“日焼けあと”はどうやって消すの?知っておきたいシミ対策・素肌ケア

紫外線予防を怠って外に出たから日焼けあとが残ってしまった、という経験はないでしょうか?太陽の直射日光を浴びれば、しっかり紫外線予防していても日焼けあとは残る可能性があるので、大事なのはそのあとのアフターケアなのです。そんな日焼けあとのケアやシミ・そばかすを消す方法をまとめてみました。

日焼けあとのケアについて

夏場など太陽の日差しが強い時に外出をしてしまうと日焼けあとが残ってしまうことありますよね。外出の時にしっかり日焼け止めをしたはずなのについてしまうのもよくあることです。そんな時にどうすればいいかというと、肌を守るために大切なのは、そのあとのアフターケアなのです。

時間が経ってしまえば、肌というのは色が落ち着いてくるので、すぐにケアをしてあげるのが、重要なのです。保湿や身体の中から水分を補給したり、出来ることはしっかりやりましょう。そうすれば、肌も日焼けする前のキレイな状態に戻せることでしょう。

日焼けあとは怖くない!当日にすべきこと

冷やす

日焼けはやけどの一種なので、まず第一に冷やすことをおすすめします。冷水に患部を冷やすか、日焼けが全身にあるのであれば、水風呂に入ることもいいでしょう。ただ、日焼けあとを酷くならないようにするために冷やすので、身体自体が冷えすぎないように気を付けましょうね。

また、日焼けあと直後にお風呂に入ると痛く感じることはありませんか?やけどと一緒なので、あまりお湯はおすすめできません。まず患部を冷やしたあとにタオルなどで覆い、可能であれば、保冷剤などで冷やしておくことが効果的であるといわれています。

たっぷり保湿をする

日焼けあとはしっかり保湿しましょう。皮膚が乾燥していることが多いので、しっかり保湿することで、元の状態に戻すことができるのです。しかし、日焼けの症状が酷い時には、めまいがしたり、頭痛を感じることがあるといいます。そんな時にはすぐに病院に向かい対応してもらいましょう。

また症状によって対応も変えた方がいいでしょう。ヒリヒリ痛く、日焼けあとが赤く残ってしまっている時には、軟膏を塗る方がいいでしょう。化粧品などはしみて痛く感じます。痛みを感じない時は、化粧水と乳液をたっぷり使い、保湿をまんべんなく行いましょう。

水を多めに飲む

水を多めに飲むことも日焼けあとのアフターケアとして重要です。皮膚なので、水分は関係ないのでは?と感じる方もいると思いますが、内側からも潤いをもたらすためには、中から水を補給することが有効なんですよね。そうすることで、肌の潤いを取り戻すことが出来ます。

また、水分を多めに飲むことで、新陳代謝を向上させる効果が期待できるので、日焼けをした皮膚を早く治すことが可能になるのです。そして、潤いを与えることは、美肌の効果も得られるので、とても効果的なアフターケアだといえます。

早く寝る

ケアを怠らずしっかりしたあとは、早めに寝ることをおすすめします。日焼けした直後は、肌だけではなく身体全体も疲れています。日焼けをすれば、肌や健康の大敵である活性酸素が多く生み出されているので、その排出のためにも早く寝るのを心掛けましょう。

また早く寝ることは新陳代謝を向上させ、肌のターンオーバーを手助けしてくれます。そうすることで、肌の赤みをすぐになくし、メラニンを排出してくれるので、早めの睡眠は美肌をキープするために必ず意識した方がいいのです。

痛み別日焼けあとのケア方法

我慢できない痛みの場合

日焼けが酷くなると、身体を蝕んでしまうこともあるというから注意が必要です。頭痛やめまいなど、身体に影響を与え始めたら、病院にいくことをおすすめします。また水ぶくれなどの症状も出始めたら、自分で処理せず最寄りの皮膚科に向かいましょう。

自己処理をしてしまうと、余計に悪化したり、症状が長引いてしまう可能性があるので、おかしいと感じた時には、すぐに病院に向かい、処方してもらいましょう。そのあとはお医者さんのいう通りにケアを行えば、元に戻ると思うので、しっかり治していきましょう。

