女性なら誰もが憧れるバストアップ法♪成長期や産後など一挙20選紹介

「胸が小さい」という悩みをもった経験はありますか?同じ小さい胸の悩みでも「今すぐにでもバストアップしたい」「確実にアップしたい」「今成長期」「産後で小さくなった」と状況は皆さまざまです。バストアップの方法も状況に合わせて、種類はたくさんあります。ということで、状況別に胸の悩みを解消するためのバストアップの方法をご紹介します。

必見!バストアップ方法20選

「胸が小さい」という悩みを持つ女性は、割合多いのではないでしょうか?「服や水着がおしゃれに着れない」「周りの目が気になる」「ついつい隣の人と比べて劣等感」などといった悩みも出てきてしまって、なんとか「バストアップしたい!」と常日頃思っているかもしれません。

ただバストアップといっても即効性を求めるのか確実性を求めるのか、あるいは今成長期で悩んでいるのか産後で悩んでいるのかと背景の状況は人によって違ってきます。バストアップの方法も種類が豊富なので、あなたの目的にあった方法で取り組みたいものですよね?というわけで、状況別にバストアップの方法をご紹介していきます。

即効性!5つのバストアップ方法

1.リンパ・血流を流す

本気でやれば短期間でなおかつ無料でバストアップできる方法が、リンパや血流を流すマッサージです。マッサージでリンパの流れや血流が改善された胸は、バストアップするだけでなく柔らかくふっくらとした本来の健康な状態になります。逆にガチガチと硬い胸というのは、老廃物がたまった不健康な状態です。やり方は以下の手順になります。

1.片腕を上げて、反対の掌全体で肘・二の腕・腋の下・鎖骨の順で流すようにマッサージします。
2.今度は背中に手をまわして、肩甲骨・腋の下・鎖骨の順で流すようにマッサージしていきます。
3.腋の下の「腋窩リンパ節」というくぼんだ部分を、人差し指~小指の腹を使って数回プッシュします。

同じことを反対の方もやっていきます。ゴリゴリといった感覚や痛みがある部位は、老廃物や毒素が溜まっています。最初は無理せずに、さするように優しくほぐしていきましょう。お風呂に浸かるだけでもリンパの流れや血流はよくなるので、組み合わせれば相乗効果が得られます。

2.ツボ

バストアップに有効とされるツボもあるので、先ほどのマッサージ前などに先にツボ押しをしてから始めるとより効果的です。バストアップに効くとされるツボは2つありますが、どちらもバストアップに必要不可欠な女性ホルモンの分泌を促します。

一つは「壇中(だんちゅう)」というツボで、左右の乳頭を結んだラインの中心に当たる部分にあります。両手の指先を使って、3秒くらいかけてゆっくりとツボを押しましょう。強さは軽く痛みを感じる程度で、3秒1回で3回繰り返します。

もう一つは「神封(しんぷう)」というツボで、左右の乳頭を結んだラインの中心から乳頭に向かって指2~3本分の位置にあります。骨と骨の間のへこんだ部分です。押し方はツボに親指を当てて少し力を入れて押します。3秒を1回として、左右3回づつ押しましょう。

3.乳頭マッサージ

バストのマッサージは全体的にした方が効果があるとされますが、特にマッサージしておきたい部位が乳頭~乳首になります。乳頭~乳首を刺激すると女性ホルモンが分泌される上、周辺の血液循環もよくなります。すると乳頭部分に血液を送ろうと、乳房全体の血流もよくなるのです。逆に乳頭に刺激がないと、脳から乳房の血管を細めるホルモンや酵素が分泌されてしまいます。

乳頭マッサージやり方は以下になります。敏感な部分であるので、やり過ぎて傷めたりしないようには注意してください。

1.まず乳首を、優しくマッサージしていきます。
2.乳首を押したり、回したりします。
3.最後に、乳首をつかんで軽くさすりましょう。

4.ブラジャーを正しくつける

胸のサイズ自体が変わるわけではないのですが、ブラジャーを正しくつけることでより大きくバランスのよい綺麗なバストに見せることができます。ブラジャーを正しくつけるポイントは、「正しい位置に着ける」「着けるときは前屈みになる」「位置をこまめに直す」の3点です。

まず「ブラジャーを正しい位置に着ける」ということですが、理想的な位置は肩甲骨のすぐ下あたりです。ついつい無意識にブラジャーを理想よりも低くつけてしまうことが多く、バストを引き下げてしまうのでバランス悪くみえてしまうのです。ストラップなどで位置が下がってしまうこともあるので、面倒かもしれませんがストラップの位置も調整しましょう。

