ファンデーションのカバー力とは?シミやニキビ跡も隠せる?使い方や特徴を解説!

シミやニキビ跡など、肌の悩みがある方は、カバー力があるファンデーションで隠したいですね。カバー力がありながら厚塗りに見えないファンデーションの塗り方をご紹介します。

ファンデーションのカバー力は?

どんなにメイクを頑張っても、肌が美しくなければ大きな減点となってしまいます。ファンデーションやコンシーラーはベースメイクと言われますよね。メイクの土台となりますので、気になる部分は上手にカバーして美肌に見せましょう。

毛穴やニキビ跡、シミなどは、できるだけカバーして隠したいですよね。しかし、ファンデーションで隠そうとすればするほど厚塗りになって目立ってしまいます。上手にカバーするためのファンデーション選びからカバーのコツまでご紹介します。

ファンデーションでカバー力を求めるのは?

ニキビの跡や赤みを隠したい

ニキビができやすい肌の方は、ニキビが治っても跡が赤く残ってしまうことがあります。メイクをするときは、このニキビ跡を隠したいですよね。

目立つ毛穴を隠したい

毛穴の凸凹が気になる方は、ファンデーションでカバーしたいですよね。しかし、ファンデーションが毛穴に落ちてさらに目立ってしまうことがありますので、塗り方にも注意が必要です。

保湿不足が毛穴落ちの原因になりますので、スキンケアは念入りにしておきましょう。また、毛穴が目立つ方はファンデーションのフィット力を高める下地が重要です。Tゾーンの毛穴が目立つ方は皮脂崩れを抑えるタイプの下地がおすすめです。

シミ、そばかすを隠したい

ニキビ跡の炎症や、紫外線、加齢などが原因で肌にシミができてしまいますが、ほんの小さなシミでもすごく気になる方が多いのではないでしょうか。また、広範囲のシミやそばかすは、顔がくすんで見えてしまいますので、ファンデーションでうまくカバーしたいですね。

ポツンとできたシミならコンシーラーで隠すという方法もありますが、広い範囲のシミやそばかすなら、カバー力があるファンデーションで隠すのがよいでしょう。

陶器のような仕上がりにしたい

つるんとした陶器肌は女性の憧れですよね。欠点のない陶器のような美しい肌になるにはカバー力があるファンデーションが必要です。

ただし、厚塗りに見えてしまっては陶器肌とは言えませんので、ファンデーション選びが重要になります。

ファンデーションでカバー力があるものは?

リキッドファンデーション

リキッドファンデーションは液状のファンデーションで、カバー力があるのにみずみずしい塗り心地が特徴です。手やスポンジ、ブラシで塗る方法があります。

顔に伸ばすときは、顔の中心から外側に向かって伸ばすのがポイントです。スポンジを使うときは、肌をこすらず叩きこむようにするときれいになじみます。また、ブラシでつけるとツヤ肌に仕上がります。

どの塗り方でも最後にスポンジでなじませると、余分なファンデーションを吸収するので仕上がりがきれいです。

クリームファンデーション

クリームファンデーションはさらに高いカバー力が特徴です。保湿力が高いため、秋冬に使う方が多いでしょう。保湿力が高いというと肌に優しいイメージがあるかもしれませんが、ファンデーションの中では肌への負担が大きいタイプとなります。

クリームファンデーションやリキッドファンデーションは乳化剤や防腐剤が必要になりますので、パウダータイプに比べると肌への負担は大きくなります。そのため敏感肌の方は避けた方が良いと言われています。また、クリームファンデーションは油分が多くフィット感が高いのですが、オイリー肌、ニキビができやすい肌の方には不向きなので注意しましょう。

カバー力が高いので、肌の気になる部分を隠すのに適しています。しかし、リキッドファンデーションに比べてテクスチャーが固いため、肌になじみやすいか確認してから購入した方がよいでしょう。

ケーキファンデーション

ケーキファンデーションという言葉を聞いたことがないという方もいらっしゃるでしょう。粉末ファンデーションを固めたものがケーキタイプと言われます。パウダーファンデーションという言い方の方が一般的かもしれませんね。

このタイプのファンデーションは、乾燥したスポンジでつけるもの、水を含ませたスポンジでつけるもの、水あり水なし両方OKのものというように、3種類に分類されます。この中で特に水あり専用のものがケーキファンデーションと呼ばれることが多いです。

水を含ませたスポンジでつけるケーキファンデーションの特徴は、ドライタイプに比べてフィット感が良く、化粧崩れしにくいことです。汗や水に強いので、春夏には水ありタイプのファンデーションにするという人も多いです。

保湿成分が配合されているタイプなら、日中もお肌の状態をキープしてくれるので安心ですよ。せっかくカバー力が強いファンデーションでも、化粧崩れをしてしまえば台無しになってしまいます。暑い季節には、カバー力があり崩れにくいケーキファンデーションがおすすめです。

パウダーファンデーションでカバー力アップするコツは?

