ボディオイル完全ガイド!効果的な4つの使い方や目的別のおすすめを紹介!

ボディオイルは聞いたことがあるけど、ボディクリームと何が違うのか、またどんなタイミングで使えばいいのかなど、基本的な知識からおすすめ製品を特徴別に紹介!ちょっとリッチなものだけでなく、プチプラで使いやすいものまで、コレさえ読めばボディオイルを活用出来ちゃいます!

目次

ボディオイルってどんなもの?

ボディオイルとは、ボディケア用に使用する美容オイルのことで、一般的なフェイシャル用とは成分や効果に違いがあるものが多くあります。乾燥している肌に潤いを与えてくれるものだけでなく、むくみやセルライトを軽減させてくれる、マッサージ用として使えるものなど様々あります。

また、性能だけでなくオーガニックタイプのものなどは、香料を配合せずにアロマオイルの香りで、リラクゼーション効果の得られるものも数多く存在しているため、ボディケアと同時にアロマトリートメントとして、使用することが出来る点もおすすめです。

フェイシャルケアには力を入れているけど、ボディケアについて良く分からない…という人でも、手軽に取り入れられるボディオイルでのケア方法やアイテムについて紹介していきます。

ボディクリームとの違いはどんなところ?

ボディケア用品と言えば様々ありますが、ボディオイルとボディクリームやミルクとの違い、特徴にはどんなものがあるのか、ボディオイルのメリットなどもあわせて紹介しています。

滑りがよくマッサージにも使いやすい

クリームに比べて、オイルであれば少量で非常に伸びが良い為、広範囲に使用する際に便利である点があります。また、オイルトリートメントやマッサージがあるように、特にフットケアなど、滑りが良い事もあってマッサージを行うことも可能です。

また、クリームやミルクと違って、製品によっては入浴後の濡れた肌に使用出来るものなどもあります。用途に合わせて、成分にも様々に工夫がされているため、マッサージ、保湿、むくみケアなど、製品の特徴を理解して正しい使い方を心がけましょう。

クリームやミルクと混ぜて使うのもおすすめ

ボディオイルの滑りが良い特徴を活かしたり、オイルだけではベタつきが苦手という人でも、取り入れやすい方法としては、ボディクリームやミルクに混ぜて使う方法があります。特に、少し硬めのクリームなどは、肌なじみが格段にアップします。

量としては、手に取ったクリームにボディオイル1~2滴程度を混ぜながら、塗布していきます。また、混ぜる際には、塗る直前に混ぜる事を意識しておきましょう。事前に混ぜたまま放置していると、オイルの油分が分離してしまうなど、成分も含めて変化してしまう可能性があるため、注意が必要です。

ボディオイルの効果を引き出す4つの使い方

ボディオイルを単に塗るだけでなく、せっかく使うのであれば、より効果を最大限に発揮させられる方法がいいですよね。そんなボディオイルの基本的な正しい使い方を紹介します。

1.お風呂上がりにできるだけ早く使う

ボディオイルの使い方には、いくつかのポイントがあります。まず、ボディオイルはお風呂で肌を洗って綺麗になった状態の肌につかいましょう。入浴後に、タオルで軽く水分を拭き取った後に行えばOKです。この時、保湿をしっかりと行いたいと考えているのであれば、出来るだけ入浴直後に塗ることをおすすめします。

というのも、入浴で血行促進されて、温かくなった肌にボディオイルが馴染みやすい点と、入浴後時間が経てば経つほど、肌が乾燥していってしまうという特徴があるため、入浴後の潤いを逃さないためにも、出来るだけすぐに行いましょう。

2.手で温めてからつける

ボディオイルは油分ですので、冷えてしまっていると、オイルの滑らかさが損なわれてしまっている場合があります。冷えたままで無理やり塗り広げると肌に摩擦のダメージしまう可能性がありますし、綺麗に薄く塗り広げることができないので厚塗りになり、毛穴をふさいでしまってニキビなどの肌トラブルを起こしてしまう可能性があります。さらに、使う量も多くなってしまいますから、コストパフォーマンスもよくありませんよね。