2つ目の「着けるときは前屈みになる」ということは、お腹や背中に流れているバストやバスト周りのお肉を集めてブラジャーの中に収めるためです。前屈みの体勢であれば、脇の方から流れているお肉をそのまま自然にブラジャーの中に収めることができます。ブラジャーにお肉を収めたらゆっくり背を起こして、バストを両サイドから軽く押さえて形を整えましょう。

3つ目の「位置をこまめに直す」のは、経験あるでしょうが動く度にブラジャーの位置はずれてしまうからです。ですからこまめに直し整える必要があるわけですが、トイレに行くついでに毎回直すくらいの頻度で調整するくらいでちょうどよいそうです。

5.簡単!姿勢を正すだけ

簡単な即効性のあるバストアップ方法なら、姿勢を正すことです。普段猫背気味になっている方は、正しい姿勢を意識するだけで2~3cmくらいバストアップすると言われます。また姿勢が悪いときは左右のバストのバランスが崩れてしまうので、姿勢を整えるだけでバランスのよい綺麗なバストに見えます。

バストアップする正しい姿勢を作るには、胸を張り過ぎずにバストトップとお臍が整った三角形になるように意識します。やることは簡単な割に最初はなかなかのキツさを感じますが、慣れてくればだんだん楽になってきます。

確実に…バストアップする方法5選

肩甲骨を意識して「腕回し」

確実にバストアップを目指したい方の方法として、まず「腕回し」があります。ただグルグル回すのではなく、肩甲骨を意識して動かすことがバストアップには大切です。これは肩甲骨周りに多くの筋肉があることが関係していて、筋肉が柔らかくなると肩・首・背中がほぐれバストに栄養がいくようになります。

この腕回しで得られる効果としては、まず血液やリンパの循環と代謝がよくなりバストアップに繋がります。またバストアップに必須となる、女性ホルモンの分泌も活発になります。そして肩の周りの筋肉に弾力がでて、これらの筋肉がバストを支えるのでハリのあるバストになります。バストを小さく見せてしまう猫背の予防にも有効です。

肩甲骨を意識した腕回しのやり方は以下の手順です。

1.手を、反対の肩の上に乗せます。
2.肩を前へ回すように、腕を100回回します。
3.肩を後ろへ回すように、腕を100回回します。終わったら反対側も同じように動かします。

片側だけでも全部で200回と少々疲れますが、この動きを毎日繰り返しましょう。一度で全部こなすのが大変であれば、1日の中で回数を分けて行ってもよいとされます。

簡単筋トレ!大胸筋を鍛える

確実にバストアップする方法の2つ目として、バストに関係する筋肉が鍛えることで胸が持ち上がって大きくなるとされます。バストに関係するのは、「大胸筋」という筋肉です。運動が好きな方であれば、水泳や腕立て伏せは大胸筋がよく鍛えられバストアップが期待できます。腕立て伏せが膝をついた状態でも可能です。

こういった激しいスポーツをするときは、胸がゆれては逆効果となるのでスポーツ用のブラジャーの着用は忘れないようにしましょう。ただ水泳も腕立て伏せもできない方からすれば取り組むこと自体難しく、続けるとなるとさらに難易度が上がってしまいます。なので以下の方法で大胸筋を鍛えてみてください。

1.姿勢を正し、合掌するように胸の前で手を合わせます。肘は直角を意識します。
2.息を吐き胸の筋肉を意識して力を入れて、掌同士で押し合い10秒キープしてから緩めます。
3.これを1日3~5回繰り返しましょう。

加えてこの合掌のポーズのままで、腕を左右にねじる動きをするのもバストアップに有効と言われます。この場合は、顔とお臍の位置は固定し肩から腕だけをねじるようにします。鍛えられた筋肉によりバストアップする方法なので、さぼってしまうと元に戻ってしまいます。毎日継続して取り組むことがおすすめです。

迷信ではない「揉む」

「揉むとバストアップする」という噂を耳にしたことはありますか?「まさか」と疑ってしまいたくなる内容ですが、実際に効果があるのだそうです。揉む刺激で女性ホルモンの分泌が活発になって、胸の中にある乳腺が発達するからです。

ただ、女性ホルモンは性的な刺激だと感じないと分泌されません。そのため彼氏さんに揉んでもらうか、あるいは自分で揉む場合も性的な刺激として揉むことがバストアップ効果を出すポイントです。

冷え性を改善!

