ブラトップを着ると胸が垂れる?デメリットを回避してバストを綺麗に保つコツやメーカー比較を紹介!ピッタリ合うものを選ぼう

便利なブラトップにはメリットがたくさんありますが、デメリットがあることも知っておきたいところです。そしてデメリットを知った上でのバストを綺麗に保つコツがあることもご紹介したいと思います。便利なのに使わないなんてもったいないですよね。ブラトップを賢く使っていきましょう!

ブラトップについて

皆さんはブラトップってご存知ですか?ブラトップは、数年前から女性の間で人気ですので、既に使用している人も多いかと思います。

今までは外出する時は、必ずブラジャーを付けていましたが、最近ではブラトップだけで外出する人が増えました。これは、近年販売されているブラトップが優秀なものばかりで、しっかりとバストをホールドしてくれるので、ブラジャーいらずな便利なアイテムだからです。

また、これまではブラジャーをしてキャミソールを着るという人が多かったのですが、その二つがくっついたことで、ブラトップ1枚で済むようになりました。そして、なによりも着心地がとにかく楽なので、一度ブラトップを着ると、ブラジャーが窮屈すぎて嫌になる人が出る程の魅力があります。

しかし、そんな便利で重宝するブラトップにも不安な点があります。それは、「ブラトップを着ると胸が垂れてしまう」という口コミを見かけることが多いからです。これは、女性にとってとても気になりますよね。

今回は、そんな便利なブラトップの使い方、メリット・デメリット、デメリットの回避方法、そして各メーカー別ブラトップの紹介をします。

ブラトップとは?

ブラトップ=カップ付きのキャミソール

ブラトップとは、キャミソールやタンクトップの内側にブラカップが付いている商品のことです。

ブラトップには大きく分けて2タイプあります。一つがキャミソールなどの衣服にブラカップが縫い付けられているタイプ、もう一つがカップを入れるポケットが胸元に付いていて、そこにカップを差し込むタイプです。

ブラトップのような商品は、実は昔からあったそうですが、「ブラジャーをしたがらない年配の方向け」の下着として、スーパーなどの衣料品売り場などで販売されているようなものでした。それは、見た目からも“THE下着”といった感じでデザイン性も機能性もあまりなく、今のブラトップの様に、1枚でもオシャレに着こなせるものではありませんでした。

ブラトップの流行のきっかけは2008年のユニクロのテレビCMです。CMに起用されたのは抜群のスタイルを持つ女優・吹石一恵さんでした。CMの中で吹石さんは、ブラトップ一枚なのに全然いやらしさがなく、反対にスッキリとした清潔感があり、かっこよく着こなしていた為、当時男女共にとても話題になりました。

このCMをきっかけに、ユニクロのブラトップが女性の間で大ヒットし、そこから様々なメーカーからもこぞってブラトップを販売するようになりました。

そしてブラトップは、部屋着やインナー、妊娠期授乳期のインナー、そしてヨガやピラティスなどのエクササイズ用としても活用されています。また、キャミソールだけではなく、Tシャツや長袖、夏にはブラトップワンピ―ス、冬にはヒートテックなどが販売され、今や季節問わず1年中使えるお役立ちアイテムとなりました。

ブラトップは、その使いやすさや着心地の良さから、売上げは年々増加を続けています。最近では、ブラトップのおかげで、通学通勤もブラトップでブラジャーを付けなくなったという人も増えてきています。

ブラトップを着ていることは、つまりはノーブラなのですが、ブラカップでも十分ホールドできるバストサイズの人にとって、それはあまり問題ではないそうです。ブラトップの快適さに虜になってしまう人が続出しているようです。

ブラトップの正しい着方

下から履くように着用

ブラトップは、足の方から着用するのが正しい着方です。商品にも「足元からはいてください」と記載されています。

ブラトップをつかんでスカートを履く様に足元からはき、ブラトップを上半身まで引き上げます。肩にストラップをかけてバストをカップにしっかりと合わせると、スムーズにバストラインを整えることができます。

普通のキャミソールは上からかぶって着るので、下から履くなんて意外ですが、上からかぶるようにして着ると、ブラカップのバッドがずれて着づらくなります。今まで上から来ていた人は、是非下から履いてその違いを実感してみてください。

