【ホルモンの栄養】こんなに栄養が豊富なの!?ホルモンの隠れた魅力とは

ホルモンといえば、「焼肉」に「もつ鍋」に「モツ煮込み」に…。想像したらヨダレが出そうになる人も多いのではないかと思います。子どもの頃には美味しさが分からなかったけれど、大人になって食べると大好物になってしまったというのもよく聞く話です。そんな大人に大人気のホルモンですが、栄養面は一体どうなのでしょうか??



ホルモンとは?

ホルモン料理はたくさんありますが、ホルモン料理を思い浮かべたとき、その名前に疑問を感じたことはありませんか?
見た目からしておそらく同じものなのに、焼くと「ホルモン焼き」「ホルモン鉄板」などと呼ばれるのに、鍋や煮込みになると「モツ鍋」「モツ煮込み」となることが多いですよね。

「ホルモン」=「モツ」という認識は正しいのでしょうか?
まずはホルモンとは一体何なのかについてご説明します!

「ホルモン」=「もつ」??

『ホルモン』とは、牛や豚の臓物(内臓)のことです。
狭い意味では小腸・大腸を、広い意味では正肉以外のかつて破棄していた部位をも含む臓物全般が含まれ、皮・胃・肝臓・心臓・腎臓・子宮・肺・腸などを用います。

『もつ』とは、臓物(ぞうもつ)の「もつ」だそうです。
ホルモン、畜産副生物、内臓肉とも呼ばれていたということですが、「もつ」は昔から食肉業者や料理人の間で隠語として使われていたそうです。

要するに「ホルモン」=「もつ」ということですね。

名前の由来について

「ホルモン」という名前の由来についてですが、2説あります。

①【ホルモンは方言だった】という説
ホルモンは今では牛や豚の内臓全般のことを言ったりしますが、昔はこの部分は食べることなく、毎日捨てられていたそうです。

それを戦後の大阪で、とある洋食店の店主が「これも何かの料理に使えないか」と、いくつかのホルモン料理を編み出したそうなのですが、元々は捨てていた部位だったので「放るもん→ほるもん→ホルモン」と呼ばれたそうです。
(関西では捨てることを“放る”とか“ほかす”といいます)

②【ホルモン分泌を促進する滋養料理であったことから】という説
1920年代に精力を増強する料理のことを「ホルモン料理」ということが流行したそうです。
当時のホルモン料理には卵・納豆・山芋・スッポン料理なども含まれていたそうで、ホルモンに関しても栄養豊富な内臓を食べると活力がつくとして名づけられたとのことです。

昭和になると料亭や洋食屋が内臓料理をホルモン料理としていたそうで、ホルモン分泌を促進する滋養料理であることに因んでいるといわれています。

以上の2説ですが、②の方が有力であるとされています。

ホルモンの種類

牛ホルモンと、豚ホルモンの種類(部位)について簡単にご紹介します。
「え??これもホルモン!?」と思う意外な部位もたくさんありますよ。

牛ホルモン(全19種)

