ニキビの正しい洗顔法を徹底解説!オススメ洗顔料5選!大人ニキビなど種類・特徴を知って改善を目指そう!

ニキビの対策、というと、化粧品や薬に頼りがちですが、実はニキビを改善するためには洗顔も重要なポイントとなるのです。洗顔方法を間違えるとニキビには逆効果、ニキビのできやすい肌になってしまうこともあるのです。正しいニキビ肌のための洗顔方法をご紹介します。

間違っていない?ニキビに大切なのは洗顔の仕方だった!

洗顔のしすぎはニキビの原因になる?!

ニキビがひどいという理由で、一日に何度も洗顔をしてしまう人がいますが、これは実はニキビには逆効果。洗顔を見直すのなら、洗顔の頻度も変えなければいけません。

それでは、どうして洗顔のしすぎはニキビに逆効果なのでしょうか。雑菌が顔についていない方が良いと思う人は多いでしょう。

実は、肌には自然のバリア機能があります。このバリア機能は、肌内部で生成される水分と脂分によってできており、刺激から肌を守ってくれるもの。この水分と脂分が適切なバランスで存在することで、肌が健康な状態に保たれるというわけです。

ところが、過剰な洗顔はこのバリア機能を物理的に破壊してしまいます。バリア機能が壊れてしまい、水分と脂分のバランスが崩れると、肌は途端に乾燥することになります。乾燥すると潤いを戻そうと、過剰に皮脂が分泌されることになります。

ニキビの原因は皮脂の過剰分泌によって毛穴が塞がってしまうこと。つまり、洗顔をしすぎることは、皮脂の過剰分泌を促進し、ニキビを悪化させることでもあるのです。

洗顔方法を変えてニキビを早く治す

ニキビを早く治したいなら、過剰な洗顔は避けた方が良いでしょう。だからと言って、全く洗顔をしないというのは考え物。雑菌がついたままでも肌に悪いですからね。

おすすめなのは、一日2回、朝と晩に顔を洗うこと。夜寝ている間についた汚れを朝にしっかりと落とし、夜寝る前に、昼についた雑菌や汚れを洗い落とします。ニキビ肌の人はこれだけで十分です。

これ以上の頻度で洗顔をすると、顔の表面が乾燥気味になってニキビができる原因となります。また、皮脂の過剰分泌が止まらないので、余計に顔がてかってしまうかも。

肌の表面を清潔に保ちたい気持ちはあるでしょうが、ぐっとこらえて、正しい洗顔を一日に2回行うのがベストです。

ニキビの種類や特徴は?対策にはニキビの知識も必要

女性が悩む大人ニキビ

ニキビには様々な種類があります。多くの女性が悩んでいるのは、大人ニキビと言われるもの。思春期を過ぎても減ることのないニキビは大人ニキビです。20歳が基準で、20歳より上なら大人ニキビ、それまでは思春期ニキビという分け方をすることもありますよ。

大人ニキビの原因は一つに定められるものではありません。まず、原因として大きいのは肌の乾燥です。それから、ストレスやホルモンバランスの乱れも挙げることができます。

特徴は、同じ場所に何度もできるなど再発性が高く、跡になって残ってしまう可能性が高いです。生理周期に合わせて、ニキビがひどくなるという特徴もあります。

経験者の多い思春期ニキビ

10代の若者に多い思春期ニキビは、皮脂の過剰分泌が原因です。油っぽい肌質になっているので、毛穴が詰まりやすくなってしまいます。

できる場所は、皮脂の分泌の多い鼻を中心に様々。同じ場所に何度もできる大人ニキビの特徴はありませんが、広範囲にわたって出来る事が特徴です。

これは、成長ホルモンの分泌と深くかかわっているので、身体の成長が終わる20代ころになると自然とニキビができなくなるようです。中学生の頃に始まって、高校生くらいの年代がピークなのではないでしょうか。もし、20代を過ぎても終わらないようなら、大人ニキビの肌質でもあったということですね。

跡が残りやすい男性のニキビ

ニキビに悩んでいるのは女性だけではありません。男性ホルモンは皮脂の分泌を促進するものがありますから、これが原因でニキビに悩む男性もいます。

また、皮脂の分泌が多いことを嫌がって何度も洗顔をしていると、肌のバリア機能が低下してニキビができてしまうこともあります。過剰な洗顔が原因ということもあるのです。

また、男性は女性と比べて化粧品をあまり利用しない傾向にあります。顔を洗った後に保湿をしていない人も多いのではないでしょうか。髭剃りをして肌が荒れ、乾燥気味になっていることがありますから、男性でも適切なスキンケアをしましょう。

とにかく洗顔に気をつける!正しい方法でニキビ肌を卒業

ニキビに効く洗顔方法とは?

