ニキビを1日でも早く治す!3つのおすすめ外用薬と洗顔料でスベスベ肌に!

できてしまったニキビ…、気になりますよね。すぐにでも治したいけど、早く治す方法なんてあるのでしょうか?ニキビを早く治すには、食生活や睡眠の質を上げること、ストレスを溜めないことなどいろいろなポイントがあります。もちろん、肌の状態に合ったスキンケアも大切です。ニキビをなるべく早く治す方法、また予防法について解説します!

目次

ニキビを1日でも早く治す方法が知りたい!

「朝起きたらニキビができていた…」、きっと誰でも経験したことがありますね。ニキビはいつできても嫌ですが、楽しみにしていたイベントやデートの当日だったら最悪です!気になって何度も触ってしまい、出血したり赤みが強くなったりして余計目立ってしまうことも…。

ニキビができやすいのは、中学・高校の思春期の時期というイメージですが、「大人ニキビ」に悩む人も少なくありません。赤くて大きなニキビがひとつだけ突然できたり、おでこや顎など特定の場所にニキビがまとめてできるなど人によって様々ですが、どんなニキビでも1日でも早く治したいですよね!

できてしまったニキビをなるべく早く治す方法とニキビの予防法について解説します。食生活や睡眠、スキンケアなどに少し意識するだけで肌が見違えるかもしれません!肌トラブルを改善して美肌を目指しましょう!

どうしてニキビができてしまうの!?

ニキビを早く治す方法を知る前に、まずはニキビができる理由を学びましょう。理由を理解して回避することは、ニキビ予防の方法のひとつでもあります。日常生活の中で意識して改善できるポイントを見つけましょう!

肌の清潔が保たれていない

ニキビの大きな原因は、毛穴の皮脂汚れです。毛穴に皮脂や汚れがつまると、それらを好物とする「アクネ菌」や「マラセチア菌」が増殖し、ニキビを引き起こします。肌の脂分が多いとニキビができやすく、乾燥肌ではできにくいイメージですが、皮脂が少なくても毛穴に溜まればニキビの原因となり、逆に皮脂が多くても不要な皮脂を落とすことでニキビは防げるのです。

とは言っても、やはり皮脂の分泌が多ければニキビができやすいのも事実です。思春期(第二次性徴期)は男性ホルモンが急激に増え、皮脂の分泌が活発になります。中高生の時期に顔の脂が気になったりニキビができやすいのはこのためです。20歳頃になると、ホルモンバランスの安定とともに皮脂の分泌も落ち着く人が多いようです。

また、メイクがしっかり落とせていないことや誤った洗顔方法も毛穴詰まりの原因となります。メイクや皮脂汚れをしっかり落とせて肌の状態に合った洗顔料を選び、正しい方法で洗うように意識しましょう。

ストレスが溜まっている

思春期以降にもニキビに悩む人は多く、20歳を過ぎてからできるニキビを「大人ニキビ」と呼びます。大人ニキビの原因でもっとも多いのが、ストレスです。ニキビの原因は皮脂や汚れが毛穴につまることでしたが、ストレスとニキビは直接的な関係があるのでしょうか?

ストレスを感じると、抗ストレス作用と男性ホルモンの分泌を促す作用のあるホルモンが分泌されます。上述したように、男性ホルモンが増えると皮脂の分泌が活発化するため、皮脂が過剰に増えてニキビができやすくなります。

また、ストレスは肌のターンオーバーにも関係します。人間の皮膚細胞は通常約28日周期で生まれ変わり、これをターンオーバーと呼びます。ターンオーバーを繰り返しながら古い角質を落とし、そして不要な皮脂も毛穴から排出して肌を清潔に保ちますが、強いストレスを感じている時にはターンオーバーが正常に行われず、角質が毛穴を塞いでアクネ菌を増殖させます。

アクネ菌はニキビの原因となるため、増殖すれば当然ニキビはできやすくなります。ニキビと直接関係のなさそうなストレスですが、分泌されるホルモンや肌を清潔に保つためのターンオーバーと深く関わっているのです。

生活習慣の乱れ

食事の栄養バランスと適度な運動、そして睡眠サイクルなどの生活習慣の乱れもまた、ニキビの原因となります。たとえば、睡眠が不足した状態が続くと心身が緊張状態となり、交感神経が優位になります。交感神経には男性ホルモンの分泌を促す作用があるため、皮脂分泌が活発となりニキビができやすくなります。

