顔のシミ消したい!みんながやってるシミを消す方法って効果あるの?シミの原因と対処法を徹底調査しました!

顔のシミは誰にとっても気になるものですよね。年齢を重ねていくうち気がついたら増えているシミ!日焼けが良くないと分かっていても若いころは無防備なものです。できてしまったシミの対処法やシミに効くという噂のものまで徹底解明していきます。

顔のシミについて

顔にできるシミにはいくつかの原因があるようです。また、顔にできるシミには種類もいくつかあるようです。原因や種類によっても対処法や予防法に違いがあるようなので詳しく見ていきましょう。

顔のシミの原因は何でしょう?

顔のシミの原因とは?

最近では顔のシミを気にする男性も増えています。男性化粧品にもシミ対策のものが多く販売されています。そもそもシミの原因は何でしょう?

シミの1番の原因は紫外線によるものと言われています。以外と知られていないのがストレス、睡眠不足、女性ホルモンの崩れなどです。他にはニキビなどによる炎症のあともシミになると言われています。

紫外線によるシミは太陽などから紫外線を浴びるとメラノサイト(色素形成細胞)という細胞が刺激されラニンを作りだいします。これは紫外線から肌を守ろうとする働きにより肌を黒くするものだそうです。

寝不足やストレスなどで肌が老化しているとシミはできやすくなるそうです。肌が正常な状態でない場合シミとなって現れるということです。

ニキビなどによる炎症のあとがシミとなって残ってしまうことがあるそうです。これは色素細胞が刺激を受けたことにより大量のメラニンが生成され、全てを排出しきれず色素沈着となって肌に残ってしまうからだそうです。

顔のシミには種類があります

顔にできるシミにはいくつかの種類があるようです。

・炎症性色素沈着 ニキビや肌の炎症が原因で色素が沈着しシミになってしまったもです。一時的にシミとなってしまうものと慢性的にシミになってしまうものがあります。

・老人性色素斑 中年以降に多く見られる色素判班と呼ばれるシミです。長年浴び続けた紫外線が年齢を重ね表れてくると言われています。通常よりも紫外線を浴びる時間や量が多い人は若くても20代後半から現れることもあるそうです。

・脂漏性角化症 脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)と読みます。これは良性の腫瘍だそうです。年寄りイボとも呼ばれ、形は平らなものと少し隆起しているものもありかゆみを伴うこともあるようで、原因は皮膚の老化だそうです。

・肝斑 女性モルモンの影響によるシミです。ピルを服用している人や妊娠との関連が言われています。
発生しやすい年齢は30代~40代だそうです。特徴は頬骨の周りや額、口元などに左右対称に現れるそうです。薄い褐色で広い範囲にあるのも特徴です。

・雀卵斑 雀卵斑(じゃくらんはん)と読み一般的に言うそばかすのことです。原因は遺伝的なことが多く紫外線を浴びると濃くなると言われています。

・光線性花弁状色素斑 光線性花弁状色素斑(こうせんせいかべんじょうしきそはん)と読みます。紫外線によって花びらのようにシミになるものです。20代~30代の方に多く見られ肩や背中にできることが多いようです。強烈な日焼け後、炎症が引いて数か月たってから現れるのが特徴です。

化粧品で顔のシミは取れるの?

シミ取りクリームでシミは消える?

シミ取りクリームや薬局などでも手軽に購入できるスキンケア商品ですよね。口コミのランキングなどで上位のもは比較的安く、薬局などで手軽に購入できるものが多くあります。シミを取ることが目的であればハイドロキノンという成分が入ったクリームが良いと言われているようです。

ハイドロキノンはメラニンを分解する働きがあると言われているそうです。美容皮膚科などでも使用されている成分です。顔のシミ取りクリームには2種類あります。顔全体に塗り顔全体のシミ対策と美白を目的とするタイプ。

シミにピンポイントで塗るタイプです。成分濃度が高くシミにダイレクトに効果を発揮するようです。シミ取りクリームはできるだけシミが薄いうちに使用することが大切なようです。

シミを取る働きのある化粧品を使う

シミ取り化粧品を選ぶ際に気を付けたいのが含まれている成分です。ピーリング成分ばかりが強く肌への刺激が強いシミ取り化粧品もあります。

先ほどもクリームのところでご紹介したハイドロキノンという成分はできてしまったメラニンのかたまり、つまりシミを分解する働きがあると言われています。このような成分を含んでいるものが効果的といえるようです。

