コラーゲンとヒアルロン酸はどう違う?その役割と上手な摂り方とは

コラーゲンとヒアルロン酸はどちらもよく耳にしますが、どう違うのでしょうか。いまさら聞けないその違いを教えます。お肌にはどちらも必要だと言われていますが、取り入れるいい方法はあるのでしょうか。

コラーゲンとヒアルロン酸はどう違うの?

お肌にいい美容成分としてよく耳にするのが「コラーゲン」と「ヒアルロン酸」ですよね。一時期は、化粧品なんかにも大きくこの名前が表示されているようなものもありました。今でももちろん、「コラーゲンたっぷり」などの表示もよく見かけると思います。名前はよく聞くもののその違いについてはよく知らないという人も多いのではないでしょうか。

コラーゲンとヒアルロン酸の違いとその役割

コラーゲンもヒアルロン酸にも共通して言えるのは、お肌に元から存在しているということです。そして、どちらもお肌を健やかに保つためにはなくてはならない存在だということです。

コラーゲンとヒアルロン酸の違いは成分

コラーゲンもヒアルロン酸も、お肌にもともと存在しています。どちらも表皮の下にある真皮を構成している成分で、真皮の水分を除くと70%がコラーゲンであるとい言われています。この真皮にコラーゲンやヒアルロン酸が存在していることによって、ハリや弾力、潤いのある健やかな肌を保つことができているのです。

また、軟骨にも多く含まれていて、クッションのような役割も果たしています。加齢によって足腰が上手いこと動かなくなったりするのは、コラーゲンやヒアルロン酸が減少してきていて、上手く関節のクッションとしての働きが機能しなくなったとも考えられているようです。

コラーゲンやヒアルロン酸は、分かりやすく違いを挙げると、コラーゲンはたんぱく質でヒアルロン酸は、ムコ多糖という糖分から成り立っています。

コラーゲンは身体の流れを作っている

コラーゲンというのは、繊維状をした動物性のたんぱく質です。そして、私たちの体の土台とも言えるのがコラーゲンです。体の中で一番多い成分は水分なのですが、その次に多いのがたんぱく質で、たんぱく質の1/3はコラーゲンだと言われています。

コラーゲンは、体のさまざまな部分に含まれています。血管であったり、眼や歯茎・関節・骨・髪や爪そしてお肌といった様々な部分に多く含まれていて、身体の「ながれ」を作る働きを担っているのです。

ヒアルロン酸は保水力が高い

ヒアルロン酸というのは、ムコ多糖からなるのですが繊維状のコラーゲンの隙間を埋める、ゼリー状の物質です。コラーゲンがあるところに存在していて、コラーゲンの隙間を埋めるように水分を抱え込む働きをします。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

ヒアルロン酸は、保水力がとても高いのが特徴で、化粧品といった分野で多く取り入れられています。ヒアルロン酸入りの化粧品を使うとお肌がしっとりと潤ったように感じるのも、このヒアルロン酸の保水力の高さによるものでしょう。

コラーゲンもヒアルロン酸も摂りたい

お肌にいいのはもちろん、体にもよさそうなコラーゲンとヒアルロン酸ですが、どのように取り入れるのがいいのでしょうか。

スキンケアで取り入れる

コラーゲンやヒアルロン酸を取り入れる方法としては、女性目線で一番最初に思いつくのが化粧品だと思います。特にスキンケアにおいて取り入れるという方法がいいでしょう。

ただし、スキンケアといっても、基本的に化粧水はお肌の角層までしか届かないので、コラーゲンやヒアルロン酸が多く含まれている真皮まで届かせることはできません。しかし、角層をしっかりと保湿してあげることにより、肌表面のバリア機能が正常に機能するよう働きかけることはできます。

日頃のスキンケアにも、コラーゲンやヒアルロン酸を取り入れてお肌を乾燥させないようにして、肌表面のバリア機能を失ってしまわないようにすることが大切です。

by カエレバ

サプリメントで補う

コラーゲンやヒアルロン酸を補う方法としては、外から取り入れるというよりも摂取して体内に働きかけるといった方法をとる方がよさそうです。そして、どちらかだけではなく、両方を摂取することによってうまく働くということを考えると、コラーゲンもヒアルロン酸もサプリメントで補うといった方法が手軽に摂取しやすいと考えられます。

サプリメントとして補うことで、どこか一部分だけというわけではなく、体全体に対してこの成分を補いやすくなるために、体の嬉しい変化を感じやすいという人も多いようです。

by カエレバ

普段の食事に取り入れる

とても理想的な方法だとは思いますが、普段の食事でコラーゲンやヒアルロン酸を摂取するという方法もあります。

コラーゲンといえば、豚足であったり、鳥の皮に多く含まれています。実際に豚足を食べた次の日は、お肌がプルプルとハリがあったという経験がある方もいるかもしれませんね。フカヒレやサケ、真アジの開きなどにも多く含まれています。これらには、ヒアルロン酸も多く含まれているので、コラーゲンとヒアルロン酸を一度に摂取できると考えられます。

コラーゲンを多く含む食事をする際におすすめしたいのが、ビタミンCを一緒に摂取することです。ビタミンCを一緒に摂取することで、コラーゲンを体内に取り込みやすくなります。せっかく意識してコラーゲンを多く含む食事をしても、すぐに甘いものを食べてしまってはコラーゲンが糖化してしまい、コラーゲンとして十分に働くことができなくなってしまいます。

コラーゲンを摂取するときには、気に留めておくとよいでしょう。

ハリのあるお肌のためにはどちらも必要

コラーゲンとヒアルロン酸は、もともとの成分として違いはあるものの、それぞれが一緒に存在するからこそ、体にとって嬉しい働きをするのです。どちらかだけを取り入れるというよりは、コラーゲンもヒアルロン酸もどちらも取り入れて、ハリのある若々しい肌、健康的な体を手に入れたいですね。

合わせて読みたい!