思春期には、ニキビを嫌がって過剰に洗顔を行ってしまう場合があります。もちろん、これは上述の通り絶対にNGです。一日2回、朝と晩に行うようにしてください。

普通は、この後に保湿をしっかりと行うことになるのですが、思春期の場合には少し注意が必要です。成長ホルモンの関係で皮脂の分泌が異常に増えてしまうことが、ニキビの原因となる思春期。保湿までしてしまうと、さらに油分が増えてしまう可能性があります。

とにかくさっぱりとさせることが目的の洗顔なら、保湿は必要ないかもしれません。また、洗顔フォームなどを利用せずに、水で洗うだけでも良いことがあります。

個人の肌質にもよりますが、一日2回の洗顔にしてもあまり改善しないという場合には、一度、化粧水による保湿をやめてみるといいでしょう。また、朝には洗顔フォームを利用せずに、水だけで顔を洗うと良いかもしれません。

洗顔時の注意点!ゴシゴシ洗いは絶対にNG

正しい洗顔方法についてご紹介します。

まずは、洗顔の前には手を洗うこと。手には様々な雑菌がついています。顔の汚れを落とすのに、手についた雑菌を肌に移してしまっては意味がありませんよね。

メイク落としは洗顔の前です。もし、時間があるようなら、蒸しタオルを洗う前に少し顔に当てると毛穴が開いて汚れが落ちやすくなりますよ。

洗顔料を泡立てるときは、まず手を洗ってから。泡は、少し固めでふんわりとしたものになるようにしてください。水っぽくてビチャビチャしている泡では意味がありません。

泡を乗せる場所は、皮質の多い鼻から。泡を肌に乗せてからゴシゴシとこするのは厳禁です。それだけで肌の表面が荒れてしまうので、こすらないように泡を顔につけてください。

すすぐときはぬるま湯を使うようにしましょう。熱すぎるお湯では肌にとって刺激となりかねません。また、お風呂の中でシャワーを直接顔に当てる方もいますが、これも肌を傷つけてしまいますので、お湯を手ですくってすすぐようにしてくださいね。

洗顔後の注意点!すぐに保湿をする

顔を拭くときは、できる限り肌触りの良い、柔らかなタオルを使うようにしましょう。堅いタオルでゴシゴシとこすってしまっては、肌の表面が傷つく原因となります。

また、タオルは必ず清潔なものを使うこと。朝に使ったものを夜も使うのではなく、取り換えるようにしないと、タオルに移っていた雑菌が再び顔に戻ってしまう可能性も。面倒くさいかもしれませんが、きちんと毎日洗って新しいものを使うようにしてください。

洗顔をした後はすぐに保湿が大切です。一時的に肌のバリアが取れた状態になってしまっているので、肌を保護するために化粧水で保湿をしましょう。

イメージとして、肌のバリアがもう一度できるまでの代わりとなるのが化粧水、保湿をしっかり行うために必要なのは乳液になります。大人ニキビなど乾燥が原因のニキビで悩んでいる方は、特に入念な保湿が必要ですよ。

ニキビと洗顔料の関係は?正しい選び方

ニキビに効く洗顔料はどんなもの?

ニキビと洗顔料には深い関係があります。ニキビ肌に効く洗顔料を見分けるには、成分に注目することが大切です。

まずは、石油系界面活性剤不使用であることが重要なポイント。これは、洗顔力が強すぎて肌の皮脂が必要以上に落ちてしまうのです。肌に良くない成分は、できる限り入っていない方が良いでしょう。

肌を傷つけないように洗うためには、良く泡立てた石鹸を優しく肌に乗せることが大切です。しっかりとした堅めの泡がたつような洗顔料を選ぶようにしてください。

ニキビケア用の石鹸には、炎症を鎮めるような作用があるものもあります。薬用のものはこの効果が高いです。炎症を持った赤ニキビに悩んでいる人に特におすすめです。

マイルドピーリングの作用がある石鹸もニキビ肌に効果があります。肌が弱い人には使えない可能性もありますが、ニキビ跡に悩んでいる人には良いかもしれません。ピーリングの成分としては植物由来で、比較的刺激が少なめのAHA成分がおすすめですよ。

安い洗顔料には要注意?!肌に優しくない可能性がある

ドラッグストアで売られている安い洗顔料は、お財布的にはとても嬉しいものです。安くニキビケアができるのなら、それに越したことはありません。

しかし、それはニキビが治るのならの話。ドラッグストアに売られている洗顔料すべてがダメ、というわけではありませんが、安い洗顔料は肌にはあまり優しくないことが多々あります。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

それはなぜか?

