ノコギリヤシの前立腺、バストアップ、薄毛、抜け毛など6つの効果を徹底解説!お勧めのサプリメントも紹介!

多くのサプリメントが世の中に販売されていますが、ノコギリヤシもその一つです。実際に、前立腺肥大症や髪の毛の薄毛や抜け毛、そして、発毛やバストアップなどに効果があるとされていることから女性にも人気を博しているそうです。それでも、ノコギリヤシの具体的な効用についてご存じない方もいますので、その全貌をお見せすることにいたしましょう。

ノコギリヤシとは

ヤシ科のハーブの一種

日本ではノコギリヤシと呼ばれ、最近では新聞広告やテレビのBS放送や、CS放送の通販番組のCMで紹介されているので、どんな製品なのか、効果、効能を知らなくても、何となくノコギリヤシというネーミングだけは知っている人は多いのではないでしょうか。

そのノコギリヤシですが、ヤシ科に属するハーブの1種で45~100cmに拡がり、葉の特徴がギザギザして、まるでノコギリのような形状をしていることから、この名前が付いたとされています。花の色はクリーム色で、夏になると花を咲かせます。

冬を迎える頃になるとクリーム色花も一変して、赤を濃くしたオリーブのような2~3cmぐらいの実を付けます。この実には油成分が多く食用にも使われていますが、その他にも薬用や燃料用にも、ノコギリヤシ油として広範に使用されています。

このノコギリヤシの効果ですが、次のようなものが挙げられます。

・前立腺肥大症の予防、改善
・排尿障害の改善
・薄毛、抜け毛の予防
・ホルモンの過剰分泌の抑制

これ以降、このような効果の背景を含めて、ノコギリヤシを説明することにいたします。

北アメリカ大陸固有種

ノコギリヤシはソウルパルメットと呼ばれ、原産地はアメリカの南東部に自生しています。そもそも北アメリカ大陸の固有種で、その自生範囲は大西洋の平野部からメキシコ湾の低地帯までで、ごく普通に見ることができます。

アメリカ先住民は古くからこのノコギリヤシを薬として使っていました。実際に使われていたのは主に男性向けで、強壮や利尿、鎮静に効果があるということで使われていました。現在では、先の広告宣伝の対象商品になっている、前立腺肥大をはじめとする泌尿器系の疾患の改善に使われています。

19世紀になってから、アメリカ大陸にやってきたヨーロッパ人がノコギリヤシの実から薬を作り、その後ヨーロッパで研究が続けられ主成分が解明されています。前立腺肥大症の治療に効果があることが報告されてから一気に知名度があがりました。

天然成分だけで作られている健康食品

ノコギリヤシでは、主に果実に有効成分が含まれており、その中身は遊離脂肪酸、脂肪酸エステル、ステロール類などの脂肪酸成分となっています。ヨーロッパでの研究によると、ノコギリヤシの有効成分の中で、ステロールの一種であるβ-シトステロール、飽和アルコールのオクタコサノールの薬効で、排尿の出をよくすることが分かっています。

それ以外にも最近の研究で、遊離脂肪酸であるオレイン酸、ラウリン酸、ミリスチン酸、リノール酸、パルミチン酸が、膀胱と前立腺の筋肉にある受容体と結びつくことで、筋肉の異常な収縮を抑制し、排尿の機能障害の改善に役立つことが証明されています。

中でもノコギリヤシ果実エキスの中で、オレイン酸は含有率が高いだけでなく、薬理についても活性度が高いことが明らかになっており、ノコギリヤシの効果に対して大きな影響力をもたらしています。

このように、ノコギリヤシは天然成分で出来た健康食品と言われているので、これから出てくる副作用でも大きなものがないことから、安全性も確認されています。

ノコギリヤシの主な成分

不揮発性油

ノコギリヤシは、脂肪酸以外にも成分が含まれており、緑色精油、不揮発性油、ステロイドサポニン、樹脂、タンニンなどがあります。不揮発性油はサラダ油のような油脂で、時間が経過しても揮発するようなことはありません。