また、動物性脂肪や糖質には皮脂腺を刺激する作用があり、多く摂取すると皮脂の分泌が増え、そしてニキビができやすくなります。脂分の多い食品や油を多用した料理、チョコレートなどの甘いものをたくさん食べるとニキビができやすいことは広く知られていますよね。このように、日々の生活習慣の乱れもニキビの原因となります。

肌の乾燥

皮膚の水分量の少ない乾燥肌は、皮脂が少ないにも関わらずニキビの原因となります。なぜでしょうか?皮脂の分泌量の少ない乾燥肌には、皮脂膜がしっかりと作られません。この皮脂膜は角質層の水分を閉じ込める役割を果たすため、肌が乾燥していると角質層の水分はどんどん蒸発してしまうのです。

水分のない角質は硬化し、毛穴も細く弱くなります。毛穴が細くなると当然皮脂は詰まりやすく、結果的に毛穴詰まりによりアクネ菌が発生してニキビができてしまうのです。

ニキビは薬で治す!口コミ評価の高いおすすめの外用薬ランキング

では、ニキビを1日でも早く治すために効果的な製品を紹介します。まずは、皮膚科に行って外用薬・内服薬を処方してもらう時間のない人のために、市販のおすすめ外用薬を紹介します。どれも口コミで高く評価されている安定の外用薬です。

1.オロナインH軟膏/大塚製薬

ニキビに効く市販の外用薬ランキング、堂々の第1位は安定の人気商品「オロナインH軟膏」です。ニキビや吹き出物だけでなく、ひび・あかぎれ・しもやけ・切り傷や擦り傷、軽い火傷、水虫など様々な皮膚疾患に使用できる万能薬であり、どこの家庭にも1~2個は必ず常備されていますよね!

清潔な指にオロナインH軟膏を少量取り、ニキビに軽くすりこんで使用します。べとつきが気になる場合には、清潔なタオルやガーゼなどでふき取ります。

「肌が弱く、皮膚科の薬では刺激が強いが、オロナインは大丈夫」「就寝前にニキビが隠れるくらいオロナインを塗ったら、翌朝には赤みがひいていた。でき始めのニキビに効果が高い」「皮膚科の薬やニキビ用の化粧品より効果がある」など高く評価されています。

11g(チューブ):317円
30g:387円
100g:748円
250g:1,603円
500g:2,592円
オロナイン液(80mL):546円
※楽天の商品価格を参考にしています。

2.テラ・コートリル軟膏a/ジョンソン・エンド・ジョンソン

テラ・コートリル軟膏aは、抗菌作用と抗炎症作用に優れた外用薬です。ニキビのほか、皮膚炎や皮膚の感染症、膿皮症、湿疹の治療にも使用され、炎症による赤みや腫れを抑える効果、かゆみや痛みを和らげる効果、アクネ菌などの細菌に対する抗菌効果、化膿を伴う炎症を抑える効果などがあります。

ドラッグストアや通販で市販されているほか、皮膚科で処方されることもあります。合成副腎皮質系のステロイド剤であるヒドロコルチゾンを含んでいるため、用法・用量は必ず守りましょう。また、長期に渡る使用にも注意が必要なため、医師や薬剤師に相談しましょう。

「就寝前に少量塗ったら、翌朝明らかにニキビが小さくなっていた」「かなり悪化したニキビに使用したら、3日ほどで落ち着いた」などポジティブな口コミのほか、「皮膚が赤くなって剥けた」などトラブルの報告もあります。効果が高いだけに、医師の指示のもと使用した方が良さそうですね!

