マシュマロの栄養でアンチエイジング!?デトックス効果も!?3つの美容と健康効果!効果的な3つの食べ方を紹介

そのまま食べるのはもちろん、ココアに浮かべたり、チョコレートと一緒に少し炙ってクッキーにサンドしたり・・・ふわっと優しい甘さが特徴のマシュマロ。実は、マシュマロは、もともと薬用として使われていたという事をご存じでしたか。あまり栄養のなさそうなマシュマロですが、実は意外な栄養素と効果があったのです。

もともとマシュマロは薬として使われていた?

今では信じられないような話ですが、もともとマシュマロはスイーツではなく、医療現場で使用される薬として欧米を中心に親しまれてきました。マシュマロに使用されているゼラチンには、喉や胃に作用して炎症を抑える効果があるとして、ヨーロッパでは19世紀頃から広く使用されていたのです。

そして、その食感の良さが、注目されスイーツとして親しまれるようになり、日本では1892年(明治25年)に「風月堂」が販売したのが始まりだったのです。

マシュマロの栄養成分と健康効果・3つ

1.大部分を占める糖質、たんぱく質、脂質

それでは、マシュマロの栄養成分はどうなっているのでしょうか。マシュマロの大部分を占めているのは糖質(炭水化物)、次にたんぱく質、そして脂質となっています。そして、100gのマシュマロのうち約80gぐらいが糖質なのだとか。

こう聞くと、かなり高糖質な食べ物ですよね。物にもよりますが、マシュマロの原材料は水あめ、砂糖、コーンスターチ、ゼラチン、卵白などが使われています。

ふんわりと軽く、食感も良い為、ついつい食べ過ぎてしまいがちなマシュマロですが、うっかり食べ過ぎてしまうと、あっという間に1日分の糖質量を超えているかもしれません。マシュマロに糖質以外の栄養素はあるのでしょうか。

2.高い抗酸化作用をもつセレン

マシュマロの栄養成分のほとんどが炭水化物と知って、がっかりしている人もいるかと思いますが、マシュマロの栄養成分はそれだけではありません。

マシュマロには、ミネラルの一種でビタミンEの60倍の抗酸化作用がある「セレン」が含まれています。そして、セレンにはがんや心筋梗塞予防、アンチエイジングやデトックス効果があるようです。

セレンは、干しえびやマグロにも多く含まれていますが、なかなか毎日食べるものではありませんよね。手軽なサプリメントで摂取する人も多いようですが、たまにはマシュマロで補ってみるのも良いかもしれません。

3.からだの中から美肌に働きかけるビオチン

もうひとつ、マシュマロに含まれる栄養素が「ビオチン」です。ビオチンはビタミンの一種で、不足すると爪が割れやすくなったり、肌荒れの原因にもなります。

また、ビオチンをしっかり摂取すると、ハリのある弾力肌を手に入れられることから、アトピー、ニキビ、毛穴の開きなど、肌の悩みに関すること全般に、効果があるとして注目されています。

マシュマロのもつ驚くべき美容効果・3つ

1.美肌に良いコラーゲンたっぷり

マシュマロの原材料の大半を占めるのが、ゼリーやババロアの原材料としても知られているゼラチンです。このゼラチンは、食べると小腸でゼラチンが分解され、コラーゲンとして体内に摂取されます。そして、マシュマロはこのコラーゲン量がとっても豊富。マシュマロ10個で1日に必要なコラーゲン量に匹敵するのです。

カロリーも10個で30kcalと、チョコレートやクッキーに比べればはるかに低カロリー。オレンジ等のビタミンCと合わせて摂取すると、さらにコラーゲンの生成量が期待でき、美肌につながります。

2.満足感があるのに低カロリー!ダイエットに期待

先ほどもお伝えしましたが、マシュマロ1個あたりのカロリーは約3kcal。甘い香りとふわふわの食感で、少量で満足感を得られることから、ダイエット中にもおすすめのおやつです。

ただ、1個あたりのカロリーが低いとはいえ、毎回1袋まるごと食べていたのでは、カロリーオーバーになってしまいますので注意してください。

3.腸内環境を整えて便秘改善

マシュマロに含まれるゼラチンには、消化吸収を高める効果があります。また、整腸作用もあることから、便秘解消や免疫力アップにもつながるとされています。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

腸内環境を整えることによって、美肌や便秘解消など、女性に嬉しい効果だけではなく、コレストレロール値の低下や、悪玉菌増殖予防などにもつながりますので、ぜひとも試したいですね。