人気のシミ取り化粧品
・アンプルール ラグジュアリーホワイト
・ビーグレン ホワイトクリームEX
・Decencia(ディセンシア) サエル

アンプールとビーグレンには高濃度でハイドロキノンが配合されています。アンプールは皮膚科医が開発に携わったドクターズコスメですので信頼度も高いようです。美容液だけでも効果があるようですがライン使いすることでより効果を実感しやすいとのことです。

化粧品はそれぞれ肌に合うものもあれば合わない物もありますので、テストパッチを行ったり購入する際には自分の肌質を説明し納得のいくものを選ぶことが良いようです。

by カエレバ

まずは人気シミ取り化粧品のトライアルセットから始めてみよう

アンプルールの「ラグジュアリーホワイト トライアルセット」

上記でも説明している、高濃度でハイドロキノンが配合されている「アンプルール」のトライアルセットです。
いきなり本体を購入することに抵抗がある方は、一週間分のトライアルセットを試してみませんか。

「アンプルール」は皮膚の専門家が開発した美白化粧品なので、信頼できるという声も多いようです。
美白有効成分「ハイドロキノン誘導体」がメラニンの生成を抑制して、日中もシミの根本原因にアプローチ。
さらに「ビタミンC誘導体」や「セレブロシド」などの保湿成分がうるおいと活力に満ちた健やかな肌に導き、肌本来の透明感を引き出してくれる特徴があります。

ライン使いが試せる豪華4種類のセットが1,890円(税込み)で購入できるので、この機会に試してみてはいかがでしょうか。



ビーグレンの「ホワイトケア トライアルセット」

ビーグレンも高濃度でハイドロキノンが配合されているスキンケア商品です。
トライアルセットは、洗顔~保湿までの5ステップをお試しできます。

ステップ① 洗顔
微粒子の天然のクレイ「モンモリロナイト」が汚れや不要な古い角質を磁石のように引き寄せる“吸着洗顔料”です。必要な皮脂を取り過ぎることなく、しっとりとした肌に洗い上げます。

ステップ② 化粧水
角層のコンディションを整え、隅々まで潤いを与えます。みずみずしさが保たれることで、後に続く美容液の効果を格段に高めます。滞りがちなターンオーバーのサイクルを整え、メラニンを排出しやすい状態へ導きます。

ステップ③ 美容液
ピーリング作用で、古い角質やメラニンの排出を促します。

ステップ④ 夜用クリーム
夜用のホワイトクリームは肌トラブルの根本まで直接届け、スピーディーに薄くします。同時にメラニン生成をブロックし、新たな原因をつくらせません。

ステップ⑤ クリーム
モイスチャークリームで、潤いに満たされたハリのある肌へ導きます。

トライアルセットは5アイテムが7日間分お試しできて、1,800円(税抜き)なので大変お得になっています。
この機会に是非試してみてはいかがでしょうか。

馬油はシミに効果ある?

馬油は昔から民間療法としても利用されてきました。馬油はシミに効果があるのか?答えは結果的にはあると言えるといった感じです。その理由を馬油のもたらす効果と共に見てきましょう。

馬油は字のごとく馬の油です。たて髪や尻尾の付け根の皮下脂肪を抽出した油です。これは人間の皮脂と似た成分で様々な優れた特徴を持っています。

馬油の特徴
・高い浸透力・抗酸化作用・殺菌作用・抗炎症作用・高保湿作用・血行促進作用

これらの作用により肌のターンオーバが促進され、肌の生まれ変わりが早くなることから新人代謝が活発化しメラニンを排出すると考えられているようです。血行が促進されることも肌がワントーン明るくなることに繋がるようです。

皮膚科で顔のシミを消す方法

薬を使ってシミを消す方法

皮膚科でシミを消したいと相談した際に外科的にシミを取り去る方法を外用薬や内服薬によってシミを改善していく方法を提案されることがあるようです。外科的とはレーザーなどを使ってシミを焼き消す方法や強いピーリング剤を医師が肌に塗りシミを剥がし取る方法です。

外用薬や内服薬を用いてシミを改善する方法も人気のようです。外科的処置よりも値段がリーズナブルですし安心だという人が多いようです。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

シミに用いられる主な薬
外用薬
・ハイドロキノン軟膏 メラニンを生成するチロシナーゼの働きを抑えメラニンを分解する働きがあります。
・トレチノイン軟膏  トレチノインはビタミンビタミンA誘導体の一種で肌のターンオーバーを促進する働きがあります。 
内服薬
・トランサミン(トラネキサム酸)・ビタミンC・ビタミンE・L-システイン 

