ニキビは皮膚科で治そう!5種類のニキビと11の治療方法を徹底解説!気になる値段と治すポイントもしっかり教えます!

ニキビは男性、女性から多く悩まれている症状のひとつです。ニキビは非常にしつこい相手です。治ったと思えばまた現れては消える悪魔です。ニキビと向き合って生きていくにはどうすればいいのでしょうか?ニキビ治療についてまとめてみました。

皮膚科で治療するニキビの種類

ニキビには5つもの種類があるんです。知っていましたか?ニキビの種類によってはしつこいニキビもあります。皮膚科受診などによる早期治療によってはすぐ治ってしまうニキビの種類もあるようです。今のあなたのニキビはどの状態のニキビなのでしょうか。

白ニキビ

白ニキビはニキビの初期段階で、出来たばかりのニキビになります。朝起きたときに顔を見てみると白いプチッとした小さい出来物が出来ていたことはありますか?その白いプチっとしたものが白ニキビです。

毛穴の汚れによって皮脂、角質が詰まった状態になると白ニキビができます。初期段階では痛みかゆみものく本当に小さいできものです。この段階でケアをすれば本格的なニキビになる前に完全に治すことができます。

黒ニキビ

白ニキビが酸化した状態が黒ニキビになります。毛穴の中で古い角質や皮脂が詰まった状態によって白ニキビができます。

その、白ニキビが酸化することによって白色から黒っぽい色に変化します。それが黒ニキビです。この時点であっても炎症自体は起こしてはいないので痛みやかゆみはありませんし、ニキビが治りやすい段階ではあります。

赤ニキビ

角質、皮脂によって毛穴を塞ぎ続けてしまうことによって次第にアクネ菌が繁殖してしまいます。アクネ菌とは私たちの肌に必ず存在する菌で肌のバランスを保つのに必要不可欠な菌なのです。ですが、アクネ菌は必要以上に増えてしまうことでニキビにとってはマイナスな要素へと変身してしまいます。

アクネ菌は皮脂を好み酸素のない皮脂の詰まった毛穴で繁殖を始めます。アクネ菌が繁殖してしまうことによって次第に黒ニキビは炎症を起こしてしまい赤ニキビへと変化します。

黒ニキビから赤ニキビへと変化することによって炎症を起こしているため、痛みも痒みもでてきてしまいます。赤ニキビになると炎症が起きていることになるため治すのも難しくなってきます。

黄ニキビ

紫ニキビは黄ニキビ同様に赤ニキビの後になりやすく化膿しているだけでなく血が混ざった状態をいいます。紫ニキビは最もニキビ跡になりやすく1番重症な症状です。血液の流れがスムーズでないことによって膿とともに血液まで溜まっている状態です。

外用薬での治療方法

抗生物質

▼ダラシンTゲル
抗生物質が入った抗菌外用薬です。ニキビを悪化させるアクネ菌やブドウ球菌を殺菌、除菌することで赤みや腫れを改善して赤ニキビを減少させます。このような作用から細菌による化膿性炎症をともなうひどいニキビ治療にも使用されています。

1日2回洗顔後にニキビに塗ります。浸透するまで塗らなければならないと感じる方が多いようですが、刷り込まなくても大丈夫です。他にもダラシンTローションがあり、背中にきびなどに使用されることが多いようです。

処方薬のため、保険適用になるのでものすごく高いお薬ではありません。2本ほど処方されて他のお薬も貰っても1000円前後で購入することが可能でしょう。

ダラシンTゲルはクリームではなくゲル状になっているため、ベタつきがなく使いやすいです。中にはヒリヒリすると感じる方もいるみたいなので使用方法は薬剤師さんか医師に確認するようにしましょう。

▼アクアチムクリーム
抗生剤が入っている抗菌外用薬です。皮膚感染症であるアクネ菌やブドウ球菌を殺菌、除去することによって赤みや腫れを改善してくれます。おでき、とびひ、赤ニキビによく使用されている外用薬です。