また、冷えたボディオイルをそのまま塗ってしまうと、肌の毛細血管が収縮してしまい、せっかくのマッサージ効果が現れにくくなることもあります。元々冷え性の人にとっても、あまり良い影響はありません。

使うときは、必ず手に取ったら軽く両手のひらに広げて体温でボディオイルを温めてから塗り広げていきましょう。エステ用グラスなどに取って、お湯に浮かべて温めてみるのもおすすめです。

3.肌を傷つけないようにたっぷりの量を使う

ある程度オイルを温めたら、優しく塗り広げていきましょう。勿体無いからと、少量で無理に広げようとゴシゴシ擦ってしまうと、肌のキメが乱れてしまったり、繰り返しているとシワなどの原因にもなりかねませんので、あくまでも優しく広げます。

さらに、手にボディオイルをとるときは、一度にドバッと手に出して、一気に身体中へ塗り広げるのではなく、パーツごとの適量を手に取って塗り広げることをオススメします。例えば、左足を塗るときは必要量を手に取って左足に塗り広げ、その後、右足の必要量をまた手に出して右足へ塗り広げます。こうすれば身体中に塗りムラを防ぎ、均一に必要量を塗ることができます。

4.一度に手に取るのは500円玉大程度

一度に大量に手にとってしまうと、付け過ぎてしまって毛穴が詰まり、ニキビなどが出来てしまう可能性がありますので、500円玉くらいを目安に塗り広げてから、次を手に取る形にします。この量に関してはあくまで目安になりますので、必ず製品ごとの使用量目安を確認してから、適量を使うようにして下さい。

少なすぎる場合には、せっかくのボディオイルの効果が発揮されなかったり、マッサージを行う際に、肌に摩擦の負担を与えてしまう可能性もありますので、使用量の目安は多くても少なくても、効果が得られない要因となってしまいます。

ボディオイルを使う時の注意点は?

ボディオイルは肌ケアに使えるとは言え、使った後に何故か荒れてしまった…という経験はありませんか?成分が肌に合わない事だけでなく、実は間違った使い方をしているかもしれません。是非チェックしてみて下さい。

ニキビになりやすい部位は避けて

胸元や背中には皮脂腺が多く存在します。ここにボディオイルを使うと毛穴がオイルで詰まってしまい、ニキビになってしまう可能性があります。ボディオイルでのケアを行う場合、胸元や背中への使用は極力控えてそれ以外の場所に使うようにしましょう。

もし、ボディオイルで背中や胸元を含めて、全身マッサージを行いたいのであれば、入浴中に洗った後の綺麗な肌にマッサージを行って、洗い流すようにする方法もおすすめです。肌によくなじんだオイルは、さっと洗い流しても、肌そのものはしっとり潤っています。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

使用期限を守って冷蔵庫で保管

ボディオイルは油分ですので、扱いには注意が必要です。うっかりビンのふたを閉め忘れてしまうと、それだけでオイルが酸化してしまいます。酸化したオイルは毛穴の詰まりを招くなど、肌荒れの要因になる可能性があります。

オイルの酸化を防ぐためにも、出来るだけ空気に触れさせる時間を減らした上で、直射日光にあたらないように注意しましょう。また、温度が高くなってしまうことも酸化の要因になるので、酸化しやすいローズヒップオイルなどは、冷蔵庫保管がおすすめです。

また、アルガンオイルやホホバオイルは、比較的酸化しやすい性質をもっていますので、製品の使用期限も確認しながら、オイルの特性をきちんと知っておきましょう。

オイルは酸化しやすいため、朝や日中の使用は避ける

ボディオイルの注意点である「酸化」を招く要因の1つに、紫外線の影響を挙げましたが、朝使用してから仕事など外出して紫外線を浴びてしまうと、肌に塗ったボディオイルが酸化してしまう可能性がありますので、注意が必要です。

また酸化の観点だけでなく、日中汗をかいたり、皮脂の分泌が活発になる状態の肌をボディオイルで覆ってしまうと、毛穴が詰まってしまい肌トラブルを招いてしまう可能性もあります。ですので、ボディオイルの使用は、入浴後、出来れば夜の就寝前に行うのが一番効果的と言えるでしょう。

