生理で”肌荒れ”がヒドくなる方必見!肌荒れに効果的な4つの対処法もおしえます

女性には必ず訪れる「生理」。生理中はそれだけでも憂鬱なのに、肌荒れしたりイライラしたり…精神的にも疲れてしまいますよね。しかし、自分の生理周期を把握し周期に合ったケアをすることで、肌荒れやイライラを解消できるかもしれません!スキンケアや食生活を見直して、生理中も生理前後もストレスのないハッピーライフを送りましょう。

生理中に肌荒れするのはなぜ?

女性のお肌は、生理周期によって変化すると言われています。生理や排卵を基準に、2種類の女性ホルモンの分泌や減少が起こりますが、そのホルモンが入れ替わるタイミングに、肌が荒れやすくなります。

2種類の女性ホルモンとは「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」のことです。生理が終わり、排卵のタイミングに向けては「エストロゲン(卵胞ホルモン)」が分泌されます。そして、排卵後にエストロゲンが減少し始めると、今度は「プロゲステロン(黄体ホルモン)」が分泌され、ホルモン量が逆転し始めます。

エストロゲン

エストロゲンは、コラーゲンの生成を促すホルモンです。ですから、肌の張りや女性らしいふっくらと丸みを帯びたボディラインは、この「エストロゲン」の作用なのだそうで、「女性を創るホルモン」とも言われています。

しかし、このエストロゲンは加齢とともに減少していくため、エストロゲンを増やす努力をしないとどんどんと減っていってしまいます。しかし過剰に増えすぎると、乳がんや子宮筋腫などの病気を誘因することになりかねないので、注意が必要です。

エストロゲンは月経を繰り返すごとに増えて行くため、妊娠していない女性は増えやすい傾向にあります。また、肉・牛乳・乳製品の摂取過多で増えると言われていますが、これはこれらにホルモン剤が含まれている可能性があるからなのだそうです。

生理前はエストロゲンが一番減少する時期ですので、肌荒れを起こしやすくなるのです。そのうえ生理中はこのエストロゲンとプロゲステロンの両方が減少してしまうため、さらに肌荒れしてしまうのだそうです。

プロゲステロン

プロゲステロンの過剰分泌は、肌トラブルの原因になります。主に起こりやすいトラブルは、お肌が固くなる、ニキビが出来やすい、皮脂分泌が必要以上に増えるなどがあります。ストレスや、お菓子や油分の多い食べ物の摂りすぎで、プロゲステロンの分泌が過剰になるとも言われています。

また、ホルモンのバランスが崩れることによってイライラしたり、気分が落ち込んだり不眠傾向になることもあるそうです。重い場合には鬱っぽくなることもあるのだとか。あまりよくない作用ばかりをお話ししましたが、実は、子宮体がんのリスクを軽減するという良い効果もあります。

生理周期のどの段階で肌が荒れる?

もっとも肌荒れが多いとされるのが「生理前」です。次いで生理中となりますが、生理後もなかなか肌荒れが治らなくて、次の生理が来るまでほとんどの間肌荒れをしている…なんていう悲しいお知らせも耳にします。

生理後にも肌荒れを引きずってしまう場合は、ストレスや睡眠不足などの原因も考えられますので、ストレスの解消や睡眠時間の確保に努めると、改善されるかもしれません。

では、他にはどのような対処方法があるのでしょうか。

生理前~生理中の肌荒れの対処方法

生理前に積極的に食べたい食品

生理前の肌荒れには、ビタミンB類・食物繊維・鉄分・銅を取ると良いそうです。スーパーやコンビニで買うことのできる身近な食品としては、
・バナナ
・豆乳
・納豆
・ヨーグルト
・プルーン
などがあります。これらの食品を毎日上手に取り入れて、必要な栄養素を補給することで、肌荒れの改善に繋がります。

食生活に気を付ける

仕事が忙しかったりすると、夕飯を食べる時間がどうしても遅くなってしまったりすると思います。しかし、夕食を夜遅く摂ると、食事から睡眠までの時間が短くなってしまいます。その結果、食べたものが消化しきれず、インスリンが血糖値を下げ切る前に就寝することになってしまいます。