1日2回、洗顔後にニキビに塗ります。クリームなので白く色がなくなるまですり込んで塗るようにしましょう。痛みがある場合は無理はせず軽く付ける程度にしておきましょう。

ダラシンTゲル同様、処方薬のため保険適用になります。そのため、同じくらいの価格で購入が可能だと思います。

アクアチムクリームの場合はクリームタイプなので白くニキビに塗りやすいと言う方もいます。副作用はほとんどありませんが、中にはかゆみやつっぱり感が出ることもあります。悪化するようでしたら医師に相談するようにしましょう。

ダラシンTゲルもアクアチムクリームも人それぞれ好みが分かれます。自分の肌に合って使用しやすいものを処方してもらうようにしましょう。

抗生物質以外の外用薬

▼ディフェリンゲル
ディフェリンゲルはにきび治療薬としても新しいお薬です。ディフェリンゲルは白ニキビ、黒ニキビ、炎症を起こした赤ニキビ、黄ニキビ、紫ニキビと幅広くに使用できる外用薬です。

毛穴のつまりやはじめにできる白ニキビや黒ニキビに作用し、ニキビの進行を防いでくれます。初期のうちに治療しておくことにより炎症した赤ニキビを減らし、炎症の強いニキビの進行を防ぎます。

ディフェリンゲルは刺激が強いため、塗ってから肌がヒリヒリしたり赤みがでたり、痒くなることがあります。また、乾燥してしまうため使用するときにはたっぷりと保湿することが大切です。

ただし、化粧水はニキビ用ではなく低刺激のものを使用するようにしてください。医師にお願いすれば、保湿クリーム代わりになるヒルドイドローションなどを処方してくれるはずです。それを化粧水代わりに使用するのもいいでしょう。

1日1回夜のみ使用する外用薬になります。ディフェリンゲルを塗って陽に当たると刺激が強くなってしまうので必ず夜1回使用することにしましょう。また、金額は保険適用になるためものすごい高いということはありません。

▼スタデルムクリーム、軟膏
皮膚の赤みや晴れを抑える外用薬です。多くは皮膚炎や湿疹に使用されますが、ニキビの赤みを抑える時にも使用されることがあります。スタデルムクリームは非ステロイド性の抗炎症薬です。

1日1~2回塗布するようにしてください。ニキビ薬を塗った上から塗るようにすれば良いでしょう。

クリームタイプや軟膏タイプがあるので基本的には顔にはクリームが処方されると思います。値段的にも保険が効くので高くなることはありません。

▼ビーソフテンローション、ヒルドイドローション
この二つの外用薬は保湿外用薬です。先ほどもディフェリンゲルの紹介の際に少しお話しましたが保湿をすることはニキビにとっても大切なことです。ましてや、ディフェリンゲルを使用するときには保湿は必要不可欠になります。

私は以前、ビーソフテンローションを化粧水にして、ヒルドイドローションを乳液として使用していました。ビーソフテンローションは透明です。ヒルドイドローションは乳液のように白くねっとりとしています。

処方薬ということもありお値段も高くありませんし、保湿力には優れています。乾燥にも効果がありますので使用してみる価値はあるかと思います。

内服薬での治療方法

抗生物質

▼ミノマイシン
細菌を抑える抗生物質の内服薬です。感染症や腫れ、赤み、化膿を抑えるのに用いられる薬で性感染症のクラミジア症やニキビに使用されることが多いようです。

通常1日2回服用します。胃を荒らしやすいお薬なので水1杯ほどの十分な水分で飲むようにしてくださいね!ニキビには数週間から数ヵ月と長期間使用することで効果を出してくれますので長丁場にはなりますが諦めずに服用するようにしましょう。

ホルモン治療

▼メルサモンF
ホルモンバランスを改善する薬です。更年期障害の際に用いられることが多いです。女性ホルモンの他微量の男性ホルモンや甲状腺ホルモンが配合されています。

