば、1ヶ月間でのダイエットは無理をしないで現体重の5%減にとどめておくように心がけましょう。

1ヶ月で10キロダイエットが失敗な理由

世の中には1ヶ月で10キロのダイエットに成功したという人ももちろんいるでしょう。
即効性のあるダイエットは魅力的ですし、同じ効果が得られるのであれば挑戦してみたいという方も多いでしょう。
しかし1ヶ月で痩せて良いのは、体重の5%ということを忘れないでください。1ヶ月で体重の5%ということは、1ヶ月10キロダイエットをしてもよいのは体重200キロの人ということになります。あなたが現在200キロあるのであれば、目指しても良い数字です。しかしどうでしょう?きっと200キロもない人のほうが多いはずです。焦って無謀な目標を立てないようにしましょう。

1ヶ月で10キロダイエットがなぜ失敗なのか?
理由は簡単です。無謀なダイエットにはリバウンドがつきものだからです。
ダイエットに興味のある方なら、リバウンドという言葉を聞いたことがあるでしょう。リバウンドとはダイエットで体重が減った後に、元に戻ってしまうことです。中にはリバウンドで体重がダイエット前よりも増えてしまうこともあります。
つまり10キロ痩せられたとしても、それを維持できている人は少ないということです。
それは本当に「痩せた」と言えるのでしょうか。一時的に体重が「減った」だけではありませんか?

1ヶ月で10キロ痩せた、という人がテレビで特集されていたとしても、その後の様子は放送されません。いかにも10キロダイエットに成功したかのように見えますが、実はその後リバウンドしているかもしれません。本当に維持できているのかが大切なポイントになりますね。

リバウンドをすれば、きっとまたダイエットに取り組むことになるでしょう。ダイエットとリバウンドの繰り返しになってしまうのではないでしょうか。実際にこの無限ループにハマる女性は多いようです。あなたの周りにも1人はいるのではないでしょうか。このループにハマると、常にダイエットのことが頭をよぎります。友人と食事をしても、仕事の合間にお菓子をつまもうと思っても、常に「痩せなきゃ」と考えるようになってしまうのです。
美意識が高いのは素晴らしいことですが、常に体重が気になってご飯を美味しく食べられないなんて、嫌ですよね。終わりのない無限ループにハマるのではなく、「終わりのあるダイエット」を目指しましょう。

そのためには、無謀な目標設定ではうまくいきません。
リバウンドしないように、無理のない目標でダイエットを始めましょう。

リバウンドはダイエット失敗ではない

……とは言っても、リバウンドしたからと言ってダイエット失敗ではありません。
リバウンドとは厄介なもので、必ずやってくるものだからです。リバウンドがなく、体重が減り続けるような身体ならば病院に行かなくてはいけません。リバウンドが来るのは当たり前と考えましょう。それこそが健康な身体の反応です。健康な身体の証です。

リバウンドとは、急激な体重の変化に身体が対応できずに起きてしまう現象です。身体も少しずつ、慣らしながらでないといけないのですね。
つまりその変化が大きければ大きいほど、リバウンドも大きくなると言えます。急激に体重を減らそうとすると、急激に体重を元に戻そうとする力が働くということです。
この大きな変化を繰り返していると、自分の身体に負担をかけてしまっていることになりますから、気を付けてくださいね。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

もちろん数字が小さくても、体重の5%以内でもリバウンドがないとは言い切れません。むしろリバウンドはあります。
しかし体重の増減が小さい方が身体への負担も少ないですし、自分でコントロールして修正することも可能です。
体重は減り続けるものではなく、減ったり少し増えたりしながら、ゆるやかに減っていくイメージでいましょう。
体重が減り続けるなんて、あり得ません。リバウンドがあるのは健康な証拠です。つまりダイエットをする以上はリバウンドを避けることはできないのです。順調なダイエットにはリバウンドがつきものだと覚えておいてください。
そのため、リバウンドしないようなダイエットを目指すのではなく、リバウンドの攻略法を身に付けましょう。1ヶ月で減らす体重をきちんと把握して、無理をせずに、リバウンドと上手く付き合っていくことが大切なのです。

1ヶ月の中で1番痩せやすいタイミングとは?

1ヶ月でダイエットをしようと思って、無理のない目標設定をしたら、次に考えてもらいたいのはダイエットを始めるタイミングです。
ダイエットにはなんとタイミングも必要なのですね。
やる気が出たからと言って始めるのも大事なことです。ダイエットには気力や根気、我慢する忍耐なんかも必要になるかもしれませんから、本人のやる気もとても大切ですね。
しかし、あなたの意志とは関係のない、身体のリズムもダイエットに影響があることをご存知でしょうか?

1ヶ月に1度やってくる、生理のタイミングを味方につけましょう。女性ならではの特権といえますね。生理と言うと生理痛でお腹や頭が痛くなったり、イライラしてしまったりと、あまり良い印象を持っていないかもしれませんね。でもこの生理がダイエットにも関係してくるのです。

では、自分が生理の時のことを思い出してみてください。身体はむくんでいますか?
きっと多くの女性が生理中は身体のむくみを感じているはずです。生理前は身体を守るために、実際に水分を多く蓄えようとしています。生理痛などの不快な症状が出るのも、生理後より生理前の人が多いのではないでしょうか。
反対に生理後半から生理後は、水分を身体の外に出そうとする時期となるのです。
少し気をつけてみると、お手洗いの回数が変わってきているのがわかる人もいます。生理後半は、なんとなくトイレの回数が増えるという人もいるのです。それだけ水分が身体の外に出ているということですね。

ではダイエットを始めるのに適したタイミングとは、生理前でしょうか?生理後でしょうか?