レーザー治療でシミを消す方法

美容皮膚科や皮膚科ではレーザーを用いてシミを除去する方法があります。最近では使用されるレーザーの種類も増え、その人のシミの状態あったレーザーを選んでくれるようです。

シミをレーザーで除去するのにまず考えてしまうことは、痛みと治療費、回復までの期間ではないでしょうか。

痛みはレーザーが当たっている時間はとても短く、それを繰り返していくので殆ど痛みはないそうです。
それでも痛みを感じるという人には塗る麻酔薬や厚労省が承認している張るタイプの麻酔薬などもあるようです。

費用は5㎜以下の大きさで1回5,000円~というのが一般的なようです。これに初診料などがプラスされますので病院に確認されたほうが良いかと思います。

回復までの期間をダウンタイムと呼んでいます。レーザーを照射した箇所は通常10日程度でかさぶたとなって剥がれ落ち赤身が出ます。個人差もありますが1~6か月ぐらいするときれいな肌色の肌になるそうです。

食事でシミを消す方法ってあるの?

抗酸化作用のある食べ物を摂る

抗酸化作用のあると言われる食べ物の代表的なものを挙げてみましょう。

・バナナ・人参・かぼちゃ・アボガド・キャベツ・にんにく・しょうが・グレープフルーツ・アーモンド
・トマト・緑茶

抗酸化作用のある食べ物を摂ることでシミを消すことは可能なのでしょうか?活性酸素はエネルギー燃焼によって残った燃えカスです。活性酸素が過剰に発生し排出されないと血管や細胞が老化する原因となりシミやシワができやすくなると考えられています。

抗酸化作用を多く含む食品を積極的に摂ることで活性酸素を対外へ除去す働きが促進され、シミやシワ対策に有効と考えられています。

抗酸化作用のある栄養素は

抗酸化作用のある栄養素はいくつかあります。他の栄養素と組み合わせることにより相乗効果を発揮するものもあります。

・ビタミンC・ビタミンB ・ビタミンE ・アスタキサンチン・カテキン・大豆イソフラボン

ビタミンCは水溶性ビタミンのため水に溶けだす性質があり、体内で留めておくことができないビタミンです。抗酸化作用のほかにはメラニンの生成を抑える働きがあると言われています。

ビタミンBはビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸、の総称です。抗酸化作用の他には代謝を促す働きがあると言われています。

ビタミンEは抗酸化作用の働きにより老化防止に優れているため、若返りビタミンなどと呼ばれています。毛細血管を広げる働きもあるため血流改善、新人代謝の活発化があると言われています。ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどと同時に摂取することで高い相乗効果が得られるそうです。

アスタキサンチンは活性酸素の中でも一重項酸素と呼ばれるものに対して強い抗酸化作用があるそうです。化粧品にも配合されている成分です。

カテキンが多く含まれているものにはエピガロカテキンガレートと呼ばれる高い抗酸化作用の成分が含まれているそうです。カテキンはポリフェノールの一種で、タンニンと呼ばれる緑茶の渋みの主成分のことです。

大豆イソフラボンにはゲニステインという成分が含まれており、シミの原因となるメラニンの生成を促進する酵素を抑える抗酸化作用にすぐれているそうです。ビタミンB群と一緒に摂取することで相乗効果が期待できるそうです。

シミを消す民間療法

シミにレモン汁を塗るって本当?

レモンをシミに塗るという民間療法がネットなどで広まっているようですが、実は逆効果というのが正解のようです。レモンに含まれるソラニンという成分はメラニンの生成を活発にしてしまう成分のようです。

ソラニンを塗ったり食べ物から摂取すると紫外線を過剰に浴びたと身体が認識してしまい、過剰にメラニンが生成されてしまうのだそうです。特に朝や昼の紫外線を浴びる時間にレモンを摂取するのは避けたほうが良いようです。

顔にレモンを塗って紫外線に当たったらシミが消えるどころかメラニンの生成が活性化されシミが増えてしまう原因になることもあるそうです。

アロエの液を塗る

アロエには様々な栄養があると言われています。肌への効果もいくつかあり化粧品などにも配合され自然派化粧品として人気もあります。アロエの液をシミに塗って効果があるかというと、長期間使い続けることで結果的に効果があることもあるといった感じです。

その理由はアロエには消炎、殺菌、保湿効果などがあり、日焼けした肌や乾燥肌にぬると保湿効果から改善が見られるといったことから、長期間使い続けることにより肌の保湿効果が高まり肌のターンオーバーが正常になることから美白効果やメラニンの排出が期待できるといったもののようです。

