目の下の シミ出来る原因と予防法をご紹介します。

若い時はなかった目の下のシミ、年齢を重ねると「こんなにシミが?」ってことになりかねません。シミの原因や予防方法をご紹介します。シミのない、健康的な肌になるために是非参考にしてみてください。

目の下のシミどうしてできるの?

目の下のシミの出来る原因って?どうしてシミができるのか、普段の何気ない生活の中にシミのできる原因が沢山あります。目の下のシミができる原因を知っておくと、出来ないように予防する事ができ、出来てしまったシミの対処法もしやすくなります。健康的な若々しい美肌を目指しましょう。

シミの原因は?

シミの一番の原因は紫外線

紫外線を英語でUltraVioletと言い、一般的にUVと言われています。UV-A,UV-B,UV-Cの3種類があり、その中のUV-AとUV-Bがシミの原因とされています。

UV-Bは皮膚の表面に届き、眼に有害で、日焼けや皮膚がんの原因になり、UV-Aは長時間紫外線を浴びることにより、皮膚奥深くの細胞を傷つける為、シミやシワ、タルミなどの「肌の老化」を引き起こす原因と言われています。

摩擦や圧迫なども原因

顔の中でも目元は特に皮膚が薄く、外からの刺激に敏感です。クレンジングや洗顔でゴシゴシ激しくこすったり、タオルでのふき取りでゴシゴシすると、刺激によって、メラニンが発生しシミの原因にまた、肌も傷ついてしまいます。

優しいケアーをすることをお勧めします。アイシャドウーなどのメイクによる色素沈着も原因の1つだと言われています。メイク落としも丁寧に優しく行いたいですね。

目の下のシミの予防法は?

皮膚も薄く、紫外線も当たりやすい目の下のシミをどうすれば予防できるのか?自分でできる予防法をご紹介します。家でのケアや外出する時の注意点など、ちょっとの工夫で紫外線を予防できます。これから、シミを作らないために是非、参考にしてみてください。

身体の中からシミ対策

身体の中からシミ対策しましょう。シミに効くと言われているのがビタミンC・ビタミンB2・ビタミンE・Lシステイン・アスタキサンチンです。その中でもビタミンCがシミに効くと言われています。

ビタミンCが豊富な野菜は緑黄色野菜です。トマト、ブロッコリー、カボチャなどです。ビタミンCが豊富な果物は、レモン、イチゴ、キウィフルーツ、柿などです。毎日の食事に取り入れたいですね。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

肌を傷つけない為のクレンジング方法

メイクの落とし方でシミができやすくなります。目元の皮膚は薄く傷つきやすい為、ゴシゴシ洗いはやめましょう。また、摩擦もシミの原因になると言われていますので、タオルで包み込むように軽く拭くのがお勧めです。

クレンジングには、オイル、ミルク、ジェルの種類があります、時と場合により、クレンジングを変えることも大切です。普段使いのクレンジングには、肌の潤いが残せるミルクがお勧めです。

屋外での紫外線カットの方法は?

外出すると紫外線が顔に直接当たらないように帽子やサングラス、マスクなどでガードする事をお勧めします。長い時間外にいると、紫外線は皮膚奥深くに届きます。その結果メラニン色素が活発になり、シミの原因になってしまいます。

長時間外にいる場合は、特に気を付けましょう。紫外線は目からも入ってくると言われています、UVカットができるサングラスなどを積極的にかけましょう。

屋内って紫外線カットって必要?

紫外線は窓を通り抜けて、私たちの身体に入ってきます。部屋の中だからと言って安心してはいけません。UVカットが期待できるカーテンや窓にUVカットのフィルムを張るのもお勧めです。部屋の奥にいれば大丈夫だと安心してしまいがちですが、紫外線は屈折して入ってくると言われています。

朝起きたら、UVカットのクリームなどを顔に塗ると良いでしょう。紫外線をカットして、シミを予防しましょう。

シミを予防するスキンケアーは?

スキンケアーはどう選べばいいのでしょう

シミ予防にはスキンケアーが大事だとも言われています。シミができないように予防するのは勿論、出来てしまったシミにも美白ケアーは大事です。シミに効果のある美白化粧品として、ハイドロキシン、トレチノインが一般的ですが、刺激が強いので目の下のシミには強すぎると言われています。

そこで、ルミキシルが非刺激性のため敏感な目の下のシミにお勧めのスキンケアーです。優しく丁寧に行いましょう。

肌をいたわりながら優しくやりましょう

化粧水、乳液、美容液をパンパンと激しくつけるのではなく、肌の中に入れ込むイメージで優しく行うことをおすすめします。刺激を与えないように優しくつけることが皮膚の薄い目の下にはお勧めです。

シミに有効な成分が入ったスキンケアー商品も沢山販売されているので、自分の肌に合ったスキンケアー
を選ぶことが大事です。しかし、つけ方が激しく荒かったりすると、刺激が原因でシミになる恐れもあるので注意しましょう。

シミができないように予防をしましょう!

いかがでしたか、出来てしまったシミやシミの予備軍にも負けないスキンケアーで是非美肌を目指しましょう。身体の中からシミに対抗できるように整えることも大事です。ビタミンを多くとるなど、自分でも出来るケアーを心掛けましょう。

合わせて読みたい!