6g:1,080円
※公式サイトの希望小売価格を参考にしています。

3.ペアアクネクリームW/ライオン

ペアアクネクリームは、ライオンの大人ニキビ用ライン「PAIR(ペア)」シリーズの治療薬です。フェイスラインにできたニキビ、炎症を起こしてなかなか治らないニキビ、毛穴がつまって硬くなったニキビ、跡に残りそうなニキビなどに効果的で、ニキビの症状を悪化させるアクネ菌などを殺菌してニキビの進行を抑えます。

しっかり洗顔して肌を清潔に整えたあと、ニキビの気になる部分にペアアクネクリームWを馴染ませ、化粧水や乳液などで仕上げます。

口コミでも「きれいに確実に治る」「ニキビができたときの必需品」「接客業なのにニキビができて悩んでいたが、ペアアクネクリームを就寝前に塗って絆創膏を貼ると翌朝大分良くなる」と高く評価されています。

14g:950円
24g:1,450円
※公式サイトの小売希望価格を参考にしています。

洗顔がニキビを治すカギ!ニキビ肌用洗顔料ランキング

次に、ニキビ肌におすすめな洗顔料を紹介します。ニキビを早く、そしてキレイに治すためには、何といっても洗顔が大切です。余分な皮脂を落として肌を整える洗顔料ランキングをチェックしましょう!

1.カウブランド 青箱(さっぱり)/カウブランド

洗顔料ランキング第1位は、昔ながらのカウブランド青箱の牛乳石鹸です。皮膚科医や口コミから人気に火がつき、プチプラな点やロングセラーの安心感も相乗し、今ではニキビに悩む人の定番洗顔料に位置づけられています。

ふんわりと香る花の香りに癒されながら、ミルク成分でさっぱりと洗い上がります。乾燥が気になる場合には、洗顔後すぐにスキンケアを行いましょう。「皮膚科医にすすめられてカウブランド青箱を使用したら、3日ほどで長年の悩みだった顔と体のニキビが嘘のように改善された」「フェイスラインの大人ニキビに効果があった」など口コミもいい感じです。

1個(85g):86円
3個(85g):259円
6個(85g):518円
1個(135g):124円
3個(135g):373円
6個(135g):745円
※公式サイトの希望小売価格を参考にしています。

2.ウォッシュクレンジング/クレンジングリサーチ

第2位にランクインしたクレンジングリサーチのウォッシュクレンジングは、ピーリング洗顔と酵素マッサージ効果にプラスしてメイクも落とせる優秀な洗顔料です。毛穴につまったメイク汚れや皮脂などをしっかり浮かせ、ツルツルな肌に整えます。@コスメのベストコスメアワード2015のベスト洗顔料部門でも、堂々第2位に輝いた実力派洗顔料です。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

「ピーリング効果でツルツルになり、ニキビも目立たなくなった」「洗い上がりはさっぱりで、ニキビの赤みが和らいだ」など口コミ評価も高く、おすすめできる洗顔料です。

120g:1,080円

3.薬用AIDソープ/フィジカル

薬用AIDソープは、有効成分イソプロピルメチルフェノール配合の顔ダニ浴用石鹸です。ニキビがなかなか治らない、ずっと繰り返す、かゆみが強いなどの場合には顔ダニが原因かもしれません。顔ダニ専用石鹸を試してみましょう。

薬用AIDソープに使用されている成分は、実験により抗菌性や殺菌性が証明されています。「長年の悩みだったニキビが解消した」「皮膚科での治療やニキビ専用化粧品よりも効果があった」などの口コミがあります。薬用AIDソープを軽く泡立ててから泡を顔に乗せて約20秒放置し、その後パッティング洗顔をします。

AIDソープ(130g):2,700円
AIDフォーム(120g):2,700円
※公式サイト上の価格を参考にしています。

低刺激が重要!ニキビ肌におすすめなスキンケアランキング

続いては、ニキビ肌にも安心して使用できるスキンケア商品を紹介します。特に炎症を起こしているニキビに刺激はNGです!ニキビ肌のことを考えて作られたスキンケアにスイッチして、ニキビを優しく治しましょう!

1.薬用クリアローションM(しっとりタイプ)/オルビス

おすすめスキンケア第1位のオルビスの薬粧クリアローションは、「大人ニキビに絶大な効果!ニキビゼロ薬用化粧水」をキャッチコピーとする大人ニキビ対策の化粧水です。肌荒れからできるニキビ、ストレスを原因とするニキビ、あごや口周りのニキビのすべてに対応し、ニキビ予防を実感した人はなんと90%以上というすごい化粧水です!