これらのホルモンを補うことによりホルモン不足やバランスのくずれを改善してくれてニキビの症状も抑えてくれる作用があります。1日2回服用するのが通常のようです。また、保険適用のお薬なので高いと感じることはないかと思います。

▼低用量ピル
女性には女性ホルモンと男性ホルモンの2種類が混ざっています。ニキビが出来るのは男性ホルモンが皮脂分泌を過敏にする働きがあるため毛穴を塞いでニキビを出来やすくしてしまいます。ピルを服用することによって生理前に増える男性ホルモンを抑えて女性ホルモンを補いニキビを改善してくれるのです。

ピルは毎日同じ時間に飲むようにしてください。朝9時に飲む人は次の日もその次の日も朝の9時に飲む必要があります。同じ時間に服用しないとニキビへの効果も出にくくなってしまいます。

21錠タイプのピルは21日飲んで7日薬の服用を休みます。8日目から新しいシートの服用を始めます。

28日タイプのピルは28日間飲み続けて錠剤を飲みきったら29日目に新しいシートの錠剤を飲み始めます。28錠タイプの最後の7錠はプラセボという実際には薬の成分が入っていない偽物です。飲み忘れてしまいそうな人のための28錠タイプになります。

低用量ピルにはいろいろな種類があります。マーベロン28は男性ホルモンの作用が一番少ないため早い人では1箇月後にはニキビに対して効果が見られるようです。ニキビ向けの一番ポピュラーなピルです。

オーソM21は21日間飲むタイプで生理痛や子宮内膜症の治療にも使用されています。ホルモン量を一定に調節することによって男性ホルモン過多によるニキビ増加の方にも最適です。

ラベルフィーユ28は28日間飲むタイプのピルで生理不順にも効果があり4種類の識別がされていて飲み忘れしにくいようになっています。日本では一番普及しているようで男性ホルモンを低下させることでニキビを防いでくれます。

いずれによっても、保険適用外のため自費になります。目安としては初回は検査が必要な場合が多く1万円前後かかります。ピル自体の値段は1月分2000~3000円ほどで購入が可能になります。

ビタミン剤

▼シナール
ビタミンCとパントテン酸を補給するビタミン剤です。シミの治療にも使用されることがあります。味はレモンのような味がするので舐めていても不味くありません。

ビタミン剤だけを飲んでいるからといってニキビが完全に治ることはあまりありません。ビタミン剤には肌の回復を早める効果があります。ですが外用薬や抗生物質の内服薬と併用することによって、ニキビの改善が早まるようです。

▼ハイチオール
ハイチオールはアミノ酸の一種です。はっきりとした効果があるとはいえないため処方されることは少ないようです。ですが、体の代謝にかかわっているSH酵素の働きを高めてくれるといわれています。

漢方

▼当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
むくみ、くすみ、しみ、皮膚黒ずみ、冷え性、疲れ、体力低下、貧血、肩こり、ホルモンバランスの乱れ、生理不順、更年期障害などに効果があるようです。

▼加味逍遙散(かみしょうようさん)
頭痛、肩こり、便秘、ストレス、貧血、ホルモンバランスの乱れ、生理不順、慢性疲労、虚弱体質などに効果があるようです。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

▼十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)
化膿症のニキビ、皮膚の赤み、かゆみなどに効果があるようです。

▼桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
赤ら顔、しみ、ストレス、ホルモンバランスの乱れ、生理不順、生理痛などに効果があるようです。

いずれも漢方薬になるのですごく効果があったなどの声はあまり聞きません。また、苦いことから飲み続けるのが苦痛に思う方が多く改善されたという声が少ないのかもしれませんね。

病院での治療方法

薬以外にも院内での治療方法は色々とあります。薬で改善されない場合は病院に行って処置をお願いしてみるのも良いでしょう。

面ぽう圧出

ニキビの中に詰まっている膿や皮脂、古い角質などを出す治療です。ほとんどの皮膚科が針でニキビの先端に穴を開け面ぽう圧出器という専用の器具を使って毛穴の中身を押し出します。レーザーでニキビの先端に穴をあける病院もあります。

