コラーゲンの経口摂取は本当に効果があるの?

スキンケアといえばコラーゲンと連想するほどコラーゲンは美容界の重鎮です。昔から研究が続けられ、今や健康にも欠かせない成分だとも判明しています。今回は食べたコラーゲンが体の中でどのようになるかを調べてみました。

コラーゲンって本当に効果があるの?

コラーゲンは経口摂取して美容に効果があるのでしょうか?ちらほら聞く、コラーゲンを経口摂取しても意味がない、という状態ならわざわざコラーゲン入りの食品を買うのも…。そんな疑問を調べてみました。

コラーゲンの体内での役割

コラーゲンは美容で有名なだけでなく体の中でも大きな割合を占めている成分です。重要な役割を見ていきましょう!

コラーゲンはタンパク質の1つ

タンパク質は体の20%を占める成分です。そしてコラーゲンはこのタンパク質の中で30%を占める成分です。コラーゲンのほとんどは皮膚、軟骨、骨の構成成分で土台になったり各細胞を結びつける役割をになったりしています。

これはコラーゲンが3重繊維状で大きなタンパク質だからできる事!この構造が壊れると肌ならコラーゲンが多く含まれる部分真皮が崩れ、肌の弾力がなくなりしわや毛穴のへこみの原因になります。また、基礎部分が崩れ、肌の一番外側の部分、表皮も崩して保湿力も低下してしまいます。

骨粗鬆症もコラーゲンで防ぐ!?

上記のようにコラーゲンは骨を形成する成分でもあります。コラーゲン骨の中心部分で網目のように張り巡らされています。このコラーゲンのかたまりの周りにカルシウムと少量のリンがくっついて丈夫な骨となっています。

骨粗鬆症の予防にカルシウム、(+リンがつくことも)骨の形成を助けるビタミンDを取りましょう!という広告はよくみかけますが、コラーゲンはあまり聞かないのでおろそかにしている人もいるのでは?将来困らない為にもコラーゲンを積極的に摂取したいものです。

運動する人は必ず摂ろう!

こちらは有名ですが、骨と骨をつなぐ部分の関節液の成分はコラーゲンが50%を占めます!関節液は骨と骨のクッションの役割を果たしており、普段の生活からスポーツをする時まで欠かせないもの。特にジャンプや激しく動き回るスポーツや仕事をしている人にはとっても重要!

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

コラーゲンを口から摂取、その後は?

わざわざチョイスしてコラーゲンを含む食品を食べても効果がないなら意味ない!コラーゲンは体内でどのような経路をたどっているの?

胃と小腸で消化!

口から入ったコラーゲンは胃と小腸でアミノ酸というタンパク質の最小単位まで消化されます。実はこの時点ではコラーゲンとしての役割は0に。アミノ酸がいくつも連なった繊維状のコラーゲンでないと体内での役割は果たせないのです…。

分解されてもコラーゲンに再構築?

さて、分解されて消化吸収された元コラーゲン、現在はアミノ酸は小腸の門脈で体内に栄養として吸収されます。この後各細胞に届き、組み立てられてタンパク質や酵素として利用されていきます。この時にアミノ酸やビタミンの組み合わせによっては再びコラーゲンに再構築される場合が。

コラーゲンを合成するにはプロリン、リジン、アラニン(ハイドロキシプロリンの場合も)というアミノ酸と合成過程で使うビタミンCが必要です。リジンは必須アミノ酸でもあり様々な食品に含まれているのですが、プロリンやアラニンは特定の食品や特定の部位にしか含まれていません!この為、気にしていないとプロリンやアラニンが不足してしまいます。

ただ、コラーゲンならプロリン、リジン、アラニンを一度に摂取できます。コラーゲンの構成成分を補う事を考えるならコラーゲンを食べるのが一番近道かもしれません。ビタミンCが添加してあるコラーゲン入り健康食品やサプリメントならもっと効率アップ!

コラーゲンは消化吸収が悪い?

ちなみにコラーゲンをとる時に注意したいのが分子量、コラーゲンの大きさです。大きなコラーゲンは消化が不十分でアミノ酸まで分解できず、不要なものとして排出されていまいます。食べるなら低分子のペプチドコラーゲン。これならしっかり消化、吸収してくれます!

コラーゲン以外でプロリンを摂取できるの?

コラーゲン入り健康食品を買うのはお財布にダメージが…そんな方はプロリンを含む食品を食べてみてはいかがでしょうか?

プロリンを多く含む食品

プロリンを含む食品には豚肉、お菓子に使われる動物性ゼラチン(ゼリー、ババロア、マシュマロなど)、大豆製品、小麦に含まれるタンパク質などがあります。小麦粉のタンパク質は麩がおすすめ。小麦粉を選ぶ際はタンパク質含有量の多い強力粉がおすすめです。

アラニンを多く含む食品

アラニンを多く含む食品にはしじみや、あさり、カニ、ノリなどの海産物、牛レバー、豚レバー、鶏肉があります。プロリンよりは摂取しやすい食品なので普段の食生活に取り入れましょう!アラニンは肝臓の働きを助ける効果や持久力アップの効果もあるので、コラーゲン用だけと思わず積極的にとりたいアミノ酸です。

経口摂取コラーゲンは構成成分補給!

コラーゲンを食べて補給するのはコラーゲンの元をとっている、と思って食べるようにしましょう。必ず美容に直結すると思って食べると、効果が現れなくて残念な気持ちになるかも。けれど、アミノ酸、とくに他の食品でとれないプロリンはどこかで体内の構成成分、若しくはエネルギーになっているので諦めずに摂取してみてください。

合わせて読みたい!