【ピーリングの美肌効果】ニキビ・シミ・しわにも効果はある?自宅でもできる方法や肌トラブルにならないための注意点をご紹介!

ピーリングはニキビやシミ、くすみ、シワなどあらゆる肌のトリートメントに皮膚科やエステサロンなどで取り入れられています。自宅でもできるピーリング化粧品も多く販売されています。でもピーリングがどんなものなのか分からない人も多いと思います。の種類や具体的な効果、ピーリングをするときの注意点をまとめています。

今話題のピーリングって?

ピーリングは肌の表面に残った余分な角質を除去するトリートメントです。肌のターンオーバーが乱れることで起きた様々な肌トラブルを改善する効果があるとされています。

肌の余分な角質が残っていると、ニキビの原因になったり、肌のくすみやごわつきなどの原因にもなってしまいます。ピーリングにも色んな種類があって、エステなどで行っているピーリングや自宅でも気軽に行えるものもあります。

今回はピーリングの種類や、その効果をご紹介していきます。ピーリングの正しい知識を持って気になる肌のお悩みを改善していきましょう。

ピーリングにはどんな種類があるの?

皮膚科で行うケミカルピーリング

皮膚科でのピーリングはケミカルピーリングを取り扱っているところが多いようです。ケミカルピーリングは、皮膚の表面に酸性の薬剤を塗っていき、古い角質や毛穴の角栓などを溶かして除去していく治療法です。

肌の古くなった角質を取り除くことで皮膚の新陳代謝を高める効果があり、肌の再生を促すといわれています。ニキビ治療を皮膚か出行う際は、このケミカルピーリングがよく施されているようです。

ニキビだけでなくシミやシワ、たるみなどの肌トラブルを改善する治療法として知られています。ケミカルピーリングはニキビを治す効果やニキビの悪化を防ぐ効果、そして新しいニキビの予防効果、この3つを同時に出来る治療法です。

エステでもピーリングを行っていますが、あくまでも治療ではなく美容目的です。治療目的でケミカルピーリングを行えるのは医療機関のみです。

エステで行うレーザーピーリング

レーザ―ピーリングとは、薬剤を使わずにレーザーで治療していく方法です。強い薬剤を使わないため敏感肌や乾燥肌の方にもおすすめのピーリング方法とされています。レーザーピーリング一回だけでもつるつるな肌触りになったのがすぐに実感することが出来ると人気のようです。

レーザーピーリングは主にエステサロンで行われているようです。レーザーピーリングをするときは洗顔をした後にレーザーをあてていきます。そしてその後に沈静するためにレーザーをあてた場所に冷却パックをしてくれるサロンが多いようです。

レーザーの光は肌の深部まで届くとされていて、肌のコラーゲンを生成する機能を活発化させてくれるので肌がつるつるになるだけでなく、ハリも期待できるようです。

サロンでのレーザピーリングを受けるペースは1か月に1回程度とされていて、回数は6回くらいが目安になっているようです。月に一回の施術で大丈夫なので、忙しい方でも通いやすいのではないでしょうか。

実は自宅でもできる!ホームピーリング

クエン酸ピーリングを作る

ピーリングは自宅でも普段のケアにプラスして行うことが出来ます。クエン酸ピーリンングは自分で作ることもできるのでおすすめです。クエン酸ピーリングはクエン酸が皮膚に付着して角質細胞が皮膚からはがれるの手伝ってくれます。

余分な角質が剥がれ落ちるので肌触りもつるつるになり、しみやくすみ、ニキビ、ニキビ跡などにも効果があるとされています。 個人差はありますが、シミやしわ、ニキビ肌を改善したい場合は、長期的に気長にケアしていくことが必要になってきます。

クエン酸の原材料はレモンなどの柑橘類でフルーツ酸のピーリングになるようです。クエン酸ピーリングの作り方は精製水100ml、クエン酸10グラムをよういします。精製水、クエン酸は薬局で購入することができます。保存期間は2週間から1か月で冷蔵庫で保存するようにしましょう。

精製水とクエン酸を混ぜるだけでクエン酸ピーリングの完成です。作るときはクエン酸を入れすぎないようにしましょう。肌が敏感な方はクエン酸の分量を少なめにして作るといいでしょう。手作りで保存料なども入っていないので、なるべく早めに使い切ってしまいましょう。

AHA配合のピーリング化粧品を使う

最近では化粧水や石鹸にもピーリング効果のあるものが多く販売されています。AHA配合のピーリングは多く取り扱われています。AHAもフルーツ酸のピーリングです。古くなった余分な角質を柔らかくしてはがす効果があり、ピーリング剤のなかでも肌にやさしいとされています。

肌に優しく作られていますが、毎日使えばきれいになるというものではありません。毎日使用するのは肌に負担がかかってしまいます。商品のパッケージに使用頻度の目安がしっかりかかれてありますので、それを守って使用するようにしましょう。

ピーリングの具体的効果が知りたい!