意外かもしれませんが、バストの大きさと冷えというのは深い関係があるのです。冷えると卵巣の機能が低下し、女性ホルモンの分泌が減ってしまいます。バストアップには女性ホルモンは不可欠です。また冷えによって血液や栄養のめぐりもが悪くなり、胸の方に血液も栄養も届きません。どんなに胸を大きくすると言われる食品を摂っても、意味をなさなくなってしまうのです。

ですから冷え性であるなら、冷えを改善するところから始めてみてください。まず手足が冷えないように、靴下などで保温しましょう。夜は半身浴をして、お風呂上りや夏場などで冷えた飲み物ばかり飲むことは避けます。

栄養素の見直しを…

「体は食べたものでできている」と言われるくらいで、それはバストに関しても同じです。つまりバストアップに繋がる食品を積極的に食べれば、大きなバストを作っていくこともできるということです。バストアップを期待できる食品には、「大豆」と「キャベツ」の2つがあります。

大豆には女性ホルモンに作用が似た、たくさんのイソフラボンが含まれています。なので胸を育てる食べものとして有名なわけです。大豆の豆の使った食品でも、豆乳でもよいとされています。

キャベツは「ボロン」という成分が豊富で、この成分は女性ホルモンの分泌を促す作用があります。ただし加熱すると成分がなくなるので生で食べる必要があるのと、1日1玉ほど食べないといけないのでこちらはキャベツ好きの方におすすめします。

もう一つバストアップのためにとっておきたい栄養素に、「アミノ酸」があります。アミノ酸はタンパク質を構成していて、タンパク質はホルモンの原料です。ですからホルモン生成のためには、食事やサプリメントでの定期的なアミノ酸摂取は重要になってきます。

食材であれば先ほどの大豆食品や牛鶏豚の肉・鮭・かつお・アジといったものに豊富に含まれます。また蕎麦・チーズ・卵・海苔・貝類なんかにも多く含まれています。

成長期は?大切なバストアップのポイント

食べないダイエットはNG!

成長期特に胸が発達する中学生の時期にも、押さえておきたいバストアップのための大切なポイントがあります。中学生でも胸の発達している方はいるので自分と比べてしまう方もいるかもしれませんが、バストが大きする条件を満たしていけば、これからさらに胸が発達するので胸はすぐに大きくなってくると言われます。

最初のポイントは、食べないダイエットはしないことです。太っているからと食べないでいると、バストを作るための栄養が足りなくなり体は痩せても胸は育たず小さくなります。中学生くらいの時期というのは胸を大きくしつつ女性らしく成長しようという時期なので、摂った栄養をしっかり吸収するのは当たり前のことになります。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

なのでダイエットを優先すると、胸の土台となる「乳腺」が発達せず胸は大きくなれないのです。食べないダイエットはやめて、その代わりに間食はできるだけ控えましょう。そして胸を作る女性ホルモンの分泌や胸の細胞を増やすための栄養素を含む「肉・魚・豆腐」などを食べます。肉類は脂の少ないひれ肉(牛)・赤身肉(豚)・ささみ(鶏)がおすすめです。

夜更かしはしない

「受験があって」と嘆く方もいるかもしれませんが、夜更かしは胸が発達しなくなってしまう元になります。というのは夜の23時から夜中の2時までは、しっかりと熟睡していれば成長ホルモンが活発に分泌されます。

成長期は他の時間帯でも分泌されてはいるものの、この時間帯はそれ以上に多く分泌される時間帯です。ですから背丈などもそうですが、この夜の時間帯が胸が発達し大きくなるときということです。

適度な運動をする

運動がバストの大きさに影響するのは、「血液」が関係しているからです。運動をすると体温が上がって、暑く感じますよね?これは、体の血液の循環がよくなっているからです。胸が育つには必要な栄養素が胸に届かなければなりませんが、栄養素を運ぶのはこの「血液」です。運動で血液循環がよくなれば、しっかり胸に栄養を届けることができるわけです。

同時に、リンパというものの流れもよくなります。リンパというのは、体の中をめぐりたまったいらなくなった老廃物を体外へ出してくれます。老廃物がたまっていると、必要な栄養素が胸に届きません。筋肉を動かすことでリンパはよく流れるので、そのためにも運動は大切になります。

おしゃれ第一は要注意!体を冷やさない

先ほど述べたように、胸の発達に必要な栄養素を胸に運べるかどうかということに影響してくるので、血液循環はバストアップの大事なポイントとなります。この血液循環を悪くして栄養素を運べなくしてしまうものに、「冷え」があるのです。

大人の女性でもいらっしゃいますが、おしゃれを優先して寒いと感じていても薄着で過ごすのはよいとは言えません。夏場でも、室内に入ればエアコンですぐ体が冷えます。血液循環を悪くする冷えは胸の発達をさまたげてしまうので、肩・腰・足などを中心に体はいつもあたたかくしておきましょう。

猫背にならないように…

もし勉強や日頃の癖で、猫背が習慣化しているなら今から意識して整えてください。今の段階であればまだ直しやすいですが、年齢の経過とともに背中の筋肉・腹筋もが衰え本当に猫背のままになってしまいます。

また猫背であると胸が常時圧迫されているので、栄養素を運ぶための胸の血流は悪くなります。しっかり腰や背中を持ち上げて、深く大きく呼吸をしていっぱい酸素を取り入れ血液循環をよくして胸を発達させていきましょう。

産後のバストアップの5つの方法とは?