シミをすぐに消したりする成分が含まれているわけではなく、肌全体が健康で潤いのある肌になるといった感じです。

ヨーグルトを塗る

ヨーグルトを塗るという民間療法はテレビで紹介されたのがブームのきっかけのようです。やり方は人によって多少違いはあるようですが、多く試されているのがヨーグルトに小麦粉を混ぜたもの顔に塗る方法。

もう一つはヨーグルトとココアを混ぜたものを顔に塗る方法です。小麦粉はヨーグルトをパック状して塗りやすくするためだけのようです。固まり顔に付きやすくなります。ココアはポリフェノールで老化防止とココアに含まれる亜鉛で肌の修復を狙ったもののようです。

テレビで紹介された人は大幅な肌年齢の若返りがあったそうですが、実際には炎症を起こして数日で断念している人が多いようです。ヨーグルトに含まれるフルーツ酸というαヒドロキシ酸があります。フルーツ酸には肌の角質を柔らかくする効果があると言われています。

これらの成分が肌が弱い人や軽い炎症を起こしている人にはピリピリとした刺激になったり、炎症につながったりするのではないかと言われています。試してみたい人は首などの目立たない場所でテストパッチを行ってからするのが良いようです。

玉ねぎの汁を塗る

玉ねぎの汁をシミに塗るという方法もあるようです。やり方を見てみましょう。

・玉ねぎを摩り下ろします。
・キッチンペパーや布きんで摩り下ろした玉ねぎを絞ります。
・絞った液をコットンなどに含ませシミに塗ります。
・玉ねぎのしぼり汁大さじ1と大さじ2はちみつでパックを作ってもOKです。
・パックを塗ってから15分ほどしたら水で洗い流します。

玉ねぎにも酸が含まれています。実際、玉ねぎを包丁などでカットしただけでも鼻から刺激を受け涙がでてきます。肌の弱い人や炎症があるような人は注意が必要です。

シミを防ぐには

肌の老化を防ぐ

シミを防ぐには肌の老化を進めないことが大切です。肌が老化してしまうと抵抗力も弱ってしまいます。肌の老化につながる原因はコラーゲンの数の減少や活性酸素の増加、ターンオーバーの乱れなどがあります。

シミは活性酸素の増加が1番の原因と言われています。続いてターンオーバーが乱れてしまうと古い肌細胞が剥がれず、メラニンを含む角質が剥がれなく残ってしまいシミになってしまいます。シミ対策にはアンチエイジングが必要不可欠と言えそうです。

紫外線に当たらない

夏の紫外線が1番強いと思っている人は多くいるようですが、実は紫外線が最も強いのは4月の終わり~5月、6月と言われています。また、太陽が出ていなくても曇りの日でも紫外線を浴びています。

防止や日傘はもちろん目からも紫外線は入ってきます。目から入った紫外線を脳が紫外線を浴びていると判断し肌を守ろうメラニンを多く生成させる指令を出してしまうのだそうです。

UVカットの眼鏡やサングラスをうまく利用して身体が紫外線を浴びているという状況を作らないようにすることが大切です。

肌に刺激を与えない

肌が刺激を受けると通常の紫外線を浴びた時よりもより深くまで紫外線のダメージが届いてしまいます。虫刺されなどによって肌を掻きむしったりしてしまうと、肌は傷つき傷そのものも色素沈着を起こしシミになってしまいます。

傷ついた肌は修復に時間がかかりますので、その間に浴びた紫外線は通常よりもシミの原因なりやすいと考えられています。ピーリングなどで肌を刺激した後は紫外線を浴びないように注意書きがあるのもそのためです。

ホルモンバランスを整える

シミの中でもホルモンが大きく関係しているシミがありましたね。肝斑と呼ばれるシミです。妊娠やピルの服用など多く見られるタイプのシミで高齢や閉経を迎えると自然と消えることもあるそうです。

肝斑のようなシミはホルモンバランスの乱れが原因と考えられていますので、ホルモンバランスを整えることで予防、改善が期待できると考えられています。

【顔のシミ】まとめ

顔にできるシミにはいくつか種類があることが分かりました。シミというと日焼けだけが原因と考えがちですがストレスや疲れから、肌状態が乱れてもシミに繋がるのには驚きました。

シミ取りはレーザー治療から民間療法まで様々ですが、肌体質は人それぞれ違いますし同じ結果が得られるとは限りません。自分の肌とよく理解し納得のいく方法でシミ改善を目指すのが大切なようです。

合わせて読みたい!