シミを薄くするには皮膚科がいい?栄養素や成分など3つのポイント!

シミを薄くする対策には、スキンケア商品だけじゃなく洗顔方法や栄養素も知っておくことが大切のようです。話題のハイドロキノンやトレチノインにも注目しつつ、シミを薄くするスキンケアなどもご紹介していきます。

シミを薄くするため知っておきたいニュース


Pinned from masi-maro.com

年齢を重ねていくと、今まで大丈夫だと思っていた肌トラブルに悩まされたり、シミやくすみが気になったりと、色々悩みがつきません。特に、出来てしまったシミを薄くするスキンケアは、効果的なスキンケア商品を使用しても、すぐに効果がでるわけではないようで、時間も必要といわれています。

数多くあるシミ対策のスキンケア商品にも、リミットがあるといわれています。角質層の奥まで浸透という言葉をよくききますが、保湿ケアなどには、これは最高なことといってもいいでしょう。ただ、シミを薄くするとなると、そのもっと奥にある基底層にアプローチしないと効果がなかなか出ないといわれています。

そうするには、皮膚科や最近では基礎化粧品にも配合されるようになったハイドロキノンが効果的といわれています。他にも、シミを薄くするのに効果的といわれている栄養素も必要になってくるようです。そんな、シミを薄くするための情報やおすすめスキンケアアイテムをみていきましょう。

シミを薄くするスキンケアのポイント

シミを薄くするためには、スキンケアのポイントもつかむことが大切。スキンケア商品に配合されている成分をしっかりみることも、シミを薄くするためには必要といわれており、普段の食生活も、シミを薄くするために必要な栄養素があるため、心がけていくことも大事のようです。

ここでは、話題のハイドロキノンとトレチノインをはじめ、シミを薄くするために必要な栄養素や洗顔方法などもご紹介していきます。

ハイドロキノン&トレチノインでWケア

ハイドロキノンは、すでにシミ対策をされているかたのなかでは、1度は耳にしたことあるというかたも少なくないようです。ハイドロキノンの働きは、シミの原因となるメラニンの生成を抑えてくれて、ポイント使いでも顔全体でも使えるといわれています。トレチノインは、シミが気になる部分に塗りこんで使う、メラニン色素を排出してくれる作用があるようです。

ハイドロキノンとトレチノインを使用する際のスキンケアの順番は以下のようになっています。

1.洗顔(泡洗顔がベストのようです)

2.化粧水をつけて、乳液や美容液をつけます。

3.トレチノインを塗る

4.ハイドロキノンを塗る

5.夜の場合は、ナイトクリームで仕上げ、昼間のケアは、紫外線予防効果も意識的にするためUVカットクリームを塗ります。

刺激が強めのため、肌に赤みが出てきてしまったり、ピリピリと痛みが出てきしてまうかたもいるといわれています。効果が出ていく段階で、こういった症状をもたらすこともあるといわれていますが、皮膚科で早めに診察してもらったほうがいいでしょう。2ヶ月に1回程度の治療で様子をみていくクリニックが多いようです。

あと注意点もあるので、簡単にご説明していきます。

●刺激が強めのため、敏感肌のかたは、皮膚科医に1度ご相談してから使用OKか確認したほうがいいようです。

●トレチノインに関しては、皮膚科医での処方が薦められています。

●このシミを薄くするスキンケアは、2ヶ月経過したら、いったん使用をやめてオフ期間に入るようです。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

●ナイトクリームは、たっぷり使えるもので低刺激のものを使うといいそうです。そして、紫外線は避けるようにするのも大切といわれています。

●ニキビができているかたで、炎症が強めのかたは、使用はしないほうがいいといわれています。

シミの原因を抑制する栄養素


Pinned from cafy.jp

食生活も、シミを薄くするために心がけたいものです。シミの原因を抑制するといわれる栄養素をいくつか紹介していきます。毎日お仕事や子育てで忙しい女性にとって、栄養管理はなかなか難しいといわれていますが、以下の3つの栄養素は、シミの原因を抑制する栄養素だということを覚えておくと、食品の選び方も変わってくるでしょう。

●ビタミンC…ご存知のかたも多いかと思いますが、ビタミンCは、シミ予防に効果的で、メラニンの色素沈着を抑制してくれる働きがあり、シミを薄くする効果もあるといわれています。キウイフルーツが特にビタミンCを多く含むため、おやつ代わりにするのもいいかもしれません。