ボディオイルの「乾燥対策派」におすすめ3選

ボディオイルを使うのであれば、様々な種類はあれど、やっぱり乾燥対策にもなる保湿重視の製品がいい!そんな人におすすめのボディオイル3選を紹介します。

1.ハリと潤いを当たる「ヴェレダ/ワイルドローズオイル」

ボディオイルで保湿を重視するなら、オーガニックコスメで有名なヴェレダ製品。ラインナップの中でも、人気のワイルドローズオイルがおすすめです。こちらは、ワイルドローズ(ローズヒップ)オイルがふんだんに使用されており、ホホバオイルやアーモンドオイルといった、美容オイルも配合されています。

ワイルドローズオイルには、およそ80%も含まれている必須脂肪酸の力もあり、乾燥しがちな肌をハリと潤いのあるものへ導いてくれます。また、日焼け後の乾燥した肌への使用もおすすめです。(ヒリヒリしている際などは、使用時注意してください)

by カエレバ

2.さらったしたライトタッチ「SABON/ボディオイル」

ボディケア製品で有名なSABONのボディオイルも、保湿ケアに優れた製品です。SABONでは、ボディオイル以外にもボディクリームなども豊富にありますが、製品に共通して香りが良く、この香りが好きだからと、愛用している人も多くいるようです。

また、ボディオイルの製品の中でも珍しい、ポンプをプッシュするタイプのボトルになっているため、使用する際に手に取り出しやすいという点もうれしいです。香は、アーモンドオイルなどの天然美容オイルをベースに使っており、ベタつきが苦手な人でも、夏場にも使いやすいライトタッチな使用感のものになっています。

by カエレバ

3.保湿&引き締め「クラランス/アンティ・オー」

ボディオイルを知っている人なら、1度は耳にしたことがある程知名度の高いクラランスのアンティオーもおすすめ製品です。100%天然由来成分で作られていることもあって価格は安くはありませんが、ノンアルコール、無着色、無香料など、肌に付けるものであれば気をつけたい成分も含まれていません。

精油としては、他製品と違い柑橘系のオイルが多く使用されているため、柑橘系精油で刺激を受けたことのある人は使用する際注意が必要です。ですが、保湿力もさることながら、引き締め効果も高い製品ですので、保湿&引き締めの両方の効果を得たい人には、おすすめの製品になっています。

by カエレバ

ボディオイルの「引き締め重視派」におすすめ3選

ボディオイルと言えば、マッサージにも使用出来るだけでなく、引き締め効果でむくみ改善やセルライト対策目的に使用したい人に、おすすめの製品3を選紹介しています。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

1.人気No.1「ヴェレダ/ホワイトバーチ」

ラインナップの豊富なヴェレダシリーズの中でも、ホワイトバーチは引き締め効果をメインに考えている人におすすめの製品です。世界での類型販売本数1,000万本を突破しているもので、国内ではヴェレダシリーズの中で人気No.1となっています。

サポニンやタンニンにビタミンCといった美容成分に優れている、ホワイトバーチ(白樺)エキス配合で、温かい肌やオイル自体を温めて使う事で、更に効果アップが期待できます。

優しくマッサージを行って、体に溜まっている老廃物や、水分、セルライトなどの排出を促してくれます。ヴェレダのボディオイルは、口コミサイトなどでも人気の製品になっています。

by カエレバ

2.100%オーガニック「ニールズヤード/レメディーズ」

100%オーガニックのボディオイルとして有名なのが、このニールズヤードレメディーズのボディシェイプオイルです。ジュニパーやレモンなどの7種類のハーブをブレンドされており、揉み込むように使用していくことで、肌をキュッと引き締めながら、ハリのあるボディへ導いてくれる製品になっています。

肌のザラつきが気になる人にもおすすめですが、シェイプ目的であればボディオイル単体での使用よりも、セット販売もされているボディケアブラシの併用がおすすめです。

オイルを塗った肌に、ブラシでセルライトなどを押し流す様なイメージで使用すると、かなりデトックス効果を実感出来るとの声もあるため、可能であればセットで使ってみましょう。

by カエレバ

by カエレバ

3.シュッとひと吹き「ロクシタン/アマンドシェイプ」

ロクシタンのアマンドシェイプボデイオイルも、引き締め効果を重視するならおすすめしたい製品になっています。限定発売の製品のため在庫切れになる場合もあり、予約注文で入手することが可能です。

