“新生児ニキビ”の種類は?乳児湿疹の予防とケア方法をチェックしよう

生後まもなくおこる肌トラブルとして「新生児ニキビ」がありますが、新生児ニキビ以外にも赤ちゃんには様々な乳児湿疹があります。数ある乳児湿疹の見極め方や新生児ニキビの原因や対処法などご紹介いたします。

本当に新生児ニキビ?乳児湿疹には種類がある!

赤ちゃんのお肌はなにもしなくてもつるつるのすべすべと思っている人は多くいると思います。しかし、赤ちゃんの肌は繊細で意外にもお手入れが必要なのです。

出産し、病院を退院して赤ちゃんと自宅に戻った頃から多くの赤ちゃんは、お肌になにやらぷつぷつや湿疹が現れる事が多くあるのです。この生後まもなくおこる肌トラブルを全般に新生児ニキビとか乳児湿疹と呼んでいて、生後3ヶ月頃まで続くのです。新生児ニキビには様々な種類がありますので、特徴をとらえ、対処することが大切になってきます。

乳児湿疹の種類と特徴と原因

新生児ニキビの特徴と原因

赤ちゃんはお母さんのおなかの中では羊水にぷかぷかと浮かんでいて、この世に生れてきたその瞬間は、とてもみずみずしい肌をしていますが、病院をを退院し1週間後、およそ生後2週間を過ぎた頃から、何やら赤いプツプツがあらわれていませんか?そう、それが「新生児ニキビ」と呼ばれる赤ちゃんにできるニキビなのです。

■特徴
赤いぷつぷつのものや膿をもって中に白い芯があるものなど、思春期にできるニキビと変わりありません。ニキビがほほやおでこなどに出ます。また、頭皮にもできることも多くあります。
頭皮や顔回り以外にはできず、かゆがらないのも特徴です。かゆがっていたりする場合は新生児ニキビ以外の湿疹の可能性が考えられます。

■原因
新生児期の赤ちゃんはとても皮脂の分泌がとても盛んで、その皮脂が原因で新生児ニキビができてしまうのです。赤ちゃんの毛穴はとても未熟な為に、皮脂がつまりやすく、ニキビができやすい状態になってしまいます。

何故新生児期の赤ちゃんは皮脂が多いかというと、お母さんのおなかの中でうけたホルモンの影響の為なのです。お母さんのおなかの中でうけたホルモンの影響の為に生後数か月の一定期間皮脂の分泌がとても盛んなのです。特に男の子はホルモンの影響を受けやすいと言われていて、女の子の5倍位新生児ニキビができやすいという報告があります。

乳児脂漏性湿疹の特徴と原因

乳児脂漏性湿疹も赤ちゃんにおこる肌トラブルの代表的な乳児湿疹です。ニキビができやすい体質の人もいるように脂漏性湿疹が出やすい赤ちゃんとそうでない赤ちゃんがいます。

■特徴
体にはできず、首から上の頭や頬やおでこにできます。頭皮に丸い鱗のようにできるケースも多くあります。頭やおでこのあたりにフケのようなカサカサしたものができたり、頬が赤くなる赤ちゃんもいます。新生児ニキビと同じで顔回りにできるのが特徴で手足や体にできることが無いのが特徴です。

■原因
新生児ニキビと同じでお母さんのおなかのなかでうけたホルモンの影響で多くなっている皮脂の分泌のせいです。皮脂の「脂」漏れて「湿疹」になってしまう。それが乳児脂漏性湿疹です。皮脂を落としてあげる事が大切です。落ち切らない皮脂が固まり乳児脂漏性湿疹となります。

あせもの特徴と原因

あせもは赤ちゃんも大人と同じで汗をかきやすい場所にできるのがあせもです。
赤ちゃんの小さな体にも大人と同じ数の汗の腺があります。大人の場合は気温や湿度が上がると体は体温を下げようとして、発汗して、さらに自律神経の機能が働きます。しかし、体の発達が未熟な赤ちゃんはその調節を発汗でしかできないのです。そのために赤ちゃんは大人の2~3倍もの汗をかくのです。この大量の汗が、汗腺を詰まりやすくし、大人よりもあせもが大変できやすいのです。

最近は、あせもは夏場だけのものではなく冬の暖房のしすぎや着せすぎなどによる冬のあせもも多くなっています。大人が寒いと感じていても赤ちゃんは寒くなく、むしろ暑い可能性もあるので、こまめに赤ちゃんの汗のかきぐあいをチェックしてあげましょう。

■あせもの特徴
「頭」「首の周り」「わきの下」「背中」「手足のくびれ」など様々な場所にできます。最初は小さな赤い発疹ができます。湿疹の中心が透き通る水晶疹のあせももあります。そしてあせもの発疹が細菌により化膿して痛みがでる場合もあります。かゆみのほかに、チクチクやヒリヒリした感じもあります。

