産後のシミっていつ消えるの?レーザー除去は?おすすめ化粧品3選でケア!

妊娠中は、どうしてもホルモンバランスの影響や紫外線から身体を守ろうとして、防御反応のようにシミが濃くなったりしますが、出産後に徐々に薄くなると聞いていたのに薄くならない…そんな事にならないために知っておきたい、産後のシミのケア方法についてまとめました。育児で大変な時期ではありますが、肌の手入れも頑張っておきたいですね!

産後のシミはどうしてできるの?

妊娠中は、実は妊娠を維持して赤ちゃんの発育を促すために、普段の100倍~1,000倍もの女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)が分泌されているといわれています。

そんなホルモンが、出産を経て元に戻ろうとするため、産後1ヶ月程度はとてつもないホルモン分泌量の低下が起こり、産後はプチ更年期とも呼ばれる、程女性にとって大きな変化が起こっているのです。

そんな産後のホルモンバランスや赤ちゃんのお世話で、睡眠不足などが相まって引き起こされる肌トラブルの代表が「シミ」といっても過言ではありません。そんなシミを改善するために、知っておきたい知識について、おすすめケアアイテムやレーザー除去まで徹底解説しています。

産後のシミやそばかすの原因と種類

まずは、産後にできてしまうシミやそばかすの原因について解説しています。ケアする前に、自分の身体に起こっている変化について知っておきましょう。

シミ・そばかす・肝斑の違い

シミやそばかす、肝斑の違いは何かご存知でしょうか?シミは紫外線などの影響で、肌を紫外線によるダメージから守るために出てくるもので、ポツポツとしたものが20代前後から出てくるようになります。

一方でそばかすは、シミが後天的(外的要因)にできるのに対して、遺伝による先天的要素が関係しているといわれており、思春期前後によく見られる頬や鼻の付け根などに、帯の様に広範囲に小さいものが広がっているのが特徴です。

さらにこれらと違い、肝斑は30代~40代頃によく見られるもので、左右の頬などに対称にぼんやりと広がるものをいいます。肝斑は、さまざまな形で広範囲に及ぶ点も特徴です。これら3つは全て、メラニン色素が肌に沈着して起こるという点は共通しています。

ホルモンバランスの急激な変化

妊娠中には、エストロゲンとプロゲステロンという、2つの女性ホルモンの分泌が急激に増加します。エストロゲンは妊娠中に子宮を大きくしたり、乳腺を発達させるなどの作用があり、プロゲステロンは赤ちゃんに栄養を行き渡らせるために、子宮内膜を厚くする作用があります。

それだけでなく、エストロゲンは、紫外線に対する過敏性の上昇に関わっていて、防御反応としてシミを濃くさせ、プロゲステロンは、メラニン生成を促進する作用があるともいわれています。

それらの影響で、妊娠中はシミが濃くなりやすくなっており、産後はこのホルモン分泌が低下することで、薄くなる人もいますが、そのまま残ってしまう場合もあります。

活性酸素の除去が減少し、シミが定着する

産後にシミが残ったり、逆に増えたりしてしまう要因としては、大きく2つ要因があります。1つはエストロゲンの減少で、増加すると過敏になって紫外線の防御反応を起こす作用がありますが、エストロゲン自体は元々、活性酸素の除去を促す効果もあるといわれており、減少し過ぎることで、シミができる要因となってしまうのです。

そしてもう1つは、いわゆる「色素沈着」です。妊娠中に出来てしまったシミが、メラニンを含む部位の周囲にまで色が定着してしまう事で、減少しない・減らないと感じてしまう要因になるのです。

産後のシミはいつ消える?

