コンシーラーの正しい使い方|気になるシミ・そばかす・クマ・ニキビ跡を隠したい!上手に塗るコツや悩み別の色選びを紹介

肌の色ムラは、メイクをする上でとても気になりますね。肌色より濃いシミやそばかす、クマなどは、ファンデーションだけでカバーしきれいことがあります。そんな時に役に立つのがコンシーラー。しっかり色ムラを隠して、綺麗な均一の肌に仕上げるために必須アイテムです。初めての人にも詳しく紹介していきます。

コンシーラーの正しい使い方とは?

コンシーラー持ってますか?いろんな種類や色があって、買いに行ったものの、なかなか決められなかったりしますよね。でもこのコンシーラー、肌をきれいに見せてくれる最強アイテムなんです。コンシーラーの種類に合わせた使い方や、オススメ優秀コスメをまとめて紹介します。

コンシーラーって何?

どんなメイクをしている人でも「きれい!」って思う人の共通点ってありますよね。紙に描く絵と同じで、なめらかに整った肌色の上に置くと、色がすっきりと浮き上がって見えます。これがメイク映えするということです。

肌の滑らかさももちろんですが、肌の色が均一だととても肌はきれいに見えます。こんなときにぜひ使いこなしたいのがコンシーラー。「買ってみたけど、なんだか使い方がわからない」という人も、コンシーラーの使い方のポイントをおさえることで、肌の美しさが格段にアップしますよ。

コンシーラーは部分用ファンデーション

コンシーラーは<CONCEAL=隠す、見えないようにする>の派生語で、その名前のとおり肌の上にある気になるものを隠す化粧品がコンシーラーと呼ばれています。もともとは、やけど跡や傷跡を隠す目的で作られたもので、それによって使った人の心が軽く明るくなってほしいという思いで生まれたものでした。

たとえば、シミやニキビ、クマなどちょっとここだけ何とかしたい!というところに、ポイント的に使うことができるのでとっても便利。ファンデーションは、できれば厚塗りにしたくないので、コンシーラーを上手く使うと、厚塗りにならない美しいベースメイクを仕上げることができるのです。

コンシーラーの種類

コンシーラーといっても、いろんなタイプがあります。固形のもの、液状のもの2タイプに大きく分かれますが、初めて使うときは、硬めのクリームタイプやスティックタイプが、なじませやすくて使いやすいでしょう。使う部分や隠したいトラブルの場所によっても、相性のよいものがかわってきます。

ペンシルタイプ

ペンシルタイプのコンシーラーは、少し珍しいですがシミや小さめのニキビ痕、口角などのくすみといった細かい部分に使いやすいタイプです。

質感が硬めのものが多いため、伸びにくいですがその分1度つけると動きづらいのでヨレづらく、上からパウダーファンデーションやフェイスパウダーなどを重ねても薄くならず、しっかりとカバーしてくれます。こうした効果から、特にリップラインのようなヨレやすい部分には最適と言えるでしょう。珍しいですが、RMKのように繰り出し式は便利で使いやすいです。

by カエレバ

スティックタイプ

使用できる部位が多く、オールマイティーなタイプがこのスティックタイプのコンシーラーです。初めてコンシーラーを使う方にもその使いやすさからとてもオススメです。

使い方はとても簡単で、気になるところに直接塗って指やスポンジでトントンしてなじませます。スティックタイプに限らず、固形のものは全てカバー力が高いのですが伸びが悪いため、よく伸ばしてなじませないとヨレや崩れ、厚塗り感が出てしまう恐れがあります。

プチプラながらも、優秀な商品の多いキャンメイクの「キャンメイクカラースティック」は、コスメサイトでも何度も取り上げられている有能コンシーラー。色選びが重要なコンシーラーですが意外と色数が少ないメーカーが多いところ、こちらは色数も豊富で、きっと自分に合う色が見つかるはずです。

by カエレバ

同じくカバー力のあるファンデーションで定評のある、カバーマークもスティックタイプ。ファンデーションの名前の通り、硬めのファンデーションという感じで顔全体にも使えます。しっとりしていて乾燥肌の人にもおすすめ。

こちらもコスメサイトで賞をとっている商品で、ブルーベースカラーとイエローベースカラーがあります。シミ、クマ、ニキビの赤みなどオールマイティに使えます。

by カエレバ

クリームタイプ

クリームタイプのコンシーラーは固めのファンデーションのような質感です。コンシーラーブラシでとってカバーしたい場所に置き、スポンジや指でなじませて使います。様々な色を混ぜてより自分の用途にあった使い方ができます。悩みの部位のカバーだけでなく、ハイライトやシェーディングにも使えます。ただ、使う際にテクニックがいるのでよりプロ仕様のタイプと言えます。