この治療法は保険が適用されるので高額にならずに治療することが可能です。基本的にはニキビ全般に用いることのできる治療法ですが、白ニキビや黒ニキビの段階で処置をしておけば炎症を防ぐことができます。

レーザーで穴を開けるところはその部分が熱の作用で殺菌されます。そのため、同じところにニキビが出来にくくなります。

膿みを出す処置なら、自分でできるなと思っている方はそれは間違いです。自己処理をすることによって、雑菌が入ってしまうので返ってニキビを悪化させてしまいます。なので自己処理をするのはやめましょう。

注射療法

重症ニキビの治療には直接ニキビに抗生剤を注入する注射と両方があります。他のニキビ治療法に比べて即効性が高いのが特徴です。そのため、激しい炎症が発生しているニキビやしこりや線維化があるようなニキビ、クレーター上になってしまったニキビ跡に対して注射治療をすることが多いです。

注射治療に用いられる薬は、ビタミン剤やヒアルロン酸が主に注入されます。美容皮膚科では6000円前後かかってしまうこともありますが、保険適用の医療機関もありその場合は500円前後で治療をすることができます。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは皮膚の表面に酸性の薬剤を塗布して古くなった角質や毛穴に詰まっている老廃物などを溶かして除去する治療法です。余分な角質を取り去ることによって皮膚の新陳代謝を高めて肌の再生を促進してくれるのでニキビ治療やシミやシワ治療にも効果的だと多くの声があります。

ケミカルピーリングで主に使用されている酸はグリコール酸、クエン酸、乳酸、リンゴ酸などのフルーツ酸(AHA)です。皮膚の状態や肌質をみて使用する薬剤、濃度や塗布時間を医師は決めて行います。

ケミカルピーリングをすることによって赤ニキビに進行する前にニキビを改善することが出来たり、ニキビの悪化を防ぐことができるようです。つまり、できているニキビを治す効果、悪化を防ぐ効果、新たなニキビを予防する効果の3つを同時に行える治療法なのです。

ですが、1度で治療が終了するものではなくだいたい6~10回は治療をしなくてはきれいにはなりません。もちろん、それにも個人差があるのでもっと治療をしなければならない人もいます。

ケミカルピーリングは保険適用外なので自費になります。治療する期間にもよりますが1回あたり1万円~2万円はかかるので決して安くはありません。

今では同じような成分を含んだピーリング効果のあるクレンジングソープなども市販で販売されています。また、外用薬のディフェリンはピーリングと似ている効果があるため安く治療したい人は自己治療もオススメです。

レーザー治療

レーザー治療=シミ取りなどというイメージがあるかと思いますが、ニキビ内部の膿や面ぽうを出したり、ニキビをできにくくしたり、ニキビ跡を改善する目的としても使用されています。そして何種類かレーザー治療があるのでご紹介しますね。

▼炭酸ガスレーザー
手術時のレーザーメスとしても使われるレーザーで先ほども紹介した面ぽう圧出の際にニキビに穴を開けるために使用します。レーザーの熱によって雑菌され同じところにニキビが出来にくくなります。

▼アレキサンドライトレーザー(ジェントルレーザー)
主にシミやくすみの除去、毛穴の引き締め、脱毛に使用されます。ニキビ治療として有効なのが脱毛です。

特に男性はシェービングによるダメージで角質層に過角化が発症しそれがニキビの原因となります。髭の脱毛を行うことによってシェービングの刺激による過角化が始まると同時に毛穴自体が締まって詰まりにくくなりニキビの改善につながります。シェービングする部分にニキビが多い場合には脱毛を試してみる価値はあります。

▼ジェネシス
軽いピーリング効果、除毛効果がありニキビをできにくくする効果があります。またニキビ跡の赤みに反応するのでニキビ跡の治療にも高い効果を発揮します。肌表面の引き締め効果もあり肌に針をもたらすのでニキビと同時に小じわやたるみ、毛穴が気になる人にもオススメです。