■あせもの原因
赤ちゃんは大人よりも汗をかきます。しかし汗が出る腺がとても少なく、まだ十分に開いていない汗の腺にまで汗が出ようとした結果、その中にたまっている汗がやぶれ出て「あせも」になります。こまめに汗を拭いてあげる事と、汗をかきにくい環境を作ってあげる事が大切です。

アトピー性皮膚炎の特徴と原因

アトピーという言葉が多く飛び交っている為、赤ちゃんに湿疹ができるとアトピーではないか?と心配するお母さんが多いです乳児湿疹とアトピーは少し違い、乳児湿疹は生後1.2週間~2.3ヶ月頃までに現れる湿疹の事でアトピー性皮膚炎は生後4ヶ月以降に出現する事が多いです。

■アトピー性皮膚炎の特徴
耳の裏側や耳たぶやひじやひざなどの関節部分の皮膚が切れて、ジュクジュクになるのが特徴です。また、赤ちゃんには体に円形の「貨幣状湿疹」が見られる事が多くあります。

■アトピー性皮膚炎の原因
アトピーというのは体質で、人により何らかのアレルギーが関係していると考えられています。しかし、原因はまだわかっていません。よくダニが原因などとは言われていますが、それだけではないでしょうし、住む環境が変われば治る方もいますし、食べ物や水、空気など私たちを取りまく環境など関係している可能性が強いと言われています。

[blogcard url=”http://www.tanpopokodomo-clinic.com/cgi-bin/tanpopokodomo/siteup.cgi?category=1&page=1″] [/blogcard]

乳児湿疹ができやすい部位をチェック

顔(乳児脂漏性湿疹、乳児性ニキビ、あせも)

皮脂がとてもたまりやすく乳児脂漏性湿疹が一番できやすく、汗やよだれなどの刺激、寝具による摩擦で乳児ニキビやあせもなどできやすい赤ちゃんの湿疹で最もできやすい部位です。生後しばらくは一番こまめなケアが必要な場所です。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

耳や首(あせも、乳児脂漏性湿疹)

耳の裏や首は、空気に触れる事が少ない事から風通しが悪く汗をかきやすく、汚れも蓄積されやすいために、あせもや乳児脂漏性湿疹といった湿疹ができやすい部位となっています。耳の前側に湿疹ができる場合は、アトピー性皮膚炎の可能性が強くなります。

背中(あせも)

寝ている事が多い赤ちゃんは、背中に布団が接している事が多く、皮膚がムレてあせもができやすくなります。こまめな着替えをしてあげることが一番ですが、背中と洋服の間にガーゼなどを挟んでおいてあげると汗をかいたらそのガーゼを取り換えてあげるだけでも背中の清潔が保たれます。

お腹(あせも、乾燥による湿疹)

うつぶせができるようになってからは汗が溜まったり、衣服との摩擦などであせもができやすくなります。また、お腹は皮脂が少ないため、乾燥による湿疹ができやすいです。保湿することが大切な部位です。

お尻(おむつかぶれ、あせも)

お尻は常におむつをしているので蒸れやすいために、顔に次いで湿疹ができやすい場所になります。顔とは違い、おしっこやウンチの影響でおむつの中はとても雑菌が繁殖しやすくなっていて、おむつかぶれや、汗であせもができやすいのが特徴です。
おむつかぶれは頻繁なおむつ替えや水洗いなどで改善できますが、ただれてひどくなる場合は小児科を受診すれば、適切な薬を処方してくれます。

腕、脇、膝の裏、ももの裏側(あせも)

これらの「腕」「脇」「膝の裏」「ももの裏側」の場所はとても汗をかきやすい場所なのであせもが大変できやすい場所です。とくに赤ちゃんはむちむちとしているので、皮膚と皮膚が接触する箇所も多いので、注意が必要です。

[blogcard url=”http://akiyoshi-hifuka.com/dchild.html”] [/blogcard]

新生児ニキビの予防とケア

汚れたらすぐに濡れガーゼ!

よだれや母乳やミルクなどで口回りが汚れてしまったり、汗をかいていたり、皮脂の分泌がみられるようなら、こまめに濡れたガーゼで拭ってあげましょう。乾いたガーゼよりも、濡れたガーゼやウェットティッシュなど濡れたものを汗を拭きとってあげることが大切です。

枕やシーツを清潔に

一日の大半を寝て過ごす赤ちゃんにとって枕やシーツを清潔であるにこしたことはないですよね。しかも赤ちゃんは大人よりも汗をかきやすく、肌も弱いのです。ダニやほこりは赤ちゃんにとっては天敵です。枕やシーツだけでなく、汗をかいたらこまめに着替えをさせてあげることも大切です。

新生児の爪にも要注意

赤ちゃんの指を横からみて爪の先が指の先より伸びていれば切ってあげましょう。新生児の顔の皮膚の厚さは大人の皮膚の10分の1の厚さしかないので簡単に、伸びた爪で肌を傷つけてしまったり、できたニキビをひっかいて潰してしまう可能性があります。爪を切るときは赤ちゃんが暴れない寝ている時などを見計らって赤ちゃん用の爪切りで切ってあげましょう。

刺激の少ない石鹸で!