産後のシミは自然に消える、薄くなる場合もあります。プロゲステロンの分泌が低下することが要因とされており、メラニンの生成自体が減少することで、徐々に薄くなっていくようです。

いつ消えるかについては、勿論個人差はありますが、プロゲステロンの分泌量が、普段の値に戻っていくのに掛かる期間が、およそ産後1ヶ月~半年程度必要といわれており、その程度の期間は掛かって来るという事が予測できますが、あくまで目安であり、必ずしも消えるとは言い切れません。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

産後のシミ・そばかす対策におすすめの化粧品3選

妊娠中も使えるドクターズコスメ「アンプルール/ラグジュアリーホワイト」

アンプルールのラグジュアリーホワイトシリーズなら、点と面の療法の美白を同時に行う事ができます。また、美容皮膚科などでも取り扱われているような、ドクターズコスメとしても有名で、アルブチンの10倍以上の美白効果があるといわれるハイドロキノンを配合。

熱や光に弱い部分を改善した「新安定型ハイドロキノン」として配合されています。活性酸素の除去にも役立つビタミンC誘導体なども配合されており、妊娠中からでも使用できる安心感のあるコスメです。ただし、肌の敏感な人などは、必ずパッチテストで確認してから使用することをおすすめします。



シミだけでなくシワ対策にも「リペアジェル」

シミだけでなくコラーゲン生成を促し、ハリやツヤをアップさせてくれるリペアジェルもおすすめです。特に、100%植物由来成分で作られており、防腐剤や界面活性剤などの、肌に負担になる成分が入っていない点も魅力です。

小さいながらも、1本でおよそ2ヶ月使用できる、伸びの良さも人気となっています。楽天ランキングでも、2015年に美容液スキンケア部門で第1位になっていて、産後のシミにアプローチしてくれるビタミンC生命体配合で、健康的な肌へ導いてくれます。



低価格で使い続けたいならコレ「ちふれ/美白美容液W」

効果を重視すると、どうしても価格も高額になりがちですが、美白製品は使い続けないと意味がありませんよね。濃くなってしまったシミがターンオーバーで薄くなるには、個人差はありますが、およそ1年程度は必要といわれています。

その期間使い続ける事を考えれば、産後で子供にお金のかかってくる時期ですから、産後シミの対策もプチプラで済ませたいところです。そんな人におすすめなのが、ちふれの美白美容液Wです。

成分としては非常にシンプルですので、即効性には劣りますが、美白成分のアルブチンとビタミンCの誘導体のダブルの効果で、肌を明るく導いてくれます。ヒアルロン酸などの保湿成分も配合されており、使い続けやすい製品となっていますのでおすすめです。

by カエレバ

産後のシミ取りをレーザーでしたい!

美白ケアではなかなか薄くならない産後のシミを、皮膚科でレーザー除去してもらう手順について紹介しています。

産後いつから可能?いつでもいいの?

基本的に、いつからという断定的なものはありませんが、ホルモンバランスが乱れている事や産後の体力回復などを考慮し、レーザー治療を実際に受ける医院で、直接医師に相談するようにしましょう。

レーザーでの除去方法、術後は紫外線に注意

レーザーでのシミ除去は、シミ部分にレーザーを照射して、シミを焼く事で新たな肌細胞の産生を促す方法です。個人差はありますが、若干痛みを伴ったりレーザーの火傷によって、逆にシミが出来てしまうなどのリスクがあることも考慮しましょう。

カウンセリング後に、麻酔などを塗布してレーザーを照射して行いますが、施術手順は受ける皮膚科によって違いがありますので、事前に調べておきましょう。

施術後に1週間~10日程度、照射後の傷の色素沈着を防ぐために、ハイドロコロイド素材のテープを貼り続ける必要があります。また、傷に紫外線を当てないように、気をつけて生活する必要があります。

値段はどれくらい?保険は使えるの?

価格は、皮膚科によって非常に差があります。ですが、基本的に、除去するシミの範囲が広いほど高額になる事は共通する点です。また、美容目的の除去の場合保険適用外となりますので、自費診療であることを覚えておく必要があります。

5mm四方程度のシミで、およそ1万円~2万円程度を目安に考えておきましょう。また、医院選びも重要です。アフターケアやリスク説明、もし火傷などを起こしてしまった場合の保証などについて、施術を受ける前にしっかりと確認しておく必要があります。

産後のケアを早い内に始めて気持ちもアップ!

いかがでしたか?産後は、メンタル面でも大きく波が出来てしまいがちですが、しっかりと肌のケアを行って綺麗を維持することで、気持ちも前向きに、楽しんで育児を行えるようにしたいですね。是非、自分にできるケアを始めてみてはいかがでしょうか?

合わせて読みたい!