▼光治療
アクネ菌がだす「ポルフィリン」という物質に反応しアクネ菌を殺菌する効果があります。ニキビの赤みにも反応するためジェネシス同様にニキビ跡にも効果的なためニキビとニキビ跡が混在する方におすすめのレーザーです。

▼フラクショナルCO2レーザー
クレーター状のニキビ跡に有効なレーザーです。フラクショナルテクノロジーでレーザーを小さな点状に照射しダメージスキンを少しずつ新しい皮膚に入れ替えるレーザーです。傷跡や妊娠線などにも効果的なレーザー治療です。ですが、月に一度5~6回の繰り返し治療が必要になります。

いずれも全て、保険適用外になるので自費になります。おこなう機関によって金額は異なりますが1回数千円~25万円ととても高額な治療法になります。また、一度では効果が得られないため何度も繰り返さなければならないのがネックですね。

イオン導入

イオン導入は美容成分の浸透を手助けする治療法です。ビタミンなどの有効成分を配合した導入剤を肌に塗り微弱電流を流すと有効成分がイオン化しただ肌に塗った時よりも効率的にお肌の奥まで浸透していくといわれています。

ビタミンCには皮脂の分泌を抑える効果があります。毛穴のつまりを引き起こすの皮脂の過剰分泌を解消することはニキビの治療と予防になります。出来てしまったニキビに対しては炎症を抑えて悪化を止めてくれます。

ケミカルピーリングと併用することによって余分な角質を取り除きイオン導入を行うとビタミンCの浸透率が高まるのと同時に毛穴に詰まった角栓や面ぽうが取り除かれてニキビに大きな効果を発揮してくれます。

イオン導入も保険適用外になるため自費になります。期間によりますが1回あたり1000円~10000円で治療することが可能でしょう。

皮膚科の種類と値段の比較

保険診療の皮膚科

一般皮膚科では今起こっているニキビの炎症を鎮めることを目的として治療をしています。外用薬や内服薬をメインに炎症を抑えて毛穴のつまりを取り除く治療などが主に保険の範囲内で行われます。保険診療では使用できる機器や処方できる薬がっ限られてきてしまい、施術の範囲に制限があります。

その分、一般的な皮膚科では金額的には安く治療をすることができます。また、その日のうちに診察をしてもらって薬をもらい治療を開始することが出来るのもメリットの一つです。

自由診療の皮膚科

美容皮膚科では今あるニキビを根本から治療するだけでなくその抑制など炎症の治療や生活習慣を踏まえたトータルサポートが可能です。美容の観点からお肌の悩みを解決していく美肌治療を目的としています。新しい診療技術に加えて最先端の医療機器や効果の高い薬剤の使用が可能なので幅広いニーズに対応ができますし、その人その人の希望に合った満足度の高い施術ができます。

ですが、主に自由診療で保険適用外になるため全額自己負担になります。また、レーザー治療など予約が必要な場合や一度診察してからでないと治療が受けられないこともあり当日に治療ができないこともあります。ですが、最先端の機器や薬が使用可能なので高い効果が得られ期待が大きくなります。

皮膚科に行っても治らないニキビ

治らないと感じているだけ?

皮膚科に行ってニキビを治療してもらっている方は割とニキビが悪化してから受診することが多いです。そのため、ニキビの状態に合わせて比較的効き目の強い薬が処方される事が多いです。強い薬にはアクネ菌を殺菌する、角質を剥離させる、ターンオーバーを促進させる、皮脂分泌を抑制させるといった効果があります。

ですが、強い薬にはその分副作用も生じることがあるのです。皮膚がかゆくなったり、皮膚に赤みがでたり、皮膚が乾燥したり、皮膚が剥がれてしまったり…そんな症状があるとニキビは治っていないし、皮膚が悪化しているしと治っていないという思い込みが強くなります。そして治療を自己中断してしまって「なんだ、あのヤブ医者め!」という気持ちになってしまうのです。

では実際のところ本当に薬は効いていないのでしょうか?いいえ、実はそのような症状が現れるのは薬の副作用なだけでありニキビが悪化しているわけではないのです。

薬には即効性はありません。なので、長期にわたり処方された薬を使用することによってニキビが改善されていくのです。ですから、勝手に自己中断したりすると返ってニキビの悪化に繋がりますので諦めずに治療を続けてみてください。

原因は除けてる?

