セルフケアでシミを消す方法!お手入れをがんばって透明美肌に♡

子供の頃はすっぴんで外を走り回り、日焼けをしてお手入れしなくても、シミひとつない肌を保てていました。それが今では、いくらお手入れをしても、気が付けばシミが!でも、効果的にシミを消せるセルフケアがあるので、詳しくお伝えします。

セルフケアでシミが消えたって?

いくら普段のお手入れを気をつけていても、いつの間にか肌に現れているシミ。美白を謳った高価な化粧品を使うことや、美容外科に通ったりレーザー治療したりすることも、なかなか気軽にはできませんよね。でも、自宅で効果抜群のケアができるとしたら…?

今回は、自分でできるシミを消すお手入れについて、その方法やおすすめ商品をご紹介します。

肌のシミを消すのに有効な成分って?

美白を謳った化粧品は、さまざまなものが市販されています。値段だって、ドラッグストアで手軽に買えるものから、カウンセリングを受けて買うものや、サロンにしか置いていないものまでいろいろ有ります。

とりあえず、手の届く範囲のものを使ってみても、効果が現れてきているのかどうか、今ひとつわからなかったりするし、かといって、どれが効果が高いものなのか、全て試してみるわけにもいかず…。

でも、口コミなどで「かなりいい!」「本当にシミが消えた!」と評判になっている成分があるんです。まずは、それらの成分について、ご紹介しますね。

トレチノイン

ビタミンA誘導体であるトレチノインは、他のビタミンA誘導体に比べ、ターンオーバーを促進させる働きが特に優れています。そのため、できてしまったシミを排出しやすくし、また同時にシミの予防も期待できます。

また、ターンオーバーが促進されることから、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの生成も活性化されるため、肌のハリやキメがアップし、しわの軽減などの効果も期待できます。

トレチノインは、国内では処方箋がないと購入できない「医薬品」という扱いですが、個人輸入で入手している人もいるようです。

なお、トレチノインは冷蔵管理が必要で、使用期限が製造後1ヶ月以内と短いので、注意が必要です。

ハイドロキノン

シミを作り出す酵素を抑制する働きがあるハイドロキノンも、美白効果がある成分として注目されています。シミをこれ以上増やさない、広がらせない、濃くしない、といった効果が期待できるものです。ハイドロキノンは、処方箋なしでドラッグストアや薬局などで購入できるため、かなり多くの人が試しているようです。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

ハイドロキノンも、製造後1ヶ月以内のものを使わないと、効果が望めません。

お手入れの方法は?

では、先ほどご紹介したトレチノインやハイドロキノンを使う場合、具体的にどうやってお手入れをするのでしょうか?実は、これらの成分は、シミ消しにとても効果がある分、使い方に気をつける必要があるようです。

トレチノインとハイドロキノンを併用する

ハイドロキノンのみでも美白効果は期待できますが、今既にできてしまっているシミについては、消すことができません。そこで、できてしまったシミを排出してくれるトレチノインと併用することで、より高い効果を得ることができるのです。

さらに、トレチノインと併用すると、ハイドロキノンが肌に浸透しやすくなりますので、ハイドロキノンの効果が更に高まることも期待できます。

また、前にもご紹介したとおり、トレチノインはターンオーバーを促進させます。その結果、肌が軽い炎症状態となり、皮膚がはがれてきます。その状態では新たなシミ(色素沈着)ができやすくなるので、シミの発生を抑える意味でもハイドロキノンが必要となってきます。

トレチノインの後にハイドロキノンを塗る

優しく洗顔した後のきれいな肌に、普段使っている化粧水を付け、化粧水が肌に浸透するのを待った後、綿棒に付けたトレチノインをシミの部分に軽く塗ります。トレチノインが乾くのを待ってから、綿棒に付けたハイドロキノンを、トレチノイン塗布部分より少し広めに塗ります。

朝に塗るときは日焼け止めも塗る

お休み前のケアに際には、先ほどご紹介した手順でOKなのですが、もし朝のお手入れの際にもトレチノイン&ハイドロキノンのケアをするのであれば、日焼け止めをプラスしてください。ハイドロキノンは日光によって酸化しやすいため、肌への刺激となってしまうからです。できれば、紫外線吸収剤を含まないものを選んでください。

炎症が起こったときは優しくケアを

トレチノイン&ハイドロキノンのケアを続けていくと、肌が炎症を起こし、赤くなったり、ヒリヒリしたり、皮がむけてきたりしますが、これはターンオーバーが激しく起こっているということです。触っただけで痛いというくらいになることもありますので、化粧水などは低刺激性のものを選ぶなど、工夫してください。また、むけてきた皮は、無理矢理はがさないことが重要です。

1ヶ月~2ヶ月程度続けてみる

通常の肌のターンオーバーは、だいたい1ヶ月程度と言われています。ですので、まずは1~2ヶ月を目安に続けてみましょう。それが終わると、トレチノインを塗るのはやめて、ハイドロキノンのみ塗布します。保湿、日焼け止めは必須です。

おすすめ商品が知りたい!

シミを消すのに有効な成分や、お手入れの方法を理解したところで、具体的にどんな商品がおすすめなのか、口コミなどからピックアップしてご紹介しますね。

ドクターセレスキンキノンクリーム5%・トレチノイン 2点セット

効果はマイルドですが、実感はできるようです。まずは、このようなマイルドなものから試してみるのもいいですね。

by カエレバ

シミ消しセット

ハイドロキノンと、美白効果を高めるビタミンC誘導体をセットで使える商品です。こちらも、気軽に試してみるのにはぴったりです。

by カエレバ

きちんと優しくお手入れを!

いかがでしたか?お手入れ方法がちょっと面倒くさいと感じてしまうとしても、これで悩み続けていたシミが消えるのであれば、がんばってみようと思えますよね。

ただし、早くシミを消したいからと言って、使用方法を良く確認せずに使ったり、必要以上にたくさんの量を塗り込んだりするようなことはやめてくださいね。きちんと・優しく…が、ポイントです!そして、もし手に負えないトラブルが発生したときは、速やかに皮膚科を受診することも忘れないでくださいね。

合わせて読みたい!