顔のニキビや背中のニキビ跡をすっきり

ピーリングは肌のターンオーバーを助け、いらない角質をはがしてくれるので、ニキビ肌にお悩みのかたにはとてもおすすめです。そしてニキビで悩んでいる方は、そのニキビが治ってもニキビ跡に今度は悩まされているという方も多いと思います。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

ニキビ跡は、ニキビなどの炎症や傷、色素沈着によってできたシミのことです。ニキビが繰り返し同じ場所に出来たり、ニキビを潰してしまったりした炎症や傷がついてしまうと肌へのダメージが深くなって、皮膚深部の組織が壊れてしまいます。

その為ニキビが治っても、跡だけがずっと残ってしまうことになるのです。ニキビ後などの茶色いシミにもピーリングは効果的とされています。

ピーリングは角質をポロポロ落とすゴマージュやスクラブタイプのものや、クリームやジェルで出来ていて洗い流すタイプなどいろんな種類がありますが、肌に刺激が少ないとされる洗い流すタイプがおすすめです。

自宅でのピーリングは一般的に1週間に1回から2回程度が目安になっているものが多いです。ニキビ後も年季の入っているものは、長期的にケアしていく必要がありますので、気長にケアしていきましょう。

紫外線でできた浅いシミを薄くする

ピーリングは紫外線が原因でできたシミでも、まだ日が浅い段階であれば、薄くする事は可能とされています。ピーリングで完全にシミを治すことは難しいようですが、薄くするくらいの効果は期待でるようです。

シミにも出来る原因が様々です。紫外線が原因のものや、ホルモンバランスが影響して出来ているしみなどもあります。女性ホルモンの乱れが原因で出来てしまったシミは、ピーリングで改善する事は難しいようです。

化粧水浸透力UP!気になる小じわをなくす

小じわはが出来てしまう原因は乾燥によるものや、コラーゲンが不足することで弾力がなくなってしまうことです。ピーリングは古い余分な角質をはがす効果がありますが、普段化粧水や美容液を使っても角質が厚いままでは、肌の奥まで栄養成分が入っていかないのです。

余分な角質がなくなることで、化粧水などの美容成分が肌に浸透しやすくなります。肌にしっかり浸透する事で肌にハリが出て、ふっくらした肌を作りやすくなるようです。

イチゴ鼻の黒ずみを除去

毛穴の黒ずみを気にしている人も多いと思います。特に鼻は角栓が溜まりやすく、メイクをばっちりしてもその黒ずみがあるばっかりに、キレイ見えなかったりしますよね。そんな鼻の黒ずみにもピーリングは効果的とされています。過剰に分泌された皮脂と、古い角質が混ざって毛穴を塞いでしまい黒く目立っている鼻の黒ずみにはピーリングを定期的に行うといいでしょう。

しかし乾燥肌で乾燥していることが原因で黒ずみになっている場合にはピーリングは逆効果になることもありますので、乾燥肌の方はまずは保湿をしっかりするようにケアを見直していきましょう。

くすみが明るくなる

肌のくすみの改善にもピーリングはおすすめです。古い角質がたまってくすみになっている場合や、肌の水分不足でツヤがなくなったことが原因のくすみはピーリングで古い角質をしっかり剥がして、その後にしっかり保湿をする事でくすみ改善の効果が期待できるようです。

くすみは血行不良によって出来るものもありますが、このくすみはピーリングをしても効果はありません。睡眠をしっかりとって、お顔のマッサージで血流を改善する事が大事になってきます。

用心も必要!ピーリングの注意点とは?

日焼けした肌は避けましょう

ピーリングは日焼けした肌には出来ません。そしてピーリングをした後も日焼けには注意する必要があります。それはどんなに肌への刺激が少ないピーリングであっても同じです。

ピーリングをした後はしばらく日焼け止めをつけたり日傘などで日よけをするようにしましょう。ピーリングをした肌は角質がはがれ、肌が薄くなっている状態のため、普段よりも紫外線を吸収しやすいのです。

その状態で日焼けしてしまうと炎症を起こしてしまったりシミが出来やすくなってしまいます。日焼けした肌はやけどをしているのと同じ状態なので、その肌にピーリングをしてしまうと肌トラブルを起こす可能性があるようです。

ピーリングでの肌ケアをする際はいつも以上に紫外線対策をしっかりと行いましょう。

乾燥肌には逆効果

乾燥肌の方は足りない水分補うために皮脂の分泌が過剰になります。その結果毛穴を塞いでしまっている状態です。改善するには角質を剥がすことよりも優先すべきなのは乾燥対策です。

乾燥肌のにケミカルピーリングをすると悪化する可能性があります。肌が乾燥していたり、敏感になっていると肌を守るバリア機能も低下しています。そのためピーリングの刺激でも痛みを感じたり、炎症を起こすこともあり更なる乾燥を招いてしまうこともあるようです。

アフターケアもしっかりと

ピーリングはアフターケアが最も大事になってきます。アフターケアでピーリングの効果の出方も変わってくるようです。ピーリング後はいつもよりも保湿をしっかりするようにしましょう。

ピーリング後は化粧水などの美容成分がより浸透しやすくなっているので、しっかりと肌の奥に入れ込む気持ちでケアをしていきましょう。ピーリングをして保湿をしないままでいると乾燥しやすくなるので、とにかく保湿が大事です。

回数に気をつけて!目安は週1回

ピーリングの種類にもよりますが、自宅でのピーリング剤の使用は週に一回程度が目安になっているものがおおいです。商品の説明書きをきちんと読んで守るようにしましょう。

皮膚科や、サロンでピーリングを行うときは必要な回数や、期間の説明をしてくれると思うので、指導されたペースで施術を受けるようにするといいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?ピーリングは様々な肌トラブルの改善が期待できますが、使い方を間違ってしまうと、肌がキレイになるどころか肌トラブルを招いてしまうこともあるようです。

正しい使い方で普段のケアに取り入れて、保湿もしっかり行うようにしましょうね。ピーリングをしたことのない方は、まずは肌に刺激の少ないものから試してみてくださいね。

合わせて読みたい!