消化されなかったものが残っている状態は、身体にとって良いことではありません。毒素になって体内に残ってしまうのです。そして、血糖値が下がらないということは、美肌の元になるホルモンの分泌を邪魔してしまうことになり、肌荒れの原因になってしまうのです。

脂質・糖質が多く含まれる食品や、刺激物も肌荒れの原因になると言われていますので、なるべく避けるようにすると良いでしょう。

ピルや漢方、サプリメントの服用

●低用量ピル
低用量ピルは経口避妊薬として知られていますが、生理前症候群(PMS)の治療にも用いられているそうです。低用量ピルを服用すると、イライラや胸の張りなどの症状が改善されるほか、肌荒れの改善にも効果があると言われています。

副作用として、吐き気や頭痛などの症状が見られる人もいるようですが、数か月で落ち着いてくるようです。

服用の際は定期的に診察を受ける必要がありますので、婦人科を受診して相談してみると良いでしょう。

●漢方
桂枝茯苓丸料加薏苡仁(ケイシブクリョウガンリョウカヨクイニン)は、桂枝茯苓丸にハトムギを加えた漢方薬です。これは生理前の肌荒れやニキビに効果があると言われています。また、下半身の冷えにも効果があるそうなので女性には魅力的な漢方薬ですよね。

●サプリメント
ハーブのサプリメントであるチェストツリー。これは生理前の肌荒れに効果があるそうです。はふぁあれの他にも、イライラや胸の張りの改善にも効くようです。

2014年に、チェストツリーを成分とした医薬品が発売されたようですが、サプリメントも販売されています。

by カエレバ

しっかりと睡眠をとる

女性ホルモンの影響で、生理前は眠りが浅かったり眠るまで時間がかかったりします。しかし、お肌のためにはしっかりと睡眠時間を確保することが大切です。

良質な睡眠のためには、夕食後に時間を空けて入浴し、ストレッチなどの緩やかな運動をしてから布団に入るのが良いと言われています。

また、入眠効果のあるアロマオイルの香りや、ハーブティーを用いてみるのも一つの方法です。

by カエレバ

GAIAのエッセンシャルオイルは、美容業界でも定評のあるオイルなのだそう。

生理周期別のスキンケア方法を伝授!

排卵後~生理前(黄体期)のスキンケア方法

先述したように、女性の体内の状況は生理周期によって著しく変化します。特に、生理前は女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンの分泌量が切り替わり、体内のホルモンバランスが一気に変わる時です。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

この時期には皮脂の分泌多くなり、その皮脂にホコリや細菌などが付着して肌荒れの原因となってしまいます。ですから、この時期にはこまめに洗顔を行うようにしましょう。洗顔や化粧水には、殺菌効果のあるものを使うのがオススメです。

by カエレバ

by カエレバ

生理中(月経期)のスキンケア方法

生理中、次の排卵に向けてエストロゲンの分泌が増えるまでの間は、エストロゲンはもちろん、もう一種類の女性ホルモンの分泌も減ってしまいます。いわゆる「更年期」状態になってしまうのです。女性ホルモンが減少するということは、お肌を潤すホルモンが減ってしまうことになりますから、お肌は砂漠のような状態になっているのです。

お肌の乾燥は、バリア機能の減少も意味しますので、小じわやかぶれを引き起こす可能性もあるのです。ですから、この時期にはお肌を乾燥から守るスキンケアが必要になります。生理前はこまめに洗顔をした方が良いのですが、この時期には回数を減らし乾燥しないように心がけましょう。生理中は保湿に努め、保湿パックや水洗顔をすることで乾燥を防ぎましょう。

忙しいし、パックなんてめんどくさい!という方には、シートパックがオススメです。袋から取り出して顔につけるだけの簡単パックです。

by カエレバ

人気のある「ルルルン」シリーズ。青のルルルンは保湿効果が高いのがGOOD!

生理後~排卵前(卵胞期)のスキンケア方法

この時期はお肌の調子が一番整っている時期です。エストロゲンの分泌量が多くなるので、お肌がうるおい心身ともに調子が良いと言われています。

エステをうけたり、基礎化粧品の見直しをするならこの時期に行うのがオススメです。また、普段のお手入れに特別なモノを取り入れるスぺシャルケアも良いようです。

by カエレバ

香りのよいJILLSTUARTのピュアオイル。、ミネラルオイルが乾燥や肌あれを防いで、健やかな肌を保ちます。無着色・アレルギーテスト済みなので、お子様と一緒にも使えます。

紫外線対策!