サイズの選び方

ブラトップは、カップの大きさやアンダーが自分のバストにあったものを選ぶようにしましょう。

ブラトップのサイズは、ブラジャーの様にB65、C70などというサイズ展開ではなく、通常S・M・Lなどというサイズで分けられています。これは、ブラトップ自体に多少の伸縮性がある為、伸縮性がなくかっちりとしているブラジャーに比べると、対応できるバストサイズに幅がある為です。

サイズはメーカーや商品によって異なりますので、商品に書かれている表示や店頭・ホームページなどに書かれているサイズの対応表を見て購入するようにしてください。

たとえば、B65はSサイズ、B70はMサイズなどという一覧があるはずです。サイズを間違えるとバストの部分が緩くてカパカパになってしまったり、きつくなっったりしますので注意しましょう。

なお、キャミソールタイプで肩紐の調節ができるタイプのものは、バストが下がらないように調節をすることが可能です。キャミソールタイプを購入する時は、肩紐のアジャスターが付いているかどうかもチェックしておくといいでしょう。

カップを崩さないたたみ方、保管方法

商品によって異なりますが、ブラトップのカップは裏返ったりちょっとへこんだからといってすぐにダメになるものではありません。収納の時に多少形が崩れても問題はありません。

しかし、なるべくカップが崩れないようにきれいに収納したいものです。そこで、ブラカップの収納方法をいくつか紹介します。

<収納方法1・横長タイプ>
1.背中側が見えるようにして置き、ブラカップのサイズに合わせて両脇を内側に折る。
(この時、裾に向かって少し斜めになるように折ると後々きれいにたためます)
2.裾をカップの真下まで折る。
3.肩紐をカップの上に折る。
4.さらに折ったら完成です。そのまま折り山を上にして立てて収納する。

<収納方法2・小さくまとめるタイプ>
1.前身頃が内側になるように縦半分に折る。この時左右のカップを重ね合わせる。
2.肩紐を内側に折る。
3.反対に裾も内側に折りたたむ。
4.最後に片カップのサイズになるように折ったら完成。そのまま折り山を上にして立てて収納する。

<収納方法3・くるくる丸めるタイプ>
※動画を参照ください。


ブラトップのたたみ方・くるくる丸めるタイプ

ブラトップを着用するときの注意点

ブラトップは楽ですが、スポーツをする時には注意が必要です。たとえば、走ったりジャンプしたり激しい運度を行うと、ブラトップではどうしても胸を支えきれずに上下左右に揺れてしまいます。特に横揺れに弱いので、あまりに激しいスポーツを行うと、バストが揺れた反動でクーパー靭帯というバストを支えている靭帯が切れてしまうことがあります。

クーパー靭帯が切れると二度と元に戻ることはなく、バストが垂れる原因になります。スポーツを行う時は、できればスポーツブラや普通のブラジャーを付けて、しっかりと揺れに耐えられるようにしましょう。

また、胸の大きな人は、ブラトップでは胸をしっかりとホールドして支えることができません。Fカップ以上の人は、バストの下垂を防止するためにも、しっかりとホールド力のあるフルカップブラジャーを着用することをおすすめします。

ブラトップのメリット

肩ヒモが気にならない

薄着になる時になるのが、ブラジャーの紐が見えてしまうことかと思います。およそ8割の女性は、ブラジャーの紐が見えてしまうことが気になっているそうです。夏場はどうしても襟ぐりの開いた洋服が多いので見えてしまうことが多く、オフショルダーなどを着てしまうと、もうブラジャーの紐は堂々と見えてしまいます。

ブラジャーの紐が見えていることは、下着が見えているということです。もちろんオシャレで一見ブラジャーの紐だとわからないものも売られていますが、すべての人がそういったものを着用しているわけではありません。大抵の人は「見た目が下着」のブラジャーの紐が見えてしまっています。

ブラジャーの紐が見えていると、どうしてもだらしがなく見えてしまいます。男性からするとと「それは見えていていいものなのか?」「もうちょっと気を付けてほしい」などと思われているようです。

ブラトップの肩紐は、見た目が「下着」という感じではありません。通常のキャミソールの紐とあまり変わりませんので、たとえ紐が見えてしまっても気になりません。また、すけやすい服などの時も見えていてもおかしくはありません。