ヒリヒリ痛い場合

水ぶくれや頭痛などの異常がなくて、皮膚がヒリヒリ痛い場合には、軟膏を塗るのをおすすめします。日焼けをすると皮膚が乾燥して、赤みがかってかゆい状態になるので、まずは保湿をしっかり行うことが重要です。化粧水などで、保湿をするとヒリヒリ痛いところにさらに刺激を与える結果になるので、辞めておきましょう。

また、軟膏を使用する際には、ステロイドの成分が入っていないものを選びましょう。ステロイドは副作用の発生が懸念されるので、使用は控えるようにしましょう。軟膏を塗り、大人しくしていれば、きっと早く治っていくはずなので、こまめに行っていきましょう。

痛みはない場合

日焼けをしたが、痛みもない場合などには、化粧水でしっかり保湿を行いましょう。気持ちいつもより多めに化粧水を使うことで、保湿を与えて、肌に潤いをもたせましょう。化粧水で水分補給をしたあとは、乳液で蓋をするように保湿します。

化粧水は敏感肌用のものを使うと刺激も少なく、素直に肌に浸透させることが出来ます。そして、できるだけ冷蔵庫に冷やして、冷たいものを使用すようにしましょう。冷たいものであれば、患部を冷やす効果も期待できるので、日焼けあとも治るのが早くなるといいます。

日焼けあとを消す方法

生活習慣を整える

日焼けあとを消すのに一番大事なアフターケアが、生活習慣を整えるということです。生活リズムを整えることで、新陳代謝の向上を促してくれるので、肌のターンオーバーを正常に行えるのです。もし、夜遅くに寝るというのを繰り返していると、治らない可能性もあるので、しっかり睡眠は取りましょう。

また栄養バランスが悪い食生活を過ごしていては、血行の促進が悪くなり、日焼けあとが治りにくくなるといわれているので、改善をしていく必要があるでしょう。ちなみに血行の促進を促したい場合には、湯船にしっかりつかることで、自然とよくなっていくので、実践していきましょう。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

ビタミンをとる

レモンなど果物や野菜に多く含まれているビタミンは、肌のメラニン色素を分解してくれる働きがあるのです。そのため、日焼けあとが気になる方は、ビタミンを意識的に多く摂るようにしましょう。そうすることで、美肌にすることができますし、気付いた頃には、日焼けも消えていることでしょう。

また、内側からは、果物や野菜、サプリメントなどでビタミンを摂取し、外側からもビタミンが含まれている化粧水を使えば、効果を実感することができるでしょう。内と外、二つの方向からビタミンを摂ることで、日焼けあとも早く治るようになってくるでしょう。

ヨーグルトパックをする

今、お肌にとてもいいとされているのが、ヨーグルトパックです。ヨーグルトにはお肌にいいものがたくさん含まれていて、中でも注目なのがフルーツ酸と乳清の成分です。フルーツ酸には古くなった角質層を取り除く作用があるのでくすみやシミ対策に効果を発揮するといわれています。

また乳清は成分が肌に近いもので、自然になじむことで、保湿力を高めるといわれています。このことから日焼けあとにも効果があると話題になっているのです。またヨーグルトと何かを混ぜることで、効果がさらに増幅されて、肌にとてもいいと噂されています。

例えば、ヨーグルトと緑茶。くすみやザラツキがなくなり、潤いを与えるといわれています。そして、今人気なのが、ヨーグルトとココアです。これはテレビでも話題になり、2週間で21歳ほど肌年齢が若返った方がいるというから驚きです。

アロマジェルを塗る

アロマジェルには保湿成分がたくさん含まれているので、日焼けあとにはとても嬉しいものです。またアロマジェルには種類も豊富で、それぞれが違う効果を与えてくれることもあるので、選ぶのが楽しいですよね。全てお肌にとっていい効果を発揮してくれるので、一度は試した方がいいでしょうね。

またアロエのジェルは、冷却作用と抗炎症作用があるといわれ、日焼け後のお肌に優しく、ケア効果が高いと人気があります。その他にも抗炎症作用のあるラベンダーも日焼けあとに効果があるとされ、重宝されていますね。香りもそれぞれいいので、つけるだけでも癒しの効果があるのもアロマジェルの利点ですね。

ローションタイプの化粧水がおすすめ

日焼けあとに使って欲しい化粧水は、ローションタイプがおすすめです。通常の化粧水に比べ、保湿成分が多く含まれていて、肌にピッタリ吸い付くローションタイプは、潤い方が他とは違うといいます。肌には水分が必要になるため、こういった保湿成分たっぷりの化粧水は嬉しいものです。

