オーガニックとは何?有機栽培3つの知識!無添加化粧品の疑問もチェック!

「オーガニック」って最近では当たり前のようによく聞くのではないでしょうか?ただ同時に「オーガニックってそもそもどういうこと?」という疑問ももっている方も割合多いようです。あまりによく聞く言葉なので「今更聞けない」という感じにもなりつつあります。というわけで、わかっているようでわからない「オーガニック」とは何なのか解説します。

体にいいもの?オーガニックって何?

「オーガニック」今ではよく聞く言葉ですが、これって何のことか知っていますか?「身体にいい」「健康的」といったボヤッとしたイメージは持っていて、「オーガニック」と聞くと手に取っていることもあるかもしれません。

しかし、具体的に何のことかと聞かれると案外よくわからないものではないでしょうか?ということで「オーガニックとは何なのか」「何がいいのか」「全ていいのか」といったことについて解説していきます。

そもそも「オーガニック」の意味って?

かなり厳しい!オーガニックの基準

ざっくりいうと化学肥料や農薬を使わずに育った作物などあるいはそれらを使用した加工品が「オーガニック」という扱いになります。しかし、化学肥料や農薬を使わないというだけの話ではないそうです。

オーガニックという名をつけることが許される基準は、遺伝子組み換えの種ではなく2~3年前から化学肥料・農薬を使ってない土壌で育った作物です。畜産物であれば飼料もオーガニックでなければなりません。化学的なものを最小限にして環境への負荷を少なくし自然を大切することで、私たち人間の安全・健康にも繋げるというのが「オーガニック」のベースの考えとなります。

そのため基準も必然的に厳しいものになります。オーガニックは、別名で「有機栽培」とも呼ばれます。

日本ではここ!オーガニックの認定機関

オーガニックの基準も、厳密にはそれぞれのオーガニック認定機関によって異なってくるようです。日本では、オーガニックの認定を農林水産省がしています。農林水産省から「オーガニック」と認定されたものは、「有機JASマーク」というものがつけられます。

この対象になるものは農産物は勿論、畜産物や加工食品も含まれます。農林水産省からオーガニックの認定がないものに、「オーガニック」あるいは「有機」といった表現は紛らわしくなるので禁止とされているそうです。ただあくまで食品に関してのオーガニックの認定であって、日本にはコスメ等のオーガニックの認定機関というものはありません。

有機栽培ってどういうこと?

条件は沢山!有機栽培のルール

先ほどオーガニックの別名が「有機栽培」と説明しましたが、基準が厳しいということは栽培ルールも条件が多く厳しいものになり栽培の前後までルールがあります。

まず種に遺伝子組み換えのものは使えません。そして、農薬や化学肥料は種まきをする2年以上前から使用していないものでなければなりません。つまり農薬や化学肥料を2年以内に使用していた土壌で育ったものは、例え生育中にそれらが使われていなかったとしても「有機栽培」として扱われないということです。

さらにある田んぼや畑で有機栽培が行われていても、その隣の土地で農薬や化学肥料を使っていると「有機栽培」という認定が得られません。近くの土地から農薬などが飛んでこない保証がないからです。そのため有機栽培の認定を得るには、通常の栽培をしている土地と距離をとらなければなりません。

またお米であれば、上流の田んぼを通った用水をそのまま下流の田んぼで利用すると有機栽培の認定となりません。上流の田んぼで使用した農薬や化学肥料の影響を受けないとは言えないからです。上流の田んぼの影響を受けないよう、別の用水の取り込み口が必須となってきます。

このように栽培の数年前からのことも考慮し、なおかつ周りの環境にも配慮した上で条件を満たしたものでなければ「有機栽培」と認定は得られないのです。

一緒じゃない!無農薬との違い

並んでいる商品だけだと、「有機栽培」と「無農薬」の表示の区別がよくわからず同じように考えてしまいがちではないでしょうか?しかし実際は全然別物のようです。

というのも「無農薬」というのは、「栽培期間中」に農薬を使わない作物のことだからです。栽培中しか限定されていないので、1年前に使用した農薬が残る土壌で栽培されたものであっても、栽培中の今、それらがを使われていなければ「無農薬」という表記になるということです。

「有機栽培」と認定されている場合は、種まきの2年以上前から農薬の不使用が条件となるので「無農薬」の作物とは別のものになるわけです。

毎日摂ってるかも!有機栽培商品の種類

有機栽培に対応する商品は、毎日の食卓に大方並んでいます。例えば現代では朝コーヒーを飲む方は割合多いのではないでしょうか?そういう方であれば「オーガニックコーヒー」と聞いたことがあるかもしれません。まさにそれが、有機栽培のコーヒー豆でいれたコーヒーのことです。