負担が少なく楽ちん

ブラトップは、ワイヤーなどが入っていないので、普通のブラジャーに比べると締め付け感がありません。特にリラックスしたい時は、ブラトップの方が楽だという人は多いです。

また、夏場にブラジャーを付けていると、汗で蒸れたり湿ったり汗ばんで、気持ち悪くなることがありますが、ブラトップは締め付けていない分、通気性がいいので汗ばんでも蒸れたりするということはありません。

妊娠中のつわりなどの時に、締め付けられると気持ち悪さがよけいにひどくなるからと、ブラトップに切り替える妊婦さんも多いです。妊娠中は、少しでも体を締め付けられると、気分が悪くなったり貧血になったりしますし、胸も徐々に大きくなり、マタニティブラでも苦しくなることもあります。そんな時にブラトップを使うと、ずっと同じ大きさでバストを締め付けているブラジャーよりも、幅に融通が利くのでとても楽です。そして、ブラトップはそのまま授乳期まで使えるので便利です。

ブラトップは、着ていて楽な面もあるだけでなく、洗濯も楽です。ブラジャーは、形が崩れないように丁寧に洗濯をして干す必要がありますが、ブラカップは型崩れなどの心配が少ないので、ザブザブ洗ってそのままハンガーなどにかけて干すだけと、とっても楽ちんです。

値段が安い

ブラジャーは、ものによっては安いものもありますが、メーカーの商品を買おうとすると結構な値段になります。その点、ブラトップは値段がとても安いです。そして、安い割に耐久性があるのでとても経済的です。

値段が安いと、とても身近に感じられますし、色々なカラーや種類を買うことができるので、何枚も買えて重宝します。また、生地が伸びてしまったときにも買い換えやすいです。

エクササイズに最適

軽めの運動であれば、ブラトップは動きやすくて便利です。軽い運動とは、エクササイズやストレッチ、ヨガ、ピラティスなどのあまり激しく動かない運動のことです。

こういった運動を行う時に、ブラジャーを付けていると体の動きが制限されてしまいますし、体を伸ばした瞬間に、ブラジャーがズレてしまうこともあり、とても気になります。

ブラトップなら、それなりに体にフィットしていますが、体にぴったりとくっついてはいませんので体を動かしやすく、ブラのずれが気になることがありません。また、吸汗性や速乾性があるものを選べばより快適に運動することができます。

寒さ対策にも

ブラジャーはバストだけを覆っていますが、ブラトップはおなかまであります。この為、寒さ対策にも最適です。ヒートテックタイプのものにすると、バスト部分も温かくなります。

また、冬場に授乳しているママににもメリットがあります。冬場の特に夜間に授乳すると、トップスを一枚たくし上げて授乳するだけでも、お腹が冷えて体がとても寒くなります。長袖のヒートテックインナーを着ていたとしても、それすらも、たくし上げないと授乳はできません。ですが、そんな時にヒートテックのキャミソールタイプのブラトップを付けていると、肌の露出を最小限に抑えることができ、おなかが寒くなるのも防ぐことができます。

ブラトップのデメリット

胸が垂れやすい

ブラトップは、付け心地がよく締め付けもないので楽ですが、ブラジャーのような補正力や安定感はあまりありません。胸を持ち上げる力もあまりないので、付け続けるとバストが垂れる原因になります。

ブラジャーを使っている時とブラトップを使っている時とを比べてみてください。ブラトップを付けている時の方がバストトップの位置は低く、胸は外側にはなれやすくなっていることがわかるかと思います。

ブラトップは、ブラジャーの様にがっちりとホールドしているわけではありません。ある程度はバストを支えてくれますが、使用を繰り返すことで、アンダーバストのゴムが伸びてしまったりして支えきれなくなることもあります。

綺麗なバストの形を維持したい場合は、ブラトップばかりを使用しない方がいいでしょう。

夜用下着には不向き

夜寝る時に着用するのが夜用下着です。普通のブラジャーを付けて寝ると寝苦しいので、ブラトップを付けて寝る人が多いようですが、基本的に「起きている時につけること」を前提で作られているブラトップは、夜用下着には不向きです。