安い商品が作られるためには、安い原材料が必要です。コストをカットするために、できる限り大量生産できるような仕組みでの製造となるでしょう。こうした方法で作られた洗顔料に含まれている成分は、肌に優しいものではない可能性があります。

ニキビのケアによく使われる洗顔料は、それだけ成分や製造方法にこだわっています。天然由来の成分であったり、香料を使わないことで肌への負担を少なくする工夫があったりと、できる限りニキビ肌に刺激を与えないような研究がされているのです。

たまにちょっとだけ出てくるニキビのケアのためには、ドラッグストアで販売されている安い洗顔料でも良いのかもしれません。しかし、本気でニキビ肌の洗顔を考えるのなら、安い洗顔料はやめた方が無難でしょう。

石鹸と洗顔フォームはどちらが良い?洗顔料を選ぶポイント

洗顔料には石鹸と洗顔フォームがあります。これには何か違いがあるのでしょうか。ただ単に、使いやすさの問題でしょうか。

実は、洗顔フォームと石鹸は成分が違います。石鹸はアルカリ性のものであって、石鹸タイプのものもあれば、泡タイプ、ジェルタイプのものもあります。要するに、その形態の違いが重要なのではなくて、石鹸と呼べるものは成分が違うということです。

石鹸と洗顔フォームでは、ニキビ肌におすすめなのは石鹸の方です。それには二つのポイントがあります。

まず一つ目は、界面活性剤の有無。石鹸には入っていませんが、洗顔フォームには入っていることが多いです。皮脂を落としすぎてしまうので、肌の乾燥の原因となりかねません。

二つ目は、洗顔フォームには保湿成分が含まれている可能性が高いということ。これは肌にとって必要なものかどうか分かりません。洗顔後のケアと合わせると、過剰なスキンケアになってしまっている可能性もあります。

つまり、洗顔フォームは、洗顔力が強いために過剰に皮脂を落としてしまい、その分を洗顔フォームに含まれている分の美容成分で補うことになるのです。

それに対して、石鹸は洗顔力がそれほど強くないために、ちょうど良く洗い上げることができるます。洗顔後の肌も、化粧水や乳液などの成分が効果的に働きやすい状態になります。洗いすぎず、不要な成分を肌に与えることもないという特徴がおすすめのポイントです。

洗顔フォームを利用していて肌のトラブルがなければ、使い続けていても問題がないのかもしれません。しかし、もし、肌トラブルが多いと感じたら、石鹸に変えてみたほうがいいでしょう。

石鹸タイプのものは、泡立ちにくくて使いにくいと思う方もいるかもしれませんが、違う形態のものを探すこともできます。また、泡立ちネットを利用すれば十分に泡立てることができるものが多いですよ。

市販のニキビ向け洗顔料でおすすめはどれ?

NonA.(ノン・エー):薬用石鹸

まずおすすめできるのは、NonA.(ノン・エー)の薬用石鹸です。こちらはニキビケア用の洗顔料で、弾力のある泡が特徴です。

薬用成分としてグリチルリチン酸ジカリウムが含まれています。これは、炎症を鎮める作用がある成分なので、炎症を持った赤ニキビに悩んでいる人に良いでしょう。

様々な潤い成分も含まれており、肌本来の強さをサポートするようなNonA.の石鹸は、ニキビ予防にも役立ちそうですね。

効果がなかった場合の全額保証制度も嬉しいところ。初回限定でお試しのミニサイズ石鹸屋、NonA.のニキビ用の化粧水やジェルもついています。一度試してみてはどうでしょうか。



ファーストクラッシュ:洗うだけでニキビケア完了!

一本で洗顔、化粧水、乳液の全ての役割を兼ね備えるのがファーストクラッシュの洗顔料です。日本人の肌のために開発されているので、スクラブが入っておらず、刺激も強くありません。保湿成分も天然成分由来なので、刺激や成分には不安がありません。

なにより、一本ですべて済むというのは嬉しいです。洗顔後のケアが不要なので、面倒くさがり屋の方でも、丁寧に泡をたてて洗顔を行うこともできそうです。

[blogcard url=”https://t.felmat.net/fmcl?ak=Z10552.1.N21951T.S251231″] [/blogcard]

DHC:薬用アクネコントロールシリーズ

ニキビケアをしたくても、なかなか高くて手が出ないということもありますよね。学生の方などは、できる限り安いもので済ませたいのでは?