「ニキビが気にならなくなった」「効果が実感できる」など使ってみたくなる口コミも多数あります。薬用クリアローションMはしっとりタイプですが、好みや肌の状態に合わせてさっぱりタイプ(薬用クリアローションL)もおすすめです。

180mL:1,620円
詰替え用(180mL):1,404円
※公式オンラインショップの価格を参考にしています。

2.FDR アクネケアエッセンス/ファンケル

スキンケアランキング第2位は、自然派コスメファンケルのFDRアクネケアエッセンスです。無添加FDRのアクネケアラインの美容液なので、ニキビの気になる肌を優しくいたわりながらケアすることができ、安心して使用できます。

「小さなでき始めのニキビに就寝前に塗ると、翌朝には気にならない」「赤みのある治りにくいニキビが短期間で良くなった」「繰り返すニキビが改善された」など評価も上々です。

1本(8g):1,944円
2本(8g):3,693円
※公式オンラインショップの価格を参考にしています。

3.スキンコンディショナー(ハトムギ化粧水)/ナチュリエ

第3位は、ナチュリエのスキンコンディショナーです。天然植物成分ハトムギエキス配合の化粧水で、肌を十分に保湿し、潤いを与えてコンディションを整えます。大容量でプチプラな点だけでなく、無香料・無着色で安心して使えるのも嬉しいですね。

「たくさん使ってもベタつかないので、乾燥を防いでニキビが良くなった」「顔だけでなく背中ニキビにもバシャバシャ使える」など大量に使用できることに対する口コミが目立ちます。

500mL:702円
※公式サイトの販売価格を参考にしています。

ニキビ跡はどう隠す?治す方法はあるの?

ニキビはもちろん困りますが、ニキビなどの肌トラブルがない状態であっても、クリアな肌に見えなくなってしまうニキビ跡はもっと厄介です。ニキビ跡を消す方法はあるのでしょうか?また、とりあえず隠す方法についても解説します。
コンシーラーでニキビ跡を消す

手っ取り早くニキビ跡を隠すためには、コンシーラーを使いましょう。リキッドファンデーションの場合にはファンデーションを塗った後、パウダーファンデーションを使用する場合には化粧水などで肌を整えた後でファンデーションを塗る前にコンシーラーを使うとカバー力が上がってキレイに隠せます。

コンシーラーはニキビ跡やシミなどを目立たなくしてくれる優れものですが、しっかりとオフしないとニキビの原因となります。念入りにメイクを落とすことを意識しましょう。

ニキビ跡を消す化粧品を選ぶ

ニキビ跡を消すことに特化した化粧品の使用もおすすめです。赤みのあるニキビ跡を改善するためには、肌のターンオーバーを促す必要があります。導入型化粧水や集中ケアクリームなどを選びましょう。

口コミ評価が高いのが、血行を促進させるビタミンE配合のケシミンクリーム(小林製薬)です。ビタミンC誘導体が角質層まで浸透してメラニンの生成を抑え、シミやニキビ跡を防ぎます。気になるニキビ跡には、就寝前に使用しましょう。

皮膚科でレーザー治療を受ける

「いろいろ試したけどニキビ跡が良くならない…」という人は、皮膚科を受診して相談してみましょう。医師の判断によりますが、深いクレーターなど比較的ピンポイントなニキビ跡が気になる人はレーザー治療、赤みや色素沈着が顔の広範囲にある人には光治療が適しています。

皮膚科を受診するメリットは?

深刻でないニキビでも皮膚科を受診してもいいの…?と不安に思うかもしれませんが、心配不要です。皮膚科を受診するメリットを説明します。

肌の状態に合った外用薬・内服薬・ビタミン剤を処方してもらえる

皮膚科医は、肌のプロフェッショナルです。できてしまったニキビや繰り返すニキビ、ニキビ跡などに悩んだら、一度皮膚科を受診してみましょう。皮膚科で処方される外用薬・内服薬などは、一般的に市販のものよりも効果が高く、医師により選ばれているため肌の状態にしっかり合っています。また、必要に応じてビタミン剤なども処方してもらえます。

治療や処置によりニキビが早く治る!

皮膚科では適切な治療や処置が受けられるため、ニキビが早く治る可能性が高くなります。例えば、炭酸ガスレーザーやエルビウムヤグレーザーなどのレーザー治療、フォトフェイシャルなどの光治療、ケミカルピーリング、イオン導入、ローラー、皮膚再生などの治療が医師の判断により受けられます。

スキンケアについて正しいアドバイスが受けられる

肌のスペシャリストである皮膚科医に相談するととで、今あるニキビを治すだけでなく、ニキビができた原因と予防などについて適切なアドバイスが受けられます。正しい化粧品選びや洗顔方法などについて相談し、ニキビの予防に役立てましょう。

ニキビを作らないことが一番!ニキビの予防法は?