そもそも夜用下着の目的は、寝る時に仰向けや横向きになることで、胸の肉が背中に流れるのを防ぐためです。しかし、ブラトップの場合、脇のホールドがそこまでしっかりはしていないので、肉が流れやすくなります。そうすると、胸が型崩れする可能性があります。

横からしっかりと支えてくれる構造になっていない限りは、ブラトップを夜用下着には使用しない方がいいでしょう。就寝時につける場合は、ナイトブラを付けた方がいいです。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

背中に肉が流れる

ブラトップは、脇の締め付けがブラジャーほどないので、脇や背中に肉が流れやすいことが考えられます。

胸が背中に流れる主な原因は、妊娠と出産の影響、加齢、筋力の低下、ブラジャーがあっていないことなどです。

妊娠出産することで、普段よりも柔らかい脂肪が胸につき、それが脇や背中に流れてしまいます。妊娠を機に、ブラトップに変えたという人は多いのですが、実は、それがよけいに肉を流れやすくしてしまっていたのです。また、加齢と共に胸は背中に流れやすくなっていきます。これは、乳腺が年を取るに従って脂肪に変化してしまうからです。

楽なものを付けていたいのは山々ですが、出産したり年齢を重ねても、きれいなバストラインを保ちたいのであれば、ブラトップはやめてしっかりとブラジャーで補正する方がいいでしょう。

しかし、肝心のブラジャーがあっていないと、それすらも肉が流れてしまう原因となります。専門店などでバストのサイズを定期的に測ってもらい、自分に合った下着を付けることが大切です。また、お肉が脇に流れないよう作られているブラジャーもありますので、そういったものを利用するといいでしょう。

バストラインを気にする場合はブラジャーを使用し、快適を求める場合はブラトップを選びましょう。どちらを重視するかで、身に着けるものは変わってくるのです。

胸の形が崩れる

通常サイズの合ったブラジャーを付けていると、形が崩れることはありません。しかし、ブラトップはカップが自分の胸の形に沿って、しっかりとカバーできるようには作られていないため、カップでバストをつぶしてしまう可能性があります。

また、アンダーバストをがっちりとホールドすることができないので、「バージスライン」が崩れてしまう可能性もあります。

「バージスライン」とは、お腹とバストの境界線部分の湾曲したラインの事です。このラインがきれいだと、バスト自体の輪郭がはっきりとするので、バストを美しく見せることができます。

スポーツには不向き

走ったりジャンプしたりする激しいスポーツをする時、ブラトップはおすすめできません。

通常スポーツをする時は、胸が揺れないようなブラジャーを着用します。胸が激しく揺れることで、バストが垂れるのを防ぐ役割を持つ「クーパー靭帯」が切れてしまうことがあるからです。クーパー靭帯は一度切れると元には戻りません。つまり、クーパー靭帯が着れてしまうと、バストは垂れて治らないということです。

ホールドの弱いブラカップで、激しいスポーツをすると胸がどうしても揺れてしまいます。激しいスポーツをする時は、スポーツブラなどを付けて、しっかりと胸を揺れから守るようにしましょう。

知っておこう!デメリットを回避するブラトップの着方

毎日身につけない

ブラトップは楽なので、つい毎日使用してしまう人が多いと思います。しかし、ブラトップばかりしていると、バストが垂れる原因となり、バストのふくらみを潰してしまう可能性があります。

1日だけ使用したからといって、バストラインが崩れるわけではないでしょう。しかし、数か月~半年、一年・・・と常用すると、バストラインが徐々に崩れてしまうかもしれないのです。

ブラトップは、ブラジャーのような締め付けがない分、快適に過ごすことができますが、できれば常用することは避けて、自宅にいる短時間だけ着用したり、ヨガやストレッチを行う時だけなどと、使う時間を決めて使用する程度がよいでしょう。

そして、普段はワイヤー入りのブラジャーなどを着用し、しっかりと胸を綺麗に補正するようにしていくとバストも崩れにくくなります。

キャミソールタイプの紐で調整

キャミソールタイプは紐の長さが調節できますので、ブラカップのホールド力を上げることができます。これはブラジャーにも言えることです。

下着専門店で、ブラジャーの試着をしたことのある人はご存知かと思いますが、ブラジャーを試着した後に、必ず店員さんが肩紐の調節をしてくれます。これは、せっかくかっちりとしたブラジャーを付けても、肩紐が緩いとそこからバストが垂れたりブラジャーがずれたりする原因となってしまい、ブラジャーを付ける意味がなくなってしまうからです。よりしっかりと補正するためには、ブラジャーの紐は重要なポイントなのです。