「シティカラーコントローラーエフェクト」は、海外でも人気の商品。輪郭まで変わってみえると評判です。ファンデーション前に肌に乗せることで、肌の色をコントロールしたり立体感を出すことができます。

by カエレバ

リキッドタイプ

リキッドタイプのコンシーラーは、柔らかく伸びが良いので広範囲に使いやすいアイテムです。しかし、固いタイプのものと違い、カバー力は低くいので、例えばシミやニキビなどの小さな一箇所をカバーしたい際には不向きです。目の下に明るい色のものを広げて、その明るさからくすみを飛ばしたり、ほうれい線にのせてたるみ肌を目立たなくしたりする用途に向いています。

イブサンローランのコンシーラー、ラディアントタッチは、コスメ好きなら一度は手に取ったことのある商品ではないでしょうか。手軽さと肌の色をワンランク上げてくれることで、リピーターの多い商品です。

by カエレバ

どこで使う?塗る順番はファンデーションの種類で変わる

では、使うときはファンデーションの前?後?これも迷うところですね。後からファンデーションを塗ったら、なじんでわからなくなってしまったりしそう。

ファンデーションは、パウダー<クリーム<リキッドの順に、柔らかくなるのでやはり油分や水分が多いとファンデーションを塗ったときによれてしまいやすくなります。ファンデーションによって、使う順番を変えるのが正解です。ベースクリームなどの後は、柔らかいものから順番に肌に乗せると覚えておくとよいでしょう。

パウダーファンデーションの場合

パウダータイプのファンデーションを使っている人は、先にコンシーラーを使いましょう。コンシーラーはどのタイプのものも、塗ってなじませた後はパウダー状のものをのせることで上からコンシーラーを固定するようにします。

これによって化粧崩れやヨレを防いだり、のせた部分と周りの部分の色むらをなくしたりします。プレストタイプ(圧縮したもの)とパウダー状のものがありますが、どちらも先にコンシーラーが良いでしょう。

メイクの時のパウダーは、固めるセメント効果が一番の目的なので、もしもパウダー状のものの上からコンシーラーをのせると伸びづらくなってしまいムラになってしまいます。

クリームファンデーションの場合

クリームファンデーションとコンシーラーを使う場合は、まずはクリームファンデーションを塗り、その後コンシーラーをなじませ最後にフェイスパウダーを使いましょう。ここでも、コンシーラーの後は、必ずパウダーでおさえて固定しましょう。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

リキッドファンデーションの場合

リキッドファンデーションとコンシーラーを使う場合は、まずはリキッドファンデーションを塗り、その後コンシーラーをなじませ最後にフェイスパウダーを使いましょう。ここでも仕上げにパウダーでしっかりコンシーラーをおさえます。

隠したい部分別!色の選び方と塗り方

次は、どんな色を使えば良いかを見てみましょう。肌の悩みによって効果的な色が変わってくるので、自分の肌から消したいものが優先的にどれか?を考えて色を選ぶと、自分に合った色が見えてきます。

クマを消したい!

<茶クマ>
目のまわりに茶色いシミのような色合いが気になる人は、茶クマです。この茶クマは普段目を擦るクセがあったり、目の周りがいつもなんだか気になって触ってる、そんな人に起こりやすいクマで、コンタクトを使用していたり、花粉症で目が痛くなったり、かゆくなる人に多いかもしれません。

これは何度も擦り、赤く炎症を起こすことを繰り返してしまうと、そこが色素沈着を起こし、茶色くなってしまうのです。こういった部分のカバーはイエロー系、ベージュ系の色が向いています。また、目元は乾燥に弱く、非常によく動くためヨレやすいのでリキッドタイプやクリームタイプのコンシーラーが向いています。

<青クマ>
目の下を指先で軽く引き伸ばして、色が薄くなるのが青クマ。手首の静脈が青く透けて見えるように、二酸化炭素を多く含んだ血液は、皮膚の上から見ると青くみえてしまうのです。これが青クマの原因です。

この青クマは、疲労や睡眠不足の血行不順から目立つようになるため、血行をよくしてあげると軽減します。目の上に使いやすい、ホットマスクやマッサージで目の周りの血行をよくするようにしましょう。向いているコンシーラーの色はピンク系や、オレンジ系です。目元はヨレやすく崩れやすいのでリキッドタイプやクリームタイプのコンシーラーが向いています。

<黒クマ>
最後に、眼球のくぼみあたりに表れるのが黒クマ。上向き加減で、鏡やスマートフォンの画面を見たら薄くなるのはこのタイプです。黒クマの原因は目元のたるみによる影です。向いているコンシーラーの色は明るいベージュ系です。また、厚塗りをすると余計に目立ってしまいますから、サラッとしていて薄づきのリキッドタイプのコンシーラーをたるみに沿うようにのせて明るさでたるみの影をカバーしましょう。

シミ、そばかすを目立たなくしたい!

シミやそばかすには明るめのイエロー系コンシーラーでくすみを飛ばしましょう。カバーしたい範囲に合わせてタイプを選びます。一箇所ならスティックタイプのような固形のもの、広範囲のそばかすにはリキッドタイプやクリームタイプがオススメです。

無理に厚塗りをしてカバーすると不自然に見えてしまうので、レフ板のように光を集めて欠点を隠すという感覚で薄く伸ばして使いましょう。

ニキビ、ニキビ跡の赤みを消したい!