① タン
 言わずと知れた牛の舌。先端は油が少なくサッパリとしていますが、根本は油が多く柔らかいです。

② カシラ
 頬の部分の肉で、脂肪が多いのが特徴。よく動かす部分のため、固いですが旨みは強いです。

③ ショクドウ
 食道部分ですが、赤身肉に近い食感と味わいで脂の感じもほとんどありません。

④ ウルテ
 気管の軟骨にあたる部分。かなり固いので包丁で切れ目を入れるのが通常です。

⑤ レバー
 肝臓は栄養が多く濃厚な味わいが特徴です。
 
⑥ ハツモト(コリコリ)
 大動脈の心臓に近い部位。脂は多いですが軟骨のようなコリコリとした食感です。

⑦ ハツ(ココロ)
 心臓。脂はなくコリコリとした食感が特徴で、刺身でも焼肉でもおいしいです。

⑧ シビレ
 胸腺。柔らかいですが脂っぽさは少なく、クリーミーな食感です。

⑨ サガリ
 横隔膜から垂れ下がった部分。見た目も味も肉に近いですが、ホルモンの一種です。

⑩ ハラミ
 横隔膜の外側の部分。脂がのっていて肉に近い味わいのため人気が高いです。

⑪ ミノ
 第一胃。弾力のある独特な食感が特徴です。できるだけよく焼いた方がいい部位です。

⑫ マメ
 腎臓。形がそら豆に似ています。独特の香りがあるので好き嫌いがはっきりと分かれます。

⑬ ハチノス
 第二胃。見た目が蜂の巣に似ています。弾力が強く噛みごたえがあり、コラーゲンが豊富です。

⑭ センマイ
 第三胃。脂は少なめでサッパリしています。鉄分が豊富で黒いのが特徴です。

⑮ ギアラ(赤センマイ)
 第四胃。しっかりと焼くと歯ごたえが強く、濃厚な味わいを楽しめます。

⑯ ヒモ(マルチョウ)
 小腸。柔らかく、脂が多いです。火が通りやすいので、焼き加減は軽めがおすすめ。

⑰ シマチョウ
 大腸。適度な脂と歯ごたえが特徴のホルモンの王道です。よく焼くのがコツです。

⑱ コブクロ
 子宮。クセがなくコリコリした歯切れのいい食感が特徴です。焼くと少し柔らかくなります。

⑲ テッポウ
 直腸。開くと鉄砲の形に似ています。脂が少なくサッパリした味わいが特徴です。
 

豚ホルモン(全16種)

① タン
 舌。牛に比べると3分の1程度の大きさでやや硬く、脂肪も少ないです。食感は牛タンと変わらず、安価で旨みも強いので人気があります。

② タンシタ
 舌の付け根にある柔らかい部分。脂も適度にあり、タンの食感とは異なる肉っぽい食感が特徴です。

③ カシラ
 こめかみから頬にかけての部位。よく動かす部分のため筋肉が発達し、脂身は少ないですが旨みは強いです。やや硬めの食感が特徴です。

④ ノド軟骨(ドーナッツ)
 豚のノド仏にある軟骨。カリカリになるまでしっかりと焼くと、コリコリとした独特の食感を楽しめます。

⑤ トントロ
 首の肉。トロのように脂身が多く、口の中でとろけるような食感とコリコリした歯ごたえが特徴です。

⑥ ハツ
 心臓。クセや臭みがほとんどなく、脂肪も少ないためサッパリとした味わいです。シャキシャキとした食感が特徴です。

⑦ えんがわ(ハラミ)
バラ肉と横隔膜の間の部位。脂は少なめで肉のように食べられるため、人気の高い豚ホルモンの一つです。

⑧ ガツ
 胃。脂が少なく、臭みやクセのない食べやすいホルモンです。やや硬めで、鶏の砂肝に似た歯切れのいい食感が特徴です。

⑨ レバー
 低脂肪高たんぱくで栄養も豊富な肝臓。濃厚な味わいがありますが、独特の臭みもあります。

⑩ マメ
 腎臓。キメが細かく歯触りがいいです。独特の臭みは表面の皮と白い筋を取ることで気にならないレベルになります。

⑪ ヒモ 
 小腸。やや硬めです。煮込むと深い味わいになるほか、焼いてもおいしいです。

⑫ ダイチョウ
 大腸。小腸よりもやや太く、コシのある歯ごたえが特徴です。やや臭みがあります。開かずぶつ切りにしたものをシロコロと呼びます。

⑬ テッポウ
 直腸の部分で開くと鉄砲の形に似ています。弾力が強いため噛みごたえがあり、焦げる寸前までよく焼いて食べるとおいしいです。

⑭ コブクロ
 子宮。サッパリした味わいと、コリコリした歯切れのよい食感が特徴です。煮込み料理にも向いています。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

⑮ チチカブ
 メスの14ある乳房。脂っぽさはなくミルキーな味わいで、女性でも食べやすいです。火が通りやすいのも特徴です。

⑯ トンソク
 足。肉の部分は少なく、皮とスジ、軟骨からなる。コラーゲンを多く含んでいるのが特徴です。

ホルモンって栄養があるの??

昔は食べずに捨てていた部位ということですが、そのような部位に栄養はあるのでしょうか。
ホルモンの特徴と、どのような栄養素が含まれているのか見ていきたいと思います。

ヘルシーで低脂肪

ホルモン(内臓肉)は生肉部分より脂肪の少ない部位です。
具体的には、ハツ・レバー・マメ・ミノ・センマイ・テッポウ・スジ・コブクロがそれにあたります。
脂肪分も少なく、低カロリーです。

ちなみに、牛の一番高カロリーな部位は生肉のカルビです。内臓肉でもタン(高カロリー第3位)・テール・アカセンマイ・ヒモは脂肪分が多めなので食べすぎには注意が必要です。

ミネラルが豊富

牛ホルモンと豚ホルモンで多少の差はありますが、「鉄」・「亜鉛」・「銅」の含有量が高く、汗とともにミネラルが体外に出てしまう季節に特に必要とされる栄養素が豊富に含まれています。
夏バテ対策に食べるのもおすすめです。

ビタミンも豊富

特に「ビタミンB12」は一食当たりで1日の目安を摂取することができます。
ビタミンB12は葉酸と結合して赤血球の核酸やタンパク質の合成を助ける働きがあります。
どちらかが欠けると貧血をおこしてしまいますが、葉酸もホルモンには含まれているのでバッチリですね。

他にも「ナイアシン」・「ビタミンB2」・「パントテン酸」・「ビタミンC」を多く含んでいます。

嬉しいホルモンの効果・効能

ホルモンを食べるとどのような健康・美容効果が期待できるのでしょうか。
ホルモンにはたくさんの種類がありますので、特に効果が期待できる部位と、その効果についてご紹介していきます。

体全体の免疫力を高める

【レバー】

ホルモンの中でレバーには「ビタミンA」が含まれています。このビタミンAは、脂溶性のビタミンの一種で、一般に動物性食品に含まれるレチノールを指しています。

ビタミンAは、皮膚、目の角膜や粘膜、口、鼻、喉、胃腸、肺、気管支、膀胱、子宮などを覆う粘膜を健康に保つ働きがあります。
皮膚の粘膜は病原菌などの侵入を防ぐバリアの役割をしていて、正しく機能することでウイルスなどの外敵から体を守り、感染症を予防して、体全体の免疫力を高めることに役立ちます。

【センマイ】

センマイに含まれている「亜鉛」も免疫力を高める効果があります。
亜鉛は、ウイルスや細菌の感染を防ぐナチュラルキラー細胞を活性化する働きがあり、免疫力を向上させるそうです。
また、亜鉛には風邪や生活習慣病を予防する効果も期待できます。

疲労回復

【ハラミ・ハツ・レバー】

疲労回復に関係する成分は「ビタミンB1」です。
ビタミンB1は炭水化物(糖質)の代謝を促すため、白米を主食にしている日本人にとって必要な栄養素です。

ビタミンB1は、糖質の代謝を行う酵素を助ける「補酵素」として働き、エネルギーを産生し、神経・筋肉などへエネルギーを供給します。
つまり、ビタミンB1がないと、糖質からエネルギーが産生できないわけです。
この「糖質からのエネルギー」は、ストレスを緩和する役割や、疲労物質(乳酸)が体内に蓄積されるのを防いで疲労を緩和し、疲労を早める効果もあるということです。

ただし、ビタミンB1は代謝スピードが速く、貯蔵されにくい性質を持っているため、継続的に摂取することが大事なようです。

貧血予防

【センマイ・レバー・タン・ミノ】

貧血予防に関係する成分は「鉄」です。
体内の鉄の約三分の二が血液中で赤血球のヘモグロビンの構成成分となり、肺で取り込んだ酸素を全身の細胞や組織に運ぶ重要な働きをしています。

鉄分は、吸収率が約8%前後と極めて低いために欠乏しやすいミネラルです。
貧血の90%は「鉄分欠乏」によるものであり、症状があらわれない潜在的な鉄分欠乏状態の人も多いので、充分な摂取を心がけなくてはならないそうです。

鉄分には「ヘム鉄分」と「非ヘム鉄分」があり、野菜など植物性食品に含まれる「非ヘム鉄分」の吸収率は2~5%であるのに対して、ホルモンなど動物性食品に含まれる「ヘム鉄分」は吸収率15~20%ということで、効率よく摂取できます。
特に豚レバーには鉄分が多く含まれているということなので、貧血気味の人にはおすすめです。

生殖機能・性機能を高める

【センマイ】

生殖機能を高める効果がある成分は「亜鉛」です。
男性の場合は、男性ホルモンの合成に関わり、精子を作る能力を高め、精力増強の働きがあるといわれています。
精子そのものにも亜鉛は豊富に含まれています。

女性の場合も生殖機能と深く関わっています。
女性が妊娠するためには、性ホルモンの正常な働きが不可欠と言われていますが、そのうちの黄体形成ホルモンや、卵胞刺激ホルモンが亜鉛が存在することによってより強力に作用するとも言われています。
卵子そのものにも亜鉛は豊富に含まれています。

以上の理由から、男性にとっても女性にとっても、亜鉛は妊娠を望む人にとってとても重要な栄養素の一つだといえます。

また妊娠中の女性にとっても、亜鉛は胎児の発達に必要なため、積極的に摂取したい栄養素です。
センマイはカロリーも低いので、体重管理が大変な妊婦さんでもしっかり食べることができますね。

美容効果
【センマイ】

美容といってもいろいろありますが、まずはセンマイに多く含まれている「亜鉛」の美容効果についてです。
亜鉛には、爪や髪の毛を美しく保つ効果があります。

髪の毛や爪を作る際のタンパク質合成には亜鉛が必要です。ですので抜け毛、育毛に効果のあるミネラルとして、サプリメントなどでも人気があります。

また、亜鉛は新しい細胞を生み出すときに必要であり、肌のターンオーバーにも欠かせない栄養素です。
亜鉛を十分摂取していれば、古い皮膚とその下で作られる新しい皮膚の入れ替え、つまりターンオーバーがきちんとマメに行われるので、肌トラブルが起きにくくなるということです。

【タン・レバー】

美肌と言えば「コラーゲン」ですよね。
コラーゲンは体を形成しているタンパク質の一種で、皮膚・筋肉・内臓・骨・関節・目・髪など様々組織に含まれていて、体内中のタンパク質の実に30%を占めているそうです。

肌は、表面に近いところから表皮・真皮・皮下組織の3つの組織に分けられます。
コラーゲンは真皮の部分に含まれ、真皮全体の約70%を占めています。繊維状のコラーゲンが網の目のように交差し、エラスチンやヒアルロン酸とともに肌を内から支え、肌のハリと弾力を保っています。

コラーゲンを摂取することによって体内のコラーゲン合成が活発になり、肌にハリや弾力を与え、しわやたるみを防ぐ効果があると期待されています。

ホルモンをより効果的に取り入れるには??

ホルモンは「低カロリーで低脂肪」と前に書きました。また、さまざまな効果もご紹介しました。
しかし、低カロリーといっても『正肉と比べたら低カロリー』ということであり、食べれば痩せる食材ではありません。
また、栄養豊富で様々な効果があるといっても同じものばかり食べていては当然栄養が偏ってしまいますよね。

『栄養があるからたくさん食べたらその分効果が出る!!』といわけではないのです。
では、ホルモンを食べるときにその栄養をより効果的にするポイントをご紹介します。

野菜を一緒にたっぷり食べる

焼肉の場合は、サラダやキムチ、ナムルなどをオーダーして先に食べることを心がけると食べ過ぎを防ぐこともできて体脂肪になるのを防ぐことができますね。

また、野菜からの栄養も補うことができるので栄養が偏るのを防ぐだけでなく、ホルモンの栄養素が吸収されやすい状態になるとのことです。
焼野菜もしっかり食べるようにしましょう!

もつ鍋などの場合は、野菜も一緒に入っていて自然と両方を食べることになるので効率的ですね。

ビタミンCと一緒に摂取する

ビタミンCはコラーゲンの吸収を助けてくれるので合わせて摂ると効果的です。また、体内でコラーゲンの合成をするにあたっても欠かせません。

野菜で言えば「キャベツ」がビタミンCを含むものの中では自然と一緒に摂りやすいのではないでしょうか。
焼野菜として、鍋の具材として、サラダとして…キャベツだとたくさん食べられそうですね。

また、レモンに合うホルモン(タンなど)にはできるだけレモン汁をかけて食べるなど意識すると効果アップが期待できそうですね。

レバー+大豆

レバーはビタミンB2が豊富です。
「畑の肉」と言われる大豆は良質なたんぱく質と脂質、ビタミンB群が多く、特に大豆のビタミンB6はレバーのビタミンB2の働きを助けるものです。

自宅でレバーを食べる機会があれば、「豆腐とレバーの炒め物」など、大豆と一緒に食べることを意識するとより効果的です!

ホルモンの代表格「ヒモ」「シマチョウ」はほどほどに

ホルモンと言えば真っ先に思い浮かべるのがあのプリプリ食感の「ヒモ」や「シマチョウ」ですよね。
脂の部分が気になりつつ、ついつい食べ過ぎてしまいませんか?

「あのプリプリ部分はコラーゲンだ!」と思いこんでたくさん食べたくなりますが、ヒモやシマチョウはホルモンの中で脂肪分がやはり多めなのでほどほどにして、その分カロリーが低い部位を食べると栄養分も偏らないのでいいですね。

同物同治を意識してみる

「同物同治」という言葉をご存知でしょうか。
この「同物同治」とは、中国の薬膳の考え方です。わかりやすく言えば、体の悪いところを治すには同じものを食べるのがいいという考え方です。

つまり、肝臓の悪いときには、牛・豚・鶏などの肝臓(レバー)を、胃の病気の時には胃(ガツ)を、心臓が悪いときには心臓(ハツ)を、肝臓疾患の時には肝臓(マメ)を食べると回復に役立つということです。

あくまでも中国の薬膳の考え方なので、その効果についてははっきりとはわかりませんが、このように自分の体の今の調子について考えながら食事をするということはとても大切なことですので、時にはこのような食べ方をするのもいいかもしれませんね。

本格的な焼肉屋さんの味が試したい方はこちら

焼肉中村屋 ぷりっぷりで肉厚の脂が口の中でとろける国産牛ホルモン300gをお届け。

by カエレバ

ホルモンといえば鍋。手軽なお鍋のセット

近年の飲食業界では店舗・通信販売ともに、コストを抑え、安い海外の食材を仕入れ、品質の悪い商品を販売している業者がたくさん存在し食文化すら変えようとしている業者が後を絶たないのが現状の中、浜やの「もつ鍋」は、「安心して子供から大人まで本当に美味しいもつ鍋を安心して食べてほしい」という想いから、取り扱うもつ鍋の食材はすべて「純国産」に限定した「もつ鍋」です。

セットに含まれる「もつ鍋」には欠かせない「ゴマ」
国内生産の1%と言われている「ゴマ」でさえ「国産」にこだわっています。



まとめ

ホルモンと言えばプリプリの小腸などを思い浮かべることが多いと思いますが、実は種類がたくさんあってとても奥が深いことに驚きですね。
昔は捨てられていたという部分ですが、とても栄養が豊富ですので積極的に摂りたい食品です。

焼肉屋でも、もつ鍋屋でも、お店によっては居酒屋でも食べることができますし、スーパーなどでもホルモンはありますので、いつでも手軽に食べることができます。
色々な部位を食べてみて、ホルモンの奥深さを楽しんでみてください。

合わせて読みたい!