コラーゲンの経口摂取は効果あり・なし?気になる疑問を解消♡

コラーゲンの経口摂取は効果がある・ないと様々な噂がありますよね。せっかく飲んでいるのに意味がないとしたら、かなりショックです。実際はどうなの?と思っている人も多いと思います。今回はコラーゲンの経口摂取に効果があるのか、ないのかを紹介していきます。

コラーゲンの経口摂取の効果って?

コラーゲンを食べ物やサプリなどから経口摂取した場合に効果はあるのでしょうか?(経口摂取は口から摂取することを指しています)せっかく摂取しているのに効果がなかったら…お金がもったいないのもありますが、何よりショックですよね。

さて、これまで世間ではコラーゲンの経口摂取には効果がある・効果がないと様々な論争が繰り広げられてきました。実際のところはどうなんでしょうか?今回はみなさんが気になっているコラーゲンの経口摂取に効果があるのかについて紹介していきたいと思います。

”コラーゲン”とは

コラーゲンが美容に良いと聞いた事はあっても、どのようなものかについては知らないという人も多いと思います。まず簡単にコラーゲンがどのようなものであるかを紹介していきたいと思います。

タンパク質の一種です

コラーゲンは皮膚や筋肉・靭帯(じんたい)などを作っているとタンパク質の1つと考えられています。加齢とともに皮膚などのコラーゲンは少なくなっていくと言われており、そうなると肌のたるみ・シワなどを引き起こす可能性があります。

コラーゲンが人気の理由は、筋肉というよりもこういった肌などの美容に対する部分が大きいかと思います。医療機関などでもコラーゲン注射などがありますが、中々気軽には行えないですよね。その為、経口摂取について効果があるのかという部分が、みなさんの気になるポイントになっているようです。

どんな効果に期待できるの?

年齢とともに少なくなっていくコラーゲンを摂取することで、美肌を目指す人をサポートしてくれる効果に期待できます。シワやたるみなどの悩みの種を改善できるかもしれないという事ですね。他にもコラーゲンは関節の柔軟性を保つことにも重要な役割を果たしていると言われています。

少なくなっていくコラーゲンを摂取するというのは、体にとっても大切ということですね。

効果が”ある・ない”どっち?

さて、みなさんが気になる”経口摂取での効果”はあるのでしょうか?それともないのでしょうか?これから紹介していきます。

長い間、効果がないと言われていた

長い間、栄養学・医学の分野で経口摂取でコラーゲンを摂取しても美容的な効果はないと言われていました。これは消化・吸収の時にペプチドやアミノ酸に分解されてしまうという考え方や、タンパク質の1つでサプリなどで摂取しても栄養素を補給しているだけにすぎないという考え方などが有力とされていた為です。

さらなる研究により”効果がある”という結果に!

長い間効果がないとされていた結論が、研究を続けた結果”効果がある”という結論に変化しました。これは研究の技術などが日々進化している事も要因の1つだと思います。しかし、この事実は女性のみなさんにとって、とても嬉しいことだと思います。

コラーゲンを摂取することで、30歳以上の人の肌(角質)の水分量が上昇・30~50歳代の人のシワが改善されたという研究結果などが発表されています。これは摂取したコラーゲンの一部がコラーゲンペプチドとして吸収されることが研究で明らかになった為です。(食材に多く含まれているコラーゲンを酵素などでさらに細かく分解したものがコラーゲンペプチドと呼ばれています)

コラーゲンを経口摂取するメリットとは?

コラーゲンを経口摂取することで、どのようなメリットがあるのでしょうか?これには2つのポイントがあります。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

コラーゲンは肌から浸透しない?