ニキビ、ニキビ跡の赤みのカバーはグリーン系やイエロー系のコンシーラーが向いています。薄づきなリキッドタイプやクリームタイプはカバー力が足りず、時間の経過とともに崩れて取れていってしまう可能性が高いので、固形のタイプがオススメです。

コンシーラーは毛穴を詰まらせてニキビを悪化させてしまうので、1日の終わりには必ずよくクレンジングで落としましょう。

小鼻の赤みを肌色と合わせたい!

小鼻や小鼻まわりの赤みで悩んでる人も意外と多いです。ここが赤いと、なんだか子供っぽい印象になってしまいますよね。イエロー系、ベージュ系を軽く指の腹でなじませるように使いましょう。

小鼻の赤みの原因は、毛穴の皮脂のつまりが気になって、触りすぎている人に起こりやすいトラブルです。毛穴パックや自分でつまりを押し出したり、もしくはアレルギーで、血管拡張を繰り返して起きる人もいます。

毛細血管が弱って拡張している状態なので、ホームケアなら、ぬるめのお湯と水で顔を交互に洗う温冷法などをすると改善されます。医療レーザーでも対応してくれるので、赤みが本格的に気になっている人には一つの選択肢です。

今は、花粉症の人も何度も鼻をかまなくてはいけないことで、鼻のまわりが赤くなってしまうので、スティックタイプの黄色味の強いコンシーラーをバッグに入れておくと、化粧直しにも重宝しますよ。

コンシーラーを塗るコツ5つ

1.厚塗りをしないようにする

コンシーラーは、気になる部分に使うものなので、ついつい厚く塗ってしまいがちですが、厚く塗ると余計に目立たせてしまいます。完全に隠すのを目指すのではなく、目立たなくするくらいの気持ちで置くと、上手くいきます。

また、たくさん置いてから伸ばしすぎてしまうと、肌の色と一体化してコンシーラーの効果がなくなってしまうので、少なめに置くようにするのが成功のポイント。また、メイクのりをよくするとともに、紫外線の防止も含めて下地クリームをしっかり使いましょう。

2.なじませるのは指が一番!

ブラシやパフなどいろいろありますが、適度に温度があり水分油分を持っている人間の指は、なによりもコンシーラーの肌なじみをよくしてくれます。強く伸ばすとよれてしまいやすいので、力の入りにくい薬指、中指の腹で伸ばすと、やさしく肌になじませることができます。

コンシーラーが上手に使えるかどうかは、コンシーラーの部分を上手く周りとなじませることができるかどうかがポイントです。これは、細かく動かすことのできる指の腹がいちばん向いています。

3.軽く叩くようにポンポンとつける

コンシーラーの上手なつけ方は、色を置いた部分を、指先で軽く叩くようにつけることです。ついつい伸ばして広げてしまいそうになりますが、周りの皮膚まで同じコンシーラーの色がのってしまうと、肌の色差が塗る前と同じになってしまいます。伸ばすのは我慢して、置いた部分だけを指の腹で軽く叩いてなじませましょう。

特に、周りの皮膚との色の境目を、軽く指先で叩くようになじませていくと、隠したいところがきれいに隠れます。下の動画は、嶋田ちあきさんのコンシーラーテクニックです。指使いやなじませ方の参考になります。


Baby-face Makeup by Chiaki Shimada (1/2)

4.よく動くところには柔らかいタイプを使う

コンシーラーは、肌に乗せたら動きにくいように、パウダー料を多く含む場合が多くなります。顔の中でよく動くところ、目元、口元は硬めのものより、その筋肉と皮膚の動きにフィットしてくれる、柔らかめのクリームタイプやリキッドタイプを選ぶと崩れにくいので、コンシーラーを選ぶときに参考にしてください。逆、広い部分のシミなどをポイント的に隠すのは、硬めのものでも大丈夫です。

5.塗った部分にはパウダーで固定する

塗った部分は動きやすいため、パウダーを必ず使用します。プレストタイプでもパウダータイプでもOK。しっかり動かないように、上からまっすぐおさえるのがポイントです。ファンデーションを伸ばすときのように、スポンジやパフを動かしてしまうと、コンシーラーが広がって効果が薄れてしまいます。軽く押えるように肌に密着させましょう。

まとめ

いかがでしょう、自分にぴったり合いそうなコンシーラーが見つかりましたか?意外とファンデーションより便利かもしれないコンシーラーは、隠したいところだけ隠すことができるので、とても自然に肌の状態を美しくみせることができます。

化粧直しにも大活躍なので、頼りになる一品が見つかると、メイクも今以上に楽しくなるはず。ぜひ毎日のメイクに取り入れてみてくださいね!

合わせて読みたい!