米ぬか洗顔で肌がつるすべに!シミやニキビにも効くそのスゴイ効果とは?

最近話題の米ぬか洗顔。でも、実際にどのようなものなのかご存知でしょうか。米ぬかには様々な栄養素が豊富に含まれているため、洗顔に活用すると手軽に美肌を手に入れることが出来るとされています。また、洗顔以外にもパックや入浴剤としても活用することが可能です。ここでは米ぬか洗顔の効果ややり方、活用方法、作り方などについてご紹介していますので、興味がある方はぜひ参考にしてみてくださいね。

米ぬか洗顔ってどんなものなの?

米ぬかの美容効果が話題になっていますが、そもそも米ぬかとはどのようなものかご存知でしょうか?米ぬかとは、玄米の胚芽とぬか層が粉上になったもので、お米の主要な成分であるビタミンやミネラル、食物繊維といった栄養素が凝縮されて豊富に含まれているものです。

米ぬか洗顔とは、この米ぬかを活用して洗顔する方法です。昔の日本では、米ぬかを使用して洗顔している人がほとんどでしたが、最近改めて見直され始めた洗顔方法と言えますね。米ぬかで洗顔すると、米ぬかに含まれている豊富な栄養素が肌へ効果的に働いて美肌効果を実感できるとされています。

米ぬか洗顔の効果ややり方、作り方などを知って、美肌を手に入れてしまいましょう!

米ぬか洗顔の効果について知りたい!

肌がツルツルしっとりに

米ぬか洗顔を始めた方でまず実感できるのは、肌がしっとりツルツルになるというものです。これは米ぬか自体に毛穴の汚れを落としてくれる効果があるため、肌がふんわり柔らかくなることで実感できるとされています。また、米ぬかに含まれるビタミンB2などが持つ保湿効果も大きく影響しています。

さらに嬉しいことに、米ぬかに含まれるビタミンB2には毛細血管を丈夫にして、血行を良くするという効果も期待出来ます。そのため、米ぬか洗顔を続けることで、栄養や水分が顔全体に行き渡りやすくなり、化粧水の浸透もグンと良くなる効果が期待できるとされています。

シミやくすみが薄くなる

米ぬかには美白に効果的とされているビタミンCとビタミンB2が豊富に含まれています。ですが、これだけだと市販の美白化粧水などと変わらないですよね。米ぬかが美白に効果的とされている理由はこれだけではもちろんありません。

米ぬかにはビタミンの他に、脂質成分やセラミドといった肌にビタミンを浸透させやすくする成分も含まれています。そのため、市販の美白化粧水などと比較すると格段に肌への浸透率が高く、その分効果も実感できやすくなっているのです。

また、これらの成分のほか、米ぬかには抗酸化作用を持つオリザノールという成分が含まれています。このオリザノールにより、シミや黒ずみの原因となるメラニン色素の増加が抑えられるだけではなく、アンチエイジング効果も期待出来るとされています。

ニキビ予防にも

ニキビの予防に大切なのは、皮脂汚れをしっかりと落とすことですよね。ただ、顔に必要な皮脂まで落としてしまうと肌荒れの原因となりますから、その加減が非常に難しいところです。

米ぬかは、非常に強い洗浄力を持ちます。その洗浄力は市販の洗剤と同等とも言われるほどです。「そんなに洗浄力が強かったら、肌が乾燥して荒れてしまうのでは?」と思ってしまいがちですが、米ぬかには20%程度の油分も含まれています。この油分により顔の乾燥が防がれて、洗顔後もつっぱり感を感じることはありませんし、高い保湿力も期待出来るのです。

ニキビ予防に嬉しい皮脂汚れの解消と保湿効果を併せ持つ米ぬか。ニキビ専用の洗顔料などを使用していてもなかなか効果が得られないという方は、一度米ぬか洗顔を試してみても良いかもしれませんね。

米ぬか洗顔のやり方は?

