老人性色素斑は治療できる!原因の8割が紫外線?費用は?イボや肝斑は?

年齢とともに、ちょっと気になりだしたシミ。これって老人性色素斑てやつ?と思っている人に、老人性色素斑とはどのようなもので、どういった治療法があるのかを紹介します。

老人性色素斑はただのシミとは違うの?

シミには色々な種類がありますが、老人性色素斑は、紫外線が主な原因で出来るシミのことです。「日光黒子」とも呼ばれます。海水浴のあとに背中に出来るものは、「光線性花弁状皮膚炎」と呼ぶこともあります。

40代以降でだんだん増えてきて、60歳以上になるとほとんどの人に出るといってもいいシミですが、若ければ出来ないかというと、そうではありません。20代でも発症することがあります。

女性が一番気になるシミの種類といっていいでしょう。褐色のシミですが、形も濃淡も様々で、自然消滅することはあまりありません。

[blogcard url=”http://mitakabiyou.com/senile-pigment-freckle/”] [/blogcard] [blogcard url=”http://www.simi-biyo.com/#main01_1_1″] [/blogcard]

老人性色素斑が出来る原因とは?

老人性色素斑とは何ともイヤな名前ですが、紫外線を浴びるとなぜシミになってしまうのでしょうか。その理由を説明します。

メラニンがたくさん作られるから

老人性色素斑は、紫外線を浴びたところに出来るシミです。紫外線を浴びると、皮膚を守ろうとして色素細胞であるメラニン細胞が活性化し、メラニン色素が大量に発生します。

このメラニンを取り除かずに放置すると、色素が沈着してシミになるのです。つまり、今出来ている老人性色素斑は、5年~20年前に浴びた紫外線による影響だということです。

[blogcard url=”http://www.yamate-clinic.com/simi1.html”] [/blogcard]

「光老化」による細胞の老化

紫外線はメラニン色素を発生させるだけでなく、表皮、真皮と肌全体に影響を及ぼします。老化現象自体は、自然なもので防ぐことは出来ませんが、紫外線を浴びることで老化が進行してしまうのです。

肌がごわごわして、表皮の厚さも均一でなくなります。そうすると肌のターンオーバーにも影響しますから、新陳代謝が落ちればシミも出来やすくなるということです。

紫外線の恐ろしいところは、すぐに変化が出るわけではないという点です。紫外線を浴びる部分の老化原因の8割は、光老化にあると言われるほど、紫外線は肌にとって悪影響を及ぼすものなのです。

[blogcard url=”http://jp.rohto.com/learn-more/sun-care/column/relation/”] [/blogcard]

老人性色素斑の治療法を知りたい!

できてしまった老人性色素斑は、放っておいても消えてはくれません。では、どのような治療法があるのかを紹介します。

老人性色素斑の治療はレーザー治療が主流

老人性色素斑を根本的に取り去るには、レーザー治療がもっとも効果的、かつ有効な治療方法であるとされています。紫外線によって老化してしまった表皮の異常細胞を破壊して、正常な細胞に置き換えます。

「Qスイッチ・アレキサンドライトレーザー治療」という治療法は、1億分の1秒という短い時間で、強力なエネルギーを発生させることにより、メラニン細胞を熱破壊するという方法でシミを取り除きます。

正常な表皮の細胞・真皮・血管・皮下組織には影響を与えることなく、老化した異常な表皮細胞とメラニンを過剰に発生させる色素細胞だけを、集中的に破壊することが出来る治療法です。

レーザー照射後はかさぶたができますが、1〜2週間で落ちてなくなります。その後「炎症性色素沈着」といって、別のシミが出てくることが多いため、ハイドロキノンとトレチノインという、美白剤を塗って治療を続けます。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

約3ヶ月〜半年ほどで、ほとんどのシミは消えるでしょう。シミによっては、レーザーで取り除くことが出来るのかの照射テストを行う場合もあります。

[blogcard url=”http://www.yamate-clinic.com/simi1.html”] [/blogcard]

