マグロアレルギーって何?コラーゲンやゼラチンに反応する!?虫さされのような症状がでたら注意!原因と検査方法を解説

マグロは、赤身のあっさりした味が特徴です。主に刺身で食べる事が多い魚ですが、それだけにアレルギーが心配ですね。マグロは、秋刀魚や鰯ほどではない様ですが、アレルギーがゼロとは言えません。アレルギーを起こしやすい魚の中でも今回は、マグロのアレルギーについて症状や、検査法などを分かりやすく紐解いていきたいと思います。

マグロアレルギーってなんだろう?

交叉抗原性による似た魚でもアレルギーが起きる時がある

魚のアレルギーと言えば、鯖や鯵、鰯などの青魚をイメージがしますが、白身魚やマグロを始めとした赤身の魚にもアレルギー反応が起こる可能性があります。また、鯖や鯵などの青魚がアレルギーを起こしやすい原因として挙げられるのが、仮性アレルギーがあります。

仮性アレルギーとは、鮮度の良くない青魚は、ヒスタミンが増えると言われている事から、食べると蕁麻疹や腹痛などのアレルギー症状が起こるものです。また、魚には交叉抗原性があり、種類が違っても構造が似ている魚に対して、アレルギー反応が出やすくなる事が分かっていて、マグロもその中に入っています。

マグロアレルギーを起こす原因ってなんだろう?

パルブアルブミンとコラーゲン

マグロは、赤身魚の中でもアレルギーを起こしやすい食品として知られています。その原因物質の一つとされているものに、パルブアルブミンが挙げられます。この物質は、筋肉に存在するタンパク質で、このタンパク質に対する、アレルギー反応を起こす事が多いとされています。

また、人間の体内にも多く存在し、魚の皮や腱、骨などに多く含まれる、コラーゲンに対しアレルギー反応を起こしてしまう人も少なくないとされており、お菓子などに使用される頻度が高く、コラーゲンとして女性に人気のある、ゼラチンに反応する場合もありますので、マグロアレルギーがある人は注意が必要です。

アレルギーに似た食中毒

マグロや鯵などの赤身の魚は、鮮度が落ちたものを摂取すると、アレルギーの様な食中毒を引き起こす場合がある事が報告されています。その理由は、赤身の魚に含まれている、遊離ヒスチジンと呼ばれている物質が、細菌などの微生物によって、脱炭酸酵素作用が進みヒスタミンの生成を促す事から、アレルギー症状に似た、食中毒症状を起こすとされています。

マグロアレルギーではありませんが、魚に寄生する事で有名なアニサキスによって、引き起こされるアレルギー症状も報告されています。アニサキスは冷凍する事で死滅しますので、刺身で摂取する場合は、アレルギー回避の一つの方法ですね。

ヒスタミンが原因

マグロには、ヒスチジンと呼ばれるアミノ酸が含まれています。このヒスチジンは、魚に付いている微生物により、ヒスタミンという活性アミンに変えられます。

通常、アレルギー反応によって、体内でヒスタミンが放出され、じんましんやかゆみなどの症状が現れますが、この場合は食材であるマグロそのものに、ヒスタミンが含有された形となり、直接外部からヒスタミンを侵入させてアレルギーのような症状を見せているので、アレルギー様反応、または仮性アレルギーと呼ばれています。

ヒスタミンは熱に強い性質を持つので、生で食べても加熱しても同等の危険性があるので注意しましょう。

マグロアレルギーになるとどんな症状?

蕁麻疹やかゆみ

魚を食べて、身体が痒くなったり、虫刺されの様に皮膚が赤く盛り上がったりなどの症状が現れた事はありませんか?そんな経験がある人は、魚アレルギーが疑われます。

魚アレルギーの症状として一般的に多いとされているのが蕁麻疹で、急性は数週間で収まるとされていますが、慢性になる事もありますので、注意が必要な症状です。マグロもアレルギーが起こりやすい魚として知られていて、蕁麻疹は全身に広がる事が多く、ひどい時には目が赤くなったり、唇が腫れたりという事もありますので、その時は医療機関に相談し受診しましょう。

アトビー性皮膚炎や花粉症、アレルギー性鼻炎などがある人は、蕁麻疹が出やすくなるとされていて、特に喘息のある方は注意が必要です。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

下痢や嘔吐

鮮度の落ちた鯖や秋刀魚、マグロなどの魚を食べて食中毒を起こす人は、気温が高くなると増えてくる傾向にあります。また、長期保存が可能である為、魚を冷凍して保存している方も少なくないのではないでしょうか。

そんな人は、少し注意が必要です。マグロなどの魚類は、細菌などの微生物が繁殖する事によって、食中毒に似たアレルギー症状が起こりやすいと言われています。その症状は、摂食後数時間で下痢や腹痛、吐き気などが起こり、ひどい時にはアナフィラキシーショックを起こす事もありますので注意しましょう。