適切なブラジャーをつける

産後のブラジャーですが、出産直後から授乳が終わるまでの間は「授乳用のブラジャー」を着けるようにします。この授乳時期に通常のブラジャーを着けると、締め付けによって乳腺に悪い影響を与えてしまう可能性があります。授乳が終わった後は、通常のブラジャーに戻すこともできます。ただし出産前とはサイズが変化するので、しっかり採寸した新しいものを着用しましょう。

ブラジャーはバストの下垂を防ぐものなので、着けていないときと大分見た目が変わります。言い換えれば胸が垂れると小さく見え、しっかり持ち上げれば大きく見えるということです。ブラシャーのサイズが合っていないと垂れさがる原因になり小さく見えるので、今の自分に合ったサイズのブラジャーを選んで新調してください。

軽いマッサージをする

産後すぐは体を激しく動かすことは控える必要があるので、痛みを感じない程度の乳腺に軽く刺激を与えるマッサージでバストアップを目指しましょう。「それだけ?」と思うかもしれませんが、日常では胸を動かす機会は少ないので、意識的に動かすことが大切です。

まず最初にマッサージの効果を高めるために、マッサージ前にリンパの流れがよくなるよう鎖骨の周りを小さな円を描くようなイメージでなでます。マッサージ自体の手順は以下になります。

1.背中にある脂肪も一緒に胸へ運ぶように、胸の脇から中心に向かって胸を押します。両胸10回ずつ繰り返します。
2.胸の下側から鎖骨の中心に向かって、胸を押すようマッサージします。両胸10回ずつ繰り返します。

3.最後に両手で、胸の表面を下から上に向かいなでます。両胸10回ずつ繰り返しましょう。
手を滑らせることが難しいときは、マッサージクリームなどを活用してください。

筋トレも軽く…

産後バストが垂れて小さく見えてしまい悩む方は多いようですが、それは脂肪であるバストそのものではなく胸を支える大胸筋を鍛えることで防ぐことができます。妊娠中は運動は通常のようにできないので筋力が低下してしまいがちなので、胸が垂れてしぼんだように形崩れしやすいのです。胸の揺れの少ない簡単な運動を取り入れましょう。

一つは先ほど大胸筋を鍛える方法で紹介した「合掌のポーズ」での筋トレです。落ちてしまった筋肉を復活させていくためにも、産後は合掌のポーズを15秒と普段より少し長めに行います。

もう一つは腕立て伏せなのですが、本来の腕立て伏せの形ではハードな運動になります。ですから膝を床に立て、腕を肩幅よりやや広めに開いた形をとります。呼吸を続けるようにして、胸の筋肉を意識して行います。この形でもキツく感じるときは、壁に向かって立った状態で同じ腕立て伏せを行いましょう。

おっぱい体操2種

元助産師の方が考えたおっぱい体操というのは、産後の垂れてしぼんだ胸の悩みを解決するために作られたものなので産後のバストアップに効果的です。それだけでなくホルモンバランスを整えることにも繋がります。

おっぱい体操は2種類あって、一つがおっぱいの靭帯をはずして流れた胸を元の位置に戻す「おっぱいはずし」です。もう一つは、硬い胸を柔らかくする「おっぱい揺らし」があります。

おっぱいはずしの方法は、腋から中心に向かい脂肪を筋肉からはがすように少しずつマッサージします。力を入れずに外すような感じで、軽くマッサージしていきます。靭帯がどこかよく分からないかもしれませんが、つかんでみて痛いと感じる部位は筋肉などの可能性があります。

おっぱいゆらしの手順は以下になります。
1.片方のおっぱいを理想的な位置まで持ち上げて、1秒間に3回くらいで揺らします。これは10秒程続けましょう。終わったら反対側も同じようにやります。

2.両方のおっぱいを、中心に向かって少し寄せるように持ち上げます。1秒間に2~3回で揺らします。強く揺らすと逆効果になる可能性があるので、軽く小刻みに揺らすようにしましょう。
1も2も片手で揺らすのが難しいときは、上下からおっぱいをに手をそえて支える形をとって優しく揺らしてください。

