サプリは間違い!?ヒアルロン酸とコラーゲンの正しい摂取の考え方

二大美容成分のヒアルロン酸とコラーゲンをサプリで摂取するのは間違い!?コラーゲンを取るなら卵かけごはんがオススメです。ヒアルロン酸欲しさに注射をする必要はありません。健康成分への興味と理解は、美容への近道です。

コラーゲンとヒアルロン酸について

美容のためのサプリメントとして隆盛を極めている「コラーゲン」と「ヒアルロン酸」ですが、サプリメントでの摂取が正解とは言い難いのが実態です。それぞれの成分の特徴を理解し、適切な食生活とサプリメント依存からの脱却を目指しましょう。

コラーゲンの特徴と正しい摂取方法

コラーゲンとはタンパク質の一種であり、人の身体の全タンパク質の内30%以上を占めています。肌に潤いを与える機能が期待されるなど、美容の世界では古くから注目されてきたコラーゲンですが、生体内でどのような挙動を示し、身体にどのように働きかけるのでしょうか?

コラーゲンの吸収と体内での働き

人は食事でタンパク質を取ると、胃や小腸でアミノ酸に分解してから吸収し、身体の中でタンパク質に作り直してから利用します。人は材料であるアミノ酸さえあれば、コラーゲンを作る事が出来ますので、必ずしもコラーゲンを意図的に食事の中に取り入れる必要はありません。

しかし、廃材を集めて本棚を作るより、本棚を作るための材料が予め準備されたキットを買って本棚を作る方が簡単であるように、コラーゲンを摂取した方がコラーゲンを作りやすい事は事実です。

コラーゲンの働きは、身体の30%を占める事から分かるように、以上に多岐に渡ります。その働きを一言で表すと、細胞に栄養を蓄えるための容器です。細胞はコラーゲンが失われると、構造を保つ事が出来なくなり、乾燥や肌荒れ、炎症といった作用が現れてしまうと考えられています。

最高のコラーゲン摂取法は卵かけごはん!?

長らくコラーゲンは、経口摂取(口から取る事)では効果がないと考えられてきました。口からコラーゲンを摂取しても、結局はアミノ酸に分解されてしまうからです。しかし、人の身体がコラーゲンを合成できることが分かると、食品としてのコラーゲンは、コラーゲン合成のための優秀な材料として評価されるようになりました。

コラーゲンの材料であるアミノ酸は全部で20種類あり、内8種類(必須アミノ酸)は生体内で合成出来ないため、食事から摂取しなければならないことが知られています。逆にいえば、必須アミノ酸さえ摂取出来れば、高いサプリやコラーゲンを購入する必要は無いという事になります。

8種類の必須アミノ酸は、二日に一つ程度の卵と1合程度の白米を食べていれば十分に摂取出来ることが知られています。コラーゲン摂取に最適なのは、サプリメントではなく「卵かけごはん」なのです!

また、生体内でコラーゲンを合成する際には、ビタミンCが必要になる事が知られています。ビタミンCも、意図して摂取する必要が無いほど食品中にありふれているので、合わせて摂ると効果的だから!と血眼になる必要は有りません。「コラーゲンだけを摂取してもあまり効果が得られない」事を頭の中に留めておく程度で大丈夫です。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

ヒアルロン酸の特徴と正しい接種法

ヒアルロン酸とは、特殊な糖が連なった多糖で、関節の柔軟剤(機械で言う油)のような役割をしています。不足すると関節が痛んだり、老化の原因になるとして美容の世界では古くから注目されてきたヒアルロン酸ですが、生体内でどのような挙動を示し、身体にどのように働きかけるのでしょうか?

ヒアルロン酸の生体内での働き

ヒアルロン酸は、関節部分の柔軟剤(機械で言う油)の役割を果たしており、不足すると関節痛を引き起こすことが知られています。また、コラーゲンと共に脚の腱や骨の髄液の材料として知られており、身体の健全な機能に必須であると知られています。

食事によるヒアルロン酸摂取は効果が少ない

ヒアルロン酸は、コラーゲンと違い、以下の理由で経口摂取しても効果的では無い事が知られています。コラーゲンの項のタイトルが『コラーゲンの摂取方法』となっているのに対し、ヒアルロン酸の項のタイトルを『ヒアルロン酸の接種方法』としたのは、口から摂取しても効果が少ないためです。

使用される部位が限られている

身体中のあらゆる細胞で使用されるコラーゲンと違い、ヒアルロン酸は使用される部位が限られています。口から摂取したヒアルロン酸は、血やリンパ液の流れによって全身に行き届いてしまい、必要な部位には殆ど供給されないと考えられています。

生合成のメカニズムが分かっていない

ヒアルロン酸は、アミノ酸を摂取すれば合成出来る事が分かっているコラーゲンと違い、何を材料にどの様に合成されているのかが分かっていません。従って、サプリでヒアルロン酸を摂取すれば、ヒアルロン酸が合成出来るとは限らないのです。

ヒアルロン酸の経口摂取と、ヒアルロン酸合成との因果関係が認められていないため、ヒアルロン酸を含む食品は「特定保健用食品」や「健康機能食品」として認可された前例が有りません。

ヒアルロン酸の接種方法とグルコサミン

では、ヒアルロン酸はどの様に接種することが正解なのでしょうか?現在では、必要とされる部位(関節痛などの症状が出た部位)に直接注射する方法が主流となっています。しかし、関節への注射は、身体への負担が大きい事が懸念されています。身体の機能を助けるために身体を傷つけていては、本末転倒ですね。

ヒアルロン酸は、「確かに生合成がされていること」と「糖という単純な単位からなっていること」が知られていますので、規則正しい食生活を維持することが、ヒアルロン酸不足にならない為のポイントと言えるでしょう。

これは私の推測ですが、年を取ると肉や刺激物(辛い物や酸っぱいもの)を食べる機会が少なくなることが、ヒアルロン酸不足の原因の一つなのではないでしょうか。

最近、膝や腰の機能を改善するサプリとして「グルコサミン」の名前が知られてきました。確かに、ヒアルロン酸の構造単位の一つにグルコサミンが有る事が分かっていますが、グルコサミンを摂取すればヒアルロン酸が合成出来るとは言えません。サプリを過信ぜず、食生活に気を配る事が大切です。

大切なのはバランスの良い食生活

コラーゲンやヒアルロン酸は、家畜の髄液や腱という、お世辞にも一般家庭の食卓の常連とは言えない食材の中に豊富に含まれています。その為摂取が難しく、サプリメントに頼られがちな面が有ります。しかし、どちらの成分もサプリメントで成分を摂取することが、必ずしも身体の機能の改善に直結するとは言い難い事もまた現状です。

やはり、健康機能の向上のためには、肉や魚、野菜や乳製品、大豆製品に米や小麦など、バランスよく様々な食品を食べることが必要となるでしょう。

合わせて読みたい!