米ぬかをそのまま使用する

米ぬかを使ってヘルシーなパンを作りました

1)まずスプーン1杯から2杯程度の米ぬかを手のひらに取ります。
2)ぬるま湯(水でも可)を適量加え、指の腹の部分を使用してよく混ぜましょう。
3)混ぜた米ぬかを顔に伸ばして、優しくクルクルとマッサージしていきます。

とても簡単な方法なのですが、この方法だと米ぬかがスクラブ剤のように肌に刺激を与えるため、痛くて続けられないという方が少なくありません。もしこの方法で洗顔を行うのであれば、肌へのダメージを少なくするためにも毎日は行わないようにすることをオススメします。

ぬか袋を使用する

1)ぬか袋を用意します。昔ながらのぬか袋はさらし木綿の布を袋状に縫って作ったものですが、ハンカチやガーゼなどでも代用可能です。
2)ぬか袋の中に、大さじ3杯から4杯程度の米ぬかを入れて、袋の口の部分を紐で縛ります。
3)中から白い液が染み出てくる程度まで、お湯を含ませましょう。
4)ぬか袋を顔に優しく押し当て、皮脂の多い額や小鼻周辺、顎などを中心に滑らせるように洗顔していき、最後にぬるま湯で洗い流します。

少し手間はかかりますが、米ぬか洗顔を行うのであれば断然こちらの方法をオススメします。週に1回から2回程度行うことで、肌がツルツルになっていくのを実感出来るはずですよ。

米ぬか洗顔の注意点

ぬか袋で米ぬか洗顔を行う場合は、一度使用したらぬか袋の中身を捨てて、使うたびごとに新しいものと交換するようにしてください。また、米ぬかは非常に痛みやすいです。冷蔵庫で保存する場合は2週間から3週間程度、冷凍庫でも1ヶ月から2ヶ月を目安に使い切るようにしましょう。

米ぬかは洗顔以外にも使える?

米ぬかパック

1)洗顔時と同程度か少し多めくらいの米ぬかを用意します。
2)水で伸ばしてから、はちみつとヨーグルトを少量加えます。
3)よく混ぜてから、肌に満遍なく伸ばしていきましょう。
4)5分から10分ほど放置した後、蒸しタオルで優しくふき取ります。
5)ぬるま湯で洗い流して終了です。

臭いが少し気になるところではありますが、米ぬか洗顔で慣れてくると抵抗なく行えるようになります。ピーリング効果のあるヨーグルトと保湿効果のあるはちみつを加えることで、米ぬかの保湿効果と相まってさらにしっとり感を実感出来るようになります。ただ毎日行うと肌に負担をかけてしまいますので、週に2回から3回程度を目安に行うようにしてください。

入浴剤としてもOK

1)ぬか袋に米ぬか500gから600g程度を入れます。
2)お風呂に浮かべて、ぬか袋を揉みます。
3)米ぬかの成分がお風呂に染み出して、しっとりすべすべ効果のある入浴剤に!

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

ニオイが気になりますので、行う場合は家族などに迷惑をかけないタイミングで行うようにしてください。また、使用するぬか袋ですが、ぬか袋の準備が大変なようでしたら、100均で打っているお茶パックや使い古しのストッキングでも代用可能です。

食べて内側からキレイに!

米ぬかココナッツコーヒークッキー

米ぬかにはビタミンやミネラル、食物繊維などが豊富に含まれているため、食べて直接摂取するのもオススメの方法です。ただ、米ぬかをそのまま食べるのは少し抵抗がありますよね。クッキーを作る時にひとさじ分加えてみたり、ヨーグルトやミルクにきな粉代わりにかけたりするだけの簡単レシピでも十分ですから、ぜひ試してみてください。

ただし、食用として使用する場合は、購入の際に無農薬の米ぬかを選ぶようにしてください。農薬を使用している米ぬかだと、米ぬかと一緒に農薬も摂取することになっていまいますので注意が必要です。

米ぬか洗顔は自分で作れる?

まず米ぬかを調達しよう

米ぬか洗顔を行うためには、まず米ぬかを調達する必要があります。米ぬかはお米を精米する際に出来るものですから、お米屋さんで分けてもらうことが可能です。近所にお米屋さんがない場合は、スーパーやネット通販などで購入することが可能ですのでぜひ探してみてください。

米ぬかを選ぶ際のポイントは、まず新鮮な米ぬかであること。そのためにはお米屋さんで買ったり、自宅用精米機で玄米から精米したり、コイン精米所で精米して米ぬかを持ち帰るといった方法がオススメです。

どうしてもスーパーで購入せざるをえない場合は、米ぬかの用途をよく確認してから購入するようにしてください。「ぬか床用」のものは塩や唐辛子が混ぜ込んであるため皮膚に使用するととても染みます。「生ぬか」または「炒りぬか」を購入するようにしてくださいね。