ブラトップにもこれと同じことが言えます。いくらホールド感のあるブラトップを着用しても、紐が緩いとどうしてもずれやすくなります。カップをアンダーバストに合わせたら、必ず紐の長さを調節して、緩みのないように長さを調節して着用しましょう。

筋力をつけてバストアップ

ブラトップばかり身に着けていたせいでバストが垂れた、という人は多いですが、ブラトップを着用していても、しっかりと胸の筋力をつけていれば大丈夫という意見もあります。

一度伸びてしまったクーパー靭帯は、元には戻らないですが、クーパー靭帯の周りの筋肉を鍛えることで、クーパー靭帯の負担を減らし、バストの下垂を予防することはできます。バストの下垂が気になる人や予防したい人は、バストアップのエクササイズを行い、しっかりと筋力をつけてバストケアをしていきましょう。

なお、筋トレを行ったからといって、顕著にバストのサイズがアップすることはないそうです。しかし、筋トレをすることで、バストの下垂や離れ乳は予防できますし、胸に張りが生まれるので、形がきれいになる手助けになります。また、胸を張って背筋をぴんと伸ばし、姿勢を正すだけでもバストアップにはいいです。

バストアップの筋トレをする時に気を付けてほしいのが、バストの筋トレをあまりきつく行いすぎないという点です。あまりに負荷をかけすぎると、バストの脂肪が筋肉になってしまい、ふわふわのバストがカチカチの固いバストになってしまいます。筋肉痛にならない程度に行ってバストアップを目指しましょう!

<バストアップ筋トレその1:合掌のポーズ*
1.姿勢を正してから、胸の前で手のひらを合わせる。
2.呼吸をしながら手のひらを約15秒間押し合う。
3.これと1日3セット、5回行う。

<バストアップ筋トレその2:腕立て伏せ>
大胸筋を鍛え、バストの下垂を予防しましょう。二の腕の引き締めにも効果があります。

1.手を肩幅よりやや広めに開き、膝をつき足をクロスさせる。
2.二の腕が床と並行になるように、ゆっくり3秒かけて肘を曲げる。
3.3秒かけて体を起こす。
4.腕が伸びきる寸前まで起き上ったら、もう一度ゆっくり3秒かけて肘を曲げる。
5.これを1日3セット、5~10回繰り返す。


バストアップ筋トレその2:腕立て伏せ

人気のブラトップメーカー比較

ユニクロ

ブラトップさきがけのユニクロは、品質にこだわり着心地の良さを追求しています。夏には涼しく、冬には温かくなるように商品が展開されており、季節問わず購入することができます。また、デザイン性にもこだわっていて、着た時に美しく見えるように、シルエット重視で作られているところも女性から人気のポイントです。

どこから見てもどんなに動いても、バストがきれいなシルエットが保てるように、まずアンダーゴムが下から胸をしっかりと支えます。次にサイドのパワーネットが胸を正しい位置にホールドし脇へと流れるのを防いでくれます。そして「やわらかモールドカップ」が、胸にぴったりとフィットして包み込みます。

これを「やわらかホールド構造」と呼び、このこだわりがユニクロのブラトップのシルエットの美しさを保っています。

ユニクロのブラトップにはいくつか種類があります。種類・柄が豊富で、サイズはS・M・L・XL・XXL・3XLの6種類です。キャミソールのストラップはアジャスター付きで調節可能です。

・コットン
キャミソール・タンクトップ・チューブトップの3タイプがあるコットン素材のブラトップです。吸水性に優れています。肌触りもいいので一枚で着用することもできます。ストラップが取り外し可能ですので色々な着こなしができます。

・エアリズム
エアリズムにはキャミソール・タンクトップ・ブラUネックT の3タイプがあります。汗がすぐに乾くエアリズムは、その快適な着心地のおかげで夏場に重宝されていますが、季節を問わず1年中快適に使用することができます。抗菌・防臭・消臭効果もあります。