コラーゲンは実は肌の表面から浸透させるのは難しいと言われています。保湿液などでコラーゲンが含まれているものがありますが、表面には届いても肌の土台となる内部には届かないようです。これは肌の土台となる内部まで到達するには、かなり細かい分子でなければならないと考えられている為です。

また肌の表面(皮膚・表皮)には、外部からの異物の侵入を防ごうとする役割があると言われており、その異物は保湿液なども例外ではないと考えられています。それに対して、経口摂取は体内からコラーゲンを摂取しますので体に吸収されやすいというメリットがあるようです。

小さく分解され、体の様々な組織へ

コラーゲンを摂取すると胃や腸で酵素によって、小さく分解される(アミノ酸やコラーゲンペプチドになる)と考えられています。コラーゲンは多くがアミノ酸に分解されますが、一部はコラーゲンペプチドとなり皮膚や関節といった組織のサポートを行うと言われています。

このように経口摂取は体内から吸収されますので、体の様々な組織にコラーゲンを送ることができるというメリットがあるようです。注射なとは気になる部分にピンポイントでコラーゲンを送れるというメリットがありますが、バランスよく体に行き渡ることも同じ位大切だと思います。

サプリやドリンクなどがある

コラーゲンペプチドは、牛スジ・手羽先・フカヒレなどに多く含まれていると言われています。しかし、このコラーゲンペプチドを使ったドリンクやサプリメントも販売されています。これまで食品から摂取することが前提となっていましたが、こういったドリンクやサプリメントなどによる摂取でも効果に期待できるようです。

食品から摂取することが難しい人でも、ドリンクやサプリメントなどで簡単に摂取できるようになっていることもメリットのひとつだと思います。

一緒に摂取すると良いものがある!

できれば効果的に栄養素を摂取したいですよね。ここではコラーゲンと一緒に摂取すると良いと言われている栄養素を紹介します。

ビタミンC

ビタミンCはコラーゲンが作られる時に必要な栄養素と考えられています。その為、ビタミンCが不足してしまうとコラーゲンが少なくなってしまうち言われています。そうなると、関節痛やシミ・たるみの原因となってしまう可能性があります。

効率よく栄養素を吸収する為にコラーゲンを摂取する時には、一緒にビタミンCを摂取するようにしましょう。このほかにもビタミンCは肌に良い効果に期待できると言われています。美肌を目指している人はすでにサプリメントなどでビタミンCを摂取している人も多いと思いますが、コラーゲンとの相性も良いようです。

トリプトファン

必須アミノ酸という言葉を聞いた事があるでしょうか?これは体内では十分に作る事ができず、食品などから摂取する必要がある9つの栄養素と言われています。この必須アミノ酸がコラーゲンには豊富に含まれていますが、トリプトファンという栄養素だけ含まれていないと考えられています。

その為、このトリプトファンをコラーゲンと一緒に摂取することで必須アミノ酸をバランス良く摂取できるようになります。トリプトファンは、魚や卵などに含まれていると言われています。コラーゲン摂取だけではなく、こういった食品も摂取するようにするといいかもしれません。

エラスチン

これは肌の内側にある真皮という層を作っている物質のひとつと言われています。このエラスチンは肌の中でコラーゲンと繋がっていると考えられていますので、コラーゲンと一緒に摂取することで肌のサポートをする効果が期待できると言われています。

しかし、エラスチンはブタの血管やマグロの心臓などに含まれており、日常生活の中で摂取することが難しいと言われています。たしかに日頃食べられるものではないですよね。その為、摂取する人はサプリメントなどを利用するようにしましょう。

食品から摂取したい人は

コラーゲン注射やサプリ、ドリンクなどでコラーゲンを摂取するのが効果的と言われていますが、みなさんが利用できるというわけではないと思います。一般的な食品にコラーゲンが多く含まれているものがありますので、コラーゲン摂取を始めてみようという人はこういったものから摂取してみるのもいいかもしれません。

フカヒレ・手羽先・軟骨(鶏)・牛すじ・白モツ(豚)などに多く含まれていると言われています。魚では皮に多く含まれていると言われていますので、サケなども皮つきのものを選ぶと良いかもしれません。サプリなどを利用しない人はこういった食品を食べるように心掛けるのがおすすめです。コラーゲンを摂取して、お肌をサポートしてあげましょう。

合わせて読みたい!