消化だけじゃない!タンパク質分解酵素が美ボディ作りもサポート♡

健康で注目されている酵素は、雑誌やテレビなどでも取り上げられていて、酵素ジュースや酵素メニューなどがたくさん紹介されています。身体にいいことは分かっていても、具体的にはどんな働きをしているのかが分からなかったので、今回は酵素の中でもタンパク質分解酵素に注目してその働きや効果を調べてお伝えしていきます。

タンパク質分解酵素とは?


Pinned from kinarino.jp

酵素ジュースや酵素ダイエットなど、酵素は身体に良いものとして私たちの生活の中に浸透していますが、酵素にも色々な種類があるようです。

こちらでは酵素について簡単にまとめてから、酵素の中の1つ、「タンパク質分解酵素」に注目して、どのような働きのある酵素なのかと、身体への取り入れ方などをご紹介していきます。

代表的な消化酵素3つについて

酵素とは元々身体で作られるもので、身体の中には消化酵素と代謝酵素の2種類があります。タンパク質分解酵素は消化酵素の1つになりますので、まず消化酵素の中で代表的なものを3つご紹介します。

アミラーゼ

炭水化物分解酵素とも呼ばれていて、でんぷんを分解する消化酵素がアミラーゼです。アミラーゼは唾液に含まれていて、食べ物をかみ砕いている時にでんぷんを分解しています。他には膵臓からも分泌されていて、腸ででんぷんを分解して栄養の吸収を助けています。

炭水化物を食べ過ぎるとアミラーゼが不足して、消化が進まずエネルギー不足や、吸収できない糖が血液に入ってしまうだめ注意が必要です。アミラーゼは病気の発見にも役立っていて、血液検査や尿検査でアミラーゼが基準値より高い場合は急性膵炎や膵臓がん、低い場合は肝硬変などが疑われるとされています。

リパーゼ

リパーゼは脂肪分解酵素と呼ばれていて、その名前の通り脂肪を分解する酵素の1つです。膵臓から分泌されていて、体内に入った中性脂肪が、十二指腸で胆汁によって乳化された後にリパーゼが分解します。

リパーゼには、胃リパーゼと呼ばれる胃から分泌されたものもあります。アミラーゼ同様、血液検査によって基準値が異常になると急性膵炎などの病気が疑われるので注意が必要です。

リパーゼはダイエットにも効果があると言われています。空腹時や運動時にも分泌されて細胞内の中性脂肪を分解して血液に送り出してくれるので、ダイエット効果が期待できそうです。

プロテアーゼ

プロテアーゼはタンパク質分解酵素と呼ばれ、消化液に含まれています。タンパク質はたくさんのアミノ酸が結合したもので、結合することをペプチド結合と呼び、2つ以上のアミノ酸がペプチド結合したものがペプチドと呼ばれています。

プロテアーゼは消化、吸収を助けていて、ペプチドを切断してアミノ酸まで小さく分解して、身体が栄養として取り込めるようにしています。プロテアーゼが働かなければ、身体を作るのに必要なタンパク質が摂り込めなくなるので、とても重要な役割をしていると考えられます。

タンパク質分解酵素の種類

タンパク質分解酵素のプロテアーゼは1種類だけではなく、いくつかの種類があります。こちらではその代表的なものを3つご紹介します。

ペプシン


Pinned from fytte.jp

胃の粘膜から分泌される胃液に含まれているのがペプシンで、口に入ったタンパク質を最初に分解する役割を果たしています。胃液の成分には、病原菌などを殺菌してペプシンの働きを助ける胃酸と、タンパク質を分解するペプシン、胃酸とペプシンから胃粘膜を守る胃粘液があげられます。

まず胃の胃底部と呼ばれる場所の主細胞からペプシノーゲンが分泌されて、胃の中の酸によってペプシノーゲンが活性化されると、ペプシンへと変化します。タンパク質はペプシンによってポリペプチドと呼ばれる大きい分子のペプチドに分解されて十二指腸へと送られます。

トリプシン

トリプシンは膵臓で分泌される消化酵素です。膵臓からトリプシノーゲンが分泌されて、エンテロペプチダーゼという別のタンパク質分解酵素によってトリプシノーゲンが活性化すると、トリプシンとなり膵液の成分になります。トリプシンは十二指腸へと分泌されて、タンパク質を分解して腸での消化吸収をしやすくします。

腸で実質的に消化が始まると考えられますが、胃で分解されたポリペプチドを、トリプシンが腸でジペプチドなどの小さいペプチドへと分解して、身体全体で使える栄養に消化していきます。

キモトリプシン

キモトリプシンというのも膵臓で作られる消化酵素です。膵臓からキモトリプシノーゲンが分泌されて、トリプシンとエンテロペプチダーゼによって活性化されると、キモトリプシンとなります。

トリプシンと同じように、膵液の成分となり十二指腸へ分泌され、タンパク質を分解して腸の消化吸収を助けています。キモトリプシンは、トリプシンとエラスターゼというもう1つの酵素と共同で働いてタンパク質を分解しています。

タンパク質分解酵素の効果

タンパク質分解酵素は消化酵素で消化吸収を助けていますが、他には身体にどんな効果をもたらせてくれるのかを調べてみました。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

血流改善効果


by shironosov

タンパク質分解酵素には血流の改善効果があると言われています。血液は栄養や酸素を身体の隅々に運んでいますが、血中にタンパク質のゴミや酸化した油脂などが増えるとドロドロ血になってしまい、血管が詰まり気味になり毛細血管まで酸素や栄養が行きにくくなります。

