ニキビ肌のためのクレンジング方法!プチプラも含めて効果的な商品6選!

さて仕事から帰ってお化粧を落としましょうと、クレンジングを取り出して鏡を見るとオデコにニキビを発見!そんなニキビと一口にいっても皮脂が原因の10代のニキビと20代を過ぎた大人ニキビがあり、原因も対処も違います。ここでは大人ニキビができているときのクレンジング法を説明します。

大人ニキビってどうしてできるの?

ある日、鏡を見ると突然赤いものがぽつんとできているニキビ、それを見るだけでもとても憂うつですね。ニキビは誰でも経験する肌トラブルですがそれだけ薬も多いので、対処がなかなか難しいということを知っている人は意外と少ないんですね。

またニキビには大きく分けて10代にできるニキビよりも、20代以降にできる通称「大人ニキビ」の対応策は複雑になっているので対処が難しい原因かもしれません。

社会人になるとニキビができていても化粧をしなければいけない場面も多くなります、でも肌トラブルを起こしているのに化粧をするとよけいひどくなるんじゃないか、どんなケアをしたらいいのか心配になる方もいると思います。そんな方のために大人ニキビのクレンジング方法を紹介しましょう。

ニキビのでき方

まずニキビとはどのようにできるのでしょうか。簡単に説明しますと8段階あります。

1.毛穴の出口付近の角質が硬くなる
2.毛穴に角質が詰まる
(この時期上手に芯だけ押し出せば跡が残らずきれいに治ることも)
3.毛穴が黒くボツボツして見える
(あごニキビのような表面から見えないけれど触るとわかるのは閉鎖性面皰(へいさせいぺんぽう))
4.皮脂を栄養にしてアクネ菌が繁殖して赤ニキビになる
5.白血球が増えすぎたアクネ菌を攻撃、炎症が悪化して炎症性にキビになる
6.アクネ菌と殺菌能力の高い好中球との闘いが増し毛穴の壁が壊れかなり痛みを伴う炎症になる
(触ると熱を持った硬いシコリのようなものがある)
7.炎症を起こしたニキビのウミが外に排出される
8.炎症が鎮まって跡が残る

このような順序で炎症を起こしたニキビが沈静化します。

アクネ菌とは?

「アクネ菌はニキビの原因菌だから殺菌したほうがいい」という声を聞きますが、アクネ菌は実は常在菌、皮膚の表面のバランスを正常に保つ働きをしている善玉菌です。菌というと何でも悪者に思えてしまうかもしれませんが殺菌してしまうのはよくありません。アクネ菌は肌を覆っている皮脂と同じく肌にとってなくてはならないものだからです。

前述したようにニキビができるとき「毛穴の出口付近の角質が硬くなる」というのがポイントです。毛穴の出口付近の角質が硬くなりすぎて、毛穴を塞いでしまいます。毛穴を塞ぐと皮脂が出られず毛穴にたまってしまいます、その毛穴にたまった皮脂を栄養にしてアクネ菌が異常に繁殖した結果、毛穴が炎症を起こしてウミが出てくるのです。

原因の1つはホルモンバランスの乱れ

ニキビの原因の1つにホルモンバランスの乱れがあります。例えば会社で仕事が上手くできなくて上司に怒られるというものから「ランチに食べたかった料理が食べられなかった」とか「朝のヘアスタイルが決まらない」とか「今日の眉は失敗しちゃった!」などというほんのささいな、日常的にいつでも起こり得るものでもストレスを感じてホルモンバランスは乱れます。

その他にも「このごろ夜は寝付けなくなった」「夜は目がさえてずっとテレビを見ている」「寝るまでずっとスマホでメールをしている」「このごろいえと会社の往復ばかりで全然うんどうしてないなあ」というときや、寝不足や運動不足でも生活サイクルが乱れると共にホルモンバランスが乱れて、ニキビの原因になるアクネ菌の活動に影響を与えるのです。

ニキビを改善するための3つの方法

睡眠をたっぷり取る

しっかり寝て起きた朝は、頭をさえて気分もすっきりですね。でも寝る時間が足りなかったり、夜中に目が冷めてそれからずっと眠れなかった翌朝は、頭もぼーっとして思い通りに動けません。それは気分とか頭だけの問題ではなく、お肌のコンデションの問題でもあるのですね。もっというなら体全体のコンディションの問題になってくるんです。

たかが睡眠不足でそんなに大事にと思うかもしれませんけれども、体験したことをきちんと整理したり、失敗したことを生かすためこれからどうやったらうまくできるかなど、今日一日起こったことをまとめて脳にしまうには睡眠が一番。これがうまくできないと悩みをなかなか解決できなくなり、翌日以降の行動や考えに支障を来すのです。