栄養面にも配慮を

確実にバストアップする方法でも述べましたが、食べたものが他の部位の同じようにバストを作っていきます。外からだけでなく、バランスのよい食事で体の中からバストアップを目指すことも必要です。産後のバストアップでとりたい栄養素というのは、タンパク質・ビタミンA・ビタミンEです。

タンパク質は、体を部位を生成していく原料となる重要な栄養素です。タンパク質が多く含まれる食材は、豆腐・納豆・卵・乳製品・鶏肉・牛ひれ肉・豚ひれ肉などがあります。ビタミンAはタンパク質と結びつき肌の粘膜を強くするので、ハリや弾力のあるバスト作りに必要となる栄養素です。ビタミンAを多く含む食材は、ほうれん草・人参・レバー・いか・鰻・鮎などです。

ビタミンEは細胞の酸化を防ぎ血行を促進して乳腺を活性化させるので、バストアップを期待できる栄養素です。ビタミンEを多く含む食材は、ひまわりの種・落花生・大豆油・米ぬか油・いくらなどがあります。以上の食材だけを食べるというのではなく、ほどほどに取り入れながらバランスのいい食事を心がけてください。

おすすめ!バストアップに効果的なサプリ

ベルタプエラリア

ベルタプエラリアはバストアップに効果的とされるプエラリアという成分が、純正100%のAAAランク認定の高品質で1日400mgとたっぷり摂取できるサプリメントです。その他にも美容成分として有名な、ヒアルロン酸・プラセンタ・コラーゲン・ザクロが配合され潤いも手にすることができます。

またレモンバーム・ローズマリー・L-トリプトファン・セント・ジョーンズ・ワート・ギャバといった、朝のスッキリ感やリフレッシュ感を得られる成分も入っています。初回で定期コースを選べばサプリメントだけでなく、ボルフィリンという成分が配合されたバストのためのジェルが無料で毎月ついてきます。



ピンキープラス

価格が安く知名度が高いのが、この「ピンキープラス」というサプリメントです。価格が安いのはプエラリアというバストアップ効果の高いと言われる成分ではなく、ワイルドヤムやブラックコホシュなどのバストアップのサポートをする成分がメインとされているからです。これらの成分はバストの血流をよくするための成分です。

「バストアップをしたい!」という希望が強い方が飲まれると、効果は賛否両論しなります。いつものバストアップにプラスして、バストケアのためのサポートとしてのサプリメントと考えればおすすめされるサプリメントです。



ルーナ

ルーナというサプリメントは、年を重ねてきてバストの悩みが出ている方におすすめのサプリメントとなります。年齢を重ねるとホルモンバランスが乱れてきますが、このホルモンバランスを整えるサプリメントです。

プエラリア・ミリフィカという成分で卵胞期に必要なエストロゲンを補い、チェストベリーやワイルドヤムでイライラしがちな黄体期の調子を整えます。心身の不調を減らし元気にしながら、ハリのある女性らしい体を取り戻すサプリメントです。

by カエレバ

ビーアップ

バストアップにこだわったサプリメントと言えば、「ビーアップ」です。先ほどのベルタプエラリアもバストアップの有効性が高いと言われるサプリメントですが、ビーアップはプエラリアの配合量とコストパフォーマンスの点で人気があります。

純正100%のプエラリアが即効性の高い20倍濃縮エキスと、じっくり浸透のプエラリア粉末がダブルで250㎎配合されています。その他にもプエラリアの働きを助けバストアップに繋げる成分や、ダイエットのサポート成分などが配合されています。外からもバストアップが期待できる、プエラリア配合のジェルも一緒に購入することもできます。

by カエレバ

エンジェルアップ

「エンジェルアップ」というサプリメントは、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンを含んでいます。このイソフラボンの量は、大豆よりも多く含まれています。

また女性ホルモンを活性化させるミロエステロールを多く含むプエラリアも配合されたサプリメントです。 先ほどから述べているように美乳効果の高いプエラリアを含むサプリメントは、バストアップを目指す方には特におすすめです。

豊富なバストアップ方法で、悩み解消!

以上のように、バストアップの方法はたくさん種類があります。ただざっくり言うとリンパや血流の改善・適したブラジャーを正しく着ける・大胸筋を鍛える・バランスのいい食事というのが、バストアップには大切になってきます。

どんな方法をとるかは即効性を求めるのか確実性を求めるのか、そして成長期なのか産後なのかといった個人個人の状況によります。あなたの状況に合った方法で、バストアップの悩み解消を目指しましょう。

合わせて読みたい!