リノール酸

脂肪酸の役割は脂肪を作りだすことですが、これには飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸がります。飽和脂肪酸は、肉製品や乳製品に多く含まれていて、エネルギーの源になるのと、量が多すぎても少なすぎても、生活習慣病の発症に関係があります。一方の不飽和脂肪酸は常温では液状で、主に植物油に含まれていて、身体の細胞膜の構成成分として重要な役割を果たしています。

リノール酸は、不飽和脂肪酸の中の結合が二重である多価不飽和脂肪酸に属するもので、私たちの体内で合成できないことから、食物から摂ることになります。このように外部から摂取する脂肪酸のことを必須脂肪酸と呼んでいます。

このリノール酸ですが、コレステロール値を下げる効果があります。また、血圧も下げることでも注目されています。しかしながら過剰摂取は、善玉コレステロールを減らしたり、アトピーや花粉症のようなアレルギー症状を発症したりすることも分かっていますので注意をする必要があります。

オレイン酸

オレイン酸もリノール酸と同じの不飽和脂肪酸なのですが、こちらは1価の不飽和脂肪酸で酸化され難い性質があり、体内では活性酸素と結合することで過酸化脂質を作りにくくするため、動脈硬化、高血圧、心疾患のような生活習慣病の予防や改善を促進する働きがあります。それに、現代人はリノール酸を摂りすぎているので、オレイン酸の役割に注目が集まっています。

オレイン酸は、ω9系の1価の不飽和脂肪酸ですから体内で合成できます。そのために酸化がしにくくなることから過酸化脂質の発生を抑えることができますので、発がん物質を抑えることが可能になります。

そして、オレイン酸の働きで何よりもよく知られているのが、血液中の悪玉コレステロールを取り除くことです。それだけでなく、善玉コレステロールは減らすことがないという働きもあります。いずれにしましても、リノール酸に代わってオレイン酸の摂取が大切になりそうです。

オクタコサノール

オクタコサノールは植物の葉っぱ、りんご、ぶどうなどの果物の皮に含まれている植物ロウから抽出されたアルコールの1つです。植物の葉っぱや果実の他では、米ぬか、小麦胚芽、サトウキビからも抽出できます。

それから意外に思うかも知れませんが、渡り鳥の渡りにオクタコサノールが関係しているという話があります。それは、渡り鳥は数千kmの距離の海を渡って行くのですが、ほとんど休みらしい休みを取らないで羽ばたいています。これが出来るのは食物の種などからオクタコサノールを摂取しているからだと見られています。

リノール酸やオレイン酸についての情報は聞いたことがあるのではないでしょうか。ところがオクタコサノールの効果については知らない人が多いと思いますので、どんな効果があるのか列挙してみます。

―持久力の維持と強化

私たちの運動エネルギーになるグリコーゲンは肝臓や筋肉に貯蔵されます。しかしながら、エネルギーが足らなくなった場合、そのエネルギーを取り出して利用するような仕組みになっていますが、それをスムーズに行うために、オクタコサノールはグリコーゲンをエネルギーに素早く変換する働きをします。

―筋肉痛を軽くする

オクタコサノールは運動後の筋肉痛を軽くする作用があるといわれています。それ故、疲労回復にも効果があると見られています。

―ストレスの軽減

ストレスには緊張、不安が元の精神的ストレスと、寒暖差などの環境的要因から成る身体的ストレスがありますが、オクタコサノールはこれらのストレスに対して抵抗性があり、ストレスを軽減する可能性があることが分かっています。

―運動機能の向上

オクタコサノールを摂取すると筋肉に貯えられたグリコーゲンが増大し、運動能力が向上すると見られています。それから、酸素を取りこんで働かせる能力を促進することから、運動、トレーニングに寄与するだけでなく、スタミナやエネルギーの産出が体力、活力を増やし、筋肉痛を軽くします。また、運動機能に大切な反射力や鋭敏性を向上させる可能性も指摘されています。

