ニキビ跡の色素沈着は皮膚科で治せるって知ってた?4つのセルフケアも紹介

ニキビが出来てからもずっと跡が残ってしまっているという場合、色素沈着が起きてしまっているのかもしれません。ニキビ跡には種類があって、特に肌が凸凹になってしまうクレーターは治せないと思っている方も多いのでは?実はニキビ跡は治すことが可能なのです。最新の皮膚科で行なわれている治療法をご紹介します。また正しい食生活や洗顔方法はニキビ予防やニキビ跡を残さないために必須です。ここでチェックしてくださいね。

ニキビ跡の色素沈着は治せるの?

赤いニキビが治ったと思ったら、少し茶色っぽいシミのようなものが残ってしまったということはありませんか?それは色素沈着してしまったニキビ跡と呼ばれるものかもしれません。

間違ったニキビケアが原因となって、長期的に消えない「傷」や「色素」が顔に残ってしまった状態です。重症なニキビ跡になるほど元の肌に戻すことは難しくなってしまい、その治療には長い時間がかかってしまうそうです。ニキビ跡では、赤み、色素沈着、やクレーターよ呼ばれるような凹みなどがあります。

どうしたらニキビ跡ができてしまうのでしょうか。原因を知っておくことが予防やセルフケアを正しく行うためには大切といえます。また、病院にかかったらどんな治療を受けられるのかも知っておくと良いでしょう。ここでは、ニキビ跡の色素沈着が気になる方に役立つ情報をお伝えしていきます。

ニキビ跡の3つの種類とは

赤みタイプ

ニキビ跡には、赤みのあるタイプがあります。ニキビの症状が落ち着いて6ヵ月以内は、炎症が跡として残っている状態だといわれています。しかし、6ヶ月~1年以上経過しても消えない赤みは、肌の表面がニキビのダメージを受けたことで薄くなってしまい、皮膚が赤く見えている状態だということです。

赤みタイプは、ニキビをいじったりすると、なかなか消えないやっかいなタイプです。また、もとのニキビの炎症が強かった場合にも残りやすいといわれています。赤くぼんやりして見えるのはニキビ跡かもしれません。

色素沈着タイプ

色素沈着タイプというのは、少し茶色っぽく見えるニキビ跡です。ニキビ跡の色素沈着にはシミの原因にもなるメラニン色素が関係しています。 ニキビの炎症がしみのもととなる皮膚細胞のメラノサイトを刺激したことが原因となって色素がでてきてしまうのです。

赤みのあるニキビ跡を放置したことで、6ヵ月以上の経過してから、茶色のニキビ跡に色素が沈着して変化していき、メラニンによる茶色いシミのような色素沈着がおきてしまいます。過去に赤く炎症を起こしたニキビがあった方や、ずっと消えずに残っている方は色素沈着が起きている可能性が考えられます。

でこぼこタイプ

でこぼこタイプというのは、クレーター、アクネスカーとも呼ばれるタイプです。このタイプは、化膿ニキビへと症状が悪化した場合、ニキビの傷が皮膚の深い所にある真皮に達してしまし、真皮を破壊してしまうことが原因となります。

真皮が修復できたところとできなかったところの差が、凸凹としたクレーターになり、元の均一な状態の肌に再生するのは極めて難しくなるといわれています。また、爪や不衛生なピンセットなどの器具でニキビをつぶしたり、力いっぱいニキビをしぼることもクレーターの原因といわれています。

[blogcard url=”http://www.takamiclinic.com/service/nikibi_ato.php”] [/blogcard]

ニキビ跡にできる色素沈着とは

炎症による色素沈着

にきび跡(ニキビ跡)などの「しみ」を色素沈着といいますが、これは炎症によってできた色素沈着なので、炎症性色素沈着とも呼ばれています。

炎症性色素沈着は、長い月日、年月をかけて徐々に次第に薄くなっていくといわれています。顔であれば6ヵ月、背中やお腹の体幹・上肢で1~2年、下肢で3~4年とも言われています。自然に薄くなるのを待つのを「保存的療法」とも呼びます。保存的療法以外の治療法としては、レーザー治療などが挙げられます。

炎症が落ち着いた後も、お肌のターンオーバーを促すために、規則正しい生活や正しい食生活を取り入れることが大切です。また紫外線によっても色素沈着が進んでしまうので、紫外線対策は十分に行うようにしましょう。