ストレスをためない

なるべく細かいことは気にしないのがいいですね。社会人なら我慢して当然という方もいらっしゃいますが、その考え自体がストレスを生んでいるともいえます。何事も思い通りにいくほうが稀だと考えて、すべて一遍に終えるのではなく、1つ1つこなしていこうという心の余裕も大切です。

そうしないとまだできない、愚図でのろまなんだからと汚い言葉が出てくるようになるし、何をやっているんだろうと時間ばかりが過ぎて不満ばかりがたまりがちになるからです。もしイライラしそうになったら、ちょっと席を離れて外の景色が見える窓の近くへ行って、思いっ切り深呼吸しましょう。深く息を吸って、深く息を吐く、それだけでも体の中にたまったモヤモヤが息と一緒に吐き出されていきます。

和食中心の体に優しい食事を摂る

西洋料理や中華料理など何でも食べられるのはうれしいことですが、やはり日本人の体に合うのは日本食です。また一日の始まりの朝食からしっかり食べることが大切です。きちんと食事を摂ることで頭の働きもよくなり、お昼前にエネルギー切れを起こして早くランチが食べたくて仕事が手に付かないという事もなくなります。

昔はニキビが重症化するのは欧米人が多かったのでしたが、昨今は日本人にも増えてきました。これは食生活が欧米化してきたことに関係があるようです。バターたっぷりのクロワッサンはおいしいけれども、それだけで1食になってしまうというパン食ばかりでは栄養素が不足がち。たまには雑穀米と野菜炒めなどにして食物繊維とミネラルと抗酸化力のある緑黄色野菜を摂りましょう。

ニキビのときに気をつけたいクレンジングの種類

肌に刺激の強い拭き取りタイプ

ファンデーションを使ってメイクをしたらクレンジングと洗顔のダブル洗顔が必要になります。最近のコスメは水や汗にも強く、メーキャップが崩れにくいとても素晴らしいものが販売されていますが、洗顔だけでは落ちにくいのでどうしてもクレンジング料を使うことになります。

なぜ落ちにくいのかというと油性だからです、油でできているので水をはじいてしまうので、水と油をなじませるために界面活性剤が入っているのがクレンジング。クレンジングで一番お手軽なのは何といっても拭き取りタイプでしょう。筆者も使用したことがありますが、とても簡単ですっと顔をひとなでするだけでメイクが落ちるので重宝していました。

けれど一箱使い切るころになるとまぶたや唇が痛くて涙がでそうなぐらい痛かったのを覚えています。拭き取りタイプはこするのではなく、なでるか押さえる程度の力でそっとメイクを取るのがいいですね。

しっかりメイクを落とせるクレンジングオイル

文字通りオイルは油なので水と混ざりやすくするために界面活性剤が入っています。油性の汚れを水で洗い流す役目がありますが、使いすぎると肌の潤いを奪います。洗剤を使って食器や料理器具やキッチンまわりを洗っていると手が荒れてしまう主婦湿疹などと同じですね。奪われたなら補充すればいいじゃないかと思うかもしれませんが、そんなに簡単にいきません。

ですからバッチリメイクなどのときに使いましょう。またサラサラなので必要以上の力で肌をこすってしまいがちです。こするときは薬指と小指を使って優しく顔に触れるようにメイクとクレンジングオイルをなじませましょう。たまにクレンジングオイルで毛穴の汚れを取るマッサージをなさる方がいらっしゃいますが、オイルで毛穴の汚れは落ちません。

肌に優しいけれどメイクは落ちにくいミルクタイプ

肌に受けるダメージは少ないもののメイクが落ちにくいミルクタイプを使うと、落ちにくいので当然力を入れてゴシゴシこすることになり、肌を痛めてしまうことになりかねません。ですからファンデーションを使ったときのメイク落としには不向きとなります。

できるならクレンジングは1種類ではなく数種類持っていたほうがいいですね。例えばアイメイクは拭き取りシートをそっと載せて1分ほど浮くのを待つ、口紅などクレンジングオイルで浮かせて落とし、Tゾーンや頰などはミルクタイプで落とすというのもいいでしょう。目とか唇という部位でクレンジングを決めるのではなく、メイクの濃さでどのクレンジングを使うか決めると、肌に優しいものが選べます。

ニキビでも使えるクレンジングジェル

ジェルには油性タイプ水性タイプとあり、水性タイプはさらにオイルインとオイルフリーのあわせて3種類あります。油性タイプはプルンとした弾力のあるジェル、伸びがよいので肌になじませやすくしっかりメイクを浮かせて落とします。メイクだけでなく毛穴につまった角質なども取りのぞいてワントーン明るい肌へと生まれ変わります。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