―生活習慣病の予防

オクタコサノールの効果には悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールの維持もあります。それによって、生活習慣病(心臓疾患、高血圧、肥満、動脈硬化など)を予防することが期待できます。

―パーキンソン病の予防

オクタコサノールの作用がパーキンソン病の予防、改善に役立つことが分かっています。パーキンソン病は神経変性疾患の1つで、神経伝達物質のドーパミンの減少で発症するとされ、手足が強張ったり、転倒しやすくなったりします。

β‐シトステロール

β‐シトステロールは植物ステロールの一種で、主な働きとしては、悪玉コレステロールを減らす作用があります。それ故、生活習慣病の原因である動脈硬化が事前に防げるということで注目されています。

また、男性ホルモンの1つであるジヒドロテストステロンの生成に関わっている、5-αリダクターゼの働きを抑え込むことで、薄毛や抜け毛対策に効果があることが分かっています。さらに、5-αリダクターゼが前立腺の病気に深く関わっていることから、これに対しても改善効果があるとされています。

また、植物性のステロールということで、ダイエットや肌への潤いを与える美容にも効果があるとされていて、この方面でも注目されています。

ノコギリヤシの摂取により期待される効能・効果

前立腺肥大の解消

いきなり前立腺肥大の解消と言われても、そもそも前立腺肥大というものがどういうものなのかを知らないで語るわけには行きません。そこで、まずは前立腺肥大の背景から説明をすることにいたします。

そもそも前立腺は男性にしかありません。膀胱の直下にあって精液を作る重要部分を担っています。この前立腺は年齢を重ねるにつれて肥大してきます。このことで尿道を圧迫し、結果的に排尿障害に繋がっています。このような症状を見せるのが前立腺肥大です。

症状的には夜間頻尿とか、排尿痛、残尿感、時には血尿などが見られ、辛い日常を送ることになります。この前立腺の症状を緩和するのがノコギリヤシなのです。前項で記したβ‐シトステロールの働きで、前立腺肥大の原因となっている、ジヒドロテストステロンの生成に関わっている、5-αリダクターゼを抑えることで、前立腺肥大症の予防、改善に役立っています。

頻尿・尿漏れの改善

加齢という現実は私たちに多くの身体的な負荷を与えるようになります。例えば、男性の場合にはおしっこをした際に、少しばかり漏れてしまうことがあります。これは前立腺肥大症に見られる初期症状の場合がほとんどで、ごく普通なことです。

それだけでなく、前立腺肥大になりますと尿道が圧迫されるために、おしっこの出方に異常が起きるようになります。キレが悪くなったり尿が全部出し切った感じがしなくなったりして、残尿感が残り、最終的にはそれでは済まなくなり頻尿になります。

それが酷くなると夜間頻尿と言って、夜中に何度もトイレに行くようになり、落ち着いて寝ていられなくなります。これの原因になるのは前項のジヒドロテストステロンで、それの生成に関わっている5-αリダクターゼの抑制をすることで、頻尿や尿漏れを改善します。

育毛や発毛

私たちの髪の毛はストレスに弱いのが特徴の1つになっています。例えば、抗がん剤を投与した場合ですが、髪の毛は身体に与えられた抗がん剤というストレスのせいで抜け落ちることがありますが、投与をやめると元の状態に戻ってきます。

このようなストレスは他にもたくさんあり抜け毛現象が起きますが、男性ホルモンのバランスを整えるなどすると、また、生えてくることがあります。男性によく見られる薄毛の原因は、先にも記しました通り、男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロンに変換することで生じるのですが、そうなるように介在しているのが5-αリダクターゼです。

したがって、5-αリダクターゼを抑えるようにすれば、テストステロンがジヒドロテストステロンに変換することが出来なくなるので、育毛や発毛が可能になります。ノコギリヤシはそのジヒドロテストステロンの生成を促進する5-αリダクターゼを抑制するので、育毛、発毛に影響を与えることになります。

しかしながら、これだけで髪の毛の復活ができるわけでなく、生活習慣の見直しも必要になります。具体的には、バランスに考慮した食事やアルコール、喫煙を減らし、ストレス対策や睡眠をしっかりとることが重要になります。

