ゾンビメイクで顔のやり方は?リアルな方法やかわいくする方法

ゾンビメイクを楽しむなら、まずは顔のメイクのやり方を覚えておくと良いでしょう。

メイクのやり方や小物を使うことで、リアルなゾンビメイクにも可愛い系のゾンビメイクもマスターすることができます。

できるだけお金をかけない、顔のゾンビメイクのやり方を覚えておくと良いでしょう。

準備するもの

血のり

by カエレバ

ゾンビメイクでかかせないのは、赤い血の色を使ったやり方です。

普段の顔に使用するメイク道具の口紅や赤いアイシャドウでもできるのですが、

より本格的にしたい時には顔に使える血のりを使ったやり方にするとおすすめです。

傷シール

by カエレバ

他にも傷のシールや、タトゥーシールなどを顔に貼るとゾンビらしさが出ます。

白目のファンデーションやコンシーラー

by カエレバ

そしてベースメイクに使うため白っぽいファンデーションやコンシーラー、濃い色のアイシャドウを用意してください。

通常のメイク用品を使ったやり方でも可能です。

他のカラーを使用する際には、顔に使用できるものを使うようにしましょう。

そうすれば肌荒れの心配もなく、顔に安心して使えます。

ゼラチン、ティッシュ

by カエレバ

他にも本格的なゾンビメイクのやり方にしたいなら、ゼラチンやティッシュなど小物を用意して顔の傷メイクをするのもおすすめです。

ベースメイクから基本のゾンビメイクの仕方

ゾンビメイクでは顔色を悪くさせるために、基本のベースメイクのファンデーションをいつものファンデーションよりも白っぽくするやり方がゾンビっぽくなります。

ポイントは目の周り

そしてこのメイクの大きなポイントは、目の周りです。

目の周りを色の濃い青や黒、紫などのアイシャドウで幅広く塗ります。

あまりべたべたと塗らず、ぼかしながら塗る方が自然に見えます。

口のメイク

唇の色は血色が悪くなるように、肌色のコンシーラーで色を隠してしまいましょう。

基本のゾンビメイクのやり方はこれで良いのですが、好みで傷のシールを顔に貼ったり血のりを使用して目や口から血をたらすとよりゾンビっぽくなります。

ゾンビメイクの顔の基本で必ず必要なのは、目の周りのどす黒さと血色の悪さです。

よりリアルさを求めるなら

ゼラチンとティッシュでよりリアルに

顔を本格的なゾンビメイクに仕上げたいのであれば、ティッシュとゼラチンを使用して本格的な傷を顔に作るのもおすすめのやり方です。

まずはお湯でふやかしたゼラチンを、肌に薄くのせます。

この時熱すぎると肌が火傷してしまいますし、冷たすぎるとゼラチンが固まってしまうのでぬるめの温度で塗るのが安全なやり方です。

そしてその上に、細かくちぎったティッシュを貼ります。

さらにまたゼラチン、ティッシュとミルフィーユを層の様に重ねて貼ると厚みが出ます。

その上から肌の色に合わせたコンシーラーやファンデーションを塗って、ティッシュの中央に切り込みを入れます。

切り込みを入れて血糊で塗る

切り込みを入れた部分を血のりで塗ると、傷がえぐれたような感じになります。

ポイントは、ファンデを塗る前のゼラチンをしっかりと乾かすことです。

ドライヤーを使って乾かすのもおすすめです。

この傷の作り方は顔だけでなく、腕にも作りやすいので本格的なゾンビメイクを目指すのであればこのようなやり方がおすすめです。

可愛さも残したい場合

ゾンビメイクはやりたいけど、あまり怖く見せたくない、もっと可愛い顔のメイクがしたいという人もいますね。

そういう場合の、メイクのやり方のポイントをおさえておくと良いでしょう。

血のりを少なめにしてベースは普段のメイク

可愛い系のメイクのポイントは、血のりの量を少なめにする。

また基本のゾンビメイクでは唇の色をなくしていましたが、可愛さを出すために口紅を真っ赤に塗るのもおすすめです。

そして基本のベースメイクをゾンビではなく通常のメイクにし、そのうえからゾンビ感を出すとライトな雰囲気になります。

普通のメイクができたら、目の周りを黒く塗り、真っ赤に塗った口紅をさらに少し頬までぼかして塗ることであまりグロさのない傷風メイクが仕上がります。

口角部分は黒のアイシャドウをぼかし、少し打ったような感じにすると雰囲気が出ます。

アイシャドウは、パフなどで伸ばすやり方がおすすめです。

髪型も重要

本格的なゾンビであれば、髪の毛などもぼさぼさにするのが基本です。

しかし可愛くしたいなら髪形は綺麗に整えるか、髪を巻いて可愛く見せたりカチューシャなどを付けるのもおすすめです。

ウイッグ、カラコンも雰囲気を出せる

もし物足りないのであれば、かつらやウイッグ、グレーのカラコンでミステリアスな雰囲気を作るのもおすすめです。

イメージは少しおしゃれをした状態のゾンビといった感じです。

本格的に見せたいなら、傷をよりリアルに見せるのがコツです。

そして可愛く見せたいなら、ある程度のおしゃれ感は出しておきましょう。

どちらも目の周りを黒く見せるのと、血色を悪く見せるのはゾンビメイクではポイントのやり方です。

まとめ

しっかりとコツさえ覚えておけば、どちらのゾンビの顔も目指せます。

顔だけでなく洋服やウイッグ、カラコンなどパーティーグッズを使用すれば他と違った個性を出すことも可能です。

そうすれば、パーティーなどでも目立つメイクができあがるのではないでしょうか。

あまりきっちりメイクをしようとせず、左右アシンメトリーにメイクをするやり方がコツです。

合わせて読みたい!