その場合には、DHCの薬用アクネコントロールシリーズがおすすめです。このシリーズはすべて合わせて5000円以下ですから、ニキビケアとしては試しやすいのではないでしょうか。

含まれている有効成分は、植物由来のアクネ菌殺菌効果を持つサリチル酸。すべてのアイテムに含まれていて、もちろん洗顔料にも有効成分が含まれています。

オルビス:薬用ニキビ集中ケア


繰り返し同じ場所にできる大人ニキビに有効なのが、オルビスのニキビ集中ケア。バリア機能を強くすることで、断続的に同じ場所にできる大人ニキビの予防を行います。

このシリーズの洗顔料は、少しの量で硬い泡ができます。もちっとした泡が毛穴の汚れを落としてくれるので、朝晩の洗顔でしっかりと汚れや皮質のつまりを洗い流すことできます。

トライアルのセットもありますので、まずはこちらから試してみてはどうでしょうか。

AHA石鹸:ピーリングケア

AHAは、グリコール酸を中心とする数種類の酸のこととなります。グリコール酸はフルーツ酸とも呼ばれており、ピーリングのために使われているようです。

グリコール酸を利用したピーリングは、ケミカルピーリングといって肌の角質層を溶かしてしまう効果を持っています。溶かして大丈夫なのか不安に思う方もいませんが、強制的に古い角質層を剥がすことで、ターンオーバーを正常にすることができるのです。

ニキビやニキビ跡がなかなか治らない原因の一つとして、ターンオーバーが正常に行われずに古い角質がたまってしまうということがあります。AHA石鹸を使ってグリコール酸の効果でピーリングをすれば、ターンオーバーが正常になってニキビ治療に役立つことも。

AHA石鹸を洗顔に利用することも良いでしょう。ただし、敏感肌の方にとっては刺激が強すぎることもありますので、要注意です。

腕などに使ってみて赤くなってしまうようなら使用を控えましょう。また、顔の洗顔は毎日ではなく、数日おきにしてみるなどの工夫が必要な石鹸ですね。ただし、ニキビ跡を薄くするのには特に効果的です。

タイプ別おすすめの洗顔料は?

ニキビケア用の洗顔料は数多くありますから、どのようなものを使っていいのか本当に迷います。そんなときに参考になりそうなのが、口コミサイトやランキングのサイト。口コミで評判が良いと、試してみようかなと、選ぶ基準になります。

上記以外の洗顔料で、評判の良いものの一つには「ルナメアAC」が挙げられます。口コミでも刺激のなさや、泡立ちの良さが評判です。

有効成分には炎症を抑えるものが入っていますから、赤ニキビに悩んでいる方は、使ってみてはどうでしょうか。殺菌剤などは使用していないので、炎症を起こしている部分も、痛みを感じずに洗うことができるようです。初めて使うのなら、化粧水などもセットになったトライアルがおすすめです。

また、「NOV ACアクティブ」も、ニキビ肌の改善に評判が良い洗顔料です。マイルドピーリングを行うことができるので、肌のターンオーバーが滞りがちな方におすすめです。アクネ菌が増殖しにくい肌状態にしてくれるので、ニキビ予防にもなります。

洗顔料にも様々な種類がありますから、ぜひ、自分のニキビ肌にあった製品を探してみてください。

サプリでのニキビケアにも注目

「きらりのおめぐ実」はビタミンCや、吹き出物を防ぐビタミンB2など、キレイを実感できるような栄養を配合しているサプリメントです。

肌の調子が悪いとついつい肌表面のケアに気を取られてしまいがちですが、「きらりのおめぐ実」はビフィズス菌やオリゴ糖を配合しているので、身体の内側からケアして肌質の改善を目指します。

口コミを見ると、「もっと早く飲みたかった」と効果を実感している人も多いようなのでオススメです。
定期便は通常5,400円が1,980円で購入できるので、気になる方は是非チェックしてみてください。



まとめ:ニキビを本気で治したいなら今すぐ正しい洗顔!

ニキビ肌は老若男女問わず、大きな悩みですよ。目立つニキビがある顔で出歩くのは嫌、というのは、ニキビ肌を持つ人共通の悩みです。

洗顔方法を変えるのは、ニキビを改善するための重要なポイントの一つです。いつまでも治らないニキビの原因は、間違った洗顔方法が大きく影響しています。正しい洗顔で、一日も早くニキビ肌から卒業しましょう。

合わせて読みたい!