皮膚科で処方される外用薬で治療する

通常の美白化粧品ではシミは消えませんが、皮膚科では薬用の美白剤を処方してもらえます。

◆トレチノイン
ビタミンA誘導体であるトレチノインを塗って、老人性色素斑の治療を行うことが出来ます。しみそのものに効いて取り除くというわけではなく、表皮のターンオーバーを正常化することによって、メラニンを取り除くことができます。

メイクも出来ますが、治療中は皮が剥けたり皮膚が赤くなることもあります。トレチノインが効いているという証拠なのですが、定期的に肌の状態を診てもらいながら、治療を続けることが大切です。

あまり長期にわたって使用すると効果が出にくくなるので、2ヶ月使ったら1ヶ月休むというように、インターバルをおいて治療していきます。

◆ハイドロキノン
肝斑の治療などにも使われる塗る美白剤です。ハイドロキノンには、メラニン色素を作りにくくする効果があるというものなので、レーザー治療後の色素沈着予防のために使われています。これだけで、老人性色素斑を消すことは難しいようです。

[blogcard url=”http://www.simi-biyo.com”] [/blogcard]

フォト治療とはどんな治療法?

日本人の肌のために開発されたという治療法で、痛みが少ないというのが特徴です。カメラのフラッシュのような優しい光(IPL)は、520〜1100nmという広い波長の光で、これを顔全体に照射することによって、シミを取り除いていきます。

また、この光は真皮まで到達してコラーゲンの生成を促進する作用があり、肌のハリを取り戻すなどワンランク上の美肌治療のひとつとされています。顔だけでなく、手や腕、背中の広いシミの治療などにも使われています。

[blogcard url=”http://www.the-clinic-nagoya.com/menu/limelight.html”] [/blogcard]

老人性色素斑の治療費はいくらかかる?

老人性色素斑の治療は、基本的に保険は適用されませんので、すべて自費診療です。シミの大きさやレーザーを当てる範囲にもよりますが、だいたい1回1万円〜2万円程度のところが多いようです。

[blogcard url=”http://mitakabiyou.com/senile-pigment-freckle/”] [/blogcard] [blogcard url=”http://www.yamate-clinic.com/price.html#simi”] [/blogcard]

老人性色素斑以外に気をつけるべき肌トラブル

老人性色素斑以外にも、老化によって起こる肌トラブルが他にもあります。どんなものがあるか知っておくと安心ですね。放っておいてもなくならないので、気になる場合は皮膚科で相談してみましょう。

老人性色素斑と見分けにくい肝斑

肝斑とは両頬に広がるシミで、女性ホルモンとの関わりがあるとされています。30〜40代で増えてきます。出来る場所が紫外線を浴びやすい場所であるため、老人性色素斑と重なっていることも多く、濃いシミの下に肝斑が重なっていると気づきにくいシミです。

飲み薬で治療することが可能ですが、肝斑なのか老人性色素斑なのか、シミの種類を確認して適切な治療を行うことが大切です。

[blogcard url=”https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_transino/transino-2/kanpan/”] [/blogcard]

脂漏性角化症とはどんなもの?

老人性イボとも呼ばれるもので、30代以降から徐々に見られるようになり、高齢者のほとんどが出来るであろう腫瘍の一種です。手のひらと足の裏以外にはどこにでもできる腫瘍ですが、顔や手など紫外線を浴びる部分に出来やすいものです。

単なるシミではなく、少し盛り上がったような状態になっており、かゆみを伴う場合があります。皮膚科で取り除くことが出来るので、大きくならないうちに早めに医師に相談してみましょう。

http://skintumor.jp/page-type/い-ぼ/

老人性色素斑は治療できるシミ!

老人性色素斑は、レーザー治療でほぼ消すことが可能だとされています。ただ、たくさん出来てしまったり、シミが濃くなると治療に時間もお金もかかってしまうので、出来るだけ早めのケアをしたいですね。

老人性色素斑を作らないためには、今からのスキンケアがとても大切です。今浴びた紫外線が5年後、10年後のシミの元になりますから、若いからといって安心せずに、徹底して紫外線から肌を守って下さい!

合わせて読みたい!