スキンケアの基本とは?今すぐ始めたい肌が必要としているスキンケア法!

スキンケアについて基本から学んでみたことはありますか?何事も基本が大切ですよね。なぜ化粧品はいくつもアイテムがあるのか、そしてなぜ順番を守らなくてはいけないのか、理解してからスキンケアをすると、毎日のお手入れがもっと楽しくなり効果的にもなるでしょう。スキンケアをもう一度基本から学んでみませんか?

スキンケアの基本を再確認しよう

お化粧が好きな人でも「スキンケアが面倒だ」と感じている人はいるでしょう。スキンケアはメイクのように目に見えて変化がありません。継続することによって、肌を触ったときに違いを感じるようになりますので、メイクに比べると地味な作業と言えるでしょう。

世の中にはたくさんのスキンケアが溢れています。その中からどのブランドの、どのアイテムを選べばよいのか悩んでいる人もいるでしょう。まずは自分の肌タイプを知り、それから肌に合ったスキンケアを見つけるようにしましょう。

肌についての基礎知識

お肌のしくみや自分の肌タイプを知っていますか?スキンケアは、まず自分の肌タイプを知ることから始めましょう。自分の肌に合ったスキンケアを選ぶことで肌悩みが解消され、健康的な肌を保つことができるでしょう。

肌タイプとは

基本的な肌タイプは、普通肌、乾燥肌、脂性肌、混合肌です。普通肌は皮脂と水分量が適度でキメが細かく、最も肌質が良いタイプです。ただし体調や環境によって肌トラブルを起こし、乾燥肌や脂性肌に傾く場合もありますので、普通肌でもきちんとスキンケアをしておくことが大切です。

脂性肌は皮脂の分泌が過剰な肌質です。肌がべたべたしたり、ニキビができやすいという特徴があります。しかし皮脂を除去しすぎて肌が乾燥すると、かえって皮脂の分泌量が増えますので洗顔と保湿に注意が必要です。

乾燥肌は皮膚表面の潤いが失われて柔軟性がない肌です。皮脂分泌量の低下や、天然保湿因子、角質細胞間脂質の減少でバリア機能が失われ、水分保持能力が低下した肌のことです。

混合肌は、Tゾーンはべたつくのに頬は乾燥するなど、肌の部分によって状態が違う肌のことを指します。自分がどの肌タイプかを把握することで、自分に合ったスキンケアを選ぶことができます。

ターンオーバーとは

「肌のターンオーバー」とはどういうことかご存知ですか?私たちの肌の表面は一定周期によって生まれては剥がれ落ちていきます。その正常な周期が28日と言われています。月経の平均周期も28日と言われていますよね。面白いと思いませんか?

表皮の一番内側の基底層で生まれた表皮細胞は、形を変えながら表面に押し上げられていき、角化細胞となって表面まで上がっていきます。そしてバリアーとして働いた後は、垢となって自然に剥がれ落ちていくのです。ターンオーバーが正常な人は、1ヶ月前の肌と現在の肌は違うということになりますね。

しかしターンオーバーのサイクルが乱れて早まると、肌トラブルの原因となってしまいます。まだ未成熟なまま肌表面に押し上げられてしまいますので、角質が剥がれやすく乾燥、バリア機能の低下、毛穴の広がりなど、さまざまな肌トラブルを引き起こしてしまいます。

ターンオーバーを正常にするためには、洗顔のしすぎや過剰な角質ケアといった間違ったスキンケアを改め、肌をしっかり保護すること、そして食事や睡眠など生活習慣を見直すことが有効です。

これだけは忘れないで!スキンケアの基本

スキンケアの基礎的なことをご説明します。スキンケアにはさまざまなアイテムがあります。詳しくなればなるほど、あれこれたくさんのアイテムを使いたくなるかもしれません。しかし、まずはスキンケアの基本に忠実になって、シンプルなケアを始めてみませんか?

まずは清潔に

スキンケアの初めには、まず洗顔で顔の汚れや皮脂を洗い流すことが大切です。メイクをした日は夜のスキンケアの最初にクレンジングをしてメイクを落とします。クレンジングによってはW洗顔不要というものもありますが、そうでないものはクレンジングの後に洗顔料で顔を洗いましょう。

メイクや汚れ、皮脂などが肌に残ったままだと、その後にスキンケアをしても有効成分が肌に浸透しないだけでなく、汚れが酸化して毛穴につまり、ニキビや肌荒れの原因になってしまいます。その日の汚れはその日のうちに洗っておきましょう。

誰でも保湿が必要

保湿というと乾燥肌の人に必要なものと思うかもしれませんが、そうではありません。どんな肌タイプの人でも保湿が最も大切です。保湿はスキンケアの基本と覚えておきましょう。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

では、なぜ保湿が重要かというと、角質層が潤っていることによって、肌が滑らかで美しく見えるからです。角質層が乾燥していると、角質層の間に隙間ができるため、外部からの刺激を受けやすくなります。また、隙間から水分も逃げてしまうため、水分保持能力が低下してしまいます。

乾燥した肌はシミやシワといった老化サインの原因になることもあります。脂性肌の人は肌が潤っているように感じがちですが、肌の乾燥はかえって皮脂の分泌を過剰にしてしまいます。脂性肌の人、ニキビができやすい人もスキンケアで保湿を怠らないように注意をしましょう。