コンシーラー+薄づきパウダーファンデーション

肌の悩みをメイクでカバーしたいなら、ファンデーションと併用して使いたいのがコンシーラーです。ニキビ跡やシミなどをピンポイントでカバーしたい場合は、スティック状のコンシーラーが便利です。固い質感なので、狭い範囲のカバーに適したタイプで、高いカバー力が特徴です。

また、筆ペンタイプやチップタイプのコンシーラーは、リキッドファンデーションの柔らかい質感で、比較的広範囲をカバーすることができます。シミが広がっている方や、目の下のクマなどをカバーしやすいです。

まずコンシーラーを使って気になる部分を隠したら、その上から薄づきのパウダーファンデーションを塗りましょう。そうすれば隠したい部分はカバーしても、薄づきファンデーションで自然な仕上がりになります。

ルースパウダーファンデーションで仕上げ

パウダーファンデーションにはさまざまな種類がありますが、最後に仕上げとして使うのにおすすめなのが、ルースパウダーファンデーションです。

ルースパウダーと似ていますが、こちらはファンデーションの一種になります。ルースパウダーは肌が乾燥するので苦手という方もいらっしゃるでしょうが、ルースパウダーファンデーションは筆でふんわりつけますので、粉っぽくなりません。

粒子が細かいものなら重ねても厚塗り感が出ないので、安心です。肌をきれいに見せながら、気になる部分を自然にカバーできます。

悩みタイプ別ファンデーションでカバーするテクニック

凸凹肌や毛穴には

肌の凸凹や毛穴が目立つ方は、ファンデーションを塗る前に下地で肌を整えておく必要があります。凸凹をフラットにしてくれたり、毛穴を目立たなくしてくれるタイプの下地がありますので、こういったタイプを利用して肌を整えておくのがよいでしょう。

Tゾーン用の下地なら、皮脂のべたつきやテカリを抑えてくれますので、長時間サラサラをキープできます。皮脂でファンデーションが崩れやすい方も、下地でしっかり皮脂対策をしておくことで、毛穴をカバーできますよ。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

ファンデーションを塗るときは、顔の中心から外側に向かって伸ばすものですが、肌の凸凹や毛穴が目立つ場合は下から上に向かって伸ばします。毛穴は下向きなので、下から上に向けて塗ることでカバーすることができます。下地も同様に下から上に向けて塗るのがポイントです。

凸凹や毛穴が目立つ方におすすめなのが、リキッドファンデーションです。しっかり毛穴をカバーしてくれますよ。スポンジを使った塗り方は、伸ばすより叩き込むようにして塗るのがコツです。

また、ブラシを使って塗ると毛穴までしっかり塗ることができます。このとき、ブラシを肌に垂直に立てて円を描くように塗るのがポイントです。仕上げにルースパウダーをつけると、皮脂によるメイク崩れを抑えることができます。

ニキビの先端には

ポツンと目立つニキビができると、ファンデーションを普通に塗ってもカバーしきれずに目立ってしまいます。パウダーファンデーションは凹凸があるニキビをカバーするのは難しいので、リキッドorクリームファンデーションを使うようにしましょう。

ニキビの部分には、少しずつ何度か重ね塗りをしてカバーします。そうすれば、全体的に厚塗りにはなりません。重ね塗りでもカバーしきれないほど目立つニキビなら、先端を固めのコンシーラーでカバーするとよいでしょう。

ただし、メイクによってニキビが悪化する恐れもありますので注意が必要です。油分が多いものや、不潔なスポンジ、クレンジング時の摩擦などはニキビを悪化させるかもしれません。ニキビやニキビ跡専用のコンシーラーもありますので、利用してみてはいかがでしょうか。

安いのに十分満足!人気プチプラファンデーション

セザンヌ「UVファンデEXプラス」

セザンヌのUVファンデーションEXプラスは、本体価格が税抜500円、レフィルは税抜380円という驚きの安さです。シリーズ累計出荷数1200万個を突破している人気の商品ですよ。

皮脂固定化パウダーが配合されていますので、皮脂による毛穴崩れを防ぎます。また、保湿成分のスーパーヒアルロン酸が配合されているため、乾燥を防ぐ効果があります。

水あり・水なし両用なので、お好みに合わせて使うことができますよ。

by カエレバ

ポルトA「パウダーファンデ」

ナチュラルなのにカバー力があると評判なのが、ポルトaのパウダーファンデーション。税別600円というお安さなのに、サラサラの細かい粒子が気になる毛穴やシミ、小じわなどをカバーしてくれます。