また、生食をした場合は寄生虫にも注意が必要で、下痢や吐き気などに加えて37℃~38℃前後の発熱や倦怠感などの症状が現れる場合もあり、子供に与える場合は一層注意が必要です。

重くなるとアナフィラキシーショックになる

アナフィラキシーとはじんましん、息苦しさ、目の痒みや腫れ、血圧の低下といったいくつかの臓器に関連した症状が現れるアレルギー反応です。アナフィラキシーは、症状によって重症の度合いが3つに分けられており、中でも呼吸困難や強い咳き込み、何度も嘔吐をするなどが見られる重症度グレード3は、強いアナフィラキシー症状として重篤な状態です。

これは、ただちに治療を行わなければ、生命が危険にさらされるほどの緊急性の高い状態ですので、速やかに救急車を呼ぶようにしてください。また、アナフィラキシーは通常ですと、特定の食べ物を食べてから1分~15分以内に起こると言われていますが、1時間後に症状が出始めるケースもあるため、注意が必要です。

マグロアレルギーを調べる検査方法は?

血液検査

何らかのアレルギーが疑われる場合、医療機関でまず行う検査が血液検査です。マグロアレルギーも同様で、採血して疑われるアレルゲンを大まかに判定します。一部では、スクリーニング検査とも呼ばれているようですが、両検査は、アレルゲンを洗い出すという意味では同じですが、検査方法には少し違いがある様です

血液検査は一般的な検査で、魚に対するIgEを測定します。基準値が決められており、測定結果でアレルギーの有無を調べます。現在検査可能な魚は、アジ、イワシ、カレイ、サケ、サバ、タラ、マグロの7種類となっており、魚アレルギーの判定に利用されています。

プリックテスト

プリックテストは、アレルゲンを突き止める為に行われる皮膚テストの1つで、血液検査のように、結果を得るまで数日~1週間かかるようなことはなく、早くて15~40分と、検査の中でも一番早いものではないでしょうか。

これは、前腕の内側にほんの浅い傷を付けて、そこに微量のアレルゲンのエキスを付着させます。そのまましばらく様子を見て、数十分経って傷の部分が膨らんできたり赤みを帯びて着たり、またかゆみがでてくるようなら、そのアレルゲンに対してのアレルギーを持っているという結果となります。詳細には、膨疹が5mm以上だったり、赤みの部分が10mm以上だったりすれば陽性と判断されます。

食物経口負荷試験

食物経口負荷試験は、食物アレルギーを調べるのに、最も確実とされる方法です。これは、アレルギーを引き起こす原因と考えられる食物を、実際に摂取して、何らかの症状が出るかを見ていくというものです。

当然、アレルギー症状の発症を前提に行われ、それがアナフィラキシーなどの重い症状となる可能性もありますので、専門的な医療機関で医師の指導の元に入院しながら行われます。アレルゲン特定の他にも、耐性獲得を診断することもその目的としていて、また安全に摂取できる量がどのくらいか、誤食してしまった時のリスク度などについても調べる場合があります。

マグロアレルギーは治るのだろうか?

アグロなどの魚アレルギーは完治困難

一般的に、マグロを含む魚アレルギーは、完治が困難であるとされています。しかし、アレルギーはリンパ球の反応である為、乳幼児期はリンパ球の数が多いとされていますが、大人になるにつれ、リンパ球が適正数に減少して行けば、子供の頃にマグロアレルギーがあったとしても、食べられるようになる可能性が無いとは言えないとされています。

また、食生活や生活環境に配慮して、心身をきちんと鍛えれば、リンパ球を適正範囲に保つことが可能となり、アレルギー症状が軽減される場合もありますので、治療と並行して、環境整備を行う事が重要なのではないでしょうか。

赤ちゃんのマグロアレルギーは注意しよう!

マグロは、アレルギーを発症しやすい食材ですので、消化吸収能力が未発達な乳幼児には生食は厳禁です。また、アレルゲンとなるマグロのタンパク質が、十分に消化されずに吸収されると、アレルギー反応が起こる原因となってしまいますので、乳幼児に魚を与える場合は、必ず火を通し少しずつ様子を見ながら与えましょう。

喘息の様な症状や全身性の症状が現れた場合は、アナフィラキシーショックを起こしている可能性がありますので、早急に医療機関で診察してもらいましょう。

まとめ

良質のタンパク質が豊富なマグロは、健康な心身を維持する為に大変役立つ食材です。子供の脳の発達に良いとされている、DHAも豊富に含まれている為、毎日の食卓に上手に利用したいものです。利用する場合は、新鮮なものを選ぶ事は勿論、火を通したり冷凍するなどして、アレルギーや食中毒の発症に注意しましょう。鮮度の良い魚を選ぶ目利きも必要ですね。

合わせて読みたい!