サイプレスオイルという、老廃物や血液循環を改善してくれる効果が期待できるものや、脂肪分解や排出に優れたピンクペッパーなどの成分に加えて、美容オイルとして注目されているアーモンドオイルを配合されています。

美肌ケアを行いながら、ボディシェイプに積極的にアプローチしてくれる製品になっています。こちらは、マッサージを念入りに行うタイプというよりも、シュッとボディに吹きかけて塗り広げていくだけでもOKなので、マッサージの手間を省きたい人にもおすすめです。

ボディオイルの「プチプラ派」におすすめ3選

ボディオイルは使ってみたいけど、使用量もフェイシャル用に比べて多くなるし、プチプラなもので済ませたい…そんな人におすすめのボディオイルも、ここでは3選紹介します。

1.角質ケアに「ビオレ/ボディオイル」

プチプラでありながら、100%天然由来の生花から抽出されたオイル配合のボディオイルです。ホホバやラベンダーなどのオイル配合で、美容オイルとして申し分ない製品ですので、ボディケアにたっぷり使いたいから価格は抑えたい!という人に、おすすめの製品になっています。

フットやヒップケアだけでなく、肘や膝、かかとなどの角質の凝り固まった部位も滑らかな肌質へ導いてくれます。摘みたての生花の香りをイメージしてあるため、人工的な香料の独特な香りが苦手な人でも使いやすいのも特徴です。

サンプルの配布がされている場合もありますので、気になる人は是非お試し下さい。プチプラながら、アットコスメの評価では他のボディオイルに引けを取りません。

by カエレバ

2.大容量「ビューア/アロママッサージオイル」

なんといっても大容量で安く、たっぷりと使えるボディオイルと言えば、BEAUAのアロママッサージオイルがおすすめです。コスパでは、この製品の右に出るものは中々無いでしょう。

防腐剤や合成面活性剤、アルコールなども不使用で、アロマオイルとしてイランイランやローズマリー、ラベンダーなど、8種類ものアロマオイルが配合されています。スクワランやシアバターなど、美肌効果に優れた成分も配合されているため、潤い重視派にも使えるものになっています。

ボディオイルを使用したことがない人も、手軽に試して使える製品ですので、特にこだわりがなく価格を抑えたいのであれば、こちらがおすすめです。

by カエレバ

3.天然のオイルで髪にも!「無印良品/ホホバオイル」

無印良品のホホバオイルと言えば、ボディオイルのアットコスメ人気ランキングで第1位に輝いているほど、口コミでも好評のオイルです。プチプラとして紹介するには少し高めに感じるかもしれません。

ですが、天然のホホバオイル100%のため、ボディオイルとしてだけでなく、顔や髪にも使用できる上にシンプルなオイルなので、ボディクリームなどに混ぜて使用する際にも、使いやすく用途の広い製品です。まさに、これ1本あれば全身ケアが出来てしまうため、コスパとしては優秀と言えます。

使用感としては、オイルにありがちなベタつきもあまり感じない、といった声も多くあります。100mlタイプだけでなく、50mlやポンプタイプになっている200mlサイズなど、用途に合わせてサイズを選べる点もおすすめです。

by カエレバ

ボディオイルはオーガニックの方がいいの?

ボディオイルはオーガニックが良いとは耳にするけど、どうしてオーガニックが良いのかご存知でしょうか?ここでは、オーガニックボディオイルの魅力やメリットについて紹介していきます。

防腐剤やアルコールなどによる肌への負担が少ない

やはり、なんといってもオーガニックであれば、人工的な防腐剤やアルコールなどの化学成分が含まれていない分、肌への負担を抑えることが出来る点が挙げられます。

敏感肌の人であれば、刺激を受けて肌荒れを起こしやすかったり、アルコールが配合されている影響で、保湿ケアとして使用しているにも関わらずかえって乾燥を招いてしまうなど、逆効果になってしまうような成分もあるのです。