ニキビが発生するのは古く固く厚くなった角質が毛穴を塞いだり、過剰な皮脂分泌により毛穴を塞ぎニキビができます。思春期にできるニキビは皮脂が毛穴を塞ぐケースが多く、大人ニキビは角質が毛穴を塞ぐケースが多いです。

病院で処方された薬を塗ったり、飲んだりしているだけではニキビが改善されることはありません。大元の原因を改善しなければいつまでたってもニキビができ続けます。

バランスの良い食事生活に変えてみたり、睡眠不足をなくしてみたりと改善する点は他にもあるはずです。それを変えることにより薬の効果も発揮されます。

もし、ニキビが治ったとしてもまた同じ生活に戻してしまえばニキビは再発します。なので、ニキビを直すのには薬だけでなく生活面から改善することも大切なのです。

大人ニキビは治りにくい

大人ニキビの主な原因は古くなった角質が毛穴の出口を塞ぐことです。古くなった角質がいつまでも皮膚に留まる原因はターンオーバーの乱れです。ターンオーバーを乱す原因は睡眠不足、食生活の乱れ、便秘、ストレス、乾燥肌が原因なのです。

つまり、この原因を解決しちゃんとした洗顔や保湿ケアを継続的に行わなければいつまでもニキビの種が植えられてしまいニキビは再発してしまうのです。ストレス社会と呼ばれる世の中ですしなかなか改善することが難しいのかもしれませんが少しでもニキビの原因となるものを改善できればニキビも出来にくくなるでしょう。

皮膚科でニキビを治すポイント

自分のニキビの症状を知る

自分のニキビの症状や種類を知ることによってニキビの治し方がわかります。それによってケアの仕方も変わってきますし、かゆみのあるニキビに繋がらないようにすることもできます。かゆみのあるニキビは雑菌が繁殖することによってかゆみが伴ってしまいます。

なので、その場合には清潔にしている事が大切になってきますし、かゆみのあるニキビが出来ている場合には皮膚科にてその症状に対する薬も処方してもらうことが可能です。ですから、今の自分のニキビはどのような症状なのかを把握していることが大切になります。

セルフケアを必ず行う

皮膚科に受診したからといってセルフケアを怠ってはいけません。しっかりとした洗顔や、保湿ケアをしないことによりニキビが治らなくなり、さらには乾燥肌になり肌荒れまで起きてしまうことがあります。短い期間でニキビを直したいのであればセルフケアをしっかり行うことも大切なことです。

ですが、洗顔のしすぎには気を付けてくださいね。洗顔をしすぎることによって皮脂の分泌が増えてしまいニキビの原因になってしまいます。そして化粧水はケチらずたっぷりと使って保湿力を高めてくださいね!

軽症のうちに治療する

ニキビは悪化するとどんどん治りづらくなってしまいます。白ニキビや黒ニキビの段階でニキビに気づく事ができたら放置せずに早めに治療をしましょう。そうすることによって治療する期間は大幅に減らせますし赤ニキビなどの炎症を起こしたニキビに悩まされることもありませんよ!

ニキビができたら皮膚科へ受診しよう!

ニキビの悩みはなかなか改善されないものです。いくら皮膚科に行って治療していても症状が治らないというケースは少なからずあります。ですが、ニキビには必ず原因がありますし努力次第で改善できるでしょう。

まずは、皮膚科に相談をし早い段階から治療を初めて見てくださいね!少しづつ少しづつ良い方向へつながることかと思います。また、なかなか治らないという方は生活習慣を改善してみることも同時に行なってみましょう。根気強く治療することがニキビをなくすことにつながります。

合わせて読みたい!