精力増強

精力増強の反対は精力減退、この言葉は男性にとっては忌み嫌う言葉かも知れません。一部の男の人にとっては自信喪失になるからです。ですが、この手の話は昔からあったことで、こんな状況をビジネスチャンスに置き換えて商売している人がいるのも事実です。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

その商品の一角にポジションされているのがノコギリヤシなのです。つまり、精力減退から精力増強に資することを売りにしているのです。実際に、ノコギリヤシは前立腺肥大、薄毛や育毛対策に効果があるということで注目を浴びています。それも、男性にとっては耳障りのいい精力増強という言葉、これをノコギリヤシがどう解決するのでしょうか。

そこで注目されているのがこれまでに出てきたβ-シトステロールとオクタコサノールです。β-シトステロールはすでに詳述した通り、体内にコレステロールを貯めない働きをすることで、動脈硬化や心筋梗塞を防ぐ働きをしています。

それに、悪玉コレステロールを減らす効果や前立腺の改善にも役立っていますし、女性ホルモンに似た更年期障害を防ぐこともしています。それから、肌に潤いをもたらすアンチエイジングにも貢献しています。

そして、オクタコサノールですが、これも先述している通り持久力を高めることと、運動機能の向上がありました。それに加えて滋養強壮力があって、その上に精力増強力もあります。

女性ホルモンの働きが活発になる

これまでは前立腺肥大など男性に関して説明してきましたが、ノコギリヤシは女性にも大いに関係があります。というのも男性ホルモンをコントロールするということは、逆に言うと女性ホルモンが優位に立つことに繋がるわけで、言ってみれば、女性らしさの発露の関係があるということになるかも知れません。

そこで、ノコギリヤシと女性ホルモンについて見ていくことにいたします。

女性の中で、実際にノコギリヤシを摂取した際に、体毛が少なくなったとか、すね毛がしなやかになったとか、変化を感じる発言が多くなっているそうです。それに加えて、頭皮の臭いが薄くなったとか、頭皮、肌の必要のない脂が減少したとかの声も聞こえてきます。

一方で、女性の中には男性と同じように育毛や発毛に問題点を抱えるケースも出てきており、ストレスの影響下での女性ホルモンの減少は、男性ホルモンの作用を抑えることができないことが理由に挙げられています。ということは、ノコギリヤシは女性が男性化することを防御しているのかも知れません。

因みに女性ホルモンが減少するとどのような事態に陥るのかを紹介いたします。

・体つきが丸みを帯びていたのに、少しごつごつした男のようになってくる。
・コラーゲンの量が減っていくせいか乾燥肌になって行く。
・髪の毛が細くなって抜けやすくなる。
・月経が不順になる。
・咳やクシャミをした際に尿漏れをする時がある。
・骨がもろくなって骨粗しょう症になりやすくなる
・関節痛、腰痛、肩凝りになりやすい。
・自律神経が不調になり不定愁訴の症状が見られる

バストアップ

ノコギリヤシの摂取は女性ホルモンが優位に立ち、乳腺が大きくなることで胸を豊かにするといわれています。乳腺は乳汁を生産する大事な部位です。そのためにその乳腺を守ろうとして脂肪量は増大します。そうなれば、当然バストアップにつながることは言うまでもありません。

これまで見てきた通り、ノコギリヤシは男性ホルモンを抑制する働きがあることから、女性の中にもある男性ホルモンの作用を抑えることになります。男性ホルモンが減るということは、逆に言うと女性ホルモンのほうが優位に立つことで、バストアップが実現するというわけです。

これは女性にとっては嬉しいことではないでしょうか。もちろん、女性らしい体型の維持にもノコギリヤシは貢献することになります。

ノコギリヤシと亜鉛の関係

同時摂取で相乗効果

ノコギリヤシの効用効果はすでに記していますので、ここでは亜鉛の効用効果から示すことにいたします。亜鉛は必須ミネラルと言って、16種類あるうちの1つで私たちの生命活動になくてはならないミネラルです。