洗顔用のぬか袋を準備

日本古来の方法で行うのであれば、さらし木綿の布を用意して袋を作りたいところ。ですが、なかなかさらし木綿の布が準備出来ないという方は、ガーゼで代用するのがオススメです。ガーゼであればドラッグストアで簡単に調達出来ますし、赤ちゃん用品店でも購入することが可能です。

ガーゼを使用する場合は事前に袋を作っておく必要もなく、使うたびに米ぬかをガーゼで包んで、輪ゴムで口を縛れば良いだけなのでとても簡単です。

米ぬかスキンケアは「美人ぬか」がオススメ!

洗顔料

(1)美人ぬか

米ぬかが持つうるおい効果と、木綿の程度なマッサージ効果による相乗効果で、肌のキメが整ってツルツルになります。洗顔だけではなく、全身にも使用することが可能です。「使用して毛穴がなくなった」「肌のくすみがなくなった」「明らかに肌が白くなった」などの口コミが非常に多く、米ぬかの持つ美肌効果を実感しやすい製品となっています。

Amazon のドラッグストア・洗顔フォームランキングで52位でした。

(2)純米洗顔

米ぬかセラミドによる保湿効果と、米ぬか水が配合された保湿力の高い洗顔フォームです。濃密な泡が肌を包んでしっかりと汚れを落としてくれます。洗顔ネットを使用すると強い弾力の泡が手軽に作れますので、使用の際は洗顔ネットを使用するのがオススメ。洗い上がりのすっきり感と美白効果で長期に渡る愛用者も少なくありません。

化粧水

(1)純米角質柔軟水

米ぬかセラミドが配合されているため、乾燥肌の方でも問題なく使用出来ます。また、米ぬか成分により肌のくすみの原因になる古い角質がすっきりと取り除かれて、肌のざらつきが解消され透明感のある柔らかな肌になっていきます。ふき取り化粧水ですので、洗顔後コットンにとって、優しく肌を拭き取るようにしてください。

Amazon のドラッグストア・化粧水ランキングで8位でした。

(2)純米美白化粧水

高いうるおい効果と美白効果により、日焼けによるシミやソバカス、肌荒れを防止し、みずみずしさの溢れる透明感のある白い肌に導きます。使用して1週間ほどで肌質に変化が出てきたとの口コミもあり、その効果の高さは期待以上です。香りも良く使用感がさっぱりとしていることも人気の秘密かもしれませんね。

Amazon のドラッグストア・化粧水ランキングで70位でした。

乳液

(1)純米乳液 しっとり乳液

コクのあるトロリとした感触が特徴の乳液です。乾燥肌にオススメで、1度使用するだけでそのしっとり感を実感することが出来ます。ドラッグストアで購入出来ることに加え、お値段も手頃なので乾燥対策に使用する方は少なくありません。

Amazon のドラッグストア・乳液ランキングで23位でした。

(2) 純米潤いクリーム

乾燥や肌荒れがきになる方にオススメの高保湿クリームです。保湿効果が非常に高いのに、夜寝る前にたっぷりと使用しても翌朝はサラサラになっているというのも魅力的なポイントですよね。また、化粧前であっても薄めに使用すればべたつかないどころか、化粧ノリや持ちが良くなるという優秀な一品です。

Amazon のドラッグストア・クリームランキングで138位でした。

米ぬかを活用して理想的な肌へ!

米ぬかを使った美容方法は、源氏物語にも登場しています。古来から日本の女性の美容方法として親しまれてきた米ぬか。時代の流れとともに米ぬかを活用する方は減ってきていましたが、ここへきて米ぬかの持つスゴイ美容効果が見直され始めています。

米ぬか洗顔は準備もそこまで大変ではありませんし、やり方もとても簡単ですから興味のある方はぜひ試してみてください。また、自分で用意するのが手間だなと感じたら、市販の製品を使用するという方法があります。

米ぬかを使用したスキンケア製品は、ここで紹介したものだけではなく、様々なメーカーからたくさんの製品が販売されています。ぜひ色々試してみて、ご自分の肌に合った製品を見つけてみてくださいね。米ぬかを活用して、手軽に理想的な肌を手に入れてしまいましょう。

合わせて読みたい!