一定期間だけ症状がでる一時性

炎症性色素沈着には一時性(一過性)のものと、慢性的なものがあります。一時性の場合は、一定期間だけ症状が出ますが、そのあとは改善してなくなっていきます。

治療のためにレーザーを当てた後にも、一時的に炎症性色素沈着が起きる場合があるといわれています。これは、レーザー照射の影響で一時的にできるシミであり、元のシミとは違うものになります。ほとんどの場合、平均3ヶ月で自然に消えていくそうですが、長くて半年かかることもあります。

慢性的に繰り返す

慢性の炎症性色素沈着はニキビやアトピー性皮膚炎、ナイロンタオルでの擦りすぎなどが原因になって起きる炎症です。慢性的に炎症を繰り返して徐々に色素が沈着し、消えないシミになっているもののことをいいます。

慢性的な摩擦・刺激にさらされている、相性が悪い化粧品類を使用している、ホルモンバランスが乱れているなどの理由があって慢性の炎症性色素沈着が起きることがあるといわれています。

[blogcard url=”http://www.shimitokyo.com/type/enshosei”] [/blogcard]

色別の色素沈着の原因を紹介

紫色の色素沈着の場合

紫色の色素沈着は、ニキビが炎症を起こした際に、毛穴の周りの毛細血管が破裂して血がにじみ出た状態です。つまり内出血しているあざのような状態ということです。この場合は、色が徐々に薄くなっていくことがあるといわれています。

治療には時間がかかってしまうこともありますが、適切な治療を受ければ時間とともに改善が見込まれます。諦めないで治療を早めに開始することをおすすめします。

茶色の色素沈着の場合

茶色の色素沈着は、ニキビが炎症を起こしたときに分泌される活性酸素によって作られた大量のメラニンが許容範囲を超えてシミになった状態だといわれています。

メラニン色素は真皮を守るために、一番上にある表皮に作られるものですが、表皮はターンオーバーによって常に生まれ変っていきます。ターンオーバーの周期は年齢によって差がありますが、概ね28日程度と言われています。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

茶色い色素沈着を起こしてしまっても、ターンオーバーを適切に促せば、メラニン色素を薄くしてシミを目立たなくすることができると考えられます。

[blogcard url=”http://www.keisei-cs.com/sp/page/dermatology05.html#nikibi3″] [/blogcard]

炎症性色素沈着の治療方法とは

美白化粧水や美白剤を使用する

ニキビによる色素沈着が気になる場合には、美白化粧水や美白剤の美容液などを使って美白を促すことがまず方法の一つとして挙げられます。普通の化粧水などを使っているというかたは、美白効果の高いものに変えてみることをおすすめします。

ただし、一般的に売られているような化粧水では、十分な効果が発揮されないこともあります。病院で処方してもらえる、高濃度ビタミンCの入った化粧水では、高濃度のビタミンCを皮膚に直接浸透させることにより、皮膚に栄養を与え、ニキビ菌に対する抵抗力をつけることができるといわれています。

さらには、肌のターンオーバーを促してメラニンを薄くしていくには、角質の排泄を促して、保湿することが非常に大切です。美白化粧水を使ったあとは、しっかり美容液などで保湿もするようにしましょう。

ケミカルピーリング

皮膚科で受けられる治療法に、ケミカルピーリングがあります。ケミカルピーリングは古い角質や毛穴汚れを優しく取り除いて新しい肌の再生を促す治療法です。古い肌細胞から新しい細胞へと入れ替わることによって、元のような肌に戻すことが可能です。

グリコール酸ピーリング、サリチル酸エタノールピーリング、サリチル酸マクロゴールピーリングなどいくつかの種類があり、これらを数回組み合わせて行うことで徐々に肌が綺麗になっていくそうです。さらに、にきびのできにくい肌質に導いてくれる作用もあるといわれています。

ケミカルピーリングは特に凹みのない赤みや茶色の色素沈着がある場合には効果的だといわれています。また、にきびの治療はケミカルピーリングだけではなく、内服剤や注射、外用剤と組み合わせた治療が効果が高まるともいわれているので、よく皮膚科医と相談するようにしてください。

[blogcard url=”http://www.mg-clinic.com/chempeeling/index.html”] [/blogcard]

レーザー

レーザートーニングという方法は皮膚科クリニックなどで受けられるシミを消すための治療法です。微弱なレーザーをあてて、肌に過剰な刺激を与えることなく、シミやくすみの色素・メラニンを破壊して、透明感のある素肌へ導く美肌のための治療法といわれています。レーザートーニングでは、痛みが少なくすぐにお化粧できるというメリットもあるようです。

フラクセルⅡ&フラクショナルレーザーというタイプも最新の技術をつかった治療法です。ニキビ跡のクレーター(でこぼこ)には最も効果があると言われているレーザー治療だそうです。凹みのあるクレーターのニキビ跡の場合は、レーザー治療を考えてみると良いでしょう。

