クラゲの栄養は美肌やダイエットに最適!低カロリー&コラーゲンたっぷり!気になる美容効果を解説

大量発生したり、時には刺したりしてくる厄介なクラゲ。透明な身体にぶよぶよした感触なので、生き物としてはちょっと苦手という方もいるかもしれませんが、地方によっては食用として食べられています。中華料理などではおなじみの食材ですよね。今回はそんなクラゲについて掘り下げていきましょう!

まずはこれから!クラゲについての基礎知識

クラゲは、刺胞動物に分類される生き物で、その種類は約11000種にもなると言われています。動物ではあるものの、その特徴的な形やふわふわとした形状から、未知の生物のような雰囲気を持っている生き物でもあります。
リンやナトリウムを含み、中国ではビゼンクラゲなどが食材としても食べられています。栄養としてはそこまで豊富に含んでいる訳ではないものの、ダイエット食としても期待されている面があります。
食べてみたいという方は、色々な食べ方があるので、積極的にチャレンジしてみましょう。

エチゼンクラゲ

クラゲの中でも大型のもので、食用として中華料理などに使われています。

ビゼンクラゲ

美容効果があるとして中国で食べられています。もちろん効果については、はっきりとした理由はありませんが、コラーゲンが多く、美容効果もあるかもしれません。

ホワイトクラゲ

主に加工品として使われている東南アジアで獲れるクラゲです。

クラゲの身に含まれている栄養素とは?

細胞の生成や骨格形成のリン

クラゲには、リンが含まれていると言われています。リンは人間の骨や歯など、骨格部分を構成する重要な栄養であり、カルシウムと似たような効果を発揮します。リンが含まれているということもあり、食べるだけである程度の効果が見込めるでしょう。
ただ、リンを含むとはいっても、そこまで多く含んでいる訳でもなく、摂取したいのであれば、他の食材の方が向いていると言えるかもしれません。

血液循環の量を調節するナトリウム

クラゲに含まれている栄養の一つがナトリウムです。ナトリウムは体内に影響を与える栄養の一つで、効果的に摂取すれば、健康的な身体を作れる成分となっています。血液循環の量を調節してくれるという効果が認められており、循環器系や心筋の弛緩を促す効果もあると言われています。
クラゲに含まれている量は、他の食品に比べると少ないものの、栄養素の一つとして知っておきたいものです。
ただ、ナトリウムは摂取しすぎると、高血圧や動脈硬化などになる恐れもあり、胃潰瘍や胃がんになってしまうこともあるので、注意しましょう。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

細胞膜や生体膜を構成するコレステロール

コレステロールと聞けば、ダイエットの敵と思っている方も多いかもしれません。しかし、食物から摂取できるコレステロールは、細胞膜や生体膜の攻勢を促進し、生命維持には欠かせないものとなっています。
また、ホルモンや疸汁酸、ビタミンD全駆体の原料としても効果的で、重要な物質の一つと言われています。
適度なコレステロールは、身体にとっても良いのです。

適度に食べれば健康効果も期待できる?

身体を丈夫にしてくれる効果

クラゲに含まれているリンには、骨や歯を構成する役割を持っています。そのため、身体を正常に保つことに効果的なのです。特に現代人は骨の密度が下がってきており、骨や歯が脆くなってしまっている方もいます。
もちろんクラゲを食べているだけで改善できるということではありませんが、リンを効果的に摂取することで、丈夫な体を作っていくことが可能です。
リンを効果的に摂取するには、他の食材の方が向いていると思いますが、クラゲが好きという方は、適度に食べてみるのも良いと言えます。

血液循環を良くしてくれる効果

血液循環が上手くできていないという方も、現代人の中には多いです。血液というのは、様々な要因によって構成され、健康的な食生活を送ることで、正常な循環となります。しかし、現代人は生活習慣が悪い方も多く、運動不足になっている方も多いです。
さらに、食生活のバランスも良くない方が多くなったことによって、血液循環が悪くなってしまっている方も多いです。そうなると、基本的に身体を健康に保っておくことはできなくなります。
クラゲに含まれているナトリウムには、血液循環の量を調節してくれる効果があるので、その点は魅力と言えるかもしれません。ただ、摂取しすぎには注意しましょう。

生命を維持する効果

生命維持というと大袈裟かもしれませんが、人間の身体を構成するのに重要なコレステロールが、クラゲには含まれています。そのため、一定量であればコレステロールも必要だと言えます。
現代人の生活では、すでに過剰すぎるほどコレステロールを摂取している方も多いですが、逆にあまり食生活が良くない人にとっては、クラゲのコレステロールも効果があると言えるかもしれません。

低カロリーでコラーゲンたっぷり!クラゲの美容効果

低カロリーだからダイエット食として最適!

クラゲは、少ないカロリーの食材なので、ダイエット食として注目されています。もちろん好き好んで食べるという方は少ないものの、ダイエット効果があることは確かです。
近年寒天ダイエットをする方などが多いですが、クラゲの場合はコレステロールやナトリウム、リンなどが含まれているので、低カロリーで必要な成分を摂取できる食材となっています。
もちろんダイエットに効果的な食材かどうか聞かれれば、他の食材の方が向いているかも知れませんが、クラゲも注目しておきたいものです。

肌が喜ぶコラーゲンがたっぷり!

クラゲはコラーゲンを多く含んでいるので、肌がぷるぷるになるコラーゲン効果を得ることも可能と言われています。美容食材として日本でも知られるようになり、すでに中国ではビゼンクラゲなどが美容に良いとして食べられています。肌が綺麗になると実感している方もいるほどで、美しい肌を保つには効果的かもしれません。
同時にダイエットができるのも魅力の一つかもしれませんね。

血液の循環を促進させて冷え性を改善!

血液循環が悪いと、肌が荒れてしまったり、手足の冷え症になることも多いです。クラゲに含まれているナトリウムは、そういった血液循環に効果を発揮してくれるので、身体の血液の巡りを良くしてくれる効果も期待できる可能性があります。

食べ過ぎに注意しながら美味しくいただきましょう!

クラゲはほとんどが塩蔵品なので、水で戻して食べるというのが効果的と言えます。特に難しい調理は必要ないので、サラダや和え物として食べられます。
ただ、塩漬けされたものを食べる時は、ナトリウムの過剰摂取に気を付けましょう。塩分の取り過ぎは、身体にとっても良くないです。

まとめ

クラゲは、豊富な栄養素こそないものの、ある程度の効果は見込める食品と言えます。特にダイエット効果や美肌効果を考えると、女性にとっては嬉しい食品かもしれませんね。
ただ、慢性的に食べていると、ナトリウムを摂取し過ぎてしまうので、適度にサラダや和え物として食べるようにしましょう。そうすればスリムな体を手に入れられる可能性があるかもしれませんよ。

合わせて読みたい!