亜鉛の働き・効果は次のようになっています。

・細胞分裂、新陳代謝
・アルコール分解
・免疫活性化
・育毛

私たちの身体にある酵素は2000種類を超えています。そのうちの300種類の組成に関して、亜鉛は欠かせない大事なミネラルで、上記の他にもタンパク質の合成や抗酸化などの働きをしています。

育毛については直接的な効果はありませんが、間接的には必要不可欠なミネラルになっています。亜鉛の効果の中で特筆すべきことは細胞分裂に亜鉛が関わっていることです。亜鉛の量を必要とするのは、新陳代謝が活発で、なおかつ、細胞分裂が盛んにおこなわれる若い世代ほど亜鉛を必要とします。

そこで、ノコギリヤシと亜鉛の同時摂取での相乗効果ですが、どのようなことになるのでしょうか。

亜鉛は精巣と前立腺に蓄積されることから、性欲・精力を高めます。それと、ノコギリヤシで前立腺肥大のために機能が落ちた男性器の機能改善と相俟って、精力を復活するという相乗効果が期待されます。

育毛・発毛効果を倍増

ノコギリヤシだけでも育毛効果があるとされていますが、その効果をより確実にし、それ以上に効果を倍加させるには、亜鉛と一緒に摂るといいとされています。ノコギリヤシが男性ホルモンを抑えることで、薄毛、育毛対策に役立つことは既に述べてきました。

亜鉛も薄毛、抜け毛の予防には欠かせないことも分かっていましたね。そういうことで、ノコギリヤシと亜鉛を一緒に摂取すると、ノコギリヤシの男性ホルモンを抑える効果と、亜鉛の髪の毛に栄養を与える効果が相乗して、育毛にいい影響を与えることができるわけです。

なお亜鉛は、牡蠣、肉類、乳製品、魚介類などに、豊富に含まれています。

ノコギリヤシの摂取について

摂取量の規定はない

ノコギリヤシは、アメリカの原産地では食用、ヨーロッパ各国では医薬品として利用されています。日本では飽くまでも健康補助食品として扱われ医薬品ではありません。したがって、厚生労働省が摂取量の目安を決めることはありません。

ノコギリヤシの摂取量については、ノコギリヤシが配合されたサプリメントも数多く販売されていますが、各メーカーによって1日の摂取量もまちまちで、おおよその最適量を決めています。

この中で特に注意を要するのが過剰摂取です。ときたまですが、下痢や頭痛の症状が出てくる場合がありますので、摂取量のコントロールが大切になります。

また女性の場合ですが、決められた量をオーバーするとホルモンのバランスが崩れることで、ひげや体毛に変化が起き発毛することがあります。それから、サプリメントによってはノコギリヤシとは別の成分の関係で、1日の摂取量が変わってくることがありますので、明示されている摂取量のチェックをする必要があります。

理想摂取量

ノコギリヤシの摂取はほとんどがサプリメントなので、その摂取基準についてはヨーロッパで臨床使われている、“ノコギリヤシエキスの効果ある摂取量”を参考にしているようです。その数字が1日320mgで、この量を目安にして製品が作られているようです。

中にはアメリカの製品のように1日500mgを基準にしたものもありますし、場合によっては1日200mgという場合もあるようです。その意味からすると、320mgという数字を示しているのは理に適っていると考えられます。

しかしながら何でもそうですが、ノコギリヤシの効果を測るには個人差がありますし、そう簡単に効果が出るものではありません。つまり、サプリメントは即効性を求めるものではないので、長期間にわたって飲み続けることになります。そのためには、規定量を守ることが大事になります。

ノコギリヤシの摂取による副作用

副作用はほぼない

ノコギリヤシの効果を期待して使用を始める時ですが、やはり、初めてのことだと安全性ってどうなのだろうと気になりますよね。ですが、それぐらいの慎重さは当然のことです。というのも、ノコギリヤシは医薬品ではなく、健康補助食品として販売されていますので、逆に言うと、誰でも手に入れることができるということになります。