手や顔がぬれていても使えるダブル洗顔が不要のタイプもあります。水性のオイルインタイプはリキッドファンデやパウダリーファンデなどナチュラルメイクの方におすすめ、肌になじみやすいジェルタイプと潤いを保つミルクタイプの長所を併せ持った、肌への負担を減らしたいと考える方のためのジェルです。

水性のオイルフリータイプはマツゲのエクステンションをしている方も使えます。さっぱりとしたテクスチャーで、肌への刺激は弱くオイル系の苦手な人に適しています。

ニキビがある肌のクレンジング後の洗顔方法

洗顔しすぎは潤い成分も洗い流され、毛穴が硬く厚くなる

実は洗顔というのは両刃の剣。メイクを落として肌をキレイにする一方で、肌が持っている潤い成分も一緒に洗い流してしまうからです。潤い成分を洗い流してしまうとどうなるかというと、肌は乾燥して角質が硬くなってきます。何年も雨が降らない地面がひび割れているのを見たことがあると思いますが、肌も同じように角質が硬く、そして厚くなっていきます。

ニキビを予防しようと洗顔する、潤い成分が失われて肌が硬くなる、毛穴に皮脂が詰まってニキビができやすくなる、という悪循環を繰り返すようになります。もし「いつもきれいにしているのに、なぜニキビができるんだろう?」と思っている方がいらっしゃったら、一度洗顔とクレンジングの方法を見直してみましょう。

「取りあえず洗う」はやめる

余分な汚れや皮脂を肌に残さないのは、ニキビ予防にとって大事なことです。ですがメイクもしてないのにクレンジングをおこなう方がいるのですけれども、これは洗いすぎです。一生懸命に洗っても毛穴に詰まった角質は取れませんし、逆に肌の潤い成分まで洗い流してしまい洗い上がりの肌がつっぱるようになってきます。

とかくニキビができていると「肌をキレイにしなくちゃ」といつも以上に顔を洗ってサッパリしたくなりますね。ですが「洗う」という刺激を与えるのもニキビにとってよい事ではありません。

もちろんいつも清潔にしているのはとてもよいことですが、過ぎたるは及ばざるがごとしで、ニキビができたから取りあえず洗っておこうと洗いすぎるときれいになるどころか反対にニキビを悪化させる原因にもなりかねないという場合もあるということを覚えておいてください。

洗顔には固形石鹸

皆さんは洗顔するときにどんな石鹸を使っていますか。今では洗顔フォームと泡だてネットで真っ白で固い泡を作って泡洗顔をする方もいらっしゃると思いますけれども、もちろん泡洗顔は毛穴の汚れを取るのに最適な方法です。とはいうものの洗顔フォームは顔を洗ったら、肌の潤い成分を洗い流して保湿成分を肌に与えます。

これは一見よいように思えるのですが毛穴を塞いでしまうので、毛穴が硬く厚くなる原因にもなります。毛穴が硬くなるという事は前述したようにニキビができやすくなるという事です。ですから洗顔をするなら固形石鹸を使いましょう。固形石鹸なら洗い流せば石鹸の成分は残らない、ということは余計なものは肌に残らないということなのです。

ニキビとクレンジングの口コミ

肌に合わせてクレンジングを使うのは大切ですね。
するんっ!って落ちる実感、私も味わってみたいです。
化粧をして終わりじゃない、落とすまでが化粧なのです。

ニキビ肌にも優しいクレンジング(ドラッグストア編)

それでは最後にニキビ肌にも優しいプチプラとドラッグストアでも手に入るクレンジングをご紹介しましょう。

ファンケル:マイルドクレンジングオイル

@cosmeベストコスメアワード2015 ベストクレンジングの第1位に輝いたクレンジングオイルです。クレンジングというと乾いた手で乾いた顔に付けるのがセオリーとなっていましたが、こちらのファンケル マイルドクレンジングオイルは粘度が高く、湯気がもうもうとしている入浴中でも使用できます。しっかりメイクもゴシゴシとこすらずにスルリと落ちるところがいいですね。

肌ストレスを与えないのでメイクのノリもよくなり、使っていても肌荒れを起こすことの少ないオイル独特の不安な部分を改善した、まったく新しいタイプのクレンジングオイルといってよいと思います。

アテニア:スキンクリア クレンズ オイル

大人の肌をくすませる第3の原因の肌ステインに着目したクレンジングオイルです。日本初配合の原料「ロックローズオイル」が皮膚にこびりついた肌ステインを優しく洗い流してくれる画期的な商品です。暑い夏のウォータープルーフやフィット感の高いファンデーションも、4つの高級美容オイルが浮き上がらせて落とします、W洗顔は必要ありません、まつエクにも使用が可能です。