血液の流れが悪くなって毛細血管が身体の隅々に栄養などを届けられなくなると、目や脳など様々な臓器に影響が出て病気の原因となることがあります。タンパク質分解酵素は血中のタンパク質のゴミを分解して、血液をサラサラにする効果があると言われているので、病気の予防にも役立ってくれそうです。

ダイエット効果

タンパク質分解酵素によってタンパク質が分解されたあとには、筋肉として活用できる栄養素になって身体に吸収されています。筋肉があると身体が引き締まって見えるだけでなく、代謝がアップしたりエネルギー消費の量が多くなるので、ダイエットには最適です。

タンパク質を食事で摂ってもタンパク質分解酵素が少ないと、消化不良になり必要な栄養が吸収されないため代謝がダウンして太る場合があります。脳からも栄養が足りないというサインが出て、過食につながる危険性があるので、タンパク質分解酵素が充分に働きタンパク質を吸収しやすい栄養素に分解できれば、ダイエットにも効果が出ると言えそうです。

免疫力強化

免疫機能のほとんどは腸にあると言われています。タンパク質分解酵素などの酵素が不足すると、分解や代謝が追いつかずに消化不良や便秘が起きて腸内環境が乱れてしまいます。腸内環境が整っていないと免疫力が落ちてしまい体調不良が出てきて、疲れやだるさを感じることもあります。

酵素が正しく働き腸内環境が正常だと、白血球がきちんと働き免疫力が強化されるので、ウィルスなどが入ってきても攻撃してくれると考えられます。

タンパク質分解酵素増やす方法

タンパク質分解酵素は身体で作られる量が決まっているそうです。どうしたら増やす事ができるのかを調べてみました。

食品で取り入れる

酵素には食物酵素と呼ばれる、食品に含まれている酵素があります。タンパク質分解酵素を含む食品もあり、野菜ではキャベツやアボカド、セロリなどがあります。果物では、パパイヤ、キウイ、パイナップル、リンゴなどがあり、これらを肉や魚などのタンパク質と一緒に摂ると、タンパク質の分解に役立ってくれると考えられます。

サプリや酵素ドリンクを飲む

食べ物で酵素を摂れればいいですが、忙しい毎日で食べ続けるのは大変かもしれません。そんな時は、酵素サプリや酵素ドリンクを飲んで摂り入れると良さそうです。タンパク質分解酵素だけでなく、炭水化物分解酵素や脂肪分解酵素がまとめて入っている商品もあるのでおすすめです。自分の身体の調子や普段食べているものを考えながら合ったものを選んでみてください。

レタスとフルーツの酵素ジュースのレシピ


出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/8346/blog/12456887

今朝のジュースのレシピ☆レタスの酵素ジュース 酵素なるほど!

■作り方
1.野菜をミキサー用に細かく切る
2.水、氷、レタス、パイナップル、キウイ、バナナの順にミキサーに入れて撹拌する。
※なるべく30以内の新鮮なうちに飲みましょう。

タンパク質分解酵素の注意点

タンパク質分解酵素について、食べる時などの注意点がありましたので、こちらでまとめてみます。

酵素は熱に弱いので注意が必要


Pinned from locari.jp

酵素は熱に弱く、48度を超えると壊れてしまうため、加熱した食品からは摂ることができません。果物や生野菜、お刺身など加熱しないで生で食べられるものから取り入れるようにしてください。加熱した加工食品を食べ過ぎると酵素不足になる可能性もありますので注意が必要です。

酵素が病気の原因になることも

酵素は身体に必要なものですが、酵素が原因で病気になってしまう場合もあります。急性膵炎という病気は膵臓に酵素が溜まってしまい、膵臓自体を消化してしまうことで炎症となります。上腹部の痛みや吐き気などが出た場合は急性膵炎かもしれません。原因はストレスや暴飲暴食と言われていて、治療薬にはタンパク質分解酵素阻害薬という薬があります。

食品以外のタンパク質分解酵素

酵素という言葉は食品以外でもよく聞きます。タンパク質分解酵素が含まれている商品にはどのようなものがあるかを調べてみました。

酵素配合洗剤

酵素の力で白さアップ!など、洗剤の宣伝で聞いたことはありませんか?洗剤にも酵素が配合されているものが増えてきているので、具体的な作用は知らなくても、汚れが落ちそうだからと買っている方は多いかもしれません。

酵素配合洗剤の中でタンパク質分解酵素は、血液や牛乳などの水溶性タンパク質と、表皮の角質細胞などの水に溶けないケラチンタンパク質の汚れを分解して落とすのに役立っています。血液はすぐに落とさないと乾燥して水に溶けなくなってしまうので、酵素配合洗剤を使って落とすと良さそうです。酵素は熱に弱いので、保管するのはあまり暑くならない場所にしてください。

酵素洗顔料

酵素が入った洗顔料もよく聞くようになってきました。酵素入りの洗顔料は、毛穴の黒ずみや余分な皮脂を分解してスッキリと取り除いてくれます。くすみの原因になる古い角質も分解して落としてくれるので、続けて使っていたらいつの間にか肌がワントーン明るくなっていたという方もいるようです。

酵素はバランスよく取り入れてキレイを目指しましょう


Pinned from bi-plus.net

タンパク質分解酵素は消化に役立つとともに血流をよくしたり、免疫力を高めたりと身体のためにとても役立つ酵素なのだと感じました。スムージーで取り入れてもいいですし、ポークソテーとパイナップルやメカジキーのソテーと生のキャベツなど、メニューに気を使って取り入れていくと上手に酵素を活用できてキレイに近づけそうです。

合わせて読みたい!