[blogcard url=”http://www.keisei-cs.com/sp/page/dermatology05.html#nikibi3″] [/blogcard]

処方薬を使用する

ニキビ跡になってしまった場合は市販薬で治すことは難しいので、皮膚科で処方薬をもらうのがおすすめです。保険でのニキビ治療の大半は、塗り薬、抗生物質、ビタミン剤、漢方薬の処方が一般的です。

ホルモンバランスを整える治療は保険診療外となりますが、ニキビ跡の治療にピーリングなどと合わせて用いられることもあるようです。皮膚の状態、色素沈着の状態によって治療法は変わるので皮膚科医に相談するようにしてください。

[blogcard url=”http://www.mg-clinic.com/nikibiato/index.html”] [/blogcard]

初期症状のセルフケアとは

ニキビ跡が赤いうちに対処する

ニキビ跡が赤いうちはまだ初期であることが多く、この時に対処しておくと治りが早いといわれています。炎症性色素沈着の予防法は、皮膚の炎症を放置したり、触ったりせず、適切な治療を早めに行うことが挙げられます。

気になるからといってニキビをつぶしてしまうと、跡が残りやすくなってしまいます。また、放置していると徐々に色素沈着がすすんで、治りにくくさせてしまうので早めに治療を開始することが大切です。

生活習慣を改善する

ニキビができやすい方やニキビ跡になりやすい方は、なんらかの生活習慣が原因になっている場合が多いので、それらを改善することが必要になります。

例えば食事ですが、ニキビをできやすくしたり、悪化させてしまう原因になるのが悪い油です。例えば酸化しやすいサラダ油などを使ったポテトフライなどの揚げ物を食べる機会が多い方は食べる頻度を減らすようにしてください。砂糖を多く含んだチョコレートやスナック菓子も要注意です。

おすすめの食品としては、肌のターンオーバーを助けてくれるタンパク質で、肉や魚、卵、乳製品、大豆食品などがあります。オメガ3系脂肪酸は良質な脂質で、イワシやサバ、サーモンなどの魚、エゴマ油(シソ油)や亜麻仁油(フラックスシードオイル)などに含まれています。これらの食品を食べるのが難しいならサプリメントで摂るのもおすすめです。

洗顔方法の見直し

正しい洗顔方法ができているかどうかも大切なことです。間違った方法ではニキビをできやすくしたり、悪化させてしまうことがあります。

まずは、ぬるま湯で毛穴を広げて、お顔全体の大まかな汚れを落としていきます。この時、あまり熱いお湯で洗うと、必要な皮脂まで落としてしまうので気をつけましょう。それから、泡立てネットなどを使って泡をよく立てて、その泡を使って肌を洗うようにします。

皮脂の多いおでこ、こめかみ、鼻、小鼻のまわりを中心に、刺激を与えないようにマッサージしながら顔全体を洗います。忘れがちなアゴや首すじも同じように洗ってください。

そしてすすぎは、洗いよりも時間をかけて入念に行いましょう。すすぎ流しがあっては意味がなくなってしまいます。最後に清潔なタオルで顔をゴシゴシしないように、押さえるように拭き取りましょう。

スキンケア方法を見直す

スキンケア方法も正しく行えているか確認してみましょう。洗顔後は、洗顔前よりもお肌が乾燥しやすいので、早めに保湿をすることが大切です。洗顔後は、低刺激の化粧水や、クリームなどで必ず保湿してください。

ニキビケアには専用の化粧水や美容液などが様々に発売されています。ネットで評判の高いリプロスキンなどは、ニキビ後の肌に良いと言われている化粧水です。選ぶポイントとしては、なるべく無添加で低刺激なものを選ぶようにするのがおすすめです。ニキビ肌用といわれるものは皮脂を取りすぎてしまうこともあるので、肌に合っているかどうかで選ぶと良いでしょう。

[blogcard url=”http://www.aizawa-hifuka.jp/approach/advice.html”] [/blogcard]

ニキビ跡の色素沈着は早めに対処しよう

ニキビ跡が色素沈着してしまうと、美容的に気になって、後になって後悔してしまうことになります。ニキビ跡は作らないことがまずは大切なので、ニキビができた時は悪化させないように気をつけるようにしましょう。

もしニキビ跡ができてしまっても、もう治らないと焦ることはありません。皮膚科の先生に相談して、適切な治療を受ければ治すことも可能です。悪化させたり時間が経ってしまうと、治すのに余計に時間もお金もかかってしまうことになりますから、早めに対処することが大切です。

合わせて読みたい!