洗い上がりもつっぱりません、メイクを落とすだけではなくエイジングケアをしながら肌を明るく導く、大人のクレンジングオイルです。「1本使い終わる位から顔のくすみが気にならなくなって来ました。当分クレンジングオイルはこれで行きます!」という口コミもあるように1~2カ月ぐらいで効果が現れるのかもしれないと思うとメイクを落とすのが楽しみになってきます。

DHC:薬用ニューマイルドタッチククレンジングオイル

クレンジング力が高いにもかかわらず肌への労りも忘れないという相反する現象を、水分と一緒にメーク汚れや皮脂などを包み込むウォーターホールド設計が実現しました。水分の影響を受けにくいので浴室使いもOK、使い勝手のよいクレンジングオイルです。

またクレンジングオイルには珍しい香りのよいこともレビューに挙がっていて天然ラベンダーエッセンシャルオイルの香りは心も体も癒やしてくれるアイテムの1つになっています。乾燥しがちな肌ももっちりとした洗い上がりで、混合肌や乾燥肌などの肌質に関係なく満足のいく結果が得られるようです。

DHC 薬用ニューマイルドタッチククレンジングオイル
200ml 1,700円詰替え 200ml 1,440円

ニキビ肌にも優しいクレンジング(プチプラ編)

ちふれ

断然コストパフォーマンスがよいと口コミで人気のちふれクレンジングオイル、毎日使うものですからお手ごろ価格で、お財布にも肌にも優しいのはうれしいところですね。無着色・無香料・ノンアルコール、「水で洗い流すことでオイルがさっとナノサイズに変化するので、肌から素早く落ち、ぬるつきやベタつきを残しません」という商品説明が秀逸です。

オデコや鼻筋はテカテカだけど頰は乾燥しているなど混合肌の方にもヒリヒリするなど肌トラブルも少なく、濃い目のガッツリメイクでもナチュラルな薄いメイクでも素早くなじんでサッパリと落とせます。落ちにくいメイクの場合は、乾いた手で使うのがよいようです。

カウブランド:無添加メイク落としオイル

あの牛のロゴ入りの赤箱と青箱の石鹸を販売している会社なのでスキンケア商品も期待できそうですね。潤い成分が含まれているようで無添加メイク落としオイルを使うとメイクもとろけてするんと落ちるそうです。手早く落とせて肌への負担がより少なくなってうれしいです。こちらも濡れた手で使える優れもの。

アレルギーの原因になる着色料や防腐剤・品質安定剤、鉱物油やアルコールなどは含まれていません。パラベンフリーなのもうれしいですね、商品名にもなっている無添加ということで興味を持たれる方もいらっしゃるそうです。アイメイクもしっかり落としてくれるクレンジングオイルです。

ソフティモ:ディープクレンジングオイルN

キャッチーな「ウォータープルーフマスカラもスッキリ落とす!」という言葉通り濃い目のメイクには大活躍するクレンジングオイルです。なかなか落ちにくいマツゲのマスカラや毛穴に潜り込んだファンデーションなどもしっかり浮き上がらせて落としてくれます。

角栓が取れないという口コミも見えますが、クレンジングオイルは洗浄力が高いとご存じの方はクレンジングオイルを少量付けてさっと洗顔するという方法をとる方が多いように見受けられますが、フワッとメイクを浮きあがらせるにはある程度の量がなければ乳化を起こしづらいので効果が半減します。

ですから規定量を守って素早くそして優しくクレンジングオイルを乳化して、メイクが浮きあがったところで水で洗い流すのが一番適切な方法です。機会があったら試してみてくださいね。

ニキビ肌のクレンジング選び!日常の生活を整える事も大事

いかがでしたか。ニキビには思春期のころにできるニキビと、20代以降にできる通称「大人ニキビ」の2つあることがわかりました。しかも同じニキビなのに対応策はより複雑、ニキビの原因であるホルモンバランスの乱れ・睡眠不足・ストレスなどを溜め込まないように日常の生活を整えてバランスのよい食事を摂ることが最善の予防策となります。

一昔前はオイルクレンジングといえば肌によくない界面活性剤が入っていると心配されていましたけれども、かなり改善されてきた商品が多いですね。それだけでなくワンランクアップした効果も入っているクレンジングオイルやジェルが多くなりました。

自分の肌と化粧の濃さに合ったクレンジングをいくつか使いながら帰宅後はしっかり洗顔して肌をオフにすることもお忘れなく、ニキビを怖がらずにメイクを楽しみましょう。

合わせて読みたい!