有機栽培のコーヒー豆は豆自体は普通のものと変わりませんが、農薬や化学肥料を使わない有機栽培のルールにのっとた栽培方法がとられたコーヒー豆です。また野菜も勿論有機栽培の商品の代表的なものとしてあがるでしょう。有機栽培のルールのもとで育った野菜です。栽培する土壌で種まきまでに農薬・化学肥料を使用していない年数の条件が、野菜の種類によって変わるようです。

例えばほうれん草は2年以上とされますが、玉ねぎは3年以上農薬・化学肥料を使用していないことが条件となります。そして日本と言えばお米文化ですが、お米も有機栽培されているものがあります。お米の場合は過去3年以上農薬・化学肥料の不使用で、堆肥などが活用された土壌で栽培されたお米です。勿論、栽培中も農薬や化学肥料は使われていないものです。

そもそも「有機」とは何?

炭素と生物由来が鍵!無機との違い

物質には有機物と無機物とがあります。現代では「有機物」とは、炭素が原子結合の中心となる物質のこと全般を示しているそうです。ただ本来「有機物」というのは、生物が作り出す化学物質のことです。前者は、人間が有機物を作り出せるようになってからの定義ということになっています。

したがって「無機物」というのは、現代的には炭素が原子結合に含まれない物質全般のことということにされます。しかしながら昔からの「生物が作り出す化学物質=有機物」という定義も残っているので、生物が由来とならないものは炭素が含まれても有機物と分類されないこともあるようです。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

オーガニックコットンってどんなもの?

食品の基準に近い!オーガニックコットンの定義

オーガニックコットンというのは、「有機栽培綿」とも呼ばれるものです。過去3年以上化化学的な薬剤を使っていない畑で、農薬や化学肥料を使用せず栽培された綿花のことを示しています。加工に関しては必ずしも条件事項にあがってはいないそうですが、「オーガニックコットン」の製品を扱っている場合、加工も化学的なものは使用せず商品化していることが多いようではあります。

肌ざわりが肝!オーガニックコットンの商品

オーガニックコットンの使われたものと言えば、まず生地があります。元々肌さわりのよいふわっとしたものがオーガニックコットン生地も今では種類もさまざまなようです。さらっとしたものからふわふわとあたたかい起毛生地といったものまであるそうです。

そして独特の心地のよい肌さわりとふわっとしたオーガニックコットンの特質を活かして、直接肌にふれる商品にはよく使われます。例えばオーガニックコットンのタオルは肌さわりもよくと吸水力が割合高いのが魅力的です。なおかつしっかりと厚手でふんわり感の楽しめるものが、オーガニックコットンのタオルでは一般的と言われます。

またオーガニックコットンは服にもよく使われている素材です。服の中でも、もっとも肌にふれる下着にはオーガニックコットンの衣類の中でも人気があるとされます。肌への負担が少なくさわった心地のよさもあるので、オーガニックコットンの衣類を選ぶ女性は増えてきているのだそうです。

環境への影響が!普通のコットンとの違い

オーガニックコットンと普通のコットンの違いというのは、環境への影響の部分です。オーガニックコットンの栽培量が増えていくことで、CO2(二酸化炭素)の削減が期待されています。

なおかつオーガニックコットンの栽培が増えるというのは、農薬や化学肥料を使わない有機栽培の農地が広くなるということなので、水質が保たれて土壌も活性化されていくと言われます。さらに、コットン畑で働く方々の農薬などの被害の改善にも繋がるそうです。

オーガニック化粧品はどんなもの?

「食品ほどではないけど」オーガニック化粧品の定義

「オーガニック化粧品」というのは、農薬や化学肥料などの化学合成成分を使わずに栽培された有機素材で作られたコスメのことを示しています。オーガニックなイメージのある化粧品には、「無添加化粧品」「自然派化粧品」「天然由来化粧品」などがあります。

「無添加化粧品」は、防腐剤や合成の色素・石油系界面活性剤などの人工的な添加物が含まれていないコスメのことです。つまり、人工的な化学物質の使用をおさえた有機素材のが含まれたコスメとされます。「自然派化粧品」や「天然由来化粧品」というのは、天然成分が含まれたコスメということです。

なんとなく無添加化粧品の方がオーガニック化粧品の定義に近いものはありますが、どの化粧品でも化学的なものが全く使われていないとは言えないようです。また、日本では食品のような認定機関が化粧品にはないとされます。