答えは考えるまでもなく、生理後ということになりますね。だいたい生理3日目くらいからダイエットにとりかかると効果が出やすいと言われていますよ。個人差はありますが、参考にしてみてくださいね。

あなただけの痩せやすいタイミングをみつけよう

生理のサイクルで痩せやすい時期があることがわかりました。
個人差があるものなのですが、あなたの痩せやすいタイミングがいつなのか、知りたくはありませんか?個々の体質によるものなのですが、自分で簡単にこの痩せやすいタイミングを調べることができるのです。

調べ方はとっても簡単です。毎日、体重を計りましょう。まずは生理の日も生理でない日も計ります。この時のポイントは、毎日同じ時間に同じ条件で体重計に乗ることです。
オススメは朝起きた直後です。胃の中の物も全て消化されていて空っぽの状態のはずですから、身体の本当の体重がわかります。1日の中で最も体重が軽い時間なので、この数字を見るとやる気もでるかもしれませんね。
できるだけ毎日同じ条件で計ることが大切です。起床後にお手洗いに行ってから体重を計るのであれば、毎日お手洗いに行ってからにしましょう。身に付けている服装はどうでしょうか。パジャマを着たままなのか、下着だけになって計るのか?ここもどちらでも良いので、毎日同じ条件にします。
朝ではなく夜計る場合も毎日同じ条件にしてください。お風呂の前なのか?お風呂の後ならドライヤーで髪を乾かす前なのか、後なのか?などですね。
ただし食事の直後だと食べた物の重さで体重が左右されやすいので、避けた方がいいかもしれません。

この計った体重をグラフにするなりして、毎日記録しておきましょう。
すると体重は毎日同じでないことに気付くことでしょう。
少し重たい日があれば、何もしていないのに軽めの日もあります。毎日この誤差があるのが普通です。あまりこの数字に一喜一憂する必要はありませんよ。
ここで注目してもらいたいのは生理の前後です。不思議と生理前は少し重ためになっています。そして生理3日目から終わり頃にかけて、体重が突然落ちている日があるはずです。
その差はだいたい2キロ前後にもなります。
突然体重が減ったこのタイミングが、まさにダイエットを始めるタイミングと言えます。このタイミングが生理3日目の人がいるかもしれませんし、5日目の人がいるかもしれません。まさに自分だけのタイミングと言えます。
せっかく頑張るならば、効果が出やすい日を選びましょう。毎日体重を計ることで、自分の身体への意識も高まりますから、是非チャレンジしてみてくださいね。

1ヶ月の中でメリハリをつけて継続

生理のタイミングをうまく使えば、1ヶ月のダイエットにもメリハリをつけることができますね。
同じ様に頑張っても、痩せやすい時期と痩せにくい時期があるのです。痩せにくい生理後は頑張っても効果が出にくいものです。このことを知らなければ、効果が出なくて悩んでしまうかもしれません。しかし知っているのであれば、この時期を上手に使うことができますね。
痩せにくい生理後のこの時期は、少しダイエットをお休みとしましょう。ずっと頑張っていると気力も持ちませんし、疲れてしまいますからね。
だからといって開き直りすぎて、ケーキバイキングなんかはダメですよ。あくまでもダイエット中ですからね。
しかし上手に抜くことはOKです。
ダイエット中ですが、午前中ならシュークリームを食べても良いかもしれませんね。我慢していた揚げ物も中身の具のカロリーを考慮すれば食べて良いかもしれません。
それぞれダイエット中だからと言って、我慢しているものがあるはずです。抜きすぎないように、自分の欲求を満たす日にしてみてくださいね。

生理のタイミングに合わせて、1ヶ月の中でも特に頑張る日、少し抜く日を作ってみましょう。
ストレスが溜まらないようにコントロールして、翌月にうまくつなげていきましょうね。

1ヶ月で効果を出したいときは

少しお休みする日を作るとしても、やはりダイエットは早く終わらせたいものです。1ヶ月という短い期間で目に見える効果が欲しいと思う女性は少なくないはずです。

そんなときは、ダイエットの軸を変えてみましょう。
多くの女性が体重の数字を基準にしてダイエットをしていますが、思い切って体重は気にしないことにするという方法もあります。
重さではなく、サイズを変えることに意識を向けるのです。締まっている身体は、例え体重が重くても痩せているように見えるから不思議です。実際に脂肪よりも筋肉の方が重たいので、締まっている身体の人は意外と体重が重たいことが多いです。
筋トレやエクササイズを毎日の生活に取り入れることで、身体を引き締めていくダイエットです。1ヶ月根気よく続けることができれば、見た目に効果が表れてくるはずです。
この方法を選んだ場合は、もしかしたら体重は増えてしまうかもしれません。それは筋肉が増えた証拠です。
筋トレやエクササイズをダイエットの手段として選ぶ場合は、体重はあまり気にしない方がよいかもしれませんね。

ダイエット法は人それぞれ

普通に生活していると1ヶ月はあっと言う間ですが、ダイエットをする1ヶ月となると長く感じる人もいるかもしれません。
無理をしないことが大切とお伝えしましたが、どんな方法が負担にならないか、というのも人それぞれなのです。友人が成功したダイエット法で、必ずしもあなたが痩せられるという保証はありません。あなたはどんな方法ならば頑張れるでしょうか。
きちんと取り組めば1ヶ月でダイエットの効果は出てきますよ。ダイエットを始める時期も考慮して、有意義な1ヶ月にしてくださいね。

合わせて読みたい!