また、潤った肌は有効成分が浸透しやすくなるという嬉しい効果もありますよ。肌に水分をいきわたらせるには、化粧水をつけるときにコットンでパッティングするのがおすすめです。コットンパックも効果的ですよ。全ての肌タイプに保湿は必要なので、保湿ケアを欠かさないようにしましょう。

紫外線対策は必須

紫外線は1年中降り注いでいますので、できれば1年を通しての紫外線対策がよいでしょうが、最低でも紫外線の量が増える時期は紫外線対策をしておきましょう。紫外線はA波とB波があり、紫外線A波は皮膚の内側の真皮層まで届いてシワやたるみの原因になります。また紫外線B波は表皮に影響を及ぼしシミやそばかすの原因になります。

日焼け止めにはSPFやPAという数値が記載されていますが、SPFは紫外線B波を防ぐ値であり、数値によってあらわされます。またPAは紫外線A波を防ぐ値で+が多いものほど効果が高いです。日焼け止めに加えて帽子やサングラス、日傘なども併用して紫外線から肌を守りましょう。

顔に塗る順番を守って!

スキンケアのアイテムには、顔に塗る順番があります。基本的なお手入れの順番は、①クレンジング・洗顔→②化粧水→③乳液、保湿クリームです。汚れを落としたら、まず水分、それから油分と覚えましょう。また、美容液を使う場合は、②と③の間に使います。油分が多いアイテムを後に使うと覚えるとわかりやすいでしょう。

なぜこの順番がよいかというと、水分を与えた肌に油分で蓋をする効果があるからです。この順番が一般的な正しいスキンケアの順番なのですが、実は例外もあり、乳液先行の美容法もあります。

乳液先行を推奨する代表的なブランドはアルビオン、コスメブランドなどがあります。乳液先行の場合は、洗顔後に乳液→化粧水→美容液または保湿クリームという順番になります。このようにブランドによって商品の効果を発揮するための使う順番が違いますので、確認して使いましょう。

年代別スキンケアのポイント

人はそれぞれ自分の肌質に合ったスキンケアが大切ですが、それにプラスして年齢に合ったスキンケアを心掛けましょう。年代によって特有の肌悩みがありますので、肌悩みを解消するケアを取り入れていくと肌に自信が持てるでしょう。

【20代】皮脂が気になる年代

20代の方は、10代の頃から引き続いてニキビに悩んでいる人もいるでしょう。また、ニキビはなくても皮脂の分泌量が多く、テカリや毛穴の開き、Tゾーンのメイクが崩れやすいことなどで悩む人も多いです。皮脂が気になる人は、洗顔でしっかり皮脂を落とそうとするでしょうが、これがかえって皮脂の分泌を過剰にしてしまうことがありますので注意しなくてはいけません。

洗浄力が強すぎる洗顔料は、必要な皮脂までも落としてしまいますので、肌が乾燥してますます皮脂の分泌が増えてしまいます。皮脂の分泌は多いのに、肌内部は乾燥しているということもありますよ。皮脂が気になる人もそうでない人も、まずは保湿をしっかり欠かさないようにしましょう。

20代になって就職を機に、メイクやスキンケアを始めようという人もいらっしゃるでしょうが、どんな化粧品を使ったらよいのかわからないという人は、日本最大のコスメ口コミサイト「アットコスメ」を利用するのもよいでしょう。アイテムごとに年代別のランキングもありますので、年齢に合った化粧品を見つける参考になりますよ。

【30代】肌の変化が気になり始める頃

30代になると、20代の頃とは明らかに肌の調子が違うと感じる人も多いでしょう。具体的には肌の乾燥、くすみ、シミなどです。

肌の乾燥にはやはり保湿が重要になります。乾燥がくすみの原因にもなりますので、まずは保湿ケアをしっかりすることを基本として毎日のスキンケアをおこないましょう。セラミドなどのような保湿成分が配合された化粧品が効果的ですよ。

また、30代になると、これまで浴びてきた紫外線の影響で、メラニンが沈着してシミがあらわれ始める人もいます。紫外線対策に加えて美白美容液をスキンケアに取り入れることをおすすめします。

【40代】本格的なエイジングケアが必要

40代になると、さらに加齢によるシミやしわ、たるみなどが気になってくる人が増えるでしょう。40代は身体の中のコラーゲン量が20代の頃の半分になると言われています。ホルモンバランスの低下も肌の不調に関係してきます。

40代のスキンケアは、基本の保湿と紫外線対策に加えて、肌悩みに合ったエイジングケア化粧品を取り入れましょう。黄ぐすみやたるみの原因になる「糖化」や、肌の弾力を失わせ老化を進行させる「酸化」を抑えるものがおすすめですよ。

基本のスキンケアを毎日コツコツと

スキンケアの基本はとてもシンプルです。「洗顔」「保湿」「紫外線対策」という3つの柱は、どんな肌悩みの人にも共通の基本的なスキンケアです。この基本を守りながら、肌に合ったスキンケアを選んで、毎日続けていきましょう。もっと詳しく知りたい人は、スキンケア基本事典を読んでみるのも勉強になりますよ。

また、お肌の健康や美しさを保つには、スキンケアだけでなく、食事や睡眠といった生活習慣も大切です。ストレスは適度に解消して、心身ともに健康な毎日を送りましょう。

合わせて読みたい!