それらが使用されているのは、企業側としては製品コストを手軽に抑える事が出来るというメリットがあるのです。ですが、ボディケアを行うのであれば、出来るだけ肌に負担になる成分が入っていない方がいいですから、オーガニック製品が注目されている裏側には、こういった事情があることも理由の1つになっています。

アロマの香りでリラクゼーション効果がある

ボディオイルに多く使用されている成分には、美容オイルだけでなくアロマオイルが使用されているものも多くありますので、ボディケアを行いながら、同時にアロマの香りのリラクゼーション効果などを得る事が出来る点がメリットに挙げられます。

もちろん、香料で人工的に作られた香りのものもありますが、ボディオイルとしての機能面だけでなく、様々ある種類の中から自分のお気に入りの香りを見つけることで、肌に塗って香りを纏う楽しみも得ることが出来ます。

特にボディオイルは、入浴後で就寝前の夜に行う事が一般的な使用方法ですので、安眠効果の期待できるような、ラベンダーやオレンジ、ネロリといった精油が使用されているものを使うのもおすすめです。

オーガニックボディオイルなら国産も!

オーガニックのボディオイルで有名な、ヴェレダやクラランスといったメーカーは海外の企業のものになりますが、日本国内にもオーガニックボディオイルで注目されているものがあります。それは、琉白(ルハク)のコスメで、沖縄の月桃に注目して作られた製品が多く取り揃えられています。

更に、生姜から抽出されたオイルも配合されているため、ボディオイルに多い保湿重視やシェイプ重視とは違い、女性の冷え性の改善に着目して作られた、ウォーミングボディオイルとなっています。また、世界のオーガニック認証(エコサート)も認定されており、気持ちよく使用することが出来ます。

ボディオイルは顔や髪にも使える?注意点は?

ボディオイルとフェイシャル用オイルといったジャンルはあるけれど、まとめて1つで使用してはいけないのか、使用する際の注意点についても要チェックです。

製品によって違うので要確認

ボディオイルというジャンルで括られている製品の多くは、精油など天然由来成分を多く使われていますが、例え100%オーガニックであっても、顔などの皮膚の薄い部位へ使用すると、刺激を受けてしまう可能性がある成分も含まれています。

ですので、顔や髪用としても併用したいのであれば、それを見据えた製品を購入するようにしましょう。そこでおすすめなのが、NUXE(ニュクス)のプロディジューオイルで、世界約60ヶ国で愛用されている製品です。

ベタつかずサラッとしたつけ心地で、ツヤのある肌に仕上げてくれます。また、顔や髪にも使用するのであれば、お風呂上がりに一気に全身ケアが出来るため、1本あると非常に便利な上に、全身ケアに使えるものの中でも、価格が手頃でおすすめです。

by カエレバ

自分だけのオリジナルボディオイルを作ろう

ボディオイルは手作りすることも出来ます。一般的には、ベースとなるオイルに美容オイル(ホホバ、オリーブ、アーモンドなど)を使用し、そこへアロマオイル(精油)を数滴垂らして混ぜ合わせるといった形です。

オイルを混ぜて作るもよし、アロマオイルも複数使用してOKですが、注意しなければならないのが、出来るだけ純度の高い100%の製品を使うようにすることです。出来るだけ1ヶ月を目安に使い切れる量の50~100ml程度を作るに留めましょう。

密封出来る小瓶などに入れて、直射日光を避けて保管するようにします。50mlのオイルあたりに垂らすアロマオイルの量は、混ぜあわせた合計が20滴程度以内になるようにしましょう。これは、体内に取り込んでも大丈夫な量の目安になっています。

ボディオイルで自慢の美脚を作ろう!

いかがでしたか?水着を着る機会のある夏場だけでなく、ボディオイルでしっかりとケアして、思い切って脚見せファッションをしてみてはいかがでしょうか?脚を隠してしまうと、逆にケアを怠る言い訳にしてしまいがちですので、敢えて肌を見せる為にケアをする!と意気込んでみませんか?

そうすると、日頃からフェイシャルだけでなく、ボディケアまでしっかりと行っていく習慣が身につくはずです。是非お気に入りのボディオイルを見つけて、スベスベボディを手に入れましょう!

合わせて読みたい!