オシャレを諦めない!脇汗のシミからお洋服を守る4つの予防と対策法

クローゼットから出したお気に入りのお洋服の脇に汗シミが…。気づいた時はショックですよね。特に脇のシミは、黄ばみも目立ちます。なぜ脇汗のシミは出来てしまうの?原因を探って対策を徹底的に講じましょう。

脇汗対策でお洋服を守ろう

お気に入りのお洋服、汗ジミができてしまったらショックですよね。特に脇汗のシミは、目立つし、格好悪いもの。なぜ脇のシミはできるの?どうやったら防ぐことができるの?できてしまったシミを落とす方法は?脇汗のシミでおしゃれをあきらめたくないあなたに、秘策をお伝えします。

なぜ脇汗がシミになるの?

まずは脇汗がシミになる原因をつきとめましょう。汗かき体質だから、脇にシミができるわけではないんです。サラサラの良い汗は、むしろたくさんかくべき。脇汗のシミの原因は、ベタベタ汗に含まれる「リポフスチン」という色素にありました。

原因はアポクリン汗腺から

汗を分泌する汗腺には、「エクリン腺」と「アポクリン腺」という2種類があるのはご存知でしょうか。脇汗のシミを作るのは、アポクリン汗腺から分泌される「リポフスチン」という色素成分が原因なのです。

エクリン汗腺から出る汗は、体温調整のための汗。辛いものを食べた時や緊張した時もエクリン腺から汗は出ますが、これらはサラサラしていて色も臭いもありません。ですが、アポクリン汗腺から出る汗は、アンモニアや脂質、たんぱく質なども含むベタベタしたもの。この嫌な汗こそが、シミを作る元なのです。

ですので、汗かきで大量に汗をかく人でも、エクリン汗腺からの汗ならば、汗ジミの心配はないということです。とはいえ、エクリン汗腺は全身にあるのですが、アポクリン汗腺があるのは、脇や耳などに限られます。つまり、「暑くないのに脇からのみの汗」をかいている場合は、アポクリン汗腺からの汗である可能性が高いといえます。

アポクリン腺の汗の主な原因

では、そもそもなぜ暑くないのに、アポクリン腺から汗をかくのでしょうか?その理由は「異性を惹きつけるにおいを出すため」だそうです。昔から人間は体臭がフェロモンのような役割をしていたようです。

進化の過程で退化してきたアポクリン汗腺ですが、脇など一部にその名残があるようです。その他、アポクリン汗腺を刺激する、肉食中心の食生活や、ストレス・緊張などの影響もあると言われています。

実は制汗剤もシミの要因に

そして、実は汗を抑えるために使っている制汗剤もシミの原因になることがあるそうです。人間の肌には常在菌と言われる菌がいて、その菌と制汗剤が反応してシミになってしまうのだそう。

でも人によってその菌の種類は様々で、汗との反応の仕方もいろいろ。ですので、人によってシミができる制汗剤の種類は違うようです。

制汗剤を変えたら、シミができるようになったという場合は、使用を中止して様子を見てみてください。銀イオン配合の制汗剤はシミになりやすいという意見もあります。

エクリン腺の汗が原因の場合も

先ほど通常エクリン汗腺からの汗はシミにはならないとお伝えしましたが、例外もあります。エクリン汗腺のサラサラした汗も、鉄分などが混じって「汗ジミ」の色が濃くなる場合があるのです。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

その原因は、汗腺機能の低下です。普段汗をあまりかかず、エアコンのきいた場所に長時間いる場合や疲労が溜まっていたりすると、こういった悪い汗が発生してしまうのです。半身浴や定期的な運動で、汗腺機能を整えることが大切です。

脇汗のシミをつけないために

では、脇汗のシミをお洋服につけないためには、どのような方法があるのでしょうか。直接的な方法から、間接的な方法まで、出来るものはなるべく試してみたいものですね。

汗脇パッドを使おう

汗ジミ対策に効果的なのが、汗脇パッドを使う方法です。エクリン腺であれアポクリン腺であれ、出てしまう汗を洋服に付着させないためには、物理的に汗をシャットアウトするのが一番。汗は出したほうが健康にはいいですし、かいた汗はすぐに拭き取れば匂いも出ません。

防水スプレーをかける

ノースリーブなどのお洋服で汗脇パッドが使いにくい、パッドはズレそう、などといった場合は、防水スプレーを使う方法もあります。汗染み防止専用のスプレーも売っていますが、靴用などどんな防水スプレーでも大丈夫だそうです。

衣服全体にスプレーすると通気性が悪くなり、かえって汗をかいてしまうので、脇など気になる部分のみにかけるようにしてください。

食生活の見直し

アポクリン汗腺の発汗の原因でもお伝えしましたが、アポクリン汗腺を刺激する食べ物があります。それは動物性のタンパク質です。肉食中心の食事や、脂肪分の多いバターやチーズ、ファストフードやインスタント食品などは控えた方が良い食べ物です。

野菜、果物、植物性タンパク質を多く摂るようにすると自然にバランスの良い食事になり、悪い汗の防止にもつながります。

汗をかいたら拭き取る

制服やドレスなど、すぐに洗えないお洋服の場合は、汗をかいたら、まずは拭き取りをするだけでもシミになることを防ぐことができます。

エマールなどのおしゃれ着洗剤を溶かしたぬるま湯を含ませた柔らかい布を固く絞ったもので、脇など汗をかいた部分を拭き取ります。その後、洗剤成分が残らないように水で絞った布で拭き、最後は乾いた布で水分を拭き取り、陰干しをします。ちょっと面倒ですが、大事なお洋服ならばこの手間でずっと長持ちします。

脇汗のシミができてしまったら

いろいろと予防策はありますが、うっかり着いてしまったお洋服の脇汗のシミ。もう諦めるしかないの?いいえ、そんなことはありません。脇汗の特徴を知った上で、効果的なシミ抜き方法があります。

重曹と酵素系漂白剤で

脇汗の黄ばみは、つまりは皮脂よごれ。皮脂汚れには、弱アルカリ性の重曹で中和して落とすのが効果的です。重曹と、黄ばみやシミに強いワイドハイターなどの酵素系漂白剤を使って洗うと綺麗にシミも無くなります。

<手順>
1. 重曹を脇汗のシミにかけて揉み込む
2. 40度ものお湯に、酵素系漂白剤を入れて、服を浸す
3. 30分ほど漬け込む
4. 浸けた液ごと洗濯機に入れて、洗濯洗剤を入れて通常通り洗う

皮脂汚れですので、脂を溶かす温かいお湯を使った方がよく落ちます。また、汚れがひどい場合は、3の漬け込み時間を一晩おこなってください。

なるべく早くクリーニングへ

洗濯表示で手洗いができないものは、クリーニングに出すのがベターです。洗濯できないものを、家庭でシミ抜きして持っていくと、かえってクリーニングではシミが取りづらくなってしまう、ということもあるので、汗がついたら、なるべく早く出した方が良いでしょう。

ひと手間かけて汗シミ知らず

脇汗がシミになってしまうのは、アポクリン汗腺からのべたっとした汗が原因だったのですね。アポクリン汗腺を刺激しない食生活など地道な対策と、防水スプレーなどの直接的なテクニックで、大切なお洋服を脇汗のシミから守りましょう。

合わせて読みたい!