どこに出来てもいつ出来ても嫌なニキビ。様々な対処法があることはわかりましたが、それでもやっぱりニキビができないに越したことはありません。ニキビの予防法を覚えましょう!

正しい洗顔方法を覚える

ニキビを防ぐには、まずは肌を清潔に整えておく必要があります。毎日メイクをする女性は、メイクと余分な皮脂や汚れをしっかりと落とせる洗顔方法を覚えましょう。正しい洗顔のポイントを以下にまとめます。

・汚れた手で顔を触るのはNG!洗顔前に手を石鹸で洗う
・洗顔には32~34℃のぬるま湯を使う
・マスカラなどのアイメイクとリップメイクは専用リムーバーでキッチリ落とす
・皮脂の多いパーツから洗い始める
・しっかりと泡立て、泡のクッションで洗うことを意識する
・洗い残しはニキビの大きな原因!しっかりと洗い流す
・タオルでゴシゴシはダメ!力を入れずに優しく拭く

肌に良い化粧品を選ぶ

高価な化粧品や口コミ評価の高いものを選んでも、肌に合っていなければ無意味です。他の人の肌に効果のあるものが自分の肌に合うとは限らないため、しっかりと吟味して選ぶようにしましょう。ニキビの状態と特徴を把握し、刺激が少なく肌に優しい化粧品を選びましょう。良いものがわからない時には、薬剤師や皮膚科医に頼ることもおすすめです。

食生活を見直す

食事は健康の基本です。健康とは病気や体調だけでなく、肌の状態にも関係します。毎日の食生活を健康的なメニューに改善するだけで、体調も肌の調子も改善されるかもしれません。栄養バランスを考慮し、体や肌が求めるビタミン類やミネラルをしっかりと摂取しましょう。

ニキビが気になる時には、ビタミンC・ビタミンB2・ビタミンB6を意識して摂取するようにしましょう。そして、皮脂分泌に影響してニキビの原因となる炭水化物などの高GI食品や糖質の多いもの、動物性脂肪を多く含む食材は極力摂取しないように気を付けましょう。

サプリメントで肌に必要な栄養素を補う

食事から必要な栄養素をバランス良くしっかりと摂取することは理想的ですが、忙しい日々の中で3食すべて完璧な栄養バランスメニューを意識することはなかなか難しいことですよね。そんな時はサプリメントを取り入れてみましょう。

食事の傾向から不足しがちな栄養素や体が特に必要とする栄養素を確実に摂取するために、サプリメントは手軽で良い選択です。栄養素の種類だけでなく、メーカーによっても様々なサプリメントが販売されていますので、栄養素の含有量などをチェックして選びましょう。

睡眠サイクルを整える

食事同様、睡眠時間も大切です。しかし単に長時間眠れば良いわけではなく、睡眠に適した時間帯に質の良い睡眠を取ることが重要です。毎日同じ時間に寝て同じ時間に起きるほか、食事や運動などの時間帯も揃えることによって、日々の生活サイクルや睡眠サイクルが出来上がります。

眠り始めてから3時間後には、「成長ホルモン」と呼ばれる肌に良い影響を与えるホルモンが分泌されます。ベッドに入ってもなかなか寝付けなかったり眠りが浅い場合には、このホルモンの影響をしっかりと受けられていない可能性があります。眠る前のパソコンやスマートフォンなどの使用をやめ、ぐっすりと眠るための行動を心がけましょう。

ニキビを早く治すには、食事・睡眠・ケアが大切!

いかがでしたか?ニキビを治す方法について解説しました。思春期だけでなく20歳を過ぎてもニキビに悩む人は少なくなく、肌トラブルの中でも悩む人の多いニキビ。少しでも早く治すためには、外用薬や化粧品などに頼るほか、食事や睡眠といった日々の生活習慣も大切です。できる限り規則正しく健康的な生活を送り、ニキビフリーな肌を手に入れましょう!

合わせて読みたい!