産院によっては新生児の時期は顔の回りなどの皮脂の分泌が多い部分は赤ちゃん用の石鹸では皮脂が十分に落ちずに1ヶ月検診の時に乳児脂漏性湿疹の赤ちゃんが多くみられるからという理由で、赤ちゃん用の石鹸ではなく刺激の少ない「無添加の固形石鹸」を泡立てて洗ってあげてくださいという指導があります。

保健師や医師などによって皮脂を落とす方法の指導はまちまちですが、頭や顔は泡立てた石鹸できちんと洗浄し、石鹸のあらい残しは、かぶれの原因となり新たな肌トラブルを引き起こすきっかけになってしまうので、石鹸は十分に洗い流しましょう。

母乳パッドを頻繁に取り換える

母乳が沢山出るお母さんは母乳パットが欠かせないですよね。母乳パットの交換を怠って母乳パットに染み込んだ母乳が酸化したりなどして胸がかぶれてしまったりします。胸は新生児の頬が最も触れる場所の1つですので、母乳パッドを頻繁に取り換える事と、授乳のつど、濡れたガーゼなどで拭いて清潔にしてあげることが大切です。

過剰な保湿はNG!ローションで保湿

赤ちゃんの保湿には医者や助産師の中でも賛否がある所ですが、乾燥している時期やお風呂あがりなどに保湿することは大切ですが、トラブルが無ければ過剰な保湿はしない方が良いです。

病院で相談すると、赤ちゃんにあった保湿剤を処方してくれるでしょう。
そして一般的に処方される「ワセリン」は肌に膜を張り、水分を逃がさないようにするためのもので「ローション」は肌に水分を与えるものです。

[blogcard url=”http://shibuya-hifuka.jp/syoujou/kodomo_2.html”] [/blogcard]

赤ちゃんの乳児湿疹は小児科?皮膚科?

まずは小児科を受診してみましょう。皮膚のトラブルにかかわらず耳や鼻などの時も同じです。小児科は「小児」に特化している科です。小児の体と心の相談にも応えてくれます。また、皮膚のトラブルに限らず鼻水などでも、まずは小児科医がみてもらったうえで、症状によって皮膚科や耳鼻科や必要に応じては大きな病院を紹介してくれます。

また、小児科で処方された薬でなかなか症状が改善されない場合にセカンドオピニオンとして皮膚科を受診するのも良いでしょう。その時には小児科で処方された薬をきちんと伝えると受診もスムーズにいくはずです。処方された薬を一日何回どのくらい塗っていたかも伝えると、同じ薬でも塗り方によって、効果に違いがある事を教えてくれたりもします。

ほとんどが生後3ヶ月頃までに良くなる

生後まもなければ間もないほど肌のトラブルもおこりやすく、お母さんも心配になってしまいますよね。でもそんな肌トラブルでも、お母さんからのホルモンの影響が終わり皮脂の分泌が治まる生後3ヶ月頃にはどんなに心配でたまらなくても、だいたいのものは生後3ヶ月頃までにはよくなってきます。

とは言ってホームケアだけでよくならず、悪化する一方だったり、炎症症状が強くなってしまう場合は小児科や、赤ちゃんを産んだ病院などでみてもらうとお母さんも安心するし、赤ちゃんの症状に合った薬を処方してくれるでしょう。

また、赤ちゃんの症状や病院によってステロイドなどの薬が処方される事があります。ステロイドは強い薬、副作用が怖い薬という先入観を持っている人が多いですが、きちんと医師の指示のもとに正しい使い方をすれば、ひどい炎症症状などを短期間で和らげてくれる作用があり、効き目のおだやかな薬で炎症状態を長引かせるよりも赤ちゃんにとってメリットが多くある事も事実です。

まとめ

赤ちゃんには赤ちゃんならではの独自の湿疹の種類が沢山ありますよね。沢山ある湿疹の種類をきちんと見極めて適切な対処をしてあげることはとても重要な事です。新生児ニキビや乳児脂漏性湿疹は多少悪化しても自然に治癒しますが、他の湿疹と見分けがつきにくかったり、ニキビの傷から他の細菌等が侵入して他の皮膚がただれてしまう場合があります。

そして、顔以外の部位に新生児ニキビらしきものがあったり、水泡が出来たり、痒がっているようなら他の原因が考えられますので、すぐに医療機関でみてもらいましょう!

合わせて読みたい!