●βカロチン(抗酸化食品も)…βカロチンや、抗酸化物質がたっぷり含まれている食品には、シミの原因を抑制する働きがあるといわれています。βカロチンといえば、人参です。そして、かぼちゃなど緑黄色野菜も多く含まれています。また、赤ワイン、ブルーベリー、ココア、トマト、スイカも良いといわれています。

●ビタミンA…ビタミンAには、シミを排出してくれる働きがあり、新陳代謝もアップさせます。うなぎを始め、鶏レバー、モロヘイヤ、ホウレン草、かぼちゃに人参などもいいといわれています。

摩擦のない洗顔をする

シミは、洗顔をしている間に原因を作ってしまっている場合もあるといわれています。綺麗に洗い上げたいという気持ちから、ゴシゴシ洗ってしまうと摩擦が原因で肌を傷つけてしまっている可能性があるといわれています。

そんな摩擦を少しでも減らすためにも、たっぷり泡をたてて、ボリューミーな泡で優しく洗顔することが大切といわれています。泡立てネットを使ってしっかり泡立ててから洗顔を心がけるといいでしょう。泡立てるのが面倒だし時間もないというかたは、ポンプ式で泡がそのまま出てくる洗顔料を使ってあげるのも1つの手段かもしれません。

シミを薄くするのに効果的な美肌アイテム

スキンケアだけでは、シミを薄くするのにもリミットがあるといわれていますが、使わないよりマシというのが本音というかたも多いようです。皮膚科に行くまでじゃないけど、市販のものでシミを薄くすることが出来るなら試してみたいというかたもいらっしゃいます。

そんな方達のためにも、ローションから美容液、そしてクリームまで、シミを薄くする対策におすすめといわれるスキンケア商品を詳しくみていきましょう。

b.glen QuSomeホワイトクリーム1.9

b.glen QuSomeホワイトクリーム1.9は、シミを薄くするのに効果的なハイドロキノンを配合しています。皮膚科で処方してもらうまでじゃないけど、ハイドロキノンでシミを薄くするケアがしたいというかたは、こちらのクリームが人気のようです。

無着色、無香料、無鉱物油、ノンアルコール、パラベンフリーで肌にも優しいと人気です。コスパの面では、賛否両論のようですが、肌の調子がよくなったというかたも多く、シミのサイズが小さくなったというかたも多いようです。

ビタブリッドCフェイス

ビタブリッドCフェイスをご愛用のかたは、シミが薄くなったという声が多いシミを薄くするのに効果的な美容アイテムといわれています。パウダー状になっていて、使い方は、化粧水に少量混ぜて使ったり、夏にはUVカットクリームに混ぜたりして使うと効果的といわれています。シミが気になる部分は丁寧にぬっていくといいでしょう。

by カエレバ

VC100ポアホワイトローション

ドクターシーラボから発売しているVC100ポアホワイトローションは、高い浸透力のあるビタミンC誘導体を200%配合している化粧水です。とろっとしたテクスチャーで、保湿対策にも効果的といわれています。

グレープフルーツの香りで爽快な気分のなかでのスキンケアへと導いてくれるでしょう。口コミでも、14日ほどで効果がみられてきたという声もあり、浸透力も高い評価を得ているようです。

by カエレバ

オバジC20セラム

オバジC20セラムは、ビタミンCとビタミンEの力を発揮し、乾燥しがちな角質を潤わせ、毛穴が気になるかたにも効果的な美容液です。使い始めてから、肌の調子が良くなり効果が目に見えてわかるという声も多いようです。価格も高めですが、効果をみると納得といえるでしょう。

ピュアビタミンC配合ということもあり、匂いに関しては、きついといわれています。ただ、そこさえ我慢すれば透明感にあふれる肌を手に入れることができるというかたも多いようです。

by カエレバ

シミを薄くするには食生活とスキンケアで


Pinned from uoionline.com

シミを薄くするためには、シミの原因となるメラニンの生成を抑制する栄養素を摂取しながら、スキンケアもシミを薄くする成分が配合されているものを使用していくことがポイントといわれています。

ハイドロキノンやトレチノインは、皮膚科で処方されたものが効果的といわれているため、特に肌トラブルはないけどシミが気になるため皮膚科に通っているというかたも増えているようです。是非、この機会にシミを薄くする食生活とスキンケアを今日からお試しになってみてください。

合わせて読みたい!