したがって、それだけに使用する前の心構えとして、副作用の問題について、しっかりと認識することが大切になります。基本的なところでは、ノコギリヤシは成分そのものが自然なので副作用はないと考えられています。

しかしながら過剰摂取の場合には副作用が出る場合がありますので注意を要します。それから、抗血液凝固剤、抗血小板薬を使用している場合は、ノコギリヤシと一緒の服用は避ける必要があります。その理由は出血しやすくなることがあり得るからです。

また妊娠中の人、授乳中の人も服用を避けるようにしたほうがいいとされています。

胃の不調

ノコギリヤシは油脂系であるので、空腹時の服用は胃に負担をかけることになります。したがって、極力空腹時を避けることが大切で、夕食後の摂取が最高だと言われています。中でも、日常的に胃の調子が良くない人は無理をしないほうがいいようです。胃の調子のよくない時にノコギリヤシを摂ると、胃の痛みやお腹が緩くなることがあります。

下痢

一般的に、ノコギリヤシは副作用が少ないと言われています。そもそも自然の植物由来ということでほとんど副作用がないとされていましたが、実際には稀なことなのですが、いくつかの事例が報告されています。

その大部分がノコギリヤシの過剰摂取で、具体的な症状としては吐き気、嘔吐、便秘、下痢、腹痛などを発症します。しかしながら、用法をしっかり守っていれば、このような症状を起こすことはまずありえないことなので、無茶な服用をしないように日頃からのケアが大事です。

頭痛

ほとんど副作用がないと言われているノコギリヤシですが、何といっても過剰摂取が問題になります。ヨーロッパでは薬として使われていて、日本では健康補助食品として市場に出回っていることから、つい効果を実感したいと過剰摂取することになります。

そもそも早くても1カ月半~半年間ぐらいをかけて効果を確かめるものなのですが、つい効果を早く実感したがために、過剰摂取になりがちになるわけです。そして、腹痛や下痢、吐き気などの症状と同じように頭痛の症状も出てきます。

これといって大きな問題にはなりませんが、日常生活に影響が出ることもあるので、くれぐれも過剰摂取には気を付けなければなりません。

ノコギリヤシのおすすめサプリメント

ノコギリヤシは前立腺肥大症を改善するということで、俄かに注目を浴びていますが、これの摂取については食品としても摂ることができますが、日本ではほとんどがサプリメントから摂取しています。もちろん、薬局やドラッグストアでも販売していますが、現在の購入方法は圧倒的に通販からとなっています。そのいくつかを紹介いたします。

ノコギリヤシPURE

男性の高齢に伴って発生してくる夜中何度もトイレに起きてしまう、モヤモヤした残尿感が残ってしまうといったお悩み。中高年男性には軽度の症状も含めて多くの方がこのお悩みを抱えています。

身体の老化からくる生理現象のように感じられ、あまり意識せずに歳だから仕方ないと放置される方もいらっしゃいますが、実は前立腺肥大症といわれるれっきとした病気です。

頻尿や残尿、尿漏れなどの症状を引き起こし、旅行などの長時間の移動や趣味のスポーツ、会議などの仕事にも不安が付きまとうので心から楽しんだり、集中できなかったりと普段の生活にも大きな支障をきたしてしまうことになります。

まとめ

高齢化に向けて男性の前立腺の疾患である、前立腺肥大症や前立腺がんが増えているそうです。前立腺肥大症になると、頻尿や残尿感、尿意切迫感など日常生活に支障をきたすようになります。

一方で、薄毛や抜け毛といった髪の毛に関する、気になるようなことが起きてきます。これに関係しているのが男性ホルモンで、ノコギリヤシはその男性ホルモンを抑制するような働きが、昨今では多くのサプリメントが販売されています。

天然物質ということで副作用になるのは少ないとは言え、過剰摂取は、やはり頭痛や腹痛などを発症することもありますので、服用に際しては十分注意しましょう。

合わせて読みたい!