Tシャツもあるので、夏場1枚で過ごすことができて便利です。スポーツを楽しむ時の為に、背中部分がX型になっているタイプのものもあります。

・ヒートテック
寒い冬場に着たいヒートテックにはタンクトップと長袖Uネックの2タイプがあります。ブラトップというと夏に使うイメージがあると思いますが、ヒートテックのブラトップもあります。体にフィットするデザインなのでアウターの下でももたつきにくくなっています。

値段はすべて1980円(税抜)です。

GU

主に10代後半から30代前半の女性をターゲットにしているGUは、流行のデザインをいち早く取り入れていくブランドですので、デザインも多種多様です。GUでのブラトップは、「BRA-FEEL(ブラフィール)」という商品名で販売されています。

ユニクロに比べると締め付け感がなくゆったりめの作りです。

サイズはS・M・L・XL、ものによってはXS・XXLまであります。種類は長袖・7分袖・半袖のTシャツ、タンクトップ、キャミソール、ワンピースがあります。

Tシャツは、フレンチスリーブであったりレースがあしらわれていたり、シフォン生地が使われていたりととてもおしゃれです。キャミソールは、シンプルなものもありますが、実用的なわきの汗取りパットが付いているもの、かわいらしい総レースのもの、スリップタイプのお尻まで隠れる丈の長いものまであります。

価格は990円~1490円(税抜)です。

無印良品

ナチュラル派の女性に大人気の無印良品からも、ブラトップは「カップ入りインナー」として発売されてます。もともと素材の良さにこだわって商品作りを行っているブランドですから、ブラトップの素材も生地が圧倒的に良いですし、とても着心地が良いです。

しかし、無印良品のブラトップのカップは、他のメーカーの様に生地に縫い付けられていません。カップの部分は、裏側が薄手のメッシュ地のポケットになっていて、そこにカップを入れるという作りになっています。この為カップがずれやすいそうです。

カラーバリエーションは白黒茶色グレーのようなナチュラルカラーです。サイズはXS・S・M・L・XLがあります。キャミソールタイプ、八分袖シャツなどがあります。

価格は1980~2980円(税込)です。

しまむら

低価格で主婦の味方のしまむらにも、オリジナルのブラトップが販売されています。何しろ安いものだと1着390円からととっても安いので、とにかく格安でブラトップを買いたい人におすすめです。

ユニクロやGUに比べると作りがゆったりしているので、いつもよりもワンサイズ下を購入してもいい場合もあります。サイズを選ぶときは気を付けましょう。また、カップのホールド感もそれほどありません。しっかりと胸をホールドしたい場合は、ユニクロやGUの方がいいかもしれません。

価格は大体390~1280円(税込)です。

ニッセン

幅広い層をターゲットにしているカタログ通販で有名なメーカー・ニッセン。ニッセンのブラトップは何と言ってもサイズ展開が豊富です。商品にもよりますが、そのサイズは10Lまであります。

キャミソール、タンクトップ、9分袖、長袖、カシュクールタンクトップ、半袖ワンピース、ウォームコアなど種類が豊富です。

カップ部分がゆったりしていて、締め付け感がありません。また、綿100%の商品は生地がしっかりしていて着心地がよく。お尻が隠れるほどの丈の長さも好評です。

値段は690~3890円(税抜)です。

まとめ

ブラトップは、女性のインナー事情に革命を起こした画期的な商品です。着ているととても楽ですし、それ1枚で過ごせる便利さがあります。多くの女性に人気な理由が納得できます。しかし、バストの形を気にする場合は、常用するのは避けた方が良いこともお分かりいただけたと思います。

ポイントを絞って活用し、適度な筋トレを行うことで、ブラトップを着用していてもバストの形を綺麗に保つことは可能です。バストの形が気になる人は、少しずつ取り入れてみるといいでしょう。

また、メーカーによっても特徴が異なります。一番有名なのはユニクロですが、その他のメーカー其々にもよいところがたくさんあります。また、ご紹介したメーカーのほかにも多くのメーカーからブラトップは販売されています。自分に合ったメーカーを見つけて購入してください。

上手にブラカップを使って、1年中快適に過ごしていけるといいですね!

合わせて読みたい!