マシュマロの栄養素を効果的に摂取する食べ方・3つ

1.コーヒーに浮かべてカフェ風に

ココアにマシュマロを浮かべるのはよくあるかと思いますが、おすすめしたいのはコーヒーです。コーヒーに含まれるカフェインには、自律神経を高めるほか、運動能力向上や脂肪燃焼効果があるとされています。

また、抗酸化作用のあるポリフェノールも豊富で、精神安定作用があるとしても知られています。仕事中や食後のリラックスタイムにコーヒーを飲みたくなるのはこの為なのですね。

少し温めて、エスプレッソクリームのようにするのはもちろん、スイーツ感覚で楽しみたい人は、少し牛乳を足してカフェオレにし、飲む直前にマシュマロを浮かべても優しい味わいになりますよ。

2.紅茶やハーブティーにレモンを添えてビタミン補給

マシュマロに含まれる、ゼラチンから生成されたコラーゲンは、ビタミンCを多く含むものと一緒に摂取することで、より一層高い美容効果を発揮してくれるといわれています。

紅茶やハーブティーなどに、レモンやオレンジなどの柑橘系果物を浮かべ、マシュマロとともにいただくとより一層効果が期待できますよ。また、温かいものをゆっくりと飲むことで、リラックス効果にもなりますので、ぜひ試してみてください。

3.ヨーグルトと合わせて腸内環境を整える

先ほど、マシュマロに含まれるゼラチンには、整腸作用があるとお伝えしましたが、この特性を生かした食べ方が「ヨーグルトと合わせること」です。

ヨーグルトも、整腸作用の高い食品として広く知られていますが、これらを同時に摂取することによって、より一層高い効果に期待できるのです。

マシュマロを、一晩ヨーグルトの中に漬けておけばムース状になり、デザート感覚で食べられますし、プルーンやバナナなどのフルーツと一緒に、食べる直前に混ぜれば、同時にビタミン補給もできるのでおすすめです。

おすすめマシュマロ5選

他のスイーツに比べてカロリーも低く、コラーゲンの効果にも期待がもてるマシュマロ。それでは、ここでおすすめのマシュマロ5選を紹介したいと思います。

1.ロッキーマウンテン マシュマロ(150g)

真っ白でスタンダードのマシュマロです。独特の甘さがあり苦手な人もいるかもしれませんが、手作りスイーツに幅広く使えるところが人気です。

by カエレバ

2.明治屋 コーヒーマシュマロ(110g)

普通の真っ白なマシュマロでは、物足りないという人におすすめしたいのが、こちらのコーヒーマシュマロです。深煎りエスプレッソコーヒーを使用し、マシュマロの優しいマイルドな甘さを残しながらも、ほろ苦いエスプレッソコーヒーの風味が楽しめる大人のマシュマロです。濃いめのブラックコーヒーやエスプレッソと一緒に食べるのがおすすめです。

by カエレバ

3.明治屋 ダージリンティーマシュマロ(110g)

その名の通り、袋を開けたとたんふわ~と紅茶のダージリンの香りが伝わってきます。もちろん、口の中に入れたときも、ダージリンの香りと甘さが広がって、とても癒されるマシュマロです。マシュマロ自体は、硬めの食感なので、食べごたえも満足できると思います。

by カエレバ

4.エイワ コラーゲンマシュマロ

もともとマシュマロにはコラーゲンが豊富なのですが、さらにコラーゲン量をプラスしたこちらの商品は女性におすすめ。1袋にコラーゲン3000mgが入っています。

また、さっぱり食べやすいグレープフルーツ味で、葉酸も豊富ですのでつわりでなかなか思うように食べられないという妊婦さんにもおすすめです。ただ、コラーゲンや葉酸が豊富だからといって食べすぎには注意してくださいね。

by カエレバ

5.Hoosier Hill Farm ミニ乾燥マシュマロ

最後にご紹介したいのが、こちらの乾燥タイプのミニマシュマロです。アメリカ中部、インディアナ州北東部にあるHoosier Hill Farmは新鮮な素材と伝統的な製法をモットーにしている老舗の製菓メーカーです。

ほんのりとバニラの香りのする小さなマシュマロはお菓子やシリアルのトッピングとしてはもちろん、ココアに浮かべても可愛いですよ。

by カエレバ

まとめ

マシュマロの栄養成分と美容効果、いかがでしたか。そのままでももちろん、チョコレートと一緒にクッキーで挟んだり、ココアに浮かべたり・・・実はアレンジしやすいマシュマロ。

最近は味のバリエーションはもちろん、葉酸入りやオリゴ糖入りなど、その機能をウリにしている商品もたくさん出ていますので、お気に入りの食べ方を見つけて、日常生活に上手く取り入れていきたいですね。

合わせて読みたい!