生理前や生理中は、お肌の倍秋脳が低下しているため、紫外線の影響をとても受けやすい時期です。真夏の海やプールで日差しをたくさん浴びるとお肌が荒れてしまうのと同じで、この時期は紫外線の影響でお肌が荒れがち。

日焼け止めを使用して紫外線からお肌を守るのがBESTですが、刺激の少ないものを使うようにしましょう。また、洗い落としやすいものを選ぶとなお良いです。

UVカット効果のあるサングラスや羽織を用いると、さらに紫外線からお肌を守ることができます。

by カエレバ

お湯でも落とせる低刺激なので、ニキビのできやすい方にもオススメです。顔にも使用できます。

生理前~生理中のメイクポイント

生理前~生理中のお肌が荒れている時期は、メイクのノリも悪くなりますよね。スキンケアもとても大切ですが、化粧品の刺激などにも気を付けましょう。

ベースメイク

お肌が敏感になっているので、油分の多いリキッドファンデーションやBBクリームなどは避け、刺激の弱い軽めのパウダーファンデーションを使用すると良いそうです。

スポンジやブラシにも細菌やほこりがついているため、しっかり洗って乾燥させ、清潔に保ちましょう。

by カエレバ

ミネラル成分のみで作られているため、洗顔不要なほど低刺激の優れものです。肌への負担がとても少ないため、敏感肌の方にもオススメのファンデーションです。

気になる部分をカバーしよう

この時期は体温が下がり血行が悪くなるため、血色が悪くなります。顔色が悪いと化粧も栄えませんよね。

血色の悪さは、発色の良いチークやリップクリームなどでカバーしましょう。この際も、なるべく低刺激のものを選ぶようにしましょう。

ニキビなどができていて気になっている方は、なるべくメイクをしないで日焼け止めのみにするのがベターです。しかし女性のメイクは「身だしなみ」のひとつなんて言われていますから、ニキビが気になるときはコンシーラーでカバーしましょう。

コンシーラーは直接グリグリと塗るのではなく、指にとり優しく塗るようにしましょう。

by カエレバ

とてもきれいに発色してくれ、パウダーファンデーション同様洗顔不要なほど低刺激です。

女性を創るホルモン「エストロゲン」を増やそう!

エストロゲンの分泌をUPさせるための効果がある食べ物としては、
・たまご
・ごま
・大豆製品
・プルーン
・ザクロ
・山芋
などがあります。

大豆類やザクロ・山芋には植物性エストロゲンが含まれているため、食事にうまく取り入れることで、エストロゲンをUPする効果が期待できます。最近ではスーパーやコンビニにザクロジュースが売っていたりしますので、仕事の合間に飲ものも良いですね。

ごまを食べる際は、そのままでは消化されないため、必ずすりつぶしてから食べるようにしましょう。

恋をしよう♡

エストロゲンを増やし、心身の調子を良くするのに効果絶大なのが「恋」をすること♡恋をして心がときめくと、エストロゲンという脳内神経物質が活性化するのと同時に、エストロゲンも活性化するのです。

しかし、無理に好きな人を探したり恋人を作らなくてはいけない訳ではありません。恋愛小説を読んだり、ロマンティックな映画を観たり…ドキドキして心がときめく状況を作ればいいのです。好きな人がいるならば、考えるだけでもときめきますよね。

「ココロ」の「ときめき」が、女性ホルモンを活性化させる最大の秘訣なのです。

【まとめ】生理と肌荒れ

女性の誰もが何かと悩まされる「生理」と「肌荒れ」。生理なんてなければいいのに…なんて思ったことのある人も少なくないと思います。しかし、生理があるからこそ女性としての美しさやしなやかさも現れるのです。

自分の生理周期を掴むことができれば、その周期に合ったケアをすることができます。そうすることで肌荒れやイライラを防ぐことができるのですから、試してみなくては損です!!

女として生まれてきたからには、生理や肌荒れなんかに悩まされることなく、毎日おしゃれで楽しい日常を送りましょう!ストレスを撃退して、ハッピーライフを…♡

合わせて読みたい!