オーガニック化粧品の利点「肌本来の力に働く」

オーガニック化粧品の利点としてあがるのは、肌が本来持っている力を高めることです。自然の力が凝縮されているようなオーガニック化粧品を使うことで、肌本来の保湿力や治癒力を高めていくことができると言われます。加えてオーガニック化粧品は化学合成の香料の使用が禁止されているものが多いので、自然の香りからリラックス効果を得ることにも繋がるそうです。

オーガニックって何がいいの?2つのメリット

好循環を作る「環境に良い」

「オーガニックがいい」とされる対象にあがるのは、まず「環境」です。これはオーガニックなものを作っていくことで、好循環が生まれるからです。例えば基本オーガニックの農作物の栽培には、その土壌では2~3年前から農薬・化学肥料の不使用が条件です。種や苗も遺伝子組み換えのものはNGで、有機栽培で作られたものとされます。

畜産物には、有機栽培で作られた飼料をあげることでストレスなく育つように促します。したがって、オーガニックの農作物や畜産物を作ることで関わるあらゆるものも有機的なものを使うので、結果的に環境の好循環を生んで広げていくということに繋がるということです。つまりオーガニックは「環境や自然によい」ということになります。

自然を守れば人間も「体に良い」

オーガニックの作物や畜産物を作ることは、人間の体を有害な化学物質から守ることに繋がります。種には遺伝子組み換えのものの使用は禁止なので、摂取を避けることができます。2~3年前から農薬・化学肥料の使用が禁止されていることで、通常よりも残留殺虫剤の量なども少ないともされます。

畜産物に抗生物質を与えないとされることもあり、抗生物質に耐性ができてしまうのを防ぎます。またオーガニックの食材はバクテリアも通常の食材よりも少ないのだそうです。そして化学的なものを使わず自然のままの土や原料を使って育った農作物には、自然の力が沢山詰まっています。なのでオーガニック化粧品を使えば、人間の本来の力を引き出すことに繋がるのです。

加えて人工的な栄養成分はその成分単体だけと吸収が難しくなりますが、自然のものから栄養成分を得ればそのものが含む成分をバランスよく体内に取り入れることができます。したがって人間の私たちも吸収しやすくなりストレスが少ないのです。

ポイント!オーガニック商品を購入する上での注意点2つ

絶対安全ではない!オーガニックの長・短所を知る

たしかに認定機関などによってオーガニックなものは、通常のものより厳しい基準をクリアしたものです。しかし定められた基準を守っている範囲内であれば、すり抜けて使える農薬や化学的なものもあるのは事実のようです。また有機肥料だけにこだわった結果、起こってしまうリスクもあるそうです。

化粧品であれば普通のものより刺激などは少なく肌本来の力を高めるといえど、アレルギーのある成分が入った化粧品はやはりトラブルの元となります。絶対安全・絶対安心というものはないので、オーガニックの長所も短所も理解して取り入れるのが大切です。

不安な方は要チェック!オーガニック商品の選び方

「オーガニック」となればオールOKというわけにはいきません。不安な場合は選ぶ前に、製品の成分表やその製品を作られた方々に以下の点は確認をとってみるとよいかもしれません。

一つはオーガニックの作物には有機肥料が使われますが、この肥料は動物性肥料と植物性肥料とがあります。動物性肥料は多くは牛糞とされますが、この牛が食べる飼料が遺伝子組み換えや農薬の使われたものであることが多いようなのです。土壌にこだわっても、使う有機飼料の元となる動物の餌がこういったものでは意味がなくなります。

それから「オーガニックの食品は栄養価が高い」と勘違いしがちですが、普通のものとはさほど変わらないというのは頭にいれておきましょう。栄養価は生産地や種類・季節等で変わってしまうので、オーガニックが必ずしも栄養価には繋がらないとされます。

さらにオーガニック化粧品は肌にも優しいとされますが、絶対とは言い切れません。天然のものの中には刺激が強いものもあるからです。成分が濃縮されたアロマオイルなどは、刺激の強い成分でできたものがあります。また使う本人に含まれている成分のアレルギーがあれば、それは使わない方が身のためです。

オーガニックは、「環境の好循環」を生み広げるためのもの

オーガニックというのは農作物・畜産物を作るときだけでなく、それらに関わるものが農薬・化学肥料・遺伝子組み換えの不使用が条件となってきます。それにより環境に好循環が生まれ広がっていくので、自然を大切にすることに繋がるのです。

人間もその恩恵を受けることもできますが、全てが安全・安心とは必ずしも言えません。人によってはリスクのあるものも勿論あります。なのでオーガニックについて正しく理解して、生活に取り入れていくことはとても大事なこととなります。

合わせて読みたい!