男でも出来るゾンビメイクのやり方は?かっこよさ重視の方法とは

男性のゾンビメイクも迫力があって、最近ではハロウィンパーティーでも男性に人気があります。

ですが男性も女性同様に、なるならカッコ良いゾンビメイクのやり方が人気。

またあまり難しいゾンビメイクのやり方ではなく、簡単でゾンビの雰囲気をしっかりと出すやり方がメンズの基本です。

マスターして他の男性と差を出して、注目度アップを狙ってみましょう。

白い肌に黒い目で彫り深いメンズに

男性は基本的に女性よりも彫りが深い人も多いですね。

男性なら白塗りをした顔に、黒のアイシャドウで目の周りを黒く塗るゾンビメイクをするだけで、彫りが深く見えてカッコよくなります。

ゾンビメイクの基本は白い肌に黒い目の周りを塗るのが、通常のやり方です。

これはヴァンパイアのメイクをしたい人も基本は変わらず同じやり方ですので、覚えておくと良いでしょう。

白い色はドーランや白い化粧下地の上から、ベビーパウダーを塗るやり方でも血色の悪さを引き出せます。

あまりグロさを重視せず、カッコよさを引き出したいなら顔ではなく、腕などに傷を作るのがおすすめです。

顔よりも腕に傷を作る方が難易度も低く、初心者の男性でもやりやすいゾンビメイクのやり方です。

顔だと常に鏡を見ながらのやり方になるので、慣れていない男性と大変な部分があります。

顔の色を変えるだけでもゾンビメイクは成立するので、まずは基本の顔色をマスターしてください。

傷はシールを貼るのがおすすめ

傷は血のり以外にも、メイク用品を駆使してゾンビメイクを作っていきます。

ですがメイク用品は女性が使用するものですので、基本的に何も持っていない人がほとんどでしょう。

そのため男性は一からそろえる必要がありますが、男性ですので買いに行くのも少し恥ずかしさがありますね。

その後も頻繁にゾンビメイクで使用する機会があるのなら男性でも購入すると良いのですが、そうでない場合は男性の場合無駄になってしまいます。

そのためあまり多くのメイク用品を揃えるのは大変でしょう。

ゾンビメイクの傷は血のりを目や口から垂らすか、傷シールを購入してゾンビメイクをするやり方がおすすめです。

メイクでゾンビメイクをやりたい人もいるでしょう。

その場合のメイク用品は、100均でも売られています。

そちらの方が安価ですので、100均の商品をそろえるやり方がおすすめです。

他のパーティーグッズもある程度100均に売られています。

100均の日用品で傷を作ろう

ファンデーション一つあれば、他にアイシャドウなどを購入しなくてもできる傷のやり方です。

やり方もそんなに難しくないので男性でも簡単にできます。

まずは黒、青、そして赤のサインペンを用意しましょう。

ティッシュを縦に細かくちぎったものを何個か用意してください。

ぼかすために綿棒、ティッシュの凸凹をつついて作るためのつまようじがあれば、やり方はもっと楽です。

黒のサインペンで1本の細い線を書きます。

傷の両端は必ず細くして、腕に傷の輪郭を青いサインペンで肉付けしていきます。

好きな傷が書けたら、周りを赤で縁取りしていくと傷のゾンビメイクになっていきます。

その傷の周りに大きく水のりを付けたら、先ほどちぎった細かいティッシュを皮膚がただれたような凸凹感をイメージしながら重ねて貼ります。

貼った後はティッシュの白を隠すため、ファンデーションで塗るとよく行う傷になります。

ファンデーションはタイプが色々あるのですが、粉よりもクリームや固めのリキッドがあると良いでしょう。

あまり量は使わないので、彼女やお嫁さん、母親の使用するものを少し借りても良いのではないでしょうか。

海賊ターバンやカラコン使い

ゾンビメイクをしても、例えばガイコツ風にしたり、海賊風のやり方があったりと、意外とコスプレと相性が良かったりもします。

そのため小物類を駆使してカッコ良いゾンビを目指しても良いでしょう。

映画で出てくる海賊風はターバンや帽子などが、パーティー用品を扱うバラエティショップなどでも売られています。

ゾンビは目の印象も怖い雰囲気にすると、注目度も上がります。

そのためカラコンで色を変えるやり方も非常に人気があります。

目が悪くコンタクトを使用したことのある男性なら、そこまで違和感なく使えるのではないでしょうか。

まとめ

男性でもあまりメイク道具を使用しなくても、カッコ良いゾンビメイクをすることができます。

用意するメイク用品は黒のアイシャドウとファンデーションくらいでしょうか。

それくらいなら、女性から借りて行うのもおすすめです。

傷のやり方もそこまで難しくはないので、メイクが初めてのメンズでも作ることができます。

カッコ良いメンズのゾンビメイクをすると、女性からもウケが良いので一度試してみましょう。

カラコンを使用したいなら、カラコンは通販でも手に入ります。

お店に行って買うのが恥ずかしい男性はネットで購入するのがおすすめです。

メンズ用のウィッグもあるのでチェックしてみましょう。

合わせて読みたい!