ポルトaはファンデーションの種類が豊富であり、白肌へと導く「ホワイトファンデーション」や、汗・水に強い「ファンデーションケーキUV」などもあります。

mfc「ブライトアップリクイド」

ファミリーマートがカネボウコスミリオンと提携して展開しているブランドが「mfc」です。コンビニで手軽に買えるプチプラファンデなので、仕事帰りに気軽に買えて便利です。

毛穴カバー成分や、くずれ防止成分が配合されていますので、毛穴や皮脂崩れが気になる方におすすめです。また、うるおい成分やツヤパールが配合されていますので、ツヤのある美肌に導いてくれます。

SPF33なので、通勤や通学中の紫外線対策もバッチリです。3色展開なので、肌に合う色を選んでくださいね。

MISSHA「Mクッションファンデ」

MISSHAは韓国のブランドです。美肌が多い韓国女性の定番コスメブランドだそうですよ。クッションファンデは最近のトレンドですが、韓国では数年前から流行していました。さすが美容大国と言われるだけありますね!

MISSHAの「Mクッションファンデ」は、専用パフにフルイドファンデーションを含ませて、顔に叩き込むようにつけます。これだけで保湿、下地、ファンデーションの機能があるうえに、SPF50なので日焼け止め効果もあります。

しっかりカバーしてくれるのに、塗り重ねても厚塗り感がなく、ナチュラルな印象です。また、汗と皮脂を吸収してくれますので崩れにくく、きれいな肌を長時間キープできます。

by カエレバ

メディア「クリームファンデ」

肌が乾燥しがちな方におすすめのプチプラファンデです。海洋性コラーゲンやWヒアルロン酸などの保湿成分が配合されていますので、メイクしながら肌を保湿することができますよ。

毛穴やくすみなどをカバーしながら自然なツヤ肌にしてくれます。SPF25なので一年中使えるのもうれしいですね。

by カエレバ

40代がファンデに求める効果は?

美白効果、UVケアは必須

40代の方の多くは気になるシミがあるのではないでしょうか。今あるシミをカバーしつつ、増えてしまわないようにUVケアをしたいですね。

ファンデーションを塗る前には日焼け止めやUV効果がある下地を使う方が多いでしょうが、UV効果があるファンデーションを併用することによって、紫外線からしっかり肌を守ることができるでしょう。美白成分が配合されているファンデーションなら、メイクしながら透明感がある肌へ導いてくれますよ。

また、パウダーファンデーションやフェイスパウダーには紫外線をはね返す効果があります。紫外線が強い季節はパウダーファンデーションを使うか、リキッドファンデーションやクリームファンデーションの上にフェイスパウダーを重ねるようにするとよいでしょう。

美肌効果、しっかりしたカバー力

40代になると、肌の乾燥やシミ、小じわ、ハリなど、肌の悩みが増えてきます。美容液などでケアしながら、ファンデーションでは肌の悩みをカバーしたいですよね。

ファンデーションには保湿成分が配合されているものも多いです。リキッドファンデーションやクリームファンデーションは保湿効果が高いですが、保湿成分が配合されていればさらに肌の潤いをキープできるでしょう。

また、ファンデーションでシミをカバーしたい方は、カバー力があるものを選びたいですね。最近のファンデーションはカバー力があっても厚塗り感がないものも多いです。濃いシミならコンシーラーも併用するとよいでしょう。

耐久性、化粧崩れしない

ファンデーションを選ぶときは、化粧崩れのしにくさも重視したいですね。仕事をしている方は、たびたびメイクを直す時間もないでしょう。朝のメイクが簡単に崩れてしまうようでは安心できません。春夏は汗をかきやすいので、メイクが崩れやすい方が多いでしょう。

ファンデーションがヨレない、テカラないようにするためには、まず下地をしっかり塗ることです。汗や水に強いタイプのファンデーションなら耐久性がよいので暑い季節も安心です。

また、リキッドファンデーション派の方は、ブラシで塗ることでヨレにくくなりますよ。仕上げにフェイスパウダーをつけると皮脂を吸着する効果がありますので、化粧崩れしにくくなります。

まとめ

肌の悩みがあると、外出するのが憂鬱になるときもあるでしょう。そんなとき、ファンデーションで上手にカバーできれば自信を持つことができますよね。

肌悩みはスキンケアで解決したいですが、今すぐなんとかしたいときはファンデーションが頼りになります。カバー力があっても厚塗りに見えないファンデーションも多いので、肌の悩みを上手に隠しましょう。

合わせて読みたい!