目の下のふくらみはコラーゲンが大事!たるみ改善方法をご紹介

加齢を防げる人はいません!でも加齢によるお肌のダメージなどを遅らせることは日頃の努力で可能なんです。ここでは、目の下のふくらみに焦点をあてて、その原因、メカニズムと改善方法を紹介します。

目の下のふくらみとコラーゲンの関係!

目の下のふくらみは、ズバリ、加齢が関係しています。しかし、加齢は防ぐことができないので、皆さん、あれこれと努力をして、対策を練っています。これが顔でなければ、そこまで考えないかもしれませんが、なにせ、顔の中央なので女性は気になりますよね。

ここでは、加齢による目の下のふくらみの原因やメカニズムを紹介し、それではどうやって、そのふくらみに対処していけばいいのかを紹介していきます。

加齢だけじゃないたるみの原因!

目の下のふくらみ=加齢と思ってる人はいませんか?たしかに加齢は原因の1つですが、それだけじゃないのです。また、加齢も直接の原因ではなく、体にいろいろな変調があるためにふくらむのです。ここではそんな原因を紹介しつつ、簡単なふくらみのメカニズムも紹介します。

加齢による筋力低下コラーゲン減少

目の下のふくらみの一番の原因は、なんといっても、加齢です。もともと目の周りの皮膚は薄く、加齢とともにさらに薄くなり、その中の弾力を保っている組織が少しずつ緩んでいきます。それとともにもの下がふくらみはじめるのです。

そもそも加齢とともに顔の筋力全般が低下します。目の周りだけじゃなく頭皮や顔全体の筋肉による皮膚の支えも弱くなっていることも目の下のふくらみの原因の1つなのです。さらに、加齢は体内のコラーゲンが減少することにもつながっており、このコラーゲンの低下により目の下の皮膚のハリや弾力が低下してしまっているのもふくらみの原因です。

体質や頬骨のズレがふくらみを作る

加齢以外にも個人差のでてしまう要員として、体質や頬骨の違いもあります。体質では、もともとの目の周りの脂肪量の違いが、眼球を支えている靭帯や眼輪筋、表情筋の衰えにも影響があり、脂肪が多ければ多いほど、目の下のふくらみにつながってしまいます。

頬骨の場合には、もともと人間の体の骨は少しずつゆがんでおり、加齢とともにそのズレがさらに影響が出て、頬骨が内側にズレてゆがんでしまうと、目の下のふくらみにつながってしまうと考えられています。また、この場合にはこの歪みを矯正しないことには目の下のふくらみは解消されません。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

ストレスによる自律神経の失調

ストレスなども、実は目の下のふくらみを引き起こす原因になるといわれています。直接作用するというよりは、ストレスなどは、自律神経に支障をきたす恐れがあり、自律神経がおかしくなると、体に変動がおきます。その1つとして、血行不良があり、これが原因で目の下がふくらみます。その他にも自律神経の乱れから脂肪がつきやすい体になり、ふくらみができることもあります。

目の下のふくらみは摂取と防御!

加齢は防ぐことはできません!しかし、加齢によりコラーゲンが低下していることや、紫外線などにより影響を受けていることは、日頃の生活を工夫すれば対処できるのです。ここでは、目の下のふくらみを改善する方法を紹介します。

コラーゲンサプリを飲む

加齢による、コラーゲン不足が、目の下のふくらみの原因になっていますので、当然のごとくコラーゲンを摂取すればよいと思いますよね。そのとおりで、コラーゲンのサプリメントを飲むことでも肌の内側のコラーゲンを増やすことが可能です。

コラーゲンサプリに含まれているヒドリキシプロリンという物質を取り入れることで繊維芽細胞を刺激してコラーゲンとエラスチンを増やしてくれます。エラスチンは、コラーゲンを結びつけてくれるタンパク質なのでこれも増えるとより一層、コラーゲンの効果がでやすいといわれています。

ツボ押しマッサージ

まずは、どこでもできる目の下のふくらみの解消法として、ツボ押しマッサージをオススメします。やり方はとても簡単です。まずは、目頭に人差し指の腹を当てて「救後(きゅうご)」というツボを目尻に向かい軽く押します。これを5回ほど繰り返し押します。たったこれだけです。どんな時でもできるツボ押しです。その他にも、目の下の骨のすぐ上にある「承泣(しょうきゅう)」というツボも効果的です。

紫外線を防いでコラーゲンを守る

意外と無視できないのが、紫外線です。紫外線は、目の周りの組織の中のコラーゲンにまで届いて、ダメージを与えます。そして、先にも述べましたが、このコラーゲンへのダメージにより目の下のふくらみなどを支えられなくなり、ふくらんでしまうのです。

そのため、少しずつ弱くなってくる加齢とともに、日焼け止めクリームを塗ったり、外出の際には帽子をかぶって紫外線を浴びないような努力をしましょう。

外科的手術で脂肪を切り出す

加齢による眼輪筋などの衰えは、サプリやマッサージでは元に戻すことは結局のところできません。そのため、少しずつ目の下のふくらみは悪化していってしまいます。これを防いで、かつ元に戻す、最後の手段として外科的手術を行う方法があります。

外科的手術は、最近ではまぶたの裏側から脂肪を取りだす方法があります。切り出しただけで改善しない場合には、さらにそこから脂肪やヒアルロン酸を注入してハリのある目元にする方法もあります。

コラーゲンを摂取しつつ紫外線を防御!

加齢による、目の下のふくらみはある程度はしょうがないことですが、女性としては、目元の美しさは何よりも捨て難いものです。日頃からのコラーゲン摂取、紫外線の防御などにより予防を行うことで、目の下がふくらんでいくのを遅くすることは可能です。美しく、老いるように生活を改善して行きましょう。

合わせて読みたい!