またそのローションタイプに加え、ビタミンCが含まれていたら、さらに効果が期待できます。肌の潤いに加え、メラニンの分解を促してくれる効果が追加されたのであれば、日焼けには絶大な効果が発揮されることでしょう。

消えるまでの期間はどれくらい

一般的に日焼け後、2~6時間ほどで皮膚が赤くなるといわれています。そして、3~8日ほどで浅黒い色になるのです。新しい肌になるための代謝活動で、肌のターンオーバーが行われます。正常に行われれば、28日間で治るとされています。

そのターンオーバーを正常に行うためにも、日頃から睡眠をよく取り、栄養バランスを考え、血行を促進をし、化粧水をしっかりつけることの繰り返しを行う必要があります。そうすれば、早く日焼けあとが消えて、美肌に生まれ変わることでしょう。

日焼けあとをシミにしないための対策

新たな日焼けをしない

日焼けをしたあとに、シミにならないようにするには、新たに日焼けをしないように気を付けましょう。何度も紫外線を浴びれば、その分メラニン色素の量も増えていきます。そうならないように、できるだけ紫外線を防ぐ努力をしましょう。

紫外線予防として、日焼け止めクリームを使うのも有効ですが、一番は紫外線を浴びないことです。外出する際に、帽子や日傘を使うようにして、出来るだけ日光を遠ざける工夫をしていきましょう。そうすることで、お肌にシミが出来ないように守ることが出来るのです。

美白ケアも忘れずに

時間も経ち、赤みが収まったとしても即美白ケアをしないように気をつけましょう。痛みを感じることもあるので、使う時は慎重にしましょう。そして、日焼けのあとは乾燥しがちで、肌の栄養が損なわれることがあります。そうならないように潤いを与えて、健康な肌を保ち続ける努力をしましょう。

また美白ケアには、美容液がおすすめです。保湿成分や美白成分が豊富に含まれているので、ケアがとても楽になります。そして、ビタミンCなどの成分が含まれているものもお肌には嬉しいものです。お肌が喜ぶ成分を使うことで、シミ対策になっていくので、実践していきましょう。

皮は無理にはがさない

日焼けが収まって皮がむけそうなタイミングが訪れますが、無理にはがしては、シミの元になるので、むきたい衝動に駆られても絶対にむかないようにしましょう。自然と肌のターンオーバーで、皮膚が変わってくるので、そっとしておきましょう。

もし、むいてしまったという方は、化粧水やボディークリームを塗ったりして、潤いを保つようにしましょう。何もせずに放っておくと、むき出しの皮膚は敏感に紫外線に反応して、シミになってしまう可能性も出てきます。

日焼けあとを残さない!正しい日焼け止めの塗り方

塗る量が大事

日焼け止めの適量は1平方センチあたり2mgといわれています。この量をつけて日焼け止めのSPF値・PA値が表示通りの効果を発揮するとされているので、覚えておきましょう。顔全体だと、およそ0.8gが日焼け止めの効果的な適量とのことで、これは500円玉の大きさと同じくらいの量ですね。

この量を一度に塗るのは難しいので、半分の量を2回に分けて重ね付けをして、適量を使うことで日焼け止めの効果を最大限に引きあげていく工夫をしていきましょう。そうすれば、日焼けあとも残らずきれいな肌を保つことができるでしょう。

必ず塗り直す

出掛ける前に日焼け止めを塗ったからといって、安心してはいけません。時間が経過してくると汗や皮脂の影響で、日焼け止めが崩れてくるのです。そうすると肌が紫外線にさらされてしまうので、シミになる危険性が高まってくるのです。

そうならないようにするために、2~3時間おきに日焼け止めを塗り直していきましょう。外出先にも日焼け止めを持っていき、もし持っていくのを忘れても、コンビニやドラッグストアでもお手軽に購入することが可能なので、必ず所持しておきましょう。

日焼けあとはアフターケアを充実させて

いかがでしたか?日焼けあとには日常的なケアから野外でのケアは勿論、少しの気遣いが将来の肌年齢に大きく左右してきます。本記事を参考にしていただいて、今回の記事が皆さんのお役に立てれば幸いです。

合わせて読みたい!