ゾンビメイクのやり方にコツは?失敗しないためのポイントとは

ゾンビメイクをやろうと張り切ってメイクをやったけど、全くそれらしくならなかった、コツが分からないという経験を持つ人もいるのではないでしょうか。

ゾンビメイクのコツ、ややり方に正解はないのである意味どんなメイクのやり方も自由です。

しかしあまりにもゾンビとかけ離れたり、やり過ぎになると失敗します。

また女性は特にやり過ぎだと、男性からどん引きされることにもなりかねません。

程よいゾンビメイクを楽しむことがコツです。

メイクのやり方のコツやポイントを押さえて、楽しんでやりましょう。

特殊メイク用品ばかりを用意しない

ゾンビメイクは、特殊メイク用のアイテムを使用してやるやり方があります。

手間もかからず比較的簡単にゾンビメイクができるのですが、基本的にプロが使用するもの。

やり方を間違えると、使いこなせないということが出てきます。

そのためゾンビメイクをしても、いまいちゾンビの雰囲気がでなかったり、使いにくいという可能性が出てくるのです。

ゾンビメイクのコツは簡単に、どこにでもあるものを使用する、可愛さや個性で小物を使用する、この3点がメイクをする基本のやり方やコツだと覚えておきましょう。

この3つのポイントややり方が、楽しみながらメイクを行うコツでもあるのです。

特殊メイクの用品は基本的に値段が高く、プロが使用してこそ様になります。

あまり頼りすぎないで少し使う程度でも、じゅうぶんにリアルなゾンビメイクができます。

慣れてきたら、このようなメイク用品を購入するというやり方がコツです。

やり過ぎない

顔全部が血のりで染まっている、顔に傷があるのに腕や足にも傷が何個もある。

このようなゾンビメイクのやり方をすると、くどくなってしまいます。

傷を作るやり方はゾンビメイクの基本ですが、あまりやり過ぎると良くありません。

また顔を塗りすぎると、誰か分からなくなってしまうこともあります。

リアルなゾンビメイクを目指すのは、非常に良いコツでもあるのですが、全部がそうだと違う意味での注目を集めてしまいます。

そのため、リアルな部分は数か所にしておいてあとはカッコよさや可愛さなどを含めておくのが良いやり方でしょう。

ゾンビのポイントをしっかり覚えよう

ゾンビメイクをするけどイマイチゾンビの雰囲気が出せない、メイクのコツが分からないことで悩んでいる人もいるでしょう。

ゾンビになり切れない人は、今一度ゾンビの基本から考え直してみましょう。

そもそもゾンビとは、一度息絶えた人間がまたゾンビとして復活し、そして死体のまま動くものです。

それをイメージした顔は、顔色が悪い、そして青白い肌が基本です。

そのためその雰囲気を出すためのコツとして、白っぽく血色が悪い部分をメイクで作るやり方がおすすめです。

白い顔はベビーパウダーや白っぽいファンデーション、ドーランなどで作ることができます。

長持ちさせるために、上からパウダーをつけるのもコツです。

また頬はこけていて、目の周りはクマがひどいというのが演出するゾンビメイクのやり方やコツです。

そのため黒で頬のこけた感じを出したり、目のクマをアイシャドウの黒で出すなどがやり方のコツになります。

この部分をしっかりと覚えておく、と誰でもゾンビメイクができるでしょう。

体はさておき、顔さえしっかりとこの基本ができれば、誰でもゾンビになれるはずです。

動作や洋服など後は小物類に頼るやり方でも問題ありません。

可愛さを残し小物類で個性アップ

ゾンビメイクはリアルだと注目度が上がります。

しかし可愛さや他にはない個性を見せることでも、注目度はアップします。

誰でもやるようなメイクだけではなく、色々な小物類でゾンビの雰囲気を出すのもコツになります。

小物類でおすすめなのは例えばウィッグやカラコンを使用したやり方です。

これらは色々な種類があるので、使用しても人とかぶることはあまりありません。

また自分の個性やゾンビの雰囲気をあげてくれる役目も持っています。

メイクばかりに頼らず、可愛さや個性を引き出すアイテム選びも重要なコツではないでしょうか。

また一度購入すると、他のことにも使用できます。

ウィッグやカラコンは、簡単に自分ではない何かに変身させてくれるので非常におすすめです。

まとめ

あまりうまくできない人の失敗例や、やり方のコツを紹介しました。

特に最初の方はゾンビになりきれない、という悩みの方が多いかもしれませんね。

そのためカラコンやウィッグを使用して、可愛いほうに寄せるのもおすすめの方法です。

ゾンビメイクはどんなゾンビでも基本的に自由です。

誰が見てもゾンビっぽいゾンビメイクさえできていれば、洋服や他のアイテムで自分の個性を出す人が多いようです。

自分の好きなコスプレになってみるのも良いでしょう。

ポイントをおさえて、パーティーなどで注目を集めるゾンビになってみてはいかがでしょうか。